13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    誘導目標

    ビジネス 経済 関連語 日経平均 FOMC フェデラルファンド 消費者物価指数 FRB ゼロ金利政策 金融緩和 金融政策決定会合
    0 .
  • ○■ 誘導目標

  • ○■ 最重要の政策金利であるフェデラルファンド(ff)金利の誘 導目標は現状の0〜0.25%に据え置いています

  • ○■ 国外の予定 ・5年物米国債入札 ・mba住宅ローン申請指数(20:00) ・fomc金利誘導目標(29日3:15/0.25%) 《決算発表》 プラクセアー、ベリサイン、ザイリンクス ・海外1~3月期決算=コーニング、ダウ・ケミカル、ビザ

  • ○■ すでに公表していたようにfrbは、住宅ローン貸し出しと住宅市場を支援し、個人向けクレジット市場の全体的な状況を改善するために、今年終りまでに住宅ローン担保証券(rmbs)を最大1兆2500億ドル、gse債を最大2000億ドル購入する

  • ○■ 日銀は30日に金融政策決定会合を開く

  • ○■ 後場は上昇し、一時9400円を超える場面もありましたが、結局は小幅安で終了しました

  • ○■ 原油価格は87ドル33セント(+1ドル14セント)で終了しました

  • ○■ 01-0.89・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 私の備忘録 2010年 終値 ダウ11577

  • ○■ 33ドル00セント(+70セント)で終了しました1月26日の上海総合指

  • ○■ に据え置いています 20カ国・地域(g20)首脳会議が本日から2日間の日程で開催されま

  • ○■ を 現行の「年0.1%前後」から「年0~0.1%程度」に引き下げ、 4

  • ○■ 」から「年0〜0・1%程度」に引き下げるゼロ金利政策は2006年

  • ○■ 策金利の誘導目標を0─0.25%に据え置くとともに、金利を長期間ゼロ付近に 維持する

  • ○■ での高値警戒感が波乱要因) 27:15fomc金利誘導目標発表 (追加緩和協議ならドル安米国

  • ○■ 日銀は5日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を現状の0.1%から0-0.1%に引き下

  • ○■ 比較(インフレ): 連邦公開市場委員会(fomc)声明と前回(6月)との主な相違点 ・イ

  • ○■ 、長期にわたり低金利を維持する方針をあらためて示したほか、労働市場が改善し始めたとの認識を明

  • ○■ 方向へ動きました 「米連邦公開市場委員会(fomc)では、ff金利の誘導目標を0.00-0.

  • ○■ 拡大します 注目された米連邦公開市場委員会(fomc)では、ff金利が0~0.25%に据

  • ○■ 上げ(毎日新聞)米連邦準備制度理事会(frb)は18日、金融機関に融資する際の金利(公定

  • ○■ する加えて、秋までに米国債を最大3000億ドル購入する委員会は景気見通しと金融

  • ○■ が続いたものの、日銀が政策金利の誘導目標を従来の0.1%から「0−0.1%」への引

  • ○■ の抑制な どを狙った住宅ローン担保証券(mbs)と政府機関債の購入ペースを緩め、 当初年末

  • ○■ して意識されやすい経済指標・イベント解説(時間は全て日本時間予定・未定を含む)

  • ○■ る可能性も)<24日・木> 08:50日5月通関統計 (輸出の改_持続が日本株を下

  • ○■ が波乱要因)<12日・木> 10:30豪7月雇用統計 (豪中銀は中国などアジア経済

  • ○■ いたようにfrbは、住宅ローン貸し出しと住宅市場を支援し、個人向けクレジット市場の全体的な

  • ○■ ranking マーケットの動きの最新記事】 原油在庫増加 ソブ

  • ○■ の維持(政策金利であるフェデラルファンド金利の誘導目標を現行の0〜 0.25%で据え置き)

  • ○■ b)は、 政策金利フェデラルファンド(ff)金利誘導目標水準を 0.00─0.25%に据え置

  • ○■ を評価していくfrbはバランスシートの規模と構成内容を注意深く監視し流動性プログラムの適切な調整

  • ○■ 14日の東京株式市場で日経平均株価は反発した大引けは前日比43円6

  • ○■ 林田鉄連会長会見・12月の企業向けサービス価格指数(日銀)《株式分割》(権利付き

  • ○■ 2011年1月26日のアメリカ市場は ダウは8ドル25セント高の11985ドル44セント

  • ○■ 経済成長の穏やかな回復に貢献すると委員会は予想する エネルギー価格やその

  • ○■ 4月の前回fomc以降に入手した情報は経済の縮小が鈍化していることを示した金融市場は直近数ヶ

  • ○■ ていくただ し、金融面での不均衡の蓄積を含めたリスク要因を点検し、問題が生じていない ことを条件とする

  • ○■ 現在の政策金利の誘導目標である無担保コール翌日物金利は年0~0.1%です 無担保コール翌日

  • ○■ を発表した 政策金利であるフェデラルファンド(ff)金利の誘導目標を0%から0.25%のレンジに据え置く方

  • ○■ (frb)は26日発表した連邦公開市場委員会(fomc)声明で、回復が強まっていることを示す最近の

  • ○■ を0.1%前後に据え置くことを全員一致で決定した また、昨年10月末

  • ○■ 昨年10月末に公表した「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)の中間評価を発表、 2010年度実質国内総生産

