13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    納棺師

    映画 書籍 関連語 広末涼子 山崎努 本木雅弘 余貴美子 滝田洋二郎 おくりびと アカデミー賞受賞
    0 .
  • ○■ 4 指 カブレラ 10 72 .304 23 73 0 5 一 松中信彦 8 72 .262 17 44 0 6 捕 的山哲也 5 24 .211 0 3 0

  • ○■ 葬儀社の男女2人の社員(納棺師という方なのでしょう)が、 家族の前で、納棺の儀をしました

  • ○■ 初めてみましたが、納棺師になった主人公の葛藤が細やかに描かれていて、 形式美が美しく、すばらしい 映画 でした

  • ○■ 人は生まれ、育ち、そしていつか遂に終わりを迎えます

  • ○■ 亡くなった人を納める木製の棺

  • ○■ あの時ほど泣いた事は無いです

  • ○■ 「ライディング・ザ・ブレット」「ママの遺したラヴソング」などの プロデューサーでmpcaの創始者であるブラッド・クレボイは、 「『おくりびと』は世界に通用する魅力を持っています

  • ○■ (シネマ・トゥデイ)

  • ○■ 納棺師という特殊な仕事に着目した点はokなんですがね・・・

  • ○■ もちろん、上海に遊びに来たこともありました

  • ○■ 米モーション・ピクチャー・コーポレーション・オブ・ アメリカ(mpca)が、2008年のアカデミー賞外国語 映画賞に輝いた滝田洋二郎監督、本木雅弘主演「おくりびと」の 米リメイク権を獲得した

  • ○■ そして「そういう病気」に対して、優遇されている事も多いいし・・

  • ○■ この映画は、納棺師の神々しいほど美しい死の儀式によって、夫婦の愛、わが子への無償の愛、父や母への想いがそれぞれ浄化され、理想的な家族愛の原形として描かれていて観る人の胸を打つ

  • ○■ 「おくりびと」はストーリーはもちろん 映像も音楽も素晴らしいそうです

  • ○■ 映画 「おくりびと」で主人公・大悟が納棺師として働く”nk エージェント ”の3階、 社長 室から見下ろす酒田市街の風景

  • ○■ <!-- google_page_

  • ○■ 「おくりびと」は所属していたオーケストラが解散して失職したチェリストがついた再就職先がなんと納棺師の会社

  • ○■ まだ見れてませんが、叔父の息子(=大介のいとこ)と 納棺師への求人増えてんだってね、とか会話してたとこ でした

  • ○■ 「おくりびと」の納棺師といい、遺品整理業といい、これは世界に誇れる 「日本の職業」といえそうですね

  • ○■ 当初は戸惑っていた大悟だったが、 さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納 棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく

  • ○■ 死者を敬い、おくることが、残されたものを生かすためにいかに大切であるかを感じずにはいられない

  • ○■ おくりびともやっと見れたよ 去年、映画館で放映されてた時は 完全に怖い映画だと思い込んでたんだけど 想像と全く違い、シリアスなテーマをあんな風に 相反する笑いも入れながら・・・・

  • ○■ 「死は門のようなもので、自分はその門番なんだ

  • ○■ この映画を観て自分の中にモヤモヤがあった事に気づく

  • ○■ 「おくりびと」をtvで観た

  • ○■ 納棺師を美しく、描いている

  • ○■ 「納棺師っう仕事があるっうことをこの映画で知りました

  • ○■ 納棺師は世間からだけでなく妻からも偏見の目で見られてしまう仕事でしたが、立派な仕事をすると遺族から感謝される仕事でもありました

  • ○■ 求人広告を見つける 面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業 務内容

  • ○■ お仕事に行ってきます今日もよき一日になりますように

  • ○■ NULL アカデミー賞外国語映画賞を受賞した作品まじめだけの映画かと思い

  • ○■ 笑) 【おくりびと】アカデミー賞の外国語映画賞を受賞した話題作 ひょんなことから納棺師に

  • ○■ 、沢山のキスマークで送り出される大往生のおじいちゃん・・・そこには、さまざまな境遇のお別れが待って

  • ○■ 即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事 当初は戸惑っていた大

  • ○■ 、納棺師(のうかんし)の見習いとして働き出す大悟 美人だと思ったらニュ

  • ○■ いいのに・・ 大阪や神戸にも納棺師をたくさん募集していくんだね 葬儀ホールや火葬場に

  • ○■ した(@_@;)おくりびと [dvd] 出演:本木雅弘 販売元:アミューズソフトエンタテイ

  • ○■ 映されたので見た 昨年、アカデミー賞受賞で話題になりまくった作品だ 「いつかは見たいな〜

  • ○■ 戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく-『あいつ、今まででい

  • ○■ 来るんよね~<!-- google_page_ハッピーフライトおくりびと二本観ました!静と動ハッピーフライトは矢口作品らしい楽しい作品で見る価値はあるとおもいますよ!おくりびと、この作品は

