13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2235 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    村山談話

    政治 国際 関連語 靖国神社 靖国参拝 仙谷由人 朝鮮半島 菅直人 菅総理 日韓基本条約 日韓併合
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 村山談話を踏襲してきた 田母神氏の論文は、この政府見解を真っ向から否定するものだ」と、村山談話神

  • ○■ それによって明らかとなる 田母神氏の正論を支持し、これを擁護する運動が巻き起こるであろう

  • ○■ 、記者の質問に答える 田母神俊雄・前空幕長=11日午後、河合博司撮影 政府見解と食い違

  • ○■ 次々とマイクを手に、 田母神俊雄航空幕僚長の論文の正当性を訴え、更迭の不当性を主張、正すべきは村山談話やそれを継

  • ○■ 田母神俊雄航空幕僚長の論文「日本は侵略国家であったのか」が取沙汰され、 田母神氏は定

  • ○■ り・・・航空自衛隊トップの 田母神(たもがみ)俊雄・航空幕僚長(60)=空将=が、日本の過去の戦争をめぐって

  • ○■ ためて、あの戦争によって 犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります 敗戦後、日本は、

  • ○■ になっています【麻生首相: 漢字の読み間違い目立つ国会答弁やあいさつで】(毎日) 国会答弁やあいさつで、麻生太郎首相の漢字の読み間違いが目立っている12日に母校の学習院大

  • ○■ 浜田靖一防衛相は6日、田母神前幕僚長に退職金の自主返納を求める考えを示

  • ○■ う(赤地真志帆)私見 浜田防衛相は退職金の自主返納を求めると述べたが、懲戒処分を見送った以上

  • ○■ 雄氏の論文 村山談話や 河野談話が大きく尾を引いたのは田母神氏が航空幕僚長という 自衛隊トップであったからに他ならない日本

  • ○■ 、 「「村山談話」「 河野談話」がいかに手かせ足かせになっているか、改めて思い知らされる」 と触れています 勿論、 支持する立

  • ○■ 戦争責任に関する過去の 政府談話を「ふしゅう」する、という答弁を重ねている 誤読続きに「秘書官

  • ○■ 近隣諸国、米国、さらには 欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います 平和で豊かな日本

  • ○■ 1日、分かった侵略と 植民地支配を謝罪した95年の「村山談話」などの政府見解を大きく逸脱する内容

  • ○■ 存亡の危機に陥れ、 植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました私は、未来に

  • ○■ だろうただし今回麻生首相は 村山談話を踏襲すると表明したが、私は村山談話を再度検証する必要があると

  • ○■ くからというなぜ根拠のない 村山談話を訂正しなかったのか、政府の怠慢の極みだ

  • ○■ 村山談話をフシュウ?」、首相誤読議事録は「踏襲」 麻生首相が国会で

  • ○■ で歴史認識を問われ、 村山談話を「ふしゅう」すると答弁さらに参院予算委員会でも、

  • ○■ 村山談話は科学的に否定されたがこれが政府の認識というなら片腹痛い笑い話 前航空幕僚

  • ○■ 参考人招致された田母神氏「 村山談話の正体が、わたしはわかった」 参議院の外交


  • ○■ ていない民主党政権になったら 村山談話の踏襲なんてことは言って欲しくはないものだ last

  • ○■ もし政府が、「 村山談話に異を唱える官僚・公務員は更迭する」と以前から発表してゐたとしたら、どうでせ

  • ○■ ない しかし、どうも『 村山談話』は、あとの政府がみんな追認しているが、 それに反対する人たちが多いことに

  • ○■ きたかった どの部分が 村山談話から逸脱していると指摘できない議員達 与野党ともこの本質論議

  • ○■ 7年、村山富市内閣の「 村山談話」以来引き継がれている政府見解と異なることを更迭の理由に挙げた確かに

  • ○■ ものです 田母上元空幕長は 村山談話について自分の意見を述べたのであり、村山談話絶対視する者は田母上論文に意見を述べるのが

  • ○■ 明確に示さず、また「 村山談話」や「河野談話」が果たして学術的に見て正しいのかと言う再

  • ○■ 持とうと自由である 「 村山談話」などの過去の政府見解、しかも歴史を冒瀆した誤れる見解に、拘束される必要はないまして

  • ○■ に迫るものがあります 敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗りこえて、今日の平和と繁栄を築いてまいりましたこのことは私たちの誇りで

  • ○■ 誤ち無からしめんとするが 故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたしますまた、この歴史がもたらし

  • ○■ 長を更迭されたこれまでの 政府見解に沿わない内容であることは確かで、麻生首相としても「立場上、不適切」と言わざるを得なかった「村山談話」「 河野談

  • ○■ 解に苦しむ 彼は「 政府見解に一言もいえないようでは、自由民主主義の国とは言えない北朝鮮と一緒だ」と

  • ○■ 日午後、河合博司撮影 政府見解と食い違う歴史観を発表して更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長は11日の参院外交防衛委員会終了後も、「(侵略戦

  • ○■ 論弾圧の道具だ」 ≪ 政府の歴史認識に反する懸賞論文を公表し更迭された田母神俊雄前航空幕僚長(60)は11日、参院外交防衛委員会の参考人質疑終了後に報道陣の取材に応じ「村山談話の正体が、本日分かった村山

