13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    ボストン美術館

    アート 芸術 関連語 国立新美術館 浮世絵 ゴーギャン 六本木ヒルズ ピカソ 歌麿 印象派 写楽
    0 . 1 .
  • ○■ モネらしい絵ですよね

  • ○■ オルセー美術館展、大盛況ですね

  • ○■ アメリカを十数回訪れながら アメリカ発祥の地ボストンは未踏 だし、 世界経済を動かすニューヨークも10年前に訪れただけ で2001・9・11テロの跡地も見ていない

  • ○■ この絵を見たついでにもう一度見た絵がこちらです

  • ○■ ありました 好きな画家の絵は1点のみの展示で少し残念でしたが 気になっていた絵も観れて大満足です ボストン美術館展は明日が最終日です 美術館の周りの平安神宮や岡崎公園も気持ちのいい散歩コースなのでオススメです ナカ 京都市のリラクゼーション・整体/癒やし空間ノレン祇おん店

  • ○■ 「コイツらもしかすると凄い?」と

  • ○■ 金山駅を降りてすぐの所にありとても便利です

  • ○■ ボストン美術館展を見てちゃっちゃと昼食を済ませて一路東山へ

  • ○■ これは写真にも載せてある、優雅に舞っている1人の踊り子がキャンバス右側に描かれているもの

  • ○■ 「何だ?」 それは併設された「ボストン美術館展」を観るための行列で入場制限されており、看板は「ただ今何分待ち」という表示のものだった

  • ○■ 浮世絵は娯楽一環で広がっていった

  • ○■ 今日は娘が振替休日で一緒に美術展に行きました

  • ○■ ゴッホはゴーギャンを切望して呼び寄せた

  • ○■ 遅ればせながら、江戸等京博物館で開催されている 「よみがえる浮世絵うるわしき大正新版画展」を見てきた

  • ○■ ボストン美術館展へ行ってまいりました

  • ○■ 『ボストン美術館浮世絵名品展』ほぼ毎週末、来週必ず行こうと思いながら気づくともう月曜日になってます

  • ○■ 名品流転―ボストン美術館の「日本」 作者: 堀田 。吾 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2001/02 メディア: 単行本

  • ○■ ボストン展では深く光る黒が印象的でした

  • ○■ また、ワシントンのナショナルギャラリーは、 みずから作品を購入することはありませんが、 ボストン美術館は予算をたてて美術作品を計画的に購入しているそうです

  • ○■ こちらはよし電車乗って行ってみよう!ってわけにはいかないので、 今年の夏休み、計画してみようかな

  • ○■ 「欧米などの美術館が作品や同行するスタッフの安全を考慮し、 貸し出しを見合わせたため」だって

  • ○■ 私は東京が大好きなんです!

  • ○■ 浮世絵はほかの国にはない独特の画法の雰囲気を持ち、さらに続き絵の面白さ もあり、当時の生活の様子も垣間見れ、とても面白いと思います

  • ○■ 前に見たボストン美術館展のモネの作品は、 『ルーアン大聖堂の正面とアルバーヌ塔(夜明け)』 でした

  • ○■ 六本木ヒルズでの開催以外はこちらの京都市美術館での開催のみ

  • ○■ 2011年世界陸上競技見所

  • ○■ ボストン美術館浮世絵名品展(山種美術館):~2011.4.17

  • ○■ ボストン美術館に浮世絵コレクションを寄付する際、 美術館側に一つ条件を提示しました

  • ○■ 名古屋ボストン美術館でいま開催されているのが、浮世絵名品展「錦絵の黄金時代清長歌麿写楽」(2010年10月9日〜2011年1月30日)

