13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2239 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    ブラームス

    音楽 関連語 ショパン シューベルト ベートーヴェン 交響楽団 シューマン モーツァルト チャイコフスキー 管弦楽団
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 .
  • ○■ 7月28,29日と、土日に西武秩父線を使って、埼玉県秩父市へ行ってきた

  • ○■ 2011年12月22日(木)開演19:00すみだトリフォニーホール 「ゴルトベルク変奏曲」で名を轟かせているセルゲイ・シェプキンのリサイタルに上の娘と行ってきました

  • ○■ cdmw-6020972 ¥750 サンティアゴへの道i&ii サンティアゴへの道(作者不詳)-ナバラ 1.quen a virgen(cantiga 103) 2. seigneurs(teobaldo) 3.con gaudeant(conductus) -カスティーリャ 4.plange castilla(planctus) 5.non e gran causa(cantiga 26) 6.quis dabit(planctus) -レオン 7.ben com(cantiga 49) 8.de grad(cantiga 253) -ガリシア 9.dum pater familias 10.a madre(cantiga 184) 11.sol eclysim(planctus) 演奏:ステューディオ・デア・フリューエン・ムジーク トマス・ビンクリー指揮 録音:1968年12月munchen ジュエル・ケース、12ページ・ブックレット ベストセラー作品となったドイツ人作家ハーペ・ケルケリンクのich bin dann mal weg(ちょっと行ってくる!)の出版以来、サンティアゴ・デ・コンポステ ーラの巡礼の道を辿ることに再び光が当たっており、中世の音楽も注目される ようになっている

  • ○■ 2010年6月に劇場公演されたものを5台のカメラで収録し映像化したそうな

  • ○■ 1894年3月13日のやりとりだ

  • ○■ 1867年7月1日の発足

  • ○■ 今日は・・・本を読みますかね

  • ○■ 今日もよいお天気にて、車を運転していると汗ばんでまいります

  • ○■ 今日は赤道直下の某国のツアー連中がやってくる

  • ○■ 今回はハープ奏者の篠崎史子さんとの共演

  • ○■ 久しぶりの関フィルでしたが、 この楽団は、とても調和がとれていて、 個人的な実力を発揮しながら 全体の音をきれいに揃えてくる

  • ○■ 上記1はアルバム屈指の力作

  • ○■ 一方のブラームスの側の定義も厄介だ

  • ○■ ブログを書くならblogwrite

  • ○■ ドイツプレスでカッティングも余裕を持ったもので音も非常に良い

  • ○■ ドイツ競馬のg1レース

  • ○■ チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

  • ○■ シューベルト自身,あまりの難しさに 「こんな曲は悪魔にでも弾かせてしまえ」 と言ったというエピソードがあるけれど

  • ○■ クララへの屈折した思いが、ヨハネスの音楽のくねくねとした情感の表出となって聴衆にはたまらぬ魅力でもあるし、時にはう鬱陶しくてならないこともある

  • ○■ オーケストラは部活の厳しさでは校内随一だと聞いていたが、なるほどだ

  • ○■ これには切ない必然が横たわっている

  • ○■ 「スプリンクラーの誤作動のとき、みんなどう感じていたの?」とブラームス

  • ○■ 「コンサート情報」カテゴリの最新記事 久し振りの近況報告 シリウス弦楽四重奏団 エネスコ弦楽八重奏曲(youtube) 1月31日デュオリサイタル記事 ニューイヤーコンサート

  • ○■ 「st.pauli」と綴るサッカークラブ

  • ○■ 「lied」は有節歌曲で、「gesange」は通作歌曲だと断言されている

  • ○■ 今日も、ユーハイムのバウムクーヘンを食す

  • ○■ ごちそうさまでした! 米軍の岩国基地にオスプレイ12機が到着したという

  • ○■ 彼は幼少の頃小児麻痺にかかり、脚が不自由となったとのことです

  • ○■ しかし、芸術の秋、そして食欲の秋(それかい!)です

  • ○■ この曲集は、よく知る作曲家達とは語法が違う印象です

  • ○■ 【読者の皆様にお願い】 是非、 エンピツの投票ボタン をクリックして下さい

  • ○■ 「拝啓、西本智実様」 とブログの記事にもしているのですが、完全におちゃらけです

  • ○■ ◆2日連続で恐縮ですが、tweetを並べます

  • ○■ 最近の画像つき記事 [ 画像一覧へ ]

  • ○■ もちろん大学1年生で初心者だった私は同じパートの2年生から丁寧な指導を受けた

  • ○■ それにしてもこの二人の音楽家の強烈な個性の違いは実に面白いというしかない

  • ○■ hmc 902105 ¥2450 アルバン・ベルク:ヴァイオリン協奏曲(ある天使の思い出に) ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.61 イザベル・ファウスト(ヴァイオリン/スリーピング・ビューティ (stradivarius, 1704)) クラウディオ・アバド(指揮)、モーツァルト管弦楽団 録音:

