13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2239 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    小泉八雲

    書籍 関連語 夏目漱石 宍道湖 出雲大社
    0 .
  • ○■ 八雲記念館を出たら、激しい雨

  • ○■ テレビを見ているとき、長女・なんと「怪談」の話になりました

  • ○■ タグ: 神田淡路町 蔵

  • ○■ また別な方角を見ても、やはり壁でした

  • ○■ でも、自分の国を愛する心を持つことも自然です

  • ○■ そして、いろいろな話をしてみたい

  • ○■ すぐよこに 宍道湖の前日の 夕日時刻なんかを 掲示してあったんで 確認しますた

  • ○■ 「日本は死者の国」であるが如く、葬式というのは宗教的なものであれど手厚く行われ、末代まで供養される

  • ○■ 「ふふ~んふんふん♪」 ↑↑ 聞いてないw爆

  • ○■ 「つかローザってだれ?」

  • ○■ 「あ!!!おった!! ラフカディオ・ハーン!!」

  • ○■ 5つの短編の中では、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を題材にした「図書館」が一番面白かったですね

  • ○■ 宍道湖観光遊覧船「はくちょう」 に乗りたかったー! 夕日のクルージング、細かく日によって違うのでびっくり

  • ○■ 出雲/松江あたりというのは一度だけ来たことがあるのですが、その時はほとんど車で通過したと言う感じで・・しかも、数年前に小泉八雲の「神々の国の首都」(講談社学術文庫)という本を読んでから、そこに描かれた出雲地方の情景に惹かれ、ぜひ行ってみたい場所のひとつだったので、これは奇遇と参加しました

  • ○■ この森は、小泉八雲が神秘の森と称していて、すさのおのみことが、八岐大蛇を退治した時、 稲田姫命をこの地に隠された避難地とも言われているそうです

  • ○■ この日は二度目の 繭蔵 へ

  • ○■ 「耳なしほ芳一」の話は有名である

  • ○■ 松江城は躯体まで見えて、天守閣でのんびりして

  • ○■ 松江中学の 英語 教師 となり、旧松江藩士の娘、小泉節子と 結婚 、帰化して小泉八雲と名乗った

  • ○■ 帯広告に、俳優の佐野史郎が「小泉八雲は海から渡ってきた神様だ」とあるが、そこまで賛美する必要はなく、過大な評価というしかない

  • ○■ 私は、本物の良い作品とは、こうして、何回も練習しても、奥が深くて、練習すればする程、とてつもなく未知の世界に入り込んでしまうような気持ちになる

  • ○■ 明治時代中期に米国から来日し、日本の四季折々の表情に魅せられていった、八雲

  • ○■ 『松江シティホテル』

  • ○■ 小泉八雲記念館もとてもいい雰囲気

  • ○■ 松江城下の武家屋敷に住み、松江で知り合った女性と結婚

  • ○■ 小泉八雲記念館は、思っていたより小ぢんまりしていましたが・・ そうそう!思い出しました!ハーンは左目を失明していたのでしたね

  • ○■ 小泉八雲記念館や小泉八雲旧邸も見たいし、やっぱり出雲だけでなく松江にも行こうかな?と、今迷っている所だ

  • ○■ からスタートする「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話」が待ち遠しい小松さん。とりあえずチケット

  • ○■ の著名人では、作家の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)[1] 等が挙げられる第二次世界大戦終結後

  • ○■ の日、東芝の研究室で世界初の日本語ワードプロセッサーの第1号機が誕生したことに因み、日本記

  • ○■ 5つの短編の中では、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)を題材にした「図書館」が一番面白かったですね

  • ○■ 呼ばれることを非常に気に入っていたことから定着したものであるただ妻の節子には「ハーン」と

  • ○■ の日】 1959年(昭和34年)のこの日、台風15号が紀伊半島潮岬付近に上陸4600人以上が亡くなっ

  • ○■ 小泉八雲

  • ○■ 久々に続きをばw前回までの記事こちら⇒ ★ パチで ちょっ

  • ○■ これは怪談で有名な ラフカディオ・ハーン (小泉八雲)が日本のことについていった言葉である日本人は

  • ○■ てきた舞台はコレ「奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話~」タイトルどおり小泉八雲の

  • ○■ 日本名、小泉八雲ことラフカディオ・ハーンは、現在の松江北 高校、島根大学の前身

  • ○■ であった松江大橋を渡る「カラコロ」と響く下駄の音に深く心ひかれたことから名付けられたカラコロ工房全国で

  • ラフカディオ・ 時代 記念 旧居 物語 文化 今日 当時 小説 屋敷 大社 耳なし 紹介 松江 文庫 写真 出雲大社 神社 最近 最初 意味 雪女 来日 散歩 生まれ 体験 八雲旧居 子供 美しい 思います 怪談 読んだ 気持 高校 松江市 教師 山陰 講演 江戸 出来 電車 感じる 非常 外国人 実際 部分 不思議 案内 美術館 風景 耳なし芳一 聞いた 言えば 内容 地域 亡くなっ 読んで 関係 思ってい 文章 夫婦 人々 登場 映画 生活 日本 入って 結婚 記憶 向かっ 永井荷風 聞いて 松江城 宍道湖 台風 説明 余裕 言った 良かっ 解釈 多分 養子 水木 面白かった 楽しん 一般 神様 イメージ 英語教師 最終 編集 様子 著名 言って 漫画 以前 後任 行われ 県立 泉鏡花 皆さん 翌朝 感じた 状態 ・ハーン小泉 小泉八雲ラフカディオ・ 鈴木 八雲こと ラフカディオ・ハーン小泉 講師 亡くなった 構成 立派 可能 元年 収録 素敵 集まっ 前後 マーク 資料 平家 八雲記念 明治 日本人 島根県立 会議 晩年 本名 神々 掲載 講談社 参拝 連続 卒業 日間 一周 下車 呼ばれ 英文学 彼女 良かった 思いました 世界初 音楽 存在 変わっ 作者 東京 天気 アップ 竹久夢二 残して 出発 簡単 考えて 確認 気付 入場 手紙 取材 屋根 違和感 向かい ヘルン 気がし 続いて 乗って 劇場 見えない 住んで 訪問 空気 参考 デザイン のかもしれない 現在 言葉 個人的 今まで 一応 書かれ 以来 出会った 半分 文学者 過ごし 機会 男性 考えると 移動 到着 以下 言われる 講演会 息子 完全 描いて かもしれません 今週 見ると 嬉しい 私たち 面影 amazoncojp 面白かったです 展示されて 万円 久しぶり 作られ ありがとうござい 楽しむ 気になっ 発表 出てき 開催 授業 向かう 開いて 日本語 読んでみ 出てい 美味しかった クリック 行ってきました 見ました 描かれている 今度 行きます 行きまし 知らなかった 出てくる 入りました 参加 見たら 聞いてい 言われて 入った たいと思います 気がします だと思います なかったのです たと思います 記事
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.159 0.519 0.033 0.483 0.190
    やや強い少し弱いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 127557.99999996074

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発