13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    マグリット

    アート 芸術 関連語 国立新美術館 ピカソ エッシャー シャガール Bunkamura マン・レイ だまし絵 シュルレアリスム
    0 .
  • ○■ 小学生でもわかりそう

  • ○■ 昨日は兵庫県立美術館に『だまし絵』を見に行ってきました実はだまし絵にはそこまで興味はなかったんだけど誘ってもらったのでそれなら・・・ってくらいの気持ちで

  • ○■ 久しぶりに太陽に当たって体力奪われて疲れたけど、超楽しかった!

  • ○■ ルネ・マグリット作品は、変てこながらすっきりした気分で鑑賞出来るのです

  • ○■ ベルギーの生んだシュルレアリスト、ルネ・マグリットの作品を見ることが、今回の大きな目的でした

  • ○■ シュールレアリズの巨匠、rene magritte (ルネ マグリット)の絵画に・・

  • ○■ とりあえず口に出しておくけど

  • ○■ これも、心を定める1つの手だったと思う

  • ○■ マグリットの「遠近法」

  • ○■ 名古屋市美術館で「視覚の魔術だまし絵」展 が、はじまります

  • ○■ 展覧会は4部から構成されていますが、そのどれもが素晴らしく目録を見返してみても、その豪華さにはため息が出ます

  • ○■ 考えてみると、ベルギーの美術館展って過去にも結構ありますよね

  • ○■ その絵とか作者について、すごく考えるよね」

  • ○■ bunkamuraミュージアムの 「ピカソとクレーの生きた時代」展 行ってきました

  • ○■ ダリやマグリットも含まれるんですね

  • ○■ 描くし、見に行くこともするよ! サルバドーレ・ダリやルネ・マグリットなどには目がなく、 電車で2~3時間くらいなら見に行っちゃうね

  • ○■ マグリッド、デルボーどちらも、もっとインパクトのある作品が過去観てきましたからね

  • ○■ マグリット美術館には入っていませんが、お土産を買うときに通過しました

  • ○■ なと、つくづく思います泥舟、今日のラッキーナンバー3あり得ない世界を描いて見せるマグリットの絵画と同じく私が小さい頃から好きだったのが手品です不器用なのでサークル活動や趣味で手品をやってる人に比べ

  • ○■ 」のあとがきに書いたマグリットの「王様の美術館」や、ダリ、エルンスト、マン・レイなどが贅沢に並

  • ○■ NULL アントワープ王立美術館コレクション展が今年の二月から茨城県ではじまり日本を巡回

  • ○■ 、迫真的な描写に よって絵を現実と見誤らせるトロンプルイユの手法は、 画家が鑑賞者の視

  • ○■ 4章:シュルレアリスム東京オペラシティアートギャラリーで10月3日迄

  • ○■ は、 20世紀になるとマグリット、ダリ、エッシャーといった巨匠たちの活躍を皮切りに、さらに多様

  • ○■ 前に、気になっていた『シュルレアリスム展』に行ってきた 全体的にart感満載な外観が大好き

  • ○■ =4億円相...エミー賞受賞のクリスティン・チェノウェス... エミー賞受賞のクリステ

  • ○■ 年、パリの若き詩人アンドレ・ブルトンは「シュルレアリスム宣言」なるものを発表「いとしい想像力よ、私

  • ○■ はもう少し広くて、見る者の目をあざむくような仕掛けをもった作品の系譜が、16世紀の画家 アルチンボルド を嚆矢と

  • ○■ ... エミー賞受賞のクリスティン・チェノウェス... 押尾、事件後ラブホ潜

  • ○■ )先日、 国立新美術館で開催中の『シュルレアリスム展 - パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による』

