13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    大企業製造業

    ビジネス 経済 関連語 日経平均 総務省 日銀短観 エコノミスト リーマン・ショック 経済観測調査 業況判断指数 景気回復
    0 . 1 .
  • ○■ 大企業製造業

  • ○■ 設備と雇用の過剰感は緩やかながら解消に向かう 動きを見せていますが、これも、中小企業の雇用過剰感が先行き上昇する見通しとなっていて、規模の小さな企業で厳しい経営状況が見られます

  • ○■ 大企業非製造業の業況判断diの悪化は2四半期ぶりでマイナス5は2010年6月以来の 水準です

  • ○■ 日経平均株価だけではなく世界的パニック売り株安なのである

  • ○■ 大企業製造業の2010年度の想定為替レートは1ドル=89円66銭で、6月調査(90円18銭)よりもやや円高・ドル安方向に修正された

  • ○■ 本日、日銀から9月調査の 短観 が発表されました

  • ○■ 機関名 大企業製造業 大企業非製造業 設備投資計画 ヘッドライン 3月調査実績 ▲14 ▲14 ▲0.4 n.a. 日本総研 ▲2 ▲4 +2.3 大企業製造業から始まった業況改善の流れが非製造業にも波及し、景気回復の裾野が広がってきたことを示す内容 みずほ総研 ▲6 ▲8 +3.7 外需を起点とした回復が続く中、ユーロ安がマイナス材料 ニッセイ基礎研 ▲4 ▲8 +5.1 景気回復は他分野にも波及し始めており、非製造業、中小企業でも緩やかな景況感回復が確認される 三菱ufjモルガン・スタンレー証券景気循環研究所 +2 ▲5 +7.3 全般的かつ大幅な景況感の改善が示されることになり、大企業・製造業の業況判断diは、リーマンショック前の08年6月調査以来、2年ぶりとなるプラスを記録することが見込まれる 第一生命経済研 ▲4 ▲6 +3.0 企業マインドにはギリシャ危機の悪影響よりも、収益拡大が輸出増に支えられ進むことの方が大きく表れると予想 三菱総研 ▲3 ▲7 +3.1 輸出の拡大や消費の堅調を受け、企業の売上・収益が回復傾向にあることから、製造業、非製造業ともに一段の改善を見込む 三菱ufjリサーチ&コンサルティング ▲5 ▲9 +5.5 中国などの新興国を中心とした世界経済の回復を受けて輸出の大幅な増加が続き、生産も堅調に増加していることが背景 新光総研 ▲2 ▲6 +7.0 海外経済の回復を背景とする輸出の増加や生産活動の持ち直しが続くなか、企業収益も回復傾向にあり、徐々に設備投資などにも回復の動きが波及 富士通総研 ▲4 ▲8 +4.7 日本経済は輸出の増加と政策効果を起点とした生産の回復、雇用の改善という流れで景気回復が波及し、最近では設備投資の回復が明確になるなど、自律回復に一歩足を踏み入れている

