13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    松本清張

    芸能 エンタメ 書籍 関連語 点と線 砂の器 ゼロの焦点
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ 「砂の器」と言えば、今西刑事(丹波哲郎さん)目線の映画版(和賀は加藤剛 さん)、和賀(中居くん)目線の連ドラ版(今西は渡辺謙さん、吉村は永井大 さん)あたりが記憶にありますが、今回は玉木くん演じる吉村目線になるよう

  • ○■ 「再生」がテーマのおはなし

  • ○■ 「ちゃんと食べてるの?」

  • ○■ 直木賞の主催団体は、日本文学振興会っていいます

  • ○■ 昭和30年代の風景を醸し出すのにご苦労された様子が窺える

  • ○■ これで最初と最後がつながってキセル三十三カ所巡礼の完了!というつもりではありません

  • ○■ この時代の受賞者のなかで、似たような回想をしている人は他にもいます

  • ○■ この映画は、最後の父と子の放浪シーンと父が成長した息子の写真を見せられて「そんな人知らない」と絶句するシーンが有名で、日本人でこのシーンを見て泣けない人は少ないのではないか

  • ○■ ◎宮。平助に「記録もの」が入って来たのは…松本清張『不安な演奏』文藝春秋新社620910p.7 2011/08/08(月) 21:45:02

  • ○■ 2009年公開、松本清張原作のサスペンス映画です

  • ○■ 昨 は、フジ「浅見光彦ミス

  • ○■ 昨 『松本清張の駅路』

  • ○■ 今日は、昨日より寒い

  • ○■ 途中からみんななんか、いつの間にか、「ちょっと中居さん待って~」が、 「ちょっと中居くん」、とかになっちゃってて

  • ○■ 自分を律したいと思います

  • ○■ 社会派と呼ばれる松本清張らしいです

  • ○■ 原作読んでないんでミステリーとしては楽しめましたが、 ぶっちゃけ古典だよね

  • ○■ 内容も少し違っています

  • ○■ 今日ケンが来る事は想定外だったので、あわてて部屋の中を片付ける

  • ○■ 今回は後姿を、 背中 の筋肉も強調されてるでしょ(^^♪

  • ○■ ドラマの脚本家がリアルに首吊り自殺してる事も、さらに怖くて・・

  • ○■ とりあえず1話を見たのは次の通り

  • ○■ そんな作品の中に私にとっては異色の一冊「ミステリーの系譜」

  • ○■ それでは、その�の続きをお付き合い下さいませ〜!

