13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2238 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    国民固有

    政治 国際 関連語 政権交代 地方参政 地方参政権付与 日本国憲法 特別永住 社民党 外国人参政権 外国人地方参政権
    0 . 1 .
  • ○■ 1 条は「 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられない」と基本概念を述べなが

  • ○■ ければならない又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ 第 13 条

  • ○■ のあり方と将来について、あまりに無原則・無責任すぎないか (阿比留瑠比) ↑

  • ○■ い 第 21 条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する 2 検閲は、これ

  • ○■ 第 29 条 財産権は、これを侵してはならない 以下省略

  • ○■ 【政論】菅直人首相と小沢一郎前民主党幹事長がデッドヒートを続ける代表選は、実質的に日本の首相を選ぶ重要な選挙だにもかかわらず、党員・サポ

  • ○■ これを保障する 2 検閲は、これをしてはならない通信の秘密は、これを

  • ○■ これを認めない 3 栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴はない栄典の授与は、現にこ

  • ○■ い 第 19 条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない 第 20 条

  • ○■ い 第 23 条 学問の自由は、これを保障する 第 24 条

  • ○■ る 第 24 条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない 2 配偶者の選択

  • ○■ 務 第 11 条 国民は、すべての基本的人権の享有を妨げられないこの憲法が国民に保障

  • ○■ る 第 15 条 公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である 2 すべて公務員は

  • ○■ い 第 20 条 信教の自由は、何人に対してもこれを保障するいかなる宗教団体も、国

  • ○■ でこれを定める 3 児童は、これを酷使してはならない 第 28 条

  • ○■ い 第 22 条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する 2 何人も、外国

  • ○■ 行使してはならない 2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない 3 国及びその機関

  • ○■ い 第 16 条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇

  • ○■ い 第 17 条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる 第 18 条

  • ○■ 的行為だと考えます 今からでも遅くはありません永住外国人への参政権付与法案

  • ○■ れるんだろうなと思う」今ごろ問題点に気付くようでは、辣腕(らつわん)弁護士の肩書が泣こうというものだ 枝野幸男幹事長は「将

  • ○■ ん顔を決め込んだだが、憲法15条は首相を含む公務員選定を「国民固有の権利」と定めているこれから首相になろうという

  • ○■ る 第 27 条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ 2 賃金、就業時間

  • ○■ ふ 第 13 条 すべて国民は、個人として尊重される生命、自由及び幸福追求

  • ○■ 有の権利である 2 すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない 3 公務員の選挙

  • ○■ 選挙を保障する 4 すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない選挙人は、その選択に

  • ○■ 権利を有する 2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ義務教育は、これを無償

  • ○■ も投票権を行使できるこれまでも国政への外国勢力の介入や憲法との整合性が度々懸念されてきたが、小沢氏や仙谷由人官房長官は驚くべきいいかげんさと無見識をさらけ出した 「それは党の問題

  • ○■ る 第 12 条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない又、国民は、これを濫

  • ○■ 憲法第15条 1公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である 憲法第93条 2

  • ○■ 国の社会的使命] 1すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する2国は、すべての生

  • ○■ の禁止、栄典] 1すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない2華族その他の貴族

  • ○■ 国民固有の権利であるすべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない3公務員の選挙につい

  • ○■ 最高検察庁に要望している-----------------------内乱罪については↓ 政治資金規正法とは↓ 最高

  • 罷免 参政 選挙 選定 政権 永住 地方参政 罷免する 問題 国民固有の権利である 法律 外国人参 公務員を選定 永住外国人 参政権 行為 外国 制度 これを罷免することは 代表 保障 幹事 及びこれを罷免することは国民固有の権利である 自民党 以上 産経新聞 基本 小沢 公共 議論 韓国 対して 民主党 在日本大韓民国民団 指摘 必要 定める 関する 責任 要件 経済 現在 意味 制定 人権 会長 批判 在日外国 認める 法案 政治的 外国人地方参政権 以下 外国人地方 決議 全国 尊重 地方参政権付与 移住 実現 立法 対象 関して 在日韓国人 重大 議会 可能性 今回 外国人への 社会的 福祉 会見 外国人への地方参政 提出 権を認める 投票権 有する 特別永住 特権 人間 場合 侵害 救済 居住 なければならない 損害 大きな 外国人に地方参政権 外国人に地方 義務 分かっ 保持 付与する 第条 衆院選 参院選 永住外国人への 犯罪 立場 参政権を認める 行使 幸男 農水相 引用 参政権を与える 法律の定める 一部 日本人 総選挙 政治資金 憲法15 認識 人物 永住外国人への地方参政 憲法第15 枝野 本来 公的 最大 自体 時点 協力 委員 強要 51 執行 発足 祝典 赤松広隆 在留 在外 党員 当時 対応 正当 概念 関しては への参政 今後 長官 中国人 不法行為 有利 絶対 捜査 弁護士 自分 圧力 しなければなら 何人 本部 すべて国民 民主党幹事 大臣 当選 成立 権を付与する 幹事長 集会 規定 マスコミ 生命 秘密 集団 維持 憲法上 感情 目指 参政権を付与する 選択 ケース 求める 直接 外国人に参政権 明らかに 付与法案 言えば 永住外国人に地方 献金 勝手 露呈 利害 重要 輿石 首長 意見 自身 検察 不当 対策 変更 レベル 展開 外国人への参政権 道徳 言うまでもなく 理解 団体 分から 事柄 秩序 明白 司法 存在 奉仕者では 無償 理由 一人 官房 基本的 政治資金規正 言われ 選挙権 国政 平等 しなければならない 認めない 個人 反論 この憲法 公務員選定 離脱 考えます 以外 不正 皆さん 日刊 気付 応援 合意 00 与えること サポーター 今日 3公務員の選挙については成年者による普通選挙を保障する 参政権付与法案 成立させ ではありません 違反 及び法律 権利及 財産権 児童 石川 因みに 国家 破壊 手段 公共の福祉 恐怖 交渉 公共福祉の 全力 強烈 永住外国人に地方参政権 左右 述べて 否定 都内 賛成派 思います 最後 24 確定 思って 具体 一切 回目 執行部 地方参政権選挙権 議員 基本的人権 思える 付与すること 上記 通信 永住外国人への参政権 唯一 地方公共 人の地方 我々 必死 夫婦 反対 配信 対しても 小学生 保護 程度 日本固有 中央 法案について 一方 受けない 外国人の地方参政 失敗 驚くべき 発生 権力を行使 男性
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.024 0.146 0.548 0.014 0.522 0.172
    total 57895.99999999021

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発