13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  



    上杉景虎

    ゲーム 関連語 上杉謙信 真田幸村 織田信長 武田信玄 炎の蜃気楼 御館 御館の乱 前田利家
    • ※昨日読んだ、見た、聞いた色んなもの
      昨日読んだ漫画は・・・ないです うぅ・・・腐要素たっぷりの漫画よみたひ・・・・なんか逃避したい・・・ 昨日見た動画(サイト)は・・・・ ★炎の蜃気楼同人作家さんのサイト色々 大手のサイトさんのアップされてる小説を読み進めております うぅ・・・表現が難しいよ(ーー;)上手すぎる(^^;;; でも設定がしっかりしすぎているほどしっかりしてて、読み応えたっぷりです じっくり読みます<疲れない程度に・・・ 昨日読んだ小説は・・・ ★炎の蜃気楼(桑原水菜)22巻魁の蟲(1997年発行) 四国編第2弾・・・・んー四国編はおそらく10回ほど読んでるので、大体の流れは頭の中に入ってるんですが・・・登場人物が多くて、話の流れもどれが先でどうだっけ?ってのが頭の中で整理されてないので、四国編は登場人物と話の流れだけ書いていこうかと思います となると、21巻から戻らなくちゃいけないんですが・・・ ●21巻「裂命の星」 ☆高耶の親友、成田譲は、阿蘇の後、高坂弾正によって武田家へ連れてこられていて、武田信玄は反織田同盟を無視して攻撃を開始 ☆織田に捕らわれていた、門脇綾子(柿崎晴家)は、千。修平の宿体でなくなった安田長秀と面会長秀が織田に寝返った事を知って罵る ☆直江の友。鮎川が四国にやってきていて、直江の行方を捜している ☆記憶喪失の武藤潮は、自分が発見されたという祖谷にやってくるそこで水浴びをしている高耶を見つけ写真を撮ってしまう ☆高耶は武藤が換生者だと知り、驚くが、記憶喪失だと知り同情する武藤、高耶の側に勝手にテントを張ってしまい共同生活スタートw ☆その夜月の光を見て、高耶は、体のうずきを抑える事ができず・・・・狂うように×××w ☆武藤が川辺を掘って温泉に浸かっていた時、赤鯨衆の3人のメンバーが現れる首領の草間清兵衛、嘉田嶺次郎(かだれいじろう)、岩田永吉嘉田は高耶に目をつけるが3人の目的は武藤潮武藤は仲間になる代わりに、高耶も一緒に連れて行くと宣言高耶、仕方なく赤鯨衆に入る ☆土佐赤鯨衆とは、長宗我部の復興を願う、一。具足が主なメンバーで中には幕末の霊達もいるが、全。憑。霊で、現在は四国を手に入れるべく一条家や安芸家、三好らと戦闘中三好のバックに織田がついているとの噂芥川。宗という長宗我部の直臣がおり、草間は芥川の思いのまま状態・・・・ ☆高耶の鬼八の毒をどうにかしようと、心。医師の中川掃部(なかがわかもん)が奮闘左目の眼帯の代わりとして。毒レンズ(コンタクトレンズ)を開発蟲毒薬(飲むと力も使えないが毒消しになる)も開発その技術力に高耶はびっくり ☆。盗りの作戦実行が決定メンバーに武藤と高耶も含まれ、古株の吉村が異論を唱えるが無視されるこの吉村、非常に高耶を嫌う高耶への嫌がらせスタートw ☆。盗りの作戦準備開始 ☆鮎川が、直江が勝浦町にいて、そこで星谷寺の事を調べていた事を知るそこに隕石、裂命星があることを知り、星谷寺へと向かう ☆。盗りの作戦スタート!だが、既に作戦は敵側にバレており、密告者がいる事が判明敵に囲まれ大ピンチだが高耶は力を使えないふりを捨て、力を使いまくり危機を脱出途中で調伏を使い(密かに)、嘉田達を驚かせる別れて行動中の武藤も無意識のうちに力が使えるようになったが、ただの足手まといになってしまう高。