13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2232 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    内田樹

    書籍 関連語 新潮社 新潮新書 光文社新書
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ その後、宮城県のご家族の安否情報を探しておられた方からも、ようやく無事を確認できたと連絡があった

  • ○■ その子供においてはこの『先駆的に知る力』は衰微しているということになります

  • ○■ そういうことじゃないかと思います

  • ○■ そういう憧れが、中国にあるのだ、と見ます

  • ○■ このごろ、膝の上に乗ってこようとする

  • ○■ このことについては、また書いていきたいので、後日

  • ○■ 『養老訓』(養老孟司/新潮文庫) 久々に氏の文章をまとめて読んだ

  • ○■ 『強い敵』とは誰だって、しかたなしに共存します

  • ○■ 「文学」カテゴリの最新記事 加藤典洋『耳をふさいで、歌を聴く』 デイヴィッド・ゴードン『二流小説家』 『二流小説家』を読みはじめる テニスの効用、内田樹・三砂ちづる『身体知』 エラリー・クイーン『xの悲劇』

  • ○■ 「分かりやすい教え方」の技術 - 発声練習 さん

  • ○■ 「ツイッター」カテゴリの最新記事 昨日のツイート06/12 昨日のツイート06/11 昨日のツイート06/10 昨日のツイート06/09なぞなぞ(1) 昨日のツイート06/08

  • ○■ そういえば思い出した

  • ○■ ▼▼▼整体師応援セミナー▼▼▼ マッスルエナジー・テクニック・セミナー随時開催>>>

  • ○■ 2011年08月28日のツイート

  • ○■ 16年前の大震災を超える規模の国家的災厄となった

  • ○■ 最後は力がぐっと入ってしまって、 ハンドルをフィニッシュに投げてしまった

  • ○■ テレビを見るのは久しぶり、鬱の時は見れない

  • ○■ なぜなら、ちょっとくやしくなるくらいおもしろいからである

  • ○■ でもいろいろなきっかけを与えてくれる、という意味で、良い大風呂敷本だと思う

  • ○■ それは私にとって書くことの目的が生計を立てるではなく、一人でも多くの人に自分の考えや感じ方を共有してもらうことだからである

  • ○■ その差はどこから発生するのだろう、ということだよ

  • ○■ しかし、阪急王国・これぞ阪急沿線の高級感あふれる路線といえば、今津線じゃなかろうか

  • ○■ この誰にも判らない抽象的なぐちゃぐちゃの観念論とは、逆に『何にでも自分勝手に当てはまる』ことでもあるのですよ

  • ○■ 「本が読む」にもありましたが、読むべき本は眼の前に現れる

  • ○■ 「放射能の安全性」なんてものはない

  • ○■ たとえば、「これから日本はどうなるか」と聞かれて、内田はこう話している

  • ○■ それは自分のスキルや知識を彼のうちに「遺贈」することによって、おのれのエクスペンダブルな人生の意味が語り継がれることを彼らが夢見ているからである

  • ○■ 才能がある自分たちは根源は喪失している、という「なげき」がない

  • ○■ それが、安藤昌益とか、本田利明といったような人たちですが、狩野は、いわば杉の植林の中からそういう希少な品種を掘り出すことで一勝を終わりました

  • ○■ そのうえ、『短期志向』と、『実利志向』がかなり強い

  • ○■ この点がスグに、予算削減の弊害が国民に返ってきてしまう社会保障費とは全く異なっている点です

  • ○■ 内田樹氏のことばを引用するなら、「集団を支える成熟したメンバーを再生産する」=「大人を作り出す」ために、自分の世界を広げるために学ぶということは、大切なことだと思うからです