  • ○■ モチーフが別のものにも見えるダブルイメージの古典的名作ですアルチンボルドまた、エアハ

  • ○■ シェーンの木版画は、 ある視点から斜めに見ると正しい絵柄が浮かび上がるアナモルフォーズの代表例ですエアハルト・シェーンそし

  • ○■ bunkamuraでやってる「奇想の王国だまし絵展」に行ってきました だまし絵?それこそ子

  • ○■ でしょうダリの作品は、「不可視のライオン、馬、眠る女」(↓)と「部分的幻覚:ピアノに出現したレ

  • ○■ 休みに、兵庫県立美術館に「ピカソとクレーの生きた時代展」を見に行ってきました 招待券を頂いた

  • ○■ レアリスム展 - パリ、ポンピドゥセンター所蔵作品による』 を訪れました国立新美術館は、繁華街六本

  • ○■ かでなによりも愛しているのは、おまえが容赦しないということなのだ@アンドレ・ブルトン「シュルレアリスム宣言」 今

  • ○■ 尾、事件後ラブホ潜伏?空白の3時間“... <おくりびと>視聴率

  • ○■ 奥菜恵が女児を出産「嬉し涙が出てきます...

  • ○■ 観光案内人@マグリット bunkamuraザ・ミュージアム「ベルギー幻想美術館」展へマグリットがたくさんあ

  • ○■ bunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ベルギー幻想美術館」へ 姫路市立美術館

  • ○■ のヨーロッパ、さらには19世紀のアメリカで大いに流行たようで、展覧会の前半の作品は殆どがこのタ

  • ○■ 品の系譜が存在します16世紀の画家アルチンボルドの奇妙な絵は、 モチーフが別のものにも見

  • ○■ が多かったかな でも20世紀以降、マグリット、ダリ、エッシャーあたりになると、「おおっ」の連続これぞだまし絵

  • ○■ から始まっている「 20世紀のはじまりピカソとクレーの生きた時代展 」を観てきました私にとっては久しぶりの

  • ○■ a ザ・ミュージアム 2009年6月13日(土)〜8月16日(日) ※お得な早割ペ

  • ○■ かのような「 描表装 (かきびょうそう)」や、歌川国芳らのユーモラスな浮世絵など、視覚のトリックを巧みに操った作品が数多く生み出されました 歌川国芳 の「み

  • ○■ マグリット

  • シュルレアリスム 展示 展覧 エッシャー アート ピカソ 時代 デルヴォー 今日 意味 キリコ 東京 初めて 国立新 絵画 bunkamura 思います 面白 歌川 目的 最後 視覚 展覧会 美術館 エルン 展示され 思って 思った 本物 日本 背景 モチーフ 浮世絵 王立 トロンプルイユ サルバドール 兵庫県立 主義 開催 ・ダリ 代表 ポスト 意識 ヨーロッパ 多かっ 先日 ベルギー幻想 関係 描かれ 美術館で開催 西洋 素敵 言えば 言葉 想像 記事 日本人 表装 寓意 マティス 最初 面白かった 有名 気持 何度 作家 巨大 言われ 奇妙 影響 ベルギー幻想美術館 正直 公開 子供 以降 視点 アメリカ カンディンスキー 行ってきました 開催され 存在 ブログ 混雑 シャガール 変わっ 目当 予定 アンドレ・ 制作 良かった デッサン 思ってい ポール 一方 かもしれません 著名 年前 自体 出品 出てき 今回の展覧 多様 名作 開催中 発見 子ども 帝国 非常 角度 分から アンドレ・ブル 見つけ 電車 思いました パトリック・ヒューズ 最近 展示されてい 絶賛 象徴 サルバドール・ ピカソとクレーの生きた時代 一緒 持って 現代美術 嬉しかった ダブル 今度 白紙委任状 入って 宣言 残念 ・エルン 知らない 私たち 教えて ストーリー 行きたかっ 言って 建物 モデル 技術 世界大戦 好きです 書いて 聞いて マックス・エルン 感じた 世紀 デ・キリコ タイプ レオン・ 出かけ 表現 この展覧 ネット 国立新美術館で開催 人たち 料理 興味 応援 開かれて 時間 中心 日本のだまし 会場 テレビ エルンスト 見ること 大変 チェック 知った 魅力的 購入 マン・レイ 行きまし 住んで 行くの 並んで 好きな 観られ 土産 3時間 来まし ゲット 価値 現実 違って てしまいました 見ると 美術館に行って ・ファン・ されていました 人間 展に行って のかもしれない ていたのですが 私の大好 見えて 開催されて 書いてい 気がします なかったのですが だと思って 見ました
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.042 0.169 0.518 0.043 0.470 0.179
    少し弱い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い比較的強い
    total 64843.699999986165

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発