  • ○■ 総務省は8月の完全失業率は過去最悪の前月から0・2ポイント回復し5・5%と 発表し

  • ○■ 善が進む可能性が高いと私は受け止めています ついでながら、白川総裁

  • ○■ ・米5月中古住宅販売成約(23:00/前月比-14.4%) ・米6月ism製造業景気指数(

  • ○■ 業製造業 大企業非製造業 設備投資計画 ヘッドライン 3月調査実績 ▲14 ▲14 ▲0.4

  • ○■ (内容そのもの) 業況判断指数(di)は大企業製造業でマイナス48と予想は下回りましたが、3月の

  • ○■ など1日に発表された日本銀行の企業短期経済観測調査(短観、3月調査)によると、2010年度の

  • ○■ の改善にとどまる 10年度の設備投資計画は大企業の製造業が前年度比3.8%増、非製造業が4

  • ○■ 感の底入れを示した大企業非製造業の業況判断diは前回比7ポイント改善のマイナス14となった4

  • ○■ 動向です2010年度は大企業製造業の事業計画の前提になっている為替レートは91円ちょうどとなっていま

  • ○■ 生産(21:00) ・米新規失業保険申請件数(21:30/45.5万) ・米5月中古住宅販売成約(23

  • ○■ 半年ぶりの大きさ水準はリーマン・ショック時の2008年9月(マイナス3)以来の高さになった新興国

  • ○■ 景気指数 ・3月の米サプライマネジメント協会(ism)製造業景況感指数(3月)(23:00/57) ・米国

  • ○■ 日の予定 ・7月見込みの財政資金対民間収支(財務省) ・6月と10年上半期の新車販売台数(自販連)

  • ○■ でした良い週末を最後まで読んで頂きありがとうございますポチっと応援して頂ける

  • ○■ にご興味ある向きは左側の機関名にリンクを張ってありますリンクが切れていなければ

  • ○■ で大企業製造業・非製造業の業況判断指数(di)がマイナスになったただ、サプライチェーン(

  • ○■ ると嬉しいです ケイタイの方はコチラからお願いします☆為替ブログ☆ fx

  • ○■ ・6月と10年上半期の新車販売台数(自販連)(14:00) ・6月と10年上半期の軽自動車販売台数(全軽自協

  • ○■ 労働力調査によると、8月の完全失業率(季節調整値)は5.5%となり、 過去最悪だった前月(5

  • ○■ 要するに、ヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断diはほぼゼロに近づき、さらに、大企業レベルでは

  • ○■ 断diに続いて、設備と雇用の要素需要に関するグラフは上の通りです一番上のパネルは設備判

  • ○■ います まず始めにポチっと応援して頂けると嬉しいです ☆為替ブログ☆ fxにほんブログ村おはよ

  • ○■ ー]日銀が1日発表した6月全国企業短期経済観測調査(短観)によると、3月に発生した東日本大震災の影響

  • ○■ 4より) 日銀が発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)の内容です (cfp試験対策)

  • ○■ は私の趣味でリポートから特徴的な文言を選択しましたいつもは先行きに注目して

  • ○■ 今次景気回復局面では 前期から急回復を示す最後の日銀短観となる可能性 もありますさらに、もうひとつの注目

  • ○■ 薄らいだ「過剰」から「不足」を引いた設備判断diは大企業の製造業で前回よりも8ポイント低いプ

  • ○■ らぎつつある「過剰」から「不足」を引いた雇用人員判断diは大企業製造業で前回よりも7ポイント低いプラス10ただ11

  • ○■ 形で届くものは別にして、ネット上でオープンに公開されているリポートに限って業況判断diを取りまとめると下の表

  • ○■ 月1日の発表を前に、シンクタンクや金融機関などから6月調査の 日銀短観予想 が出そろいましたいつもの通り、顧客向け

  • ○■ は受け止めていますまず、いつもの 日経新聞のサイト から関連する記事を引用すると以下の通りです

  • ○■ 本日、6月調査の 日銀短観 が発表されましたヘッドラインとなる大企業製造

  • ○■ 礎研のコメントにあるように、 輸出にけん引された生産の増加で始まった昨年1-3月期の大企業製造業の景気回復が、ようやく1年余り

  • ○■ ンクが切れていなければ、pdf 形式のリポートが閲覧、または、ダウンロード出来ると思います

  • ○■ ています 業況判断di 2010/3 2010/6 2010/9 2010/12 (先行

  • ○■ 改善を見込む 三菱ufjリサーチ&コンサルティング ▲5 ▲9 +5.5 中国などの新興国

  • ○■ ポートに限って業況判断diを取りまとめると下の表の通りですヘッドラインは私の趣味

  • ○■ 募らせつつある 業況判断diは景況感が「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた値業種別では、製造業16

  • ○■ ド出来ると思いますpdf が何のことか分からない人は諦めるしかないんですが、もしも、このブログの管理人を信頼しているんであれば、あくまで 自己責任 でクリックしてみましょう本人が知らないうちに