  • ○■ メディアは死んでしまったのか?を論じているのだが

  • ○■ その時のレッドフォードの言葉がいい

  • ○■ すると、だいたい辞めていくから」と話していた

  • ○■ 昨日のacl、フロンターレはあっさり北京国安に 負けちゃいましたね

  • ○■ 私たちが学ぶのは、学ぶとどんな『いいこと』があるかが確実に予見されているから

  • ○■ 彼らはその人生においてヒーローだ

  • ○■ もちろん自らについても内省もした

  • ○■ ちょっとこの話はここでおしまい

  • ○■ そして、彼らに価値の理解できないものを「売りつけ」ようとする教室において、彼らは積極的に反抗的な態度をとる、と

  • ○■ しかし、帯の推薦文の人選が憎いな

  • ○■ 『現代霊性論』 内田 樹,釈 徹宗 共著 講談社刊

  • ○■ 内田樹のことも良く知らないが、「平。鎖国論」みたようなことを言っているようだ

  • ○■ --フランソワ・ポワリエ(内田樹訳)「レヴィナス哲学入門」、エマニュエル・レヴィナス、フランソワ・ポワリエ(内田樹訳)『暴力と聖性--レヴィナスは語る』国文社、1991年、53頁

  • ○■ しかし,対象の子ども本人が望んでいないのに,「私は不快である

  • ○■ 私たちは師弟関係の開始時において 「この人が師として適切であるかどうかについては吟味しない」という ルールを採用していた

  • ○■ それにしても本作を巻頭にもってくる文学界にも何か思うところがあるのだろう

  • ○■ そして、ほとんどの子どもたちは「自分の学力を上げる」努力と同じだけの努力を 「競争相手の学力を下げる」ことに投じる

  • ○■ 09:56 from tweet button 受精卵、全染色体で診断不妊治療学会に申請せず t.asahi.com/765a 産婦人科学会は今度こそイニシアチブをとりたいところだろう

  • 人間 問題 ブログ 新書 仕事 関係 思って 考える 大学 社会 読んで 対して メディア 文化 価値 思想 日本辺境論 日本 今日 文章 場合 言って 個人 文庫 経済 能力 人生 樹氏 教授 評価 勉強 最新 読んだ 面白 最後 意識 街場 国民 内田氏 講談社 主張 新潮 昨日 カテゴリの最新 気持 分から カテゴリ 出版 最初 思ってい 基本 以前 納得 学生 想像 結果 非常 思っている 書かれ 思った 映画 東京 書いた 他者 事実 国家 期待 若者 研究室 持って 人たち 生きて 他人 大人 仕方 物語 以下 大切 実際 結局 疑問 言葉 場所 的には 成長 小説 専門 当然 講義 具体 選択 学者 必要 光文社 言われ 自然 発想 内田樹の研究室 会社 印象 世界 雑誌 解説 樹著 方向 ニュース 以上 現場 自体 読者 地域 生まれ 考えて 内田さん 講演 間違 対象 新潮社 気がする 新潮新書 一緒 決定 作家 amazon 一般 見える 何度 対応 労働 発売 日本人 前提 言った 言える 解決 先生 個人的 首相 同時 彼らは 集団 主体 向かっ 優先 努力 現状 感想 変わっ 排除 言っている 結論 宣言 具体的 出来 質問 価値観 リスク 感謝 写真 対談 入って 読んでい 感情 要求 合理 残念 環境 市場 作者 イメージ 素晴らしい 態度 光文社新書 民主主義 時期 年前 原因 共通 常識 関連 茂木 才能 ブログの人気記事 紹介 通じて 時間 委員 全然 面白かった 私たちは 読んでいる 政権 購入 大阪 二人 被災 時代 当たり 思える このブログの人気記事 途中 出版社 効率 外部 文脈 職業 推進 将来 学力 最高 官僚 利用 安定 不安 関心 方々 のかもしれない 気がし 今朝 大学生 行政 崩壊 唯一 ないということ 街場のメディア 第一 考えてい 支持 人物 語って 養老孟司 販売元 イデオロギー 作業 10 全員 要するに 提示 感じた 言われる 聞いた 考えている ではありません 思想家 エートス 教える 分かる アップ 特別 聞いて 政策 同じよう 反論 確かに 目標 サイト 辺境人 大臣 出現 向かって 同一 息子 文句 文春文庫 分かっ 今回 意味 見方 しなければなら マインド 今度 てしまいました 心理 言及 高校生 アメリカ 正直 批評 少年 論理的 友人 生徒 相対 共同体 持っている 最近 舞台 amazoncojp だと思います 感じて twitter 同様 市民 専門家 中には 贈与 集中 一貫 少ない 変わら
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.170 0.519 0.029 0.478 0.173
    total 494728.4000006665

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発