13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    司馬遼太郎

    書籍 関連語 大河ドラマ 坂の上の雲 日露戦争 竜馬がゆく 正岡子規 坂本龍馬
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 .
  • ○■ 坂の上の雲関係では、秋山真之と交流のあった山下亀三郎のことがでていました

  • ○■ しかし、同時に、おほぜいと一緒に醉態を呈してゐるべきだ」

  • ○■ 「竜馬がゆく!」の中に、理想の自分が潜んでいました

  • ○■ 「坂の上の雲」(司馬遼太郎)の舞台にもなっているらしく、近年は、。柱の鳥居も含めて、見学コースとして三光神社を訪れる人が多く、宮司も「復興時に壊れた鳥居を残しておいて良かった

  • ○■ 司馬遼太郎記念館 に遊びに行く 妻のみどりさんと偶然にお会いできました

  • ○■ 歴史好きには、近代の歴史に触れられてとてもおススメ

  • ○■ 出版社/著者からの内容紹介

  • ○■ この記事を読んで良かったと思った方は投票してくださると嬉しいです

  • ○■ このブログもphs128kの回線という、20世紀のインターネッツでお送りしています

  • ○■ それは嘘や妄想である

  • ○■ そこには悪党にやり放題にされた現実がある

  • ○■ これは胡麻のドロドロ麺ですね

  • ○■ 自分はそのたびにこの本のことを思い出します

  • ○■ 坂本龍馬のことも気になるし、司馬遼太郎の功名が辻も 目に留まったし、長曽我部元親もいいなぁ…とか、 やっぱり織田信長だよなぁとか、土方歳三でも…

  • ○■ 司馬さんはどうしたらよいかと上官に聞く

  • ○■ nhk大河ドラマの主役である江ちゃんにいたっては、3回も結婚していて、最後の旦那の徳川秀忠とはたくさんの子供をもうけているから、このあたりは戦国の女性もなかなかしたたかである

  • ○■ それでも、官兵衛は、人間的には十分、面白い人物だろう

  • ○■ さて、天神社の前を通っていよいよ市街地へ

  • ○■ こういった石垣が確認されるのは、何と7箇所しかないそうです

  • ○■ nhkスペシャルドラマ第4回日清開戦12月20日(日)放映 日清戦争のシーンになったらどういう事になるのか見てみたが、秋山好古が登場するまでは、まあそんなものだろうという感じがした

  • ○■ これが絶対宗教や道徳である

  • ○■ 日露戦争開戦前までは、秋山真之、好古や子規らの青春と日本という国の青春が重なって、とてもわくわくして読んだのです

  • ○■ アメリカを訪れる前の一行の多くは、無知と偏見に基づいた西洋人観をもっていたようです

  • ○■ 好古の辞職願を初公開「坂の上の雲」主人公の陸軍軍人 司馬遼太郎の 小説 「坂の上の雲」の主人公の1人で、明治、大正期の陸軍軍人、秋山好古が、軍人になる前に務めた教員の辞職願の展示が5日、 名古屋 市東区の徳川 美術館 で始まった

  • ○■ これは非常に面白かった

  • ○■ 日本は蘇り始めた

  • ○■ これがいじめ殺しの本質だろう

  • ○■ 坂本龍馬は100年前の当時の人の評価と現代の人の評価が違うと思いますが、この二人も100年後の人の評価が180度違うような気がします

  • ○■ それにしてもこの寒風吹く季節に、特に寒い駅で撮影するもの俳優さんって大変だなあ

  • ○■ しかし、最近しみじみと思うのは、歴史はつながっているのだ、ということ

  • ○■ 「坂本龍馬」という人物に深く興味を持つようになった

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 風雷神門 白浪五人男(伝法院東通) おいもやさん興伸(仲見世) 川口松太郎句碑(浅草神社) 宝蔵門・香炉

  • ○■ それが立身出世であり、アメリカン・ドリームだ

  • ○■ 司馬遼太郎氏はこう述べている。

  • ○■ 「坂の上の雲ミュージアム」はバリアフリーになっていて、壁際に沿って通路がついています

  • ○■ 司馬遼太郎先生の「。啖え孫市」を読みました

  • ○■ 坂の下の雪(完)