  • ○■ ではないか 「それは、 政治が決めたんですが、その村山談話なるものが、私は論文の中ではまったく触れ

  • ○■ 政府&マスコミがどんなに 批判しようと最後まで田母神氏の姿勢を支持していきたい

  • ○■ 張本人だ彼は民間団体の 懸賞論文でアジア各国に対する日本侵略は濡れ衣だとし、 「日本が朝鮮と中国に

  • ○■ 日の参院予算委員会でも、 慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた93年の河野官房長官談話を「ふしゅう」する、と答えた 参院事務局によると、

  • ○■ 歴史観を理由に、何の 弁明の機会も与えぬまま更迭した政府の姿勢も極めて異常である」 きっと”小林よりのり”も同じ論調であ

  • ○■ を見直そうという動きが 各方面から起きていたが、その象徴的論文といえただが、田母神俊雄氏は空幕

  • ○■ 々から寄せられた支援と 協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたしますまた、アジア太平洋近隣諸国

  • ○■ 味の「踏襲」のことだと 判断して議事録に載せているが、誤読続きに「秘書官が首相に指摘するべきだ」との声も出ている参院事務局によると、首相

  • ○■ プの田母神(たもがみ) 俊雄・航空幕僚長(60)を更迭し、航空幕僚監部付とする人事を了承した 一連

  • ○■ 議で田母神(たもがみ) 俊雄・前空幕長の懸賞論文問題に絡んで歴史認識を問われ、アジア諸国へのおわびと反省を表明した95年の村山首相談話を「ふしゅう」すると答弁 10月15日の

  • ○■ が過去のアジア諸国への 侵略行為を謝罪した「村山談話」を「踏襲(とうしゅう)」と言うべきところを「ふしゅう」と答弁した 首相は12日夜

  • ○■ 話内にある「植民地支配と 侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました」ということに対して、「日本は侵略国家ではな

  • ○■ 脳が往来したのは過去に 例がない」とあったが、「頻繁(ひんぱん)」を「はんざつ」と読み誤った 7日の参院本会議

  • 併合 歴史 政府 謝罪 植民地 外交 中国 支配 関係 日韓併合 植民地支配 朝鮮 日本 戦後 戦争 鳩山 批判 首相談話 協力 官房長官 記者 支持 内容 外国 表明 時代 主義 韓国 現在 両国 文化 立場 首脳 多大 総理大臣 菅首相 相手 結果 日本政府 行動 決定 今回 未来志向 小泉 社会 損害 アメリカ 菅直人首相 外相 自民 慰安婦 否定 表現 返還 諸国 仙谷 教育 併合100 閣議決定 場合 言って 考える 可能性 世論 主権 年月 指摘 当時 行われ 真実 日韓併合100 述べた 委員会 始まっ 非常 関して 仙谷由人官房 会長 完全 関連 記者会見 保障 発表 岡田 合わせ 会見 帝国 訪問 今後 参政権 意見 自衛隊 近代 出来 地方 日韓基本 自由 要求 推進 強調 鳩山首相 昭和 幹事 検討 我々 領土 ソウル 最近 勢力 価値 明確 友愛 野党 村山富市首相 被害者 安倍晋 朝鮮王室儀軌 従軍慰安 麻生 連行 民主党 教科書 終わり 植民地支配と侵略 資格 95 現代 事件 持って 危険 損害と苦痛 国々 朝鮮総督 主張 宮内庁 認識 談話を発表 日韓併合条約 メディア 署名 問題 日本国民 踏まえ 政権 無視 条約 交流 韓日関係 15 全体 影響 言えば 思って 人権 状態 将来 199 党首 公務員 併合百年 弁護士 終戦記念 考えて 学校 以降 基本的 図書 談話について 聯合 痛切な反省 占領 普通 強調した 懸案 自身 幕僚 財産 正当 一時期 主導 発言 分かる 慎重 人道的 隣国 掲げる 最後 分かっ 年前 以前 変わら 結局 ざるを得ない 戦前 関心 擁護 小泉談話 韓国政府 他国 圧勝 世紀 最初 新たな 拒否 共通 河野談話 実施 許さない 実行 踏襲 提出 東アジア共同 継続 日本語 明らかに 強制連行 歴史問題 地位 思います 価値観 決着 気持 過去 個人的 下さい 衆院選 深刻 日本側 同様 最大 選挙 大変 言われ 北京 松原 示した 議員 国家 文言 勝手 特殊 成立 反対 衆院議員 評価 方々 原爆 民間 譲渡 政治的 日韓併合百年 予算委員会 しなければなら 果たし 対等 優先 地方参政 変える 変わっ 政調 com 関係者 代表選 行事 主催 国交正常 外国人参 誕生 問題など 保有 有権者 平和 軍隊 評論 例えば 今度 明言 直接 言える 仙谷官房 目指 1995 回復 会談 語った 言ってい 196 8月15 出した 李氏 物事 参拝 海外 早期 とりわけアジア諸国の人々に対して 事実 観点 謝罪外交 日本人 連中
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.026 0.149 0.555 0.019 0.525 0.166
    やや強いやや強いやや弱いやや強いやや弱い比較的強い
    total 144587.7999999546

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発