  • ○■ 加緩和策が決定され、 「包括的な金融緩和政策」の実施について が発表されましたまず、白川総裁会見前の第

  • ○■ トを0-0.1%に「中長期的な物価安定の理解」に基づく時間軸の明確化 物価安定=デフレ脱却まで実質ゼロ金利政策を

  • ○■ ることを決定したこれにより、住宅ローン担保証券の購入規模は今年、最大1兆2500億ドルに達

  • ○■ 株式投資のpartner━━━━━━━━━ ◎ハロー!株式◎ 09/

  • ○■ スク回避の円高抑制) 18:00ユーロ圏4月鉱工業新規受注 (4月段階ではユーロ安効果な

  • ○■ ★◇☆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇☆◇以上後場もゆっくりいきま

  • ○■ ・米国一般教書演説・米mba住宅ローン申請指数(21:00)・米12月新築住宅販売件数

  • ○■ c金利誘導目標(29日3:15/0.25%) 《決算発表》 プラクセアー、ベリサイン、ザイリ

  • 日銀 指数 決定 金利の誘導 連邦 相場 理事 国債 米国 銀行 金融政策決定 短期 方針 資金 長期 価格 米連邦 指標 改善 平均 株価 判断 総裁 程度 追加 委員会 日経平均 大幅 動向 理事会 無担保コール 申請 消費者物価 連邦公開市場委員会 声明 政策金利 規模 縮小 先物 実施 翌日 米連邦準備 続落 現在 戦略 想定 示した 先行 会合 ff金利 売上高 不安 東京 円高 市場 予定 変動 シカゴ 決定会合 高水準 期待 以降 無担保コール翌日 方向 購入 %前後 供給 金融政策決定会合 自動車 異例 進行 連邦公開市場委員会fom 長期間 推移 生産 国内 理事会frb トレード 売買 政策金利の誘導 措置 観測 貿易 中心 必要 短期的 要因 最終 続伸 利益 連邦準備制度理事 上昇 下方 通信 連邦公開市場委員会fomc 上方 ナスダック 目先 国外 入札 外国 一方 社債 反発 月ぶり 後半 決めた 後退 景気 連続 米連邦公開市場委員会 白川方明 日銀の金融 注意 余地 前月比 環境 速報 サービス 住宅ローン担保証券 201 為替相場 件数 住宅 各国 据え置くこと 政策金利の誘導目標 東証 見方 新規失業保険 物価安定 欧州 新興国 世界経済 住宅ローン申請 開催 実質ゼロ 転換 今週 景況 前週 動きが 失業率 %から 対ドル 億ドル 食品 全員一致 刺激 米連邦準備理事 終了 付近 下落 中央 場面 ポンド 金融市場 国内総生産 2010 量的 fomc金利誘導 住宅市場 円相場 債券 翌日物金利の誘導目標 リポート 現実 である無担保コール翌日物 拡大 円安 意識 重要 政策金利であるフェデラルファンドff金利 合わせ アメリカ 緩やか 持続的 連邦準備制度理事会frb 国債入札 ポイント 朝刊 億円 スイス 当面 下振 トヨタ 住宅着工件数 topix 連動 正当 説明 主導 先物相場 予想 更新 総会 中長期的 高値警戒 続いて 監視 意欲 個別 ff金利の誘導目標 焦点 展望 新規失業保険申請件数 1%前後 買いが 従来 修正 中古 低金利政策 リスク要因 圧力 上海総合指数 独自 日経平均株価 記者 追加金融緩和 金融危機 バランスシート 広がっ 首相 検討 決算発表 無担保コール翌日物金利の誘導目標 大幅高 最新記事 中銀 金利について 政策金利である無担保コール翌日物 記録 世界的 年間 金利を長期間 鈍化 兆円程度 日銀の金融政策決定 始まっ 明らかに 包括的な金融緩和政策 安心 日記 以来 消費者信頼感指数 詳細 500 下落した 今後 大きい 理解 出口戦略 昨日 政策金利であるフェデラルファンドff金利の誘導 104 米連邦準備制度理事会frb 強まり ゼロ金利 始めた 月消費者物価 経済・物価 低水準 発表 サイト 減速 米連邦準備理事会frb 勉強 する見通 もみ合いました 市場では 方針をあらためて示した 現行 ギリシャ マーケット 決定しました 米国経済 設備 目立 入手 事実上 経済の成長 東京株式 実質的 増加 リーマン・ s&p500 への警戒 円安に振れています 修正され 実施され 復活 日本市場 今日 加えて する方針 企業 上がっ 反発した 可能性がある 以下
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.013 0.096 0.592 0.008 0.579 0.211
    やや強い極めて強い非常に弱い比較的強い非常に弱いやや弱い
    total 46330.39999999719

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発