達が合流し、一気に形勢は逆転敵側を圧倒裂命星を取り出そうとした時に、数トンもの岩が崩れるが間一髪で高耶が支えるその隙に星を盗み出す事に成功一同は帰還 ☆星谷寺にいた鮎川が、景虎を見かけ、視線が合うが、高耶は鮎川を知らないため無視してしまう ☆赤鯨衆のアジトへ帰った高耶は丸一日眠りこけるその間に岩田が高耶の功績をみんなに披露して回るが、吉村はますます高耶の事が気にくわない何故か武藤まで高耶に冷たくあたる吉村は密告者はお前だろうと高耶を殴りつけ、それにブチ切れて高耶は赤鯨衆からでていこうとするそれを草間が止めるでていくなら武藤を殺すと・・・ ☆その晩、裂命星の使い方について以前から草間と嘉田嶺次郎は揉めていて、話し合いをするが結。草間の勧める、長宗我部の復活を第一に使うと決まってしまう納得のいかない嶺次郎は草間のバックにいる芥川を殺害・・・・・ ふえー21巻の説明長いぞ(ーー;)えー・・・小説はもちろんこれに心理描写等々が加わりますので・・・あはは・・ ●22巻魁の蟲 ☆星谷寺の石の岩屋が破戒された現場に、直江と。蔵がやってくる鮎川に発見されてからもう5ヶ月が経っており、その間高耶を捜し続けていた ☆直江、ふと第六感が働き、地面を霊査曖昧だが鬼八の念を感じる・・・ ☆芥川の死が、十河の間諜の仕業だと発表されるだが、真犯人は嶺次郎で草間もそのことを知っている ☆。盗りの作戦以降体調が悪かった高耶は、3日間食欲もなく部屋に閉じこもっていたそれを中川が救出弱音を吐く高耶に、これは消極的な自殺だと確信・・・高耶の弱さを知る ☆白地城攻めが決定しかし草間は断固としてそれに裂命星を使う事を拒否 ☆その間に安田長秀、山中鹿之助(どちらも織田)は大高坂城へと向かっていた ☆高耶、白地城攻めの遊撃隊長に任命される(無理矢理)ますます高耶の存在が気に入らない吉村・・・ ☆以前に倒れた高耶の世話係として、中川が。太郎という少年をつけてくれていた2人の会話の中で、親友の話が出て、高耶は愕然一番忘れてはならない親友、成田譲の名前が出てこなくなっていた(記憶障害発症) ☆白地城攻めの団結式が行われ、隊でミーティングを行うべき所を高耶は、何もしないまま終わらせてしまう異常に気付いた中川は、嶺次郎に高耶を作戦に加えない方がいいと提言そして、高耶が胎。換生した換生者ではないかと嶺次郎に告げる驚く嶺次郎、でも今回の作戦には高耶の力が必要だと言って、作戦に加える事を変更させません中川のみ高耶の正体が気になっている・・・ ☆白地城攻め作戦開始!開始から2時間後、高耶の遊撃隊に出撃命令が下る山側の地雷の撤去に対して的確に素早く指示を出す高耶に、隊員は圧倒やっと活躍できると喜んでいた。太郎だったが、その隊員の中に吉村の仲間がいて、高耶の作戦を失敗させる火の勢いの異常に気付いた高耶は、倒れている。太郎を救出地雷を除去するためにでてしまった炎をどうにかしようとする高耶炎が高耶を襲おうとした瞬間、体の中で何かがはじけ、炎が高耶を避けた左目からは血を流し、右目も真っ赤になっていた・・・ ☆嶺次郎達の所に合流した高耶は、ここでもその能力を発揮炎をまるで剥がすように消していった ☆自分自身の力に驚く高耶だったが、仲間と更に合流し、奥へと進む調伏も使いながら進むが、敵の行動がおかしい事を知る罠だ、逃げろ!というところで、。焼きの炎が発動・・・ ☆今回作戦に関わらなかった草間は、白地城が落とせたと知るしかしその後の電話で愕然となる ☆アジトに戻った嶺次郎は草間が高知へ向かった事を知る嶺次郎は高耶にあれは何だったんだと問い詰めるが、高。自身にも良くわからない初めてだったんだとあの。焼きの炎が発動した後、その炎は全て高耶の元に集まり、上空へ消えていった ☆高耶はこれは鬼八のせいだと気付く元々火を信仰していたヒムカ教・・・火を使って意思の疎通もできた鬼八の怨念が高耶に新たな力を与えていた ☆嶺次郎は草間が戻ってこない事を心配して、高知の。。寺へと向かう。。