  • ○■ ボストン美術館浮世絵名品展千葉市美術館4月26日〜6月5日 宮城仙台市博物館6月24日〜8月14日

  • ○■ ) 2007年02月 ( 6 ) 2007年01月 ( 13 ) 2006年

  • ○■ ラリー で開催の 「ボストン美術館展西洋絵画の巨匠たち」 を観てきました(クロード・モネ「アルジャ

  • ○■ ・ミレー、エドガー・ドガ、ピエール=オーギュスト・ルノワール他 ⅴ風景画の系譜 カナレット、

  • ○■ ポーラ美術館 ) ★ザ・コレクション・ヴィンタートゥールスイス発―知られざるヨーロピアン・モダンの殿堂

  • ○■ も興味があります 我々はどこから来たのか我々は何者か我々はどこへ行くのか日本初公開です!作品の

  • ○■ 浮世絵名品展第2弾「錦絵の黄金時代―清長、歌麿、写楽」に行きました近所なのでオープン当初か

  • ○■ 案内をさせて頂く 「こうして私はゴッホになった」 サブタイトルの通り、「これぞゴッホ!」

  • ○■ てきました(クロード・モネ「アルジャントゥイユの自宅の庭のカミーユ・モネと子ども」部分)ボストン美術館はモネの

  • ○■ 今回、増改築の時期に16~20世紀の選りすぐりの西洋絵画80点が日本にやってきました会場構成と

  • ○■ 11月 ( 49 ) 2009年10月 ( 65 ) 2009年09月 ( 48

  • ○■ 04月 ( 36 ) 2009年03月 ( 37 ) 2009年02月 ( 28

  • ○■ へ 山形美術館で開催されている「四大浮世絵師展」を観に行きました ただ山形に行くのもも

  • ○■ をして、私と子供達で名古屋ボストン美術館へ行きました電車だけで行けるので便利

  • ○■ れましょうというわけで今日は、名古屋ボストン美術館にて開催中のゴーギャン展に行ってきました なか

  • ○■ 古屋ボストン美術館で開催されているゴーギャン展に行ってきました 平日なので「空いてい

  • ○■ 来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」 ↓詳しくはこちら この作品は139

  • ○■ すゴーギャン晩年の超大作「我々はどこから来たのか、我々は何者なのか、我々はどこへ行くのか」の本物を鑑賞

  • ○■ 我々はどこから来たのか我々は何者か我々はどこへ行くのか』は渾身のエネルギーで完成されるフランスから

  • ○■ 『我々はどこから来たのか我々は何者か我々はどこへ行くのか』1897年から98年に

  • ○■ ボストン美術館

  • ゴッホ 印象派 開催 今回 ミレー 浮世絵名品 六本木 肖像 当時 良かっ ピカソ ゴーギャン 展示 自分 思います 美術館浮世絵 今日 レンブラント 入場 ボストン美術館浮世絵名品展 歌麿 作品 国立新 名前 場所 テーマ 本当 ポスト クロード 北斎 予定 思って 行ってき 開催され 初めて ギャラリー 気持 美術展 宗教 展示されて 実際 セザンヌ 紹介 コロー 特別 馬鈴薯植 イメージ 感じる 残念 行ってきました 購入 言われ 状態 広重 喜多川歌麿 文化 午後 オルセー美術館展 現在 平日 清長歌麿 何者 カード 今年 コーナー 日常 保存 思った 自宅 以前 展覧 ・モネ 錦絵の黄金 表現 開催されて 一緒 以外 買って 東京国立博物館 機会 素晴らしい クロード・モネ ブログ ポストカード 非常 時間 見える 様子 様々 変わっ 入って 美人 思ってい 想像 空気 テレビ 日本人 感想 記事 描かれて 好きです メトロポリ 内容 記憶 理解 途中 千葉市 知識 描写 食事 もう一度 少ない 鳥居清長 存在 販売 面白 上野 説明 行った 時期 嬉しい チケット 海外 絵画の巨匠 ・ルノワール 三菱 行列 奈良 明治 例えば 行くの 歌舞伎 忙しく 我々は何者 ネット 市立 色々 寂しい セーヌ 個人的 言えば 一枚 言って カミーユ・ 江戸時代 的には 強烈 必要 スタッフ セット 展示されている 入れて 殿堂 会期 理由 難しい ボストン美術館展西洋絵画の巨匠 行きました 巡回 見つけ 帰宅 勉強 久々 六本木ヒルズ どこへ行くの 人気 丁寧 来まし ナショナル 巨大 混んで 価値 気がし 言葉 確かに 展に行ってきまし 感じた 三菱一号館 持って 角度 話題 興味 是非 保存状態 夕暮 ボストン美術館浮世絵名品展錦絵の黄金 スカイツリー 世紀 神戸市立 カレンダー 写真 作者 乗って 我々はどこへ行くのか 前回 出てき 鑑賞 はどこから来たの 描かれている 展望 目当 到着 感謝 渋滞 見てき 入ると 思っている アップ 散策 思いました 行われ 我々はどこから来たのか 渋谷 制作 勿論 見られる 行きたい 惹かれ 意味 最後 日本初 気がする 詳しく 感動 トップ 面白かっ 入っている 少なく 見事 正直 活躍 本物 公開 だと思います ボストン美術館展に行ってきまし 自身 楽しみに 始まっ 展示して 日曜日 聞いて 野菜 世界 この展覧 充実 仕方 簡単 利用 絵には 完全 何点 以上 鑑賞でき 最終 風景 中でも 言われて 食べた 期待 中心 残って 年前 影響 教えて 描いている 見ること 観ること 開催中 美術館で開催 名古屋ボストン 客さん 飾って 置いてあっ 見てきました 伝わって 考えて 紹介します 感じること 明日 楽しみにし 多かっ いませんでした 行って来ました 思ったり 見ると 思っています ことができました 知って 充実した 見るの 久しぶり 参加 この作品 アメリカ 買ってき 見ることが 来てい 良かった うと思って 楽しみにして
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.155 0.540 0.030 0.499 0.189
    僅かに強い少し弱い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 122842.89999996353

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発