  • ○■ 2010年にはレクチャーのために来日し ました

  • ○■ 1979年の録音で、何にしろ楽しい

  • ○■ 第1楽章アレグロは、堂々とした立派な曲想です

  • ○■ 我が家もかなりの回数でこの演奏会聞きに行っています

  • ○■ マーラー特集の総集編

  • ○■ クラシック・ファンにとっては、 知る人ぞ知る巨匠! ギュンター・ヴァント である

  • ○■ それにしてもここまで左足がヘタレ足だとは思いませんでした

  • ○■ 【送料無料】リトル・シスター 販売元: 楽天ブックス 楽天市場で詳細を確認する

  • ○■ 2010年10月06日 シュタインベルク ビルロート未亡人のおもてなし 2010年10月07日 2つのカビネット kabinettとcabinet

  • ○■ 今日も合わせと本番でございました

  • ○■ <xcp> xcp5040 ¥2180 henri duparc/ 12 melodies 1. 旅へのいざない(4:24) 2. ためいき(3:35) 3. 遺言(3:32) 4. フィレンツェのセレナード(2:05) 5. 波と鐘(5:24) 6. 哀歌(5:24) 7. 前世(4:46) 8. フィディレ(5:09) 9. 法悦(3:21) 10. 悲歌(3:20) 11. ローズモンドの屋敷(2:28) 12. 悲しき歌(3:17) 録音:1954年2月16-23日、パリ camille maurane(カミーユ・モラーヌ)(バリトン) モラーヌ40代半ばのパリ録音

  • ○■ <melodiya> melcd 1001995 3枚組 ¥3580 カリンニコフ(1866-1901):管弦楽作品集 交響曲第1番ト短調(#)/交響曲第2番イ長調(**) 間奏曲第1番イ長調(+)/間奏曲第2番ト長調(+) 弦楽合奏のためのセレナード(+) 交響詩(交響的絵画)「ニンフ」(+) 序曲「ブイリーナ」(+)/交響的絵画「杉とシュロ」(*) 組曲(*)/劇付随音楽「皇帝ボリス」(+) ソヴィエト国立交響楽団 エフゲニー・スヴェトラーノフ(指揮) 録音:1968年(**)/1975年(#)/1987年(*)/1989年(+) 前出:melcd 1000169, 1000170((#)、「皇帝ボリス」以外)

  • ○■ ハンブルク特集のラスト数本は「 ハンブルク女声合唱団 」ネタだった

  • 指揮 作品 ドイツ 楽章 ヴァイオリン 協奏曲 ベートーヴェン ソナタ コンサート シューマン 演奏 短調 録音 長調 バッハ 今日 交響楽団 モーツァルト クラシック チェロ 序曲 時代 シューベルト リスト シュトラウス プログラム チャイコフスキー 演奏会 ピアノ協奏曲 合唱 楽器 マーラー 編曲 ショパン 第番 舞曲 交響曲第 ピアノ フィルハーモニー 民謡 ワーグナー 初めて 変奏曲 奏者 世紀 組曲 ドヴォルザーク ハイドン 小品 有名 最近 聴いた メンバー レクイエム 感じる ハンガリー アンサンブル 先生 聴いて 会場 最新 ヴァイオリン協奏曲 音色 公演 午後 現代 ・ソナタ ベートーベン ヴィオラ 前奏曲 ラフマニノフ ファン 幻想曲 全集 場合 合唱団 仕事 ラヴェル 影響 内容 祝典 自身 イタリア 参加 活動 存在 ソリスト 持って ハンス 教会 年月 タイトル 名前 感動 カテゴリの最新 全曲 友人 ハンガリー舞曲 フィルハーモニー管弦楽 アルバム 演奏する 木管 ショスタコーヴィチ ライヴ バリトン 新しい 来日 個人 様々 bwv 重要 ヘンデル 長調op 共演 クラシック音楽 劇場 問題 以下 最後 始まっ ストラヴィンスキー プロイセン 非常 枚組 短調op 人生 大学祝典 午後〜午後分 ブラームスの交響曲 声楽 完全 可能 途中 五重奏曲 監督 フーガ 独奏 書かれ 変ホ長調 期待 入って アリア 同様 間奏 一緒 思ってい 自然 演奏され ヨハネ 良かっ 表情 意識 定期演奏 ロマンス 向かっ 弦楽器 故郷 ロベルト 結婚 ホール 四重奏団 伝統 実際 才能 練習 モノラル 知られ 二人 終了 発見 勉強 ミュンヘン 考えて ビューロー セレナード 首席 ワルター 特集 行進曲 変わっ 一度 人気 大切 上記 レーベル 以上 演奏して 戦争 スタジオ 説明 201 美しく 聴ける 得意 セレナーデ 独唱 独特 月日 収録 風景 による変奏曲 高校 歌曲集 全部 四重奏曲 sacd 記録 珍しい 緊張 解釈 三重奏曲 イギリス 注目 オーケストラ 美しさ フィナーレ 音楽祭 当然 弾いて 作品集 聞いて 知って アバド 辞書 ベストオブクラシック 始まる 聴かせて 少なく 対して デビュー 少年 可能性 時間 明らか 収録され ドイツ・ 曲第番 てしまいました 入手 亡くなっ 決まっ 様子 自体 終わっ 選曲 行われ グスタフ woo 使用 楽譜 完成 生まれ スイス 個人的 演奏した ニューヨーク 方々 納得 ・フィルハーモニー管弦楽 披露 残って 一般 言われ 放送時間:午後〜午後分 作曲家 ポーランド ・フィル 瞬間 フォーレ シュミット サントリーホール コントラバス コンサートホール 聴いてい 指揮者 偉大 特徴 ピアノ三重奏曲 4楽章 伝わっ 帰宅 簡単 合わせ 場面 テレビ 公開 言って 今まで 全員 交響曲全集 過ごし 会社 テクニック 終わる 活躍 聴いている 生誕 トーク 特別 宮廷
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.032 0.133 0.562 0.024 0.526 0.215
    total 750759.3999992162

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発