13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    感染リスク

    ニュース 関連語 厚生労働省 HIV 赤痢 多臓器不全 白血病 国立感染症研究所 季節性 潜伏期間
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ でも、我が家は喘息っこがいるので、感染リスクは避けたいのも親心

  • ○■ 1と2は、以前のブログで指摘した

  • ○■ しかし、日本では懸命の努力にもかかわらず減っていない現実が浮かび上がりました

  • ○■ 感染予防の点から言えば、予防接種以外の感染者も対策を取らなくてはならない

  • ○■ 流行が報告されていますこれらの地域では毎年のように流行が発生して おり,さらに,スーダンやウガン

  • ○■ していますまた,ポリオは,30年近くにわたり野生株による ポリオ症例は発生していませんそのため,

  • ○■ 例は発生していませんが,ポリオ流行地で感染し,帰国後に発症する事例 (輸入症例)に留意する必

  • ○■ ら発令されております、 ゴールデンウィークに海外へ渡航される皆様へ (海外で注意すべき感染症について)のご

  • ○■ 染予防:長袖,長ズボンを着用し,素足でのサンダル履き等は避ける 虫除け剤や蚊帳等

  • ○■ ,whoが排除又は根絶を目指している麻疹(はしか),ポリオは, 日本での感染者が減少傾。又は

  • ○■ の鳥インフルエンザウイルスを病原体とする鳥インフルエンザは, 東南アジアを中心に家きん(ニワトリ

  • ○■ 際は,早急に医療機関を受診し,渡航先,滞在期間,飲食 状況,渡航先での行動,家畜や動物と

  • ○■ い,できるだけ早く現地の医療機関を受診し,傷口の消毒や狂犬病 ワクチンの接種を受けてくださいまた,

  • ○■ 知らせいたします感染症にかからないようにするためには,感染症に対する正しい知識と 予防方法を身につけることが重要です

  • ○■ の洞窟に入り,帰国後にマールブルグ病を発症・死亡した事例が報告さ れています流行国の特定地域では

  • ○■ 発症します発症すると有効な治療法は無く,ほぼ100%死亡します 世界における死者数は

  • ○■ 場合には,重篤な症状となることが多く,世界保健機関(who)によると, 2003年11月から2011年

  • ○■ す特に熱帯・亜熱帯地域ではマラリア,デング熱,チクングニア熱などに注意 が必要です (1)マ

  • ○■ ズボンを着用し,素足でのサンダル履き等は避ける 虫除け剤や蚊帳

  • ○■ される皆様へ (海外で注意すべき感染症について)のご案内です海外旅行、留学、駐在、

  • ○■ 感染症には潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が長いものも あり(数日から1週間以上),帰国後し

  • ○■ 南アジアの国々で流行しており,2006年にはインドで 約140万人の感染者が報告されています

  • ○■ 性のある感染 症は大きく異なりますが,世界的に蚊を媒介した感染症が多く報告されていま す特に熱帯・亜熱帯地域で

  • ○■ いると報告されていますが国では,海外で感染して帰国される方(輸入 症例)が毎年50人以上報告されていま

  • ○■ を入手し,予防接種が受けられる感染症については,余裕をもって相談して おくなど,適切な感染予防に心がけ

  • ○■ 長いもの もあり(数日から1週間以上),帰国後しばらく経過してから具合が悪くなること がありますその際は,早急に医療

  • ○■ に咬まれることよって唾液からウイルスに感染し,長い潜伏期の 後に発症します発症すると有効な

  • ○■ が2例報告されています狂犬病流行地で犬などの動物に咬まれたら,すぐに傷口を石けんと水で よく洗い,できるだけ早く現地の医

  • ○■ が媒介する感染症 渡航先(国・地域)や渡航先での行動によって,感染する可能性のある感染 症

  • ○■ に取り組んでおります日本においては,麻疹は2010年1月以降11月21日までに417人

  • ○■ ていると考えられています我が国では,海外で感染して帰国される方(輸入症例)が毎年約100人報告 されています2011年は103人の

  • ○■ 3)エボラ出血熱 主にサハラ砂漠以南のアフリカ熱帯雨林地域で流行している,ウイルスに よる発熱性出血熱を特徴とする感染症です

  • ○■ か月続くことが多い○感染予防:長袖,長ズボンを着用し,素足でのサンダル履き等は避ける 虫除けスプレーや

  • ○■ (who) によると,2003年11月から2012年4月2日までに世界15か国で600

  • ○■ 死亡する危険がある ○感染予防:長袖,長ズボンを着用し,素足でのサンダル履き等は避ける 虫

  • ○■ 追加接種を勧めている ○参考情報: 厚生労働省検疫所「ポリオ」 ロングステイ財団、認定アドバイザーがご案内します海外渡航情報本日は、平成24年4月20日に外務省から発令されております、 ゴールデン