寺は長宗我部元親の菩提寺で、今は長男の信親の霊がいるそこで見たのは、襲撃された跡信親の霊は消されてしまっていた・・・この仕業も嶺次郎のせいではないかと草間は疑う ☆犯人は2人で、白い光のようなもので霊を消してしまったという ☆信親死去の知らせは赤鯨衆全体に広がり、全員意気消沈一週間の喪に服す事になる ☆中川は赤鯨衆の情報屋、傀儡子(くぐつ)の平四郎が、仰木高耶という名前をどこかで聞いた事がある・・・というのを気に掛ける ☆信親の死を調べさせていた嶺次郎は、諜。斑の真木から犯人は上杉ではないかと聞かされる白い光のようなものこそ、調伏の光であり、その上杉は今は。将として参戦していると ☆上杉の噂は赤鯨衆全体に広がり、高耶は呆然いったい誰がやったのか・・色部か晴家か・・・千秋は破。波でもういないもしかして、直江、お前なのか・・? ☆高耶は大剣神社にある裂命星の警護役についた裂命星がそこにあると知らない者達は高耶が左遷されたと思って、吉村は特に大喜びしたが、吉村も白地城の作業をやらされる事になったそこで上杉の情報を得る・・・以前高耶が。盗りで使った技に似ていないか?と吉村はピンと来て、これで高耶の弱みを握ったとニヤリ状態 ☆意気消沈の赤鯨衆の祖谷アジとを見ているのは、安田長秀と山中鹿之助、合流した伊達小次郎(政宗の弟)信親を消したのは長秀で、あとは裂命星を奪うだけ・・ ☆四国に来てからもう2ヶ月・・・まだ直江は高耶を捜しているなかなか確実な情報を得られない。蔵の提案で高知市の竹林寺へと向かうそこで思わぬ人物に出会う鮎川だったまだ必死になって上杉に戻ってこいと言う鮎川に、直江は、色部さんには全て言ってある、正式に上杉を抜けたんだと告げるそれでも鮎川は納得せず、力ずくでも直江を連れて帰ろうとするが、。蔵がこれを助ける ☆。蔵の攻撃でしばらく動けなかった鮎川だが、上杉が仙台を攻略したという連絡を聞くたった七日間で・・・しかし、その伊達軍は四。宇和島へ逃げ込んでくる事が判明 ☆。蔵に助けられた直江は、信親が上杉に消されたと聞く上杉が動いている気配はないのに変だな・・と思っていた直江は、ふと向かいの建物に目がいく何かの写真展をやっていて、1枚の写真に釘付けになる写真のタイトルは「生命の孤独」撮影者は「武藤潮」・・・ ☆高耶は剣山で、裂命星の警護副隊長となっていた見張りをしていると、武藤がやってくるそこで最初に会った時の写真を現像して、親父に送ったんだと言われます色々と話しているうちに、段々と打ち解けていく二人高耶は赤鯨衆に来てから、段々と感情というモノを取り戻してきている気がしてきますそこへあの吉村が現れるお前の弱みは握ったと言われるが、高耶は?状態 ☆それを赤外線暗視スコープで見ている、安田長秀・・・なんであいつがここにいるんだ・・? ☆翌日の晩、大剣神社が敵襲されるそこで、高耶は宿体の変わった安田長秀と対面!千秋が生きていたと嬉しい反面、換生した事実と、何故ここにいるのかという疑問が・・・そして、長秀は今は織田の安田長秀なんだと聞かされ、愕然夜叉衆同士の激しい戦いになりますが、鬼八の新たな力を手に入れた高耶が長秀を圧倒しかし、そこへ伊達小次郎が参戦、一気に不利になるが、長秀はあいつはオレの獲物だ!と小次郎を攻撃山中鹿之助も参戦するが、不利だとわかり3人は撤退裂命星は奪われずに済む ☆信親を襲撃したと思われる人物に、裂命星を狙われたと知った嶺次郎は、裂命星を足摺へ移動させる事に決定 ☆中川は傀儡子の平四郎から、確かではないが、上杉景虎の今の名前が仰木高耶という名前ではなかったか・・と聞かされる ☆高耶は裂命。移送作戦の、赤鯨。特別遊撃隊の初。隊長に任命され、受諾します な・・・ながーーーーーーっo=(__;;;パタ... これって、もう読んだ気になるよね(^^;;;でも、これプラス各々の心理描写がたんまりと書かれてますよ〜直江も久しぶりにぐるぐるしてるし♪ さて?今日は何を読もうかな?