  • ○■ それで、帰宅時にtsutayaに寄って、dvdを借りました

  • ○■ そういう意味で、この脚本のパンチラインはひとつの成功点に達していると思う

  • ○■ しかし警察の捜査が自分たちに及んだと知った安田夫婦は鎌倉の家で自殺した

  • ○■ この映画は実は、白黒なのだ

  • ○■ この事件は何から何まで列車や飛行機の時刻表に埋まっている

  • ○■ あ、今年は禁煙したいな

  • ○■ 吉村はこの女性の働く銀座のクラブに訪ねていくが、詳しい話を聞く前に、この女性は失踪する

  • ○■ from mizuho

  • ○■ 2011年は、震災がそれを露呈したまで

  • ○■ 読後感は褒め言葉ですが後味悪いです

  • ○■ 松本清張の経済小説は珍しいが、事実に基づいた話で、ダイエー、三越なども似たような感じがあったのではないか、と思わせる小説であることは事実である

  • ○■ ダウンコート大特集 松本清張のことならおまかせください

  • ○■ ちょっとした大工事ね

  • ○■ この謎を解いていく手法は、清張後年の推理小説を彷彿とさせ、それこそ鷗外の傑作「 渋江抽斎 」をも思い起こさせる

  • ○■ ミステリー小説なので、粗筋を記そうにもネタバレにならないでというのはとても難しいかも

  • ○■ なぜ京都だけ違うのでしょうね?不思議に思っていました rt@seiji_murata なぜか関西でも京都の地下鉄は左立ちです

  • ○■ とりあえず1話だけ見たインスピレーションによるオレの好きな順番 レベルe、と君届は誰が見ても問題ないんで外しとくとして

  • ○■ ちなみにホテルの抽斗をあけたら、聖書のかわりに、

  • ○■ それは少しずつしか進めないことだと分かっているつもりだけれど、それでもその歩みの遅さに苛立ちを覚えることもある

  • ○■ この作品もわくわくどきどき、一日で一気に読んでしまいました

  • ○■ あるいは太田靖久という作家の、芯に持っているポリシーなのかもしれません

  • ○■ 「砂の器」は主人公が作曲家なので、芥川がの作品がそのまま主人公の作品ということになる(あの映画は一度音楽に集中して観ても面白い)

  • ○■ 「点と線・松本清張生誕100年」北九州市

  • ○■ 「大活字」シリーズから、松本清張集

  • ○■ ブログネタ:飛行機100円だったらどこに行く? 参加中

  • ○■ 2009年8月発行の文春文庫の下巻

  • 焦点 自分 ゼロの焦点 今日 生誕 最後 テレビ 東京 当時 物語 人間 広末 美紀 昨日 今回 中谷美紀 読んで 文庫 登場 内容 人物 世界 演技 言葉 シーン 木村 存在 作品 清張生誕 生活 思います 最初 今年 有名 思った 映画化 印象 気持 以上 自殺 全部 清張さん 子供 途中 過去 読んでい 紹介 失踪 演じる ドラマ 男性 良かっ トリック 日本 必要 考える 情報 化され 太宰治 発表 先生 amazon 面白かっ 黒革 連載 被害 球形 何度 言われ 年前 書いて 関連 場合 自身 風景 言って 山本 生まれ 一緒 ファン 利用 不思議 不明 作者 出来 結局 出身 ニュース 後半 気がし 今度 新潮文庫 文化 個人 視聴 評価 記者 帰って 状況 分から 雰囲気 女性 生誕100 真相 清張記念 昭和 山田 見える 最新 言えば 文春文庫 江戸川 簡単 藤木直人 精神 始まっ 大阪 実際 ラスト 文藝春秋 清張の小説 混乱 放映 思ってい 直人 分かっ 出てき 読んでみ 次々 思いまし 本人 残念 時間 夜光 金沢 久子 amazonco 対して 宮部 突然 松本清張の小説 多かっ 取材 登場人物 読者 原作 視点 掲載 描かれて てしまいました 数年 向かっ 同様 最高 以下 空気 アメリカ 活躍 舞台 受賞 チェック 玉木宏 出版社 清張の作品 平成 様子 同時 入った 出かけ 証明 旅館 解決 放送 研究 夫婦 変わっ 発行 野村芳太郎 候補 本来 共演 決定 苦労 報告 過程 時刻 嬉しい 小林 もう一度 描いた 沈まぬ 推理小説 分からない 恋人 持って 村上 意識 犬童 主役 始める 地域 読了 全国 地元 悲しい 整理 広末涼子 西村 発生 殺害 資料 亡くなっ この映画 巨匠 久美子 何故 明らかに 対する 日間 滞在 記事 一応 タイプ 正直 過ごし 井上 特別 担当 結婚 個人的 未来 全体 残って 今後 ノンフィクション 川端康成 海岸 彼女 アカデミー 読みまし 知った かもしれません 上映 銀座 発見 的には 流行 刊行 高橋 家庭 09 ホーム 司馬遼 容疑者 田村 下巻 目指 見ました 現代 結構 一心 納得 行為 学生 大人 理論 ありがとうござい 模様 共感 行われ 得意 意見 見てい 原因 仕事 依頼 素敵 技術 収録 事件 多かった 確かに 好きな 最新記事 小説家 憲一 ミステ 清張生誕100 主人公 使って 成長 読みたい 役柄 機会 恥ずかしい 受けて 予想 時代 分かる tbs
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.035 0.155 0.538 0.030 0.499 0.185
    やや強い少し弱いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 417109.20000048855

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発