13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2817 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    司馬遼太郎

    書籍 関連語 大河ドラマ 坂の上の雲 日露戦争 竜馬がゆく 正岡子規 坂本龍馬
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 .
  • ○■ 、三人称でも見える 即ち、汝自身を知ったのだ* だが日本国民は「

  • ○■ 作者: 司馬遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1998/

  • ○■ 業である訳だ* 何でこんな世界が出来たのかそれは日本人は、汝自身

  • ○■ 「汝自身」を知らない人を殺したものは、殺さねばならない これが「良き心地」

  • ○■ twitter 「インターネット」カテゴリの最新記事 まねきねこダックでクリスマス気分☆ミ popc

  • ○■ 竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫) 著者:司馬 遼太郎 この「坂本竜馬」ブー

  • ○■ しくない日本であった もともと純粋直観はこれを知ったいたそれが一人称でも、三人称

  • ○■ ヘンなカンジ感だったのですが、「坂の上の雲」は適当に原作をデフォルメしているので、そんなに違

  • ○■ 俺はまためんどうなことになったなぁ、とか そういや昼飯も食っていないなぁとか色々な思いを巡らせつつも振り返ることにしたのである」 ◆山田悠介 「後ろで大きな爆発音の音

  • ○■ 発振を発振させたのだ それは支離滅裂の世界を作ったことだ* 善悪に負帰還を掛

  • ○■ 市民の生活は知らないそういう人には何が出来るか 人の心の安らかに

  • ○■ 妄想で国を作った これを押しとどめられなかった下々にその責任があるお上性善説が、国家原理主

  • ○■ 排除は殺人にならない これがいじめ殺しの本質だろう即ち、妄想に取り付

  • ○■ 人は意識されない* この トリック が二重人格法だそれが司馬 文学 や

  • ○■ こうは、天である山なみがひくくたたなづき、四季四時の虚空がひどく大きい大門からそのような虚空を

  • ○■ ツ 司馬遼太郎、