    • ※昨日読んだ、見た、聞いた色んなもの
      昨日読んだ漫画は・・・ ★火宵の月(平井摩利)文庫版6巻 今文庫版になってる最中だったんだね、知らなかったや(^^;;;来月7巻、8巻が出て終了だそうですわ あーもう、早くくっついちゃえよ!っていらいらしてきますwいや、何度かくっついてはいるんだが、その度に相手の体調が変化するもんだから、主人公はなかなか手を出せない(^^;;; そのうちに主人公の実の妹は出てくるわ、敵さんも現れるわ、幕府から目をつけられるわで・・あー大変平穏な日々はいつ来るのやら?w あぁ、少女漫画だわ・・ってちょっと異質だけどそれが面白い 昨日見た動画(サイト)は・・・ ★炎の蜃気楼関連のサイト<腐要素もアリ ダブルクロスさんのサイトは、別のお話が始まっちゃいましたでもこっちの話も好きだな(^^;;;いや、毎日新作が読めるのがうれしいんですよ♪ さて、ほたか乱センセーのhp、雑記画帳、高耶さんの正体がわかっちゃいましたね〜〜なんと火の鳥!w一緒にいたらチキンの直江が丸焦げになるんじゃないのか?と心配するけど、大丈夫みたいだな雛の高耶さんはかわゆすぐる!拍手コメントにレスしてくれててうれしかった♪ yummy!さんのサイトも新作があがってました♪奥様は高耶さん・・いいねぇ直江wちゃんと専業主婦してる高耶さんがプリチーですよ子育てもしてるしねw<実の弟だがw 昨日読んだ小説は・・・新作はないですがが! ☆炎の蜃気楼(桑原水菜)20巻十字架を抱いて眠れ<えぇ腐作品 いやぁ・・・二人のお初(お初言うな!w)はどうだったのか・・と改めて読んでみました・・何度目になるやら? うーん・・重い・・重すぎる他の腐作品と比べものにならないほど重いですな・・改めて読むと まぁ元々2人はバシバシストレートだし、直江は昔からそういう事を思ってはいたけれど実行はしてこなかったし、女性バリバリオッケーな人だったからねぇ・・・景虎はそういう行為自体忌み嫌うところがあって、特に過去のトラウマがあったもんだから、男性はアウトオブ眼中w その2人が400年以上の時を経てようやく・・・なんですよそれに至るまでのまぁ色々あった事・・重いようん それも色んなものを背負って(高耶の魂。異常+鬼八の毒)しまってから結ばれてしまうという・・・なんだかなぁ普通だったときにそうなっていたら・・・もっと2人は幸せになれただろうに・・と思ったりするでもそれがあるからこそいい話、になったのかなぁ・・・? 20巻の最後は何度読んでも泣けるなぁ(t^t)自分と交わる事で直江の体が毒に蝕まれていくのがわかって、高耶が泣きながら直江の元を去る・・残された直江はもう執念の鬼になりますね(^^;;; ☆炎の蜃気楼(桑原水菜)砂漠殉教(実質20.5巻) 高耶に去られた後の直江のお話もう、直江のぐるぐる独壇場です(^^;;; それまでほとんど出てこなかった色部さんが出張ってます♪直江は新上杉を色部さんに託して、高耶の行方を追います上杉を捨ててしまった直江だから軒猿も使えずに自らの手で探さないといけないんですよねー この巻では前生の名前が出てきます直江は笠原、色部さんは佐々木・・だっけか景虎の名前は出てきません残念 この巻での名台詞はやっぱり「直江信綱は上杉景虎に殉ずる者です」ってやつでしょうかね謙信よりも景虎なんですよ、直江には・・・ そういえばこの巻で出会った一蔵、結局最後までいるんですよね(^^;;;長生きなやつですはぃ さて?