  • ○■ 納棺師

  • ○■ らしい映画でした! 「 旅のお手伝い」 ではなく「旅立ちのお手伝い」! 納棺師という仕

  • ○■ 長に即採用される業務内容 は遺体を棺に収める仕事という当初は戸惑っていたが、

  • ○■ こと主人公は楽団の解散 でチェロ奏者の夢をあきらめ、移り変わる自然が美しい故郷に帰ってきた

  • ○■ 日、アカデミー賞を受賞 した映画「おくりびと」で納棺師役で主演した本木さんに演技指導した、本

  • ○■ 悲しいはずのお別れを優 しい愛情で満たしてくれる人 チェロ奏者の主人公(

  • ○■ 当初は戸惑っていたが、 さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆくこれが”あ

  • ○■ 棺師・・・・・それは 、悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれるひと【納棺(のうかん)】

  • 本木雅弘 遺体 広末涼子 山崎 亡くなっ dvd この映画 外国 シーン 儀式 人間 話題 貴美子 演技 映画おくりびと 本当 最近 良かっ 映画でし 監督 綺麗 主演 人生 滝田 笹野 受賞 生きて 先日 今回 女性 大悟 父親 手伝 実際 理解 自分 出演 人々 思ってい 必要 映像 対して 日本 音楽 以上 死んで 生まれ 考えさせ 自然 様々 モックン 突然 東京 思いました 広末涼子さん 生きている 通して 賞を受賞 行って 実家 出来 終わり 観まし 自身 亡くなり 楽団 役者 のお手伝 主人公 故郷 作業 向かう 生前 亡くし 多かっ 詳細 登場 場合 思います アカデミー賞外国語 採用 公開 方々 久石 冠婚葬祭 意識 描かれ 影響 死生観 台詞 吉行和子 以前 専門 現在 明日 視点 見事 余貴美子 全員 機会 外国語映画賞を受賞 鑑賞 映画館 勉強 オーケストラ 息子 感動 病気 部分 小山薫 旅立ちの 斎場 納得 感じまし 納棺師として 山形 尊厳 瞬間 行ってき 納棺師になっ 大事 職業 おくりびとdvd 通夜 見てい 詳しい 久々 描かれて 時間 化粧 言って ありがとうござい 帰宅 amazon アカデミー賞外国語映画賞 知った 画面 身内 募集 今まで 皆さん この作品 気持 自体 別れを 上映 思うの 地方 本木さん 精神 納棺の儀式 就職 場所 部門 多くの 誰もが 成長 家族 見まし 完全 見られ 始まり 話題になっ 本木雅弘さん チェロ のかもしれない 美香 気持ちを 社長 ロサンゼルス 行った 下さい 感じて ヒット 直面 観てい 分からない 二人 立派 賞を受賞した 言われて 良かったです 受賞作品 文字 同様 施設 出てき 現実 旅のお手伝 楽団の解散 納棺師という 思うと 作品でした 去年 のお別れを 個人的 以下 サイト 主役 親戚 難しい 発売 予約 見える 最後 通じて 奥さん 心配 ではありません amazoncojp 葬儀 遺族 観客 google アカデミー賞を受賞 向かっ テーマ かもしれません 行為 作家 残され 愛情で満たしてくれる 行くと 済ませ 試験 自信 戸惑いながら 考えさせられ 賞受賞作品 思うん 印象的 出来ない 世話 好きです 気持ちに 入れる 的には ありがとうございました 半分 連絡 悲しいはずのお別れを アカデミー賞の外国語映画 担当 映画だっ 感じです 知れません 普段 亡くなられ 気になっ 感銘 感謝の気持 到着 綺麗にして ないでしょうか 食べる 作品です 電話 仕事をし 葬儀屋 同じよう 見終わっ 書かれて 葛藤 頑張 知りました 知らなかった 思っていた 書きました 本当に良かっ 残して 見ました 生きること 帰ってき 仕事です のではないかと 仕事だった 誰でも さまざまな境遇 感じてい した映画おくりびと 獲得した 非常 かも知れません という言葉 思うのです 観ました 親子 気がします 送って 覚えて 放送 行ってきました のではないでしょうか 出来るの ありがとうございます 思っていました 受賞した映画 勉強になり 大変 はこの映画
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.044 0.188 0.512 0.039 0.464 0.166
    total 107595.09999996693

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発