13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    郵便料金

    ニュース 関連語 厚生労働省 政権交代 日本郵便 御堂筋線 東京地検特捜部 大阪地検特捜部 倉沢邦夫 村木厚子
    0 .
  • ○■ それを検察審査会において覆されたわけだが、国民が司法界に求められていることを掴みきれていなかったということだろう

  • ○■ 判決の指摘を受け入れて無罪を確定させるのか、それとも控訴に踏み切るのか

  • ○■ 障害者団体を悪用するのではなく、彼らの訴えを世間に広めるお手伝いが企業活動によって出来る

  • ○■ 横田裁判長は「証明書の作成は自分1人でやったと伝えたもに、調書を検事がでっち上げた」とする上村被告の公判証言について、 「(上村被告が拘置所に記載していた)被疑者ノートの内容は公判証言に合致する

  • ○■ 実体のない障害者団体が、厚労省から偽の証明書の発行を受け、企業のダイレクトメールを大量発送して、郵便料金約80億円の支払いを免れたというのが事件の内容だ

  • ○■ 郵便料金

  • ○■ 「「調書裁判」の終焉?特捜事件でも法。重視郵便不正」:イザ! 厚生労働省を巻き込んだ郵便料金不正事件で村木元局長に無罪の判決がくだされた

  • ○■ 「倉沢被告が厚労省内で村木被告から直接、証明書を受け取った」とする検察側の主張も退け、厚労省近くの喫茶店で凛の会元会員・河野克史ただし被告(69)(有罪、控訴中)に渡したという上村被告の証言は「自然で合理的」と判断した

  • ○■ しかし、検察、弁護士、裁判所、それぞれが最善を尽くす事で初めて誠実なものにできる

  • ○■ また上村被告のほか、横田裁判長が先月、一部無罪の判決(検察側が控訴)を言い渡した「凛の会」代表、倉沢邦夫被告(74)ら2人の調書についても「誘導があった」などとして証拠採用を却下した

  • ○■ 元局長の部下の元係長らの供述調書の大半は「誘導された疑いがある」と証拠採用されず、この日の無罪判決は想定はされていた

  • ○■ 郵便料金受取人払いで送って下さいとのことで、単純にポストに入れるのは不可で、ゆうパックの着払いで送らなければなりません

  • ○■ 偽証明書は、村木被告が障害保健福祉部の企画課長の時、障害者団体として実態がない「凛(りん)の会」に発行された

  • ○■ 村木元局長は 明日から復職だそうですね

  • ○■ 上村被告が自称障害者団体「凜(りん)の会」側からの依頼で発行したとされる偽証明書の作成日

  • ○■ み入れられているそうですこんな至れり尽せりの大統領、日本の元総理たちも羨ましいことでしょう システム

  • ○■ 更新日時が「2004年6月1日午前1時20分06秒」となっていた記録を、地。執務室内のパ

  • ○■ 害者団体「凛の会」に郵便料金割引制度の適用を認める偽証明書を作成したとして、4人が起訴された 横

  • ○■ は「違うと言ったが、聞き入れてもらえなかった」と、弁護。差し入れの被疑者ノートに書きとめ

  • ○■ 正事件で無罪が確定した厚生労働省の村木厚子元局長が22日、約1年3カ月ぶりに職場復帰したの

  • ○■ とも出来、さらに郵便料金はタダ、電話料金、交通費も補償され、これらの費用は毎年国の予算として

  • ○■ 関係者も法廷で、元局長の関与を認めた捜査段階の供述調書の内容を相次いで覆す証言を行った

  • ○■ うなるのでしょう アメリカの大統領は引退したといっても、講演会や執筆活動はもちろん、親善大使としてあらゆる要人、財界人を接待したり、様々な行事で活躍することが多いそうです引退したらのんびり隠居生活

  • ○■ の指示で証明書を作成した事実は認められない」と述べ、無罪(求刑・懲役1年6月)を

  • ○■ 、障害者団体の実体がない「凛(りん)の会」に障害者団体と認める証明書を発行した、として

  • ○■ そのかわりその待遇については「公費」で賄われる部分がかなりあるそうです 例えば大統。年金法な

  • ○■ を悪用した郵便不正事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第20回公判

  • ○■ 、本紙の取材に対し、自称障害者団体「白山会」(東京都文京区)から発送したdmの返送先が同社になっていること

  • ○■ 世界の政治、経済、軍事のトップとも言われるアメリカの大統領日本の総理大臣とは比べ

  • ○■ 不足 厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)に無罪を言い渡した10日の大阪地裁判決は、

  • ○■ かな生活を保障するとして、年金として日本円で約1500万円程度が支給されるまた公費でオフィスを構

  • ○■ 料制度を適用されるためには、実体のない「凛の会」を障害者団体と認める厚労省の証明書を必要とするが、

  • ○■ 指導力を持つと同時に、在任中は警備はもちろん生活の面でも非常に優遇されるでは、大統領を引退した

  • ○■ ていた2004年4月下旬、凛の会元会員らと共謀し、証明書を発行するための決裁手続きが進んでいるように装う稟議書や、証明書が間もなく交付されるという趣旨の文書を作成した疑い凛の会は稟議書など