今日は何を読もうかな?? 昨日、純情ロマンチカの12巻をゾヌで予約しましたもう予約できたんだな・・早い あと、孔雀王っていうマンガがあるんですけど・・第1弾のは全巻持ってるんですけどねそのアニメがあるって言うんで色々調べて見てみようとしたんですがね・・あははヽ('ー`)/オテアゲー また中華のプロシキを通して見ないといけないし、dlはできないしで・・ちょっと根性入れて見てみようと思います<内容はマンガと同じだろうけど

    • ※昨日読んだ、見た、聞いた色んなもの
      昨日読んだ漫画は・・・ないです(ーー;) 何か続き物で新刊が出ないか調べてみよう・・・□_ヾ('_' )カタカタ 昨日見た動画(サイト)は・・・ ★炎の蜃気楼同人作家さんのサイト色々<腐要素アリ 引き続き、服。学校の生。高耶とトップモデルの直江とのお話を読んでました 良くできてるわぁボリュームがほんとにすごい全体の半分を読み終えるのに半日以上かかりました昨日はほとんどこれに時間を費やしてしまったな(^^ゞ 作者さんが服飾関係に詳しいみたいで、服ってこういう風に作るんだーと感心してしまいました いやんなシーンは裏ページに隠されてますが、すぐ見つかりますw別に読まなくても話しはちゃんと繋がります裏ページリンクっていうのがあって、そこから他のサイトの裏ページにも行けてなんだか得した気分ですw 昨日読んだ小説は・・・・ ★炎の蜃気楼(桑原水菜)21巻〜四国編<腐要素アリ 昨日も引き続き27巻を読んでました読み終えてません(^^;;; でもお話は大きく動いています宿敵、織田信長が伊達小次郎(政宗の弟)に取り憑いて四国に上陸してるし(その状態で政宗と再会する)、九州編で出てきた加藤清正も出てくるし(高耶と清正の再会シーンは良かったな♪)、山神達は四国の札所を壊していってるし(そうすれば自分たちが元の人間に戻れると教えられたから・・・)、その山神が高耶を殺そうとするし・・・<高耶を見つけるために直江が山神の力を借りた事があって、高耶が見つかったからといって山神を見捨てたんですなそれを憎んでの犯行(^^;;;<女にはあれほど注意しろとw 山神に襲われた高耶は、肩に傷を負うんですが、大したことないと思っていたら武器に毒が塗ってあって死にかけます熱が出て朦朧とする中、九州へ交渉の手伝いに出かけていた直江と電話で・・・いやんw<こらwその後高耶は倒れちゃうんですけどね 高耶の肩から下が腫れ上がって、これ以。毒が回るようだったら腕を切らなければ、の寸前で直江が九州から戻り、なんとか回避以前に孔雀明。法を施していたため、助かったんですな意識を取り戻した高耶と直江は・・・いやんwパート2<こらこらw近くに武藤がいるのにやっちゃってます(^^;;;病人相手に・・・直江ったら(ーー;) でも、その時点で隊員達に仰木隊長は上杉景虎だという噂が流れていたのでした・・・さて?これからどうなる・・・ 今日は何を読もうかな?? ・・・・特に新しく読むモノがないな・・・うーむ それよりもう本を置く場所が・・・不安定で今にも崩れそうだなんとかせねば(ーー;)


最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発