  • ○■ すべき感染症 whoは,麻疹については「麻疹排除計画」により,ポリオについては「ポリオ 根絶計画」により,感染者の減少に

  • ○■ 出血熱 世界中で25億人が感染するリスクがあり,毎年約5,000万人の患者が発生 していると考えられています 我が国

  • ○■ 合,かぜのような症状が1〜10日続いて,手足に非対称 性の弛緩性麻痺(だらりとした麻痺)

  • ○■ にはインドで 約140万人の感染者が報告されています 我が国では,2

  • ○■ 症状:感染した人の90〜95%は症状が出ずに経過するが,典型的な 麻痺型ポリオの場合,かぜのような症状

  • ○■ にはウガ ンダで,2001年から2002年にはガボンとコンゴ民主共和国の国境地帯での 流行が報告されていま

  • ○■ 感染リスク

  • ○■ 感染したサル などの血液,分泌物,排泄物,唾液などとの接触でも感染する可能性があ る

  • ○■ インフルエンザ,チフス,赤痢等と似た症状を示す

  • ○■ また,エボラ出血熱患者に接触して感染する場合が最も多い(院内感染 など)

  • ○■ 感染症にかからないようにするためには,感染症に対する正しい知識と 予防方法を身につけることが重要です

  • ○■ 報道によれば、厚生労働省は「新型インフルエンザの病原性が強毒化したものではない」との見解を示しているが、今回の場合、感染が確認されたのは患者の死亡後で、病院と自治体などとの連絡体制には課題も残した

  • ○■ ○感染予防:ポリオワクチンの予防接種が有効

  • ○■ コンゴ共和国の国境 地帯での流行が報告されていますこれらの地域では毎年のよ

  • 対策 新型 可能性 診断 病気 結果 受ける 感染者 危険 場合 肺炎 厚生労働省 感染する 確認 発生 今回 日本 傾向 多数 疾患 接触 感染予防 減少 国民 報告 増えて 効果 肝炎 注意 今後 脳症 感染して 実施 死者 早期 原因 事例 重要 センター 全国 性がある 積極 困難 基準 ワクチン 米国 有効 重症化 受診 継続 可能性がある するリスク 院内 最近 望ましい 関係 避ける 年間 世界 施設 支援 臨床 調査 通常 安全 必要 保健 担当 充血 熱性 脳炎 意識 保有 思います 年末 受けて 適切 理由 少ない 発表 医療機関 接種 防止 滞在 起こる 気持 経過 国立感染症 増加 維持 経口 正しい知識 外国 検討 医療従事者 患者 死亡 推計 提供 具合 建物 病原体 症状 家庭 機能 発疹 相談 手洗 知らせ 計画 非常 自宅 管理 日本では 早急 インフルエンザウイルス 隔離 存在 財団 週間 外務省 出血 多臓器 関節 医療機関を受診 有無 発症 発生して 典型 目やになど 意味 急激 感染するリスク 糖尿病 鳥インフルエンザ アフリカ 現時点 する必要 した場合 対処 最新 布団 神経 動物 激しい 亡くなっ 死亡者 新型イン 治療 する可能性 対象 潜伏期間 フランス でも感染 地域 感染することが なければならない 現地 関して 予防対策 保護 必要以上 近寄らない 参考 現場 集中 受けること ウイルスを保有 危険がある 余裕 言われ 高いと 十分 速やかに 心がける 大事 予防接種 イメージ 全体 考えられて 行われ 世界保健機関 食事 高齢者 大人 家畜 始まっ 考えて 実際 諸外国 気分 感染症にかかる 具体的 下さい 必要です who 出てき 消毒 受けてい 治療法 担当者 持って 大きな 紹介 全身 ということです 経過する 屋外 ズボン 平成 ことがあります 情報を入手 動物との接触 した場合には 基本的 一緒 ことが望ましい 広がって 接種を受けて 明らかに 業務 中には 診断され 感染が確認され 回目 注意する 人以上 数日 我が国では 者として 伝えて その結果 受診した にご案内 方法 かもしれません 流行して なる可能性 用いて 多くは 以下 私たち 万人の患者が発生している 注意が必要です 維持されて 背景には 感染した場合 示した 指摘して する危険がある 良かった のような症状 するまでの期間 相談して 入ること 人がいる 実施している 知らない 必要がある 死亡しています いわれています 出来 発表した 感じです 日まで する必要があります 報告されている ていると考えられ 考えられています 発生しています なくてはならない 報告されています 思って 思いました することがある しているという ないようにする
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.155 0.538 0.022 0.516 0.167
    total 53175.69999999252

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発