13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    横審

    スポーツ 関連語 朝青龍 角界 白鵬 国技館 内館牧子 貴乃花 相撲協会 内舘
    0 .
  • ○■ どんな スポーツ でも八百長はありえないと思って見てるけど、最近は海外の サッカー でもあったしね

  • ○■ そして何よりも、あの闘志あふれる所作や取り口を、2度と観ることができなくなってしまったのですから・・・! 朝青龍という力士は、いろいろな意味で「型破り」でした

  • ○■ 平成22年2月4日鶴田卓彦 朝青龍は、年寄名跡を取得するのに 必要な日本国籍を取得していないため、相撲界を 去ることになった

  • ○■ 朝青龍によって、日本の大相撲は汚された

  • ○■ 理事選のことを書こうと思っているうちに、 朝青龍が引退してしまいました

  • ○■ 辞めるべくしてやめた〝増長横綱〟朝青龍

  • ○■ 横綱=神様としての朝青龍は終わってしまったが、彼の人間としての天敵のあの人をして「人たらし」と言わしめた魅力を、またどこかで発揮できることを祈りつつ、今回のブログの〆といたします

  • ○■ 横審も昔と違い老年の素人集団だ

  • ○■ 全国の皆様、 朝青龍が引退してしまいました 突然ですが、去年の今頃

  • ○■ を取得するのに 必要な日本国籍を取得していないため、相撲界を 去ることになった 国内航空券 国内旅

  • ○■ 格である 横綱が、勝ってガッツポーズをしたり、観客に手を振ったりするのは、邪道以下であって

  • ○■ 連の不祥事は 畏敬 さるべき横綱の品格を著しく損なうものである 示談の成立は当事者間の和解に過ぎな

  • ○■ 対する国民の期待に背いた責任を免れるものではない よって横綱審議委員会規則の内規5、ロ、

  • ○■ 回その間、この問題で「自分が殴られた」と虚偽報告をした個人マネジャーが、被害男性からの「どうか寛

  • ○■ ジャーが、被害男性からの「どうか寛大なる処分を」とする高砂親方あての手紙を報道陣に配る一幕もあった 午後3時4分、

  • ○■ 委員会規則の内規5、ロ、の「横綱としての体面を汚す場合」により横綱引退を勧告する 平成二十二年二月四日 鶴田卓彦 歴代単

  • ○■ 先の初場所で25回目の優勝を果たしたばかりの横綱・朝青龍が引退を表明しました

  • ○■ 横審

  • ○■ 「朝青龍、出場停止で済むか」横審委員長

  • ○■ かって横綱の貴乃花は5度も朝青龍と戦って全勝である

  • ○■ 内館牧子さんも言ってたけど、朝青龍に完全に舐められてるね

  • ○■ これでまた横審にいじ(め)られることでしょう

  • ○■ ガッツポーズ云々ということが言われていますが、確かにああいう動作はプロレス的で相撲の世界にはそぐわないものだと思いますし、いいものとは思えませんが、横審の先生方のくさし方にも、少し大人気ない気がして同調できないところです

  • ○■ 案の定、朝青龍のガッツポーズが問題になりましたね

  • ○■ が決まる 観戦 した横綱審議委員会(横審)の内館牧子委員は「全勝しても横綱としては二流、三流」と

  • ○■ 技館で開かれた朝青龍の師匠の高砂親方(元大関朝潮)が出席し、秋場所千秋楽で、朝青龍が優勝直後

  • ○■ な... サイト閲覧で携帯電話をメインにする人が増... 「朝青龍、出場停止で

  • ○■ ているのかと提案してみたい」と議題に挙げることを明言澤村田之助委員は「土俵上

  • ○■ ことを明言澤村田之助委員は「土俵上でも土俵から下りたとしてもやってはいけない理事長に伺ってみたいです

  • ○■ る」と言っていただけに、28日に処分を下す可能性もあるさてこの人は懲

  • ○■ 打ち上げパーティー後、空気を読んだのか「謝らないといけないことがありますガッツポーズをしてしまいました

  • ○■ には横審が開かれるだけに、協会幹部に対する厳しい意見が出そうだ協会に多数の抗議電話

  • ○■ 増... 「朝青龍、出場停止で済むか」横審委員長

  • ○■ みません」と平謝りした武蔵川理事長はガッツポーズの瞬間をテレビで見て「またやってる」とつぶやいたが、記者に囲まれると「何も見えなかった」と、けむに巻いただが、初場所後には「次

  • ○■ と、あきれた様子だった師匠・高砂親方は理事長に謝罪した後、本人にも注意当の朝青龍は、高砂部屋

  • ○■ 厳しい意見が出そうだ協会に多数の抗議電話が寄せられた愚行石橋義夫委員は「あした横

  • ○■ 土俵上でのガッツポーズの“再犯”に、横綱審議委員会(横審)の委員からは苦言を呈する声が上がった28日には横審が開か

  • 委員 国技 朝青龍 青龍 高砂 事件 責任 内館 処分 土俵 外国 白鵬 暴行 会見 意見 横綱 自分 場所 力士 注意 歴代 鶴田 起こし 文化 内舘 個人 今回 横綱として 国技館 テレビ 泥酔 存在 言える 仕方 委員長 記事 角界 品格 変わっ 指導 一人 対して 最近 出場停止 横綱朝青龍 神事 状況 日本人力士 大横綱 横綱の品格 ガッツポーズ 横綱・朝青龍 上がっ 監督 鶴田卓 厳重注意 記者会見 25 平成 日本 一方 夏場所 東京 思います 初場所中 横綱審議委員会横審 気持 海外 武蔵川理事 以上 男性 決定戦 大きく 細木 富士 強かっ 28 元大関 電話 日本相撲協会 指摘 デーモン 朝青龍の引退 聞こえ 注目 緊張 元横綱 外国人力士 自体 鶴田卓彦委員 両国国技 高砂親方 言われ 素晴らしい 柔道 最新記事 横綱としての 挙げる 師匠の高砂 評論 アナウンサー 間違 言ってい 矛盾 ネット 決着 になってしまっ なってしまった 幹部 一斉 絶対 場合 個人マネジャー 途中 成立 取得 地位 一連 大相撲 横審委員長 理解でき 出席 貴乃花 横綱白 マスコミ 何度 幹事 選挙 団体 多数 素直 言っている 言いたい 起こして 気味 可能性 思ってい 感覚 優勝決定戦 てしまいました 欲しい 仕方ない 大きい になってしまった かもしれません 合わせ 地元 非常 相撲が神事 会場 言うこと 興味 メンバー ホント 頑張って 考えれば 師匠の高砂親方 しか聞こえ 部分 優勝を果たし 協会として 青龍関 新しい 携帯 親方元 女性 以前 日両国国技館 出場停止で済むか 初場所後 内容 理事長 良かっ 受けて 内館さんは 朝青龍の相撲 厳しい意見 表明 一人横綱 委員から 日記の最新記事 だと思います 引退する ざるを得ない 馬鹿 行われ ではないだろうか 開かれる 殴られた 嫌いだ 読んで してしまいました 報告 対しては 見えなかっ 残念 応援 決めた した横綱朝 にも関わらず 好きだっ 認めない ことは間違 のかもしれません 出てくる 問題 のかもしれない 気がする やってはいけない いいんじゃない 読んだの のではないだろう
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.166 0.537 0.029 0.493 0.180
    やや強い少し弱いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 43570.500000000444

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発