  • ○■ る声が上がっていた 障害者団体向け郵便料金割引制度を悪用してダイレクトメール(dm)を送った郵便法違反事

  • ○■ nline(読売新聞)障害者団体向けの郵便料金割引制度が悪用された郵便法違反事件に絡み、自称障害者団体「白山会」(東京都文京区)の前身

  • ○■ 文書を作成した疑い凛の会は稟議書などの交付を受け、小規模団体でも制度を利用して定期刊行物を発行できるよう協力しているnpo法人「障害者団体定期刊行物協会」(東京都世田谷区)に提出した疑い (200

  • ○■ 都文京区)の前身「凛(りん)の会」(解散)に対し、制度を受けやすくするため偽の「稟議書」などを作っていたとして、大阪地検特捜部は2

  • 制度 団体 割引制度 障害者団体 厚生 検察 関与 係長 発行 村木 料金割引制度 捜査 郵便料金割引制度 地検特捜 不正事件 当時 大阪地検 民主党 作成 偽造 大阪地検特捜 会社 障害者団体向 国民 裁判 政治 証明書 依頼 否定 実態 以上 強引 村木元局長 厚生労働省 内容 制度を悪用 対して 厚労 今回 予算 社会 公文書作成 上村被告 保健福祉 認めて 逮捕され 全面 企業 自民党 雇用 元係長 拘置 起訴 部長 権力 利用 判決 偽証明書 倉沢 郵便不正事件 上村 国会議員 利益 政権 上村勉被告 決裁 検察官 行使 直接 検察側 石井 割引制度を悪用 協力 思います 間違 誘導 障害保健福祉 手続 作成した 簡単 公判 保健福祉部 信頼 言い渡した 虚偽 被疑 出来 郵便法 指摘 10 人たち 認める 反省 村木被告 会長 自称障害者団体 料金割引制度を悪用 適用 村木さん 石井一参院 指示 管理 虚偽有印公文書 経済 郵送 村木厚子元局長 違法 東京都 当然 主張 存在 塩田幸雄 制度の適用 確認 料金不正 可視化 供述 部分 幹部 26 証言 犯罪 採用 明確 不満 家宅 無罪 構図 悪用され 検討 要人 法違反事件 郵便料金割引制度を悪用 次席 対策 同省 長妻 休職 偽の証明 障害者団体証明書 優遇 河野克 障害者団体向けの郵便料金割引制度 交付 受けて 割引制度の適用 言い渡され 全国 弁護 合わせ 昨年 無罪判決 地検特捜部 担当 無罪の判決 衆院 可能性 全面可視 関与を否定 対応 言って 独断 客観 時間 2004 言われ 税金 政党 野党 厚生労働省元局長 部下 下旬 在住 特定 幹事 証明書を発行 保障 郵便割引 受け取った 検察捜査 倉沢邦夫被告74 制度が悪用され 軍事 郵便制度 断念 郵便事業 政権交代 口利 係長・上村 東京地検特捜 広告 定期 証拠採用 議員に口添 被疑者ノート 起訴され 障害保健福祉部企画 村木被告の関与 言っている 拡大 係長上村 ざるを得ない 発生 我々 証言について 障害者団体向け郵便料金割引制度 供述調書 同時 述べた 一方 無駄 責任 郵便料金割引制度の適用を認める偽証明 時点 関与して なければならない 案内 ページ 注目 民主党の石井一 相談 無罪を言い渡した 勝手 証拠として採用 凛の会元会員 偽の障害者団体証明 厚生労働省の村木 郵便法違反事件 実体のない 第三種 部下だっ 案件 検察側の構図 をことごとく否定 自称障害者団体白山会東京都文京区 偽造事件 問われた 主張して 元局長村木厚子被告54 偽の証明書を作成 201 円程度 明らかになった 障害者団体向けの郵便料金割引制度が悪用され 失われ 偽証明書を作成 口添えを 勉被告41 大阪地裁 する検察側 この郵便 否定して 名前 一貫 人間 証明書が発行 問われた厚生労働省 拘置され した郵便不正事件 呼ばれる 思うのだ 有罪 進んで 制度を利用 容疑 文書を作成 凛の会を障害者団体 何度 思って 事件で大阪 証明書を作成した事実 言えば 今年 捜査段階 批判 発行され 様々 認められない 報道 非常 判断 関与した 基づいて 欲しい 疑いが 興味 裁判では のかもしれませ 逮捕した 場合 結局 否定している 関与していた 事件では 必要がある 否定した 始めた 考えて ゴルフをしてい ている以上
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.028 0.168 0.540 0.019 0.505 0.152
    僅かに強いやや弱いやや弱い僅かに強いやや弱い極めて強い
    total 43585.800000000556

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発