13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ほおずき市

    時季 レジャー 関連語 朝顔 浅草寺 提灯 風鈴 朝顔市
    0 . 1 .
  • ○■ 「出掛けてみよう!全国各地の植物園」というコーナーがあるのですが、

  • ○■ ほおずき(鬼灯)には、大人は癪の種(腹立ちの原因)を切り、子供は虫の気を封ずるという云い伝えがあります

  • ○■ 秋頃になると、枯れたほおずきに網の袋が残っていたりして、 畑でそんなのを見つけると嬉しくなります

  • ○■ 前日にはほおずき市も行なわれていたようです

  • ○■ その第1弾は、「神楽坂まつり(ほおずき市・阿波踊り大会)」です

  • ○■ (参考→) 朝顔市

  • ○■ 風鈴に鉢がぶら下が

  • ○■ トホホ で、ほおずき市をあきらめて普段は行かない街をふらふらしてきました

  • ○■ 入谷の朝顔まつり (朝顔市)、 浅草四万六千日 ほおずき市も終り、 梅雨明け、間近の関東地方

  • ○■ 7月11日晴れ33℃ 7月9,10日は浅草寺の「ほおずき市」だったらしい

  • ○■ 「暑杉てとても行ってられません 」

  • ○■ 深大寺では毎年ほおずき市があります

  • ○■ ほおずきの実の色が夏を感じさせる

  • ○■ 書く難しい漢字・・でも漢字の「鬼灯」って、なんか雰囲気出てますね ・別名 「輝血」

  • ○■ させて貰った鬼灯(ほうずき)・茄子(なす)科 ・学名 physali

  • ○■ 、この数に ついては米一升分の米粒の数が約4万6000粒にあたり、 「一升と一生」を

  • ○■ の縁日とされており、この日にお参りすると四万六千日(約126年)の参拝に相当するそうですが、

  • ○■ なんか雰囲気出てますね・別名 「輝血」(かがち)・「籠(かご)かばふ

  • ○■ たもの)」が語源 ふくらんだホオズキのさやに由来・花びらは5弁5角形

  • ○■ のお供物にされた ・夏は全国各地で「ほおずき市」が開かれるが、東京では、浅草の浅草寺(せんそうじ)の

  • ○■ 観音様では『四万六千日(しまんろくせんにち)』と呼ばれるのが、7月9日と 10 日この日に

  • ○■ 中身を 楊子などで掻き出して皮だけにしたものを口にして鳴らすことができる(らしい) 名前も

  • ○■ 輝血」(かがち) ・「籠(かご)かばふ 鬼灯市の 宵の雨」 水原秋桜子(みずはらしゅうおうし) 鬼灯 (ほおずき)

  • ○■ なり、 それがしだいに「ホオヅキ」になった、とも 名前のふりがなは「

  • ○■ (らしい) 名前も「ほほつき」(頬突き)の意で、 子供が口にして鳴らす頬の様子から

  • ○■ 、とも 名前のふりがなは「ほおずき」としましたが、「ほおづき」でもよいようですね ・「鬼燈」、「酸

  • ○■ が開かれるが、東京では、浅草の浅草寺(せんそうじ)の 「ほおずき市」が有名 毎年7月9日、1

  • ○■ す頬の様子から また、昔の方言で「オホ」という名前の亀虫がつきやすかったことから「オホヅキ」となり、 それ

  • ○■ 開催 ・この実の中に、外側と同じオレンジ色の球形の”ほんとの実”があるこの実の中身を 楊子

  • ○■ の千代女か?)(nhkラジオ深夜便から引用) ここ埼玉県所沢市のお盆は、古老の話では8月ということである詳しい由来は判らないが、蚕を飼っていたとき、7月のお盆の頃は一番忙しい最中だったというとい

  • ○■ 科 ・学名 physalis alkekengi var. franchetii physalis : ホオズキ属 alkek

  • ○■ シェー」さんの physalis(フィサリス)は、ギリシャ語の「physa(水泡、気泡、ふくれたもの)」

  • ○■ 属 alkekengi : 「ホオズキ」のアラビア語 franchetii : フランスの分類学者

  • ○■ ほおずき市

  • ○■ 散歩の道すがら、道端で鬼灯 (ほおずき)が赤い実を付けていた

  • ○■ 寺脇康文に関連する動画

  • ○■ ・夏は全国各地で「朝顔市」が開かれるが、東京では、台東区入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)の「朝顔市」が有名

  • ○■ 「ほおずきを水に鵜呑みにすれば、大人は癪を切り、子供は無視の気を去る」と言われるなど、薬草として評判であったようです

  • ○■ 「ヘブンリーブルー」などの品種が有名

  • ○■ 大きなほおずきの実はぼんぼりのようで可愛らしい〜〜

  • ○■ ほおずきの売り子さん達も大変!

  • ○■ 浅草寺のほおずき市今日9日から ですよ

  • ○■ ほおずきは、母方の祖父母の家で、夏によく見た

  • ○■ にお参りをすると、46,000日分(約126年分)のお参りに相当するご利益があるとのことなのです

  • ○■ 浅草の観音様では『四万六千日(しまんろくせんにち)』と呼ばれるのが、7月9日と 10

  • ○■ 浅草寺にお参りすると、四万六千日分お参りしたのと同じご利益が得られるらしい土日もメッチャ混み

  • ○■ 1716〜1736)頃より、「四万六千日」と呼ばれるようになり、そのご利益も四万六千日分に相当す

  • ○■ 武洋匡に関連する動画ほおずき市に関連する動画 谷瀬の吊り橋の動

  • ○■ 価格比較 葉巻はコイーバでシガーライフ 携帯野球スコア【日記の最新記事】

  • ○■ 全国各地で「ほおずき市」が開かれるが、東京では、浅草の浅草寺(せんそうじ)の 「ほおずき市

  • 利益 縁日 功徳 毎年 開催 参りし 有名 風物詩 人出 鬼灯 子供 四万六千日 浅草寺 時代 各地 薬草 参りする 大きな 観音 浴衣 昨日 今年 元気 酸漿 月日 入谷 気分 残念 神社 一鉢 東京 紹介 浅草のほおずき 相当する 由来 参加 本当 一緒 明日 思います 仏壇 行ってきまし 梅雨 最近 良かっ 参拝 同様 全国各地 改修 気持 場所 花言葉 浅草の浅草寺 江戸時代 浅草寺せんそうじ 暑かっ 京都 誕生 この日にお にお参りする 出掛 午後 情報 最初 開催され 参りを 並んで 思って 利益がある 参拝すると 最後 土産 野球 中国 関連 客様 考えて この日に参拝 仕方 天気 開かれ のご利益 開かれる 様子 思ってい 一句 友達 賑わって のご縁日 漢字 買いました という名前 約126 てしまいました 7月10 にお参りすると 思っていた 誕生日 日に開催 売られて 相当すると 今日の誕生 行われて 中です 食べて 行ってきました 思いました
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.040 0.157 0.517 0.035 0.478 0.197
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 39400.500000002794

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発