13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2238 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    核軍縮

    ニュース 政治 国際 関連語 ノーベル平和賞 地球温暖化 温室効果ガス ノルウェー 安全保障理事会 核廃絶 オバマ米大統領 鳩山総理
    0 .
  • ○■ 核軍縮

  • ○■ タイトル:ノーベル平和賞オバマ米大統領に 核軍縮に新たな地平 毎日新聞 yahoo!ニュース(news)

  • ○■ オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞しました

  • ○■ けれども北朝鮮やイラクなどの国が核兵器を持っていたり持とうとしているわけで、その歩みは困難であろうということも予想されます

  • ○■ オバマ米大統領は「米国はハイチとともにある

  • ○■ オバマ氏発言に被爆者は複雑 2009年11月14日(土)14:00 日米首脳会談を終えたオバマ米大統領が、被爆地訪問に触れながらも「短期的には予定がない」と述べたことや、核兵器廃絶は目指すものの「生きているうちには無理かもしれない」と発言したことに、広島の被爆者は複雑な心境を語った

  • ○■ 決議は、核拡散防止条約(npt)未加盟国に非核保有国としての加盟を、すべての国に爆発を伴う核実験の自制を求めた

  • ○■ 問に思う事「オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞」?核軍縮に対するリーダーシップが受賞理由ら

  • ○■ ことを盛り込んでいます包括的核実験禁止条約(ctbt)早期発効も目指します世界各地の非核兵器地帯条約

  • ○■ の日本の立場を強調、非核三原則の堅持などを表明した23日の一般討論演説

  • ○■ を目指すことを明言した決議1887を全会一致で採択しましたこれは、核不拡散体制を徹

  • ○■ ら95年にかけ、第1次戦略兵器削減条約(start1)の合意で17分前まで引き戻されていたしかし

  • ○■ 事の抜粋ね(゜_゜核軍縮・不拡散をテーマにした国連安保理首脳会合にのぞむオバマ米大統領(右)=

  • ○■ っていきたいところです今回の核不拡散・核軍縮に関する首脳級会合はオ バマ大統領から提唱されています

  • ○■ 子版より中国外務省は10日、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の北朝鮮首席代表の金桂寛(キムケグァ

  • ○■ する大きな課題に挑む建設的な役割を演じている」とした大統領は今年4月、プ

  • ○■ 世界」提唱を評価 ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2009年のノーベル平和賞を、米国

  • ○■ 19年)の2人まずはオバマ大統領のノーベル平和賞受賞に祝意 ですが、ノーベル平和賞

  • ○■ で国際社会に非協力的なイランと北朝鮮を名指しで批判した 軍政による民主化の弾

  • ○■ =坂口明】鳩山由紀夫首相は24日午前(日本時間同日夜)、核不拡散・核軍縮に関する国連安保理首脳会合で演説します

  • ○■ 員会はオバマ氏にメダルと賞金1千万スウェーデンクローナ(約1億2千万円)を贈呈 オバマ氏は賞金を慈

  • ○■ 昨年7月、日豪首脳会談で「核兵器のない世界」を目指した行動型提言をするため作られた会議で、

  • ○■ オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞しました 2つの意味でとても良

  • ○■ p【オスロ=大内佐紀】ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2009年のノーベル平和賞を「国際協

  • ○■ 大統領が4月の演説で「核兵器のない世界」の構想を示したことは世界中の人々を勇気づけたとし、

  • ○■ 交を推進した功績」で、米国のバラク・オバマ大統領(48)に授与すると発表した特に、オバマ

  • ○■ バマ米大統領が議長となり、核軍縮・不拡散をテーマにした初の首脳級特 別会合を開催しました「核

  • ○■ 応を求めた 決議は、核拡散防止条約(npt)未加盟国に非核保有国としての加盟を、すべての国

  • ○■ し条約加盟を要請したほか、包括的核実験禁止条約(ctbt)の早期発効に向けて全加盟国に批准を呼びかけ

  • ○■ (日本時間同9時)から、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で行われた オバマ氏は受賞演説で

  • ○■ 採択された決議はまず、「核兵器のない世界」に向けた条件を構築するとの決意を表明核拡散防止条約

  • ○■ ix-party nuclear disarmament talks, Wi Sung-Lac, and

  • オバマ 大統領 問題 国連 外交 被爆 受賞 ノーベル平和 演説 なき世界 不拡散 必要 平和賞 ノーベル平和賞 安保理 非核三原則 会合 核不拡散 政権 唯一 軍事 今後 中国 温暖 発言 長官 オバマ大統領 努力 のない世界 表明 期待 体制 理事 述べた 対して 議長 核なき世界 核兵器のない世界 解決 安保理首脳 被爆国 具体的 世論 強調 重要 国際的 韓国 地球温暖 実効 国連安全保障理事 オバマ米大統領 温室効果ガス 政策 批判 示した 大国 呼びかけ 同日 唯一の被爆国 言及 人々 保有 米国 歴史 意見 プラハ 中心 人類 思います 貢献 以上 目指 共同 包括 今回 外務 日本 アメリカ 対策 オスロ 正当 イラク 貧困 首脳会合 名指 要請 採択 年比 核不拡散・核軍縮 二度 授賞式 全会一致で採択 使用 ノルウェー 首脳級 議論 国として 北朝鮮 情報 潮流 理事国 指摘 10 背景 提出 危機 有効 安保理常任理事 核廃絶 チャンス 予定 米国大統領 指導 政府 ノルウェーのノーベル賞委員会 運動 英語 安保理首脳級 行われ 始まっ 非常 担当 地元 米国内 報告 クローナ 決議 大統領がノーベル平和賞 提唱 連携 完全 核兵器なき世界 人権 確認 強調した 途上 積極的 条約npt 説明 記者会見 核不拡散体制 尽力 深刻 直面 場合 呼びかけた 確立 常任理事国 最高 気候変動 首脳級会合 軍縮核 対処 言葉 通じて 核戦争 関心 市庁舎 大臣 万スウェーデン 引用 役割 共通 最後 立場 一緒 発表した 温暖化対策 言われて 新たな 一方 核拡散防止条約npt 本気 思って 開始 求めた 成功 舞台 オバマ大統領がノーベル平和賞を受賞 自体 欲しい 意識 向かっ 分かり 同委員会 代表 ニューヨーク 北朝鮮の核問題 状況 日本時間同日 禁止条約ctbt 基づき 協調 関係 核軍縮・不拡散をテーマにし 大統領の受賞 ク・オバマ 答えられ 以外 現在 テレビ 国境 促進 脅威 就任 ではありません 最初 開かれ 歴史的 政治的 先頭 核のない世界 冒頭 すると発表した 世界を提唱 宣言 強化 採択した 首相 思いました ではないでしょう 言えるでしょう 採択され 実現 知識 理想 語った なければなりません 提供 目標 的な支援 国民 4日午前日本時間 最大 生まれ 示している なければならない 質問 授与すると発表した 到着 する予定 行われた 受賞しました 表明した 初めての 今年 てはいけません 今日 だと思います ことになります
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.022 0.148 0.545 0.011 0.519 0.167
    僅かに強い僅かに強い少し弱い比較的強い少し弱い比較的強い
    total 38971.30000000285

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発