  • ○■ 本人が知らないうちに acrobat reader がインストールしてあって、別画面が開いてリポートが読めるかもしれません見れば分かると思います

  • ○■ 1-3月期日銀短観(8:50/大企業製造業況-14・先行き-8・設備投資-0.4%)

  • ○■ 5期連続改善 日銀が1日発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(di)が大企業製造業でプラス1と、3月の前回調査(マイナス14

  • ○■ の景気回復が、ようやく1年余りを経過して非製造業や中堅・中小企業にも波及した姿が確認できる短観 となる可能性がありますただし、ギリシア

  • 業況 日銀短観 指数 調査 景気 非製造 先行 予想 雇用 マイナス 指標 大企業非製造 回復 前月 業況判断指数 業況判断 収益 輸出 市場 製造業の業況判断 中小 企業短期経済観測調査 状況 前回 大幅 連続 可能性 日本 結果 影響 以来 為替 前月比 増加 昨年 発表 円高 前年度 消費 大企業製造業の業況判断 注目 需要 相場 見通 低下 月期 利益 製造業景況 改善 価格 傾向 世界 景気回復 失業 国内 決算 反映 小幅 環境 懸念 日経平均株価 問題 鉱工業 サプライ 製造業の業況判断di 効果 全国 販売 企業収益 経常利益 日経新聞 今日 大企業全 緩やか 背景 前期 新興 不足 縮小 企業の景況感 過剰 サービス 本日 公表 思います 最後 完全 欧州 ヘッド 修正 非製造業の業況判断 確認 期待 東証 指摘 危機 想定為替レート 総務 リーマン 取りまとめる 設備 製造業・非製造 業績 業況判断指数di 新車 支援 月調査の日銀短観 前回調査 重要 厚生 安値 大企業全産業 実態 サイト 申請 局面 企業製造業先行 数値 ユーロ 圧力 ブログ 大企業製造業業況判断 大企業非製造業業況判断 引用 昨日 建設 宿泊 歯止 銀行 金融危機 ペース 大企業非製造業先行 全国企業短期経済観測 総合 企業の景況感を示す業況判断 改善した 機関 本格 大企業非製造業の業況判断 続落 是正 見込んで 期連続 反落 堅調 円相場 第一生命経済 ヘッドラインとなる大企業製造業の業況判断di 製造業非製造 季節調整 下回 リポート 週末 政府 詳細 購買 上方 対して 三菱 1日発表 一服 日銀短観が発表 高まり 小売売上 今年度 急速 更新 月短観 中小企業 ism 先行きは 続いて 項目 飲食 水準 月連続 有効求人 企業の製造 業種別 企業マインド 雇用人員判断 通りです 回答 路線 要素 新車販売 機械 一方 土地 信頼 雇用判断 全国企業短期経済観測調査短観 改善幅 金融機関 決算発表 経過 6月全国企業短期経済観測 発表されました 拡大 選択 中堅・中小 画面 年間 企業の景況感を示す業況判断指数 設備投資計画:前年比 自己 特別行政区 労働力調査 責任 月小売 年度の設備投資 中国 設備と雇用 間違 レベル 企業に対して 機会 始まっ 失業率 分から 宿泊・飲食 広がって 今後 改善して 月の企業短期経済観測 説明 2カ月連続 100 調査では 期連続の改善 完全失業 生産の増加 生活 1ドル 左右 する見通 最初 月以来 明日 受けて たいと思います 判断di 一番 ぶりにプラス 日経新聞のサイトから 見通しは 記念日 水準となっ 出来 上昇 明らかに 下がって 調査によると なる可能 日銀短観が発表されました 連続で改善 過言では にけん引された 的には ポイント改善した 縮小した かもしれません 記事を引用すると以下の通りです 反映されてい 拡大して 上の通りです このブログ 改善している 必要 れていない可能性 クリックして 私は受け止めています 示しています ではありません 出てき 出ている
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.020 0.112 0.597 0.013 0.576 0.176
    やや強い強い極めて弱い強い極めて弱い強い
    total 34191.400000002584

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発