  • ○■ タグ: 読書小説仏教親鸞エッセイ詩歌

  • ○■ もちろん読みながらそんな気分になりもしたけど

  • ○■ しかし乙女は、そうはおもわなかった

  • ○■ 司馬遼太郎氏は「雑貨屋帝国主義」と揶揄し、石橋湛山氏は「朝鮮・台湾の植民地経営は持ち出し額が多く赤字

  • ○■ 司馬遼太郎風にいえば、あの人は現代人を毛嫌いしていますから誰もいないというのでしょう 誰が総理に相応しいのか、少なくとも下欄の人では無理でしょう

  • ○■ 司馬遼太郎氏は次のように書いている

  • ○■ 司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」は、常識的に知っているべき程度の名作文学の一つとして、中学生ぐらいのときに読破しました

  • ○■ らないの自分である============= 名言、珍言、明日は、解らない名言「人の諸々の愚

  • ○■ ログのフォトチャンネル 犬がおやつを食べるところを連写 浅間温泉(長野)と

  • ○■ 人間でないか 決定不能無私は自分を殺すことである こういう人は、他人

  • ○■ 団」より抜粋しています東仙坊のプロファイリングをぜひご一読ください

  • ○■ も同じ手口であった 村上春樹の場合は、日本とアメリカが、同じ体質にあったといえることだ *

  • ○■ の素養が必用であろう司馬遼太郎の「坂の上の雲」には、幕末でも各藩に高潔な人格が揃い、

  • 人間 坂本 幕末 言葉 大河ドラマ 読んで 関係 文庫 意味 最近 現代 政治 最後 思って 有名 露戦争 主義 先生 ブログ 国家 龍馬 遼太郎さん 写真 最初 正岡子規 本当 内容 読書 竜馬がゆく 思った 日露 時代 明治 日露戦争 近代 事件 アメリカ 理由 言われ 龍馬伝 自分 海軍 文章 陸軍 記念 ロシア 事実 対して 政府 情報 中国 人々 当然 描かれ 結果 持って 著者 思ってい 街道 戦後 途中 兄弟 時期 状況 気持 戦国 大変 最終 遼太郎さんの 出身 読んでい 部分 維新 出来 大学 購入 映像 大きく 首相 活躍 記憶 個人 教育 秀吉 以来 感動 徳川 昭和 説明 薩摩 想像 関連 秋山真之 状態 研究 基本 世紀 文春文庫 残念 作品 始まっ 以上 美しい 生きて 解説 分から 変わっ 帝国 生涯 結局 新撰組 燃えよ 外国 司馬さん 残って 書かれて 高杉 難しい 土佐 明らか 大切 家族 朝鮮 最新 気分 非常 心配 入って 全体 良かっ 自体 全国 歴史 面白かっ 日本人 大事 目的 福山 昨年 機会 知らない 可能 描いた 場面 晋作 志士 見つけ 少年 中心 否定 風景 不思議 支配 独立 岩崎 読んでいる 何度 描かれて 一番 高杉晋作 新選 勝海舟 時間 福山雅治 神社 立場 日本史 長編 西郷隆盛 考えて 数年 香川照之 家康 軍事 例えば 描写 西郷 努力 原因 長崎 特別 メディア 楽しい 天下 体制 過去 無理 亡くなっ 韓国 かもしれません 政治家 向かっ 態度 資料 全然 共通 タイトル 人たち 他人 自由 今まで 影響 責任 気がし 少なく 運命 スペシャル 西洋 大人 同様 平太 大政奉還 列強 社会 言われて 歴史的 良かった 以降 一度 初期 技術 様子 紹介 見事 第一 レベル 一日 性格 新潮文庫 世間 由紀夫 経営 同じく 終了 日々 実際 hk 織田 皆さん 始まり 秋山兄弟 伝わっ 第二 本書 食べる 故郷 本屋 アジア 始まった 奈良 建物 問題 思いまし 素敵 エッセイ 日記 思っている 教えて 感じて 登場人物 脚本 遼太郎の竜馬 出版社 今後 クリック 学者 後半 科学 見てい 多数 日本語 台湾 amazon 勢力 切腹 読んだ 生まれ 欧米 世界 知った 音楽 近藤 当たり 展示 制度 起こし 気がする 思考 坂本龍馬 不安 一人 異なる 持ってい 思える 結構 高校生 結婚 雰囲気 戦略 内閣
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.165 0.523 0.025 0.481 0.166
    僅かに強い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い強い
    total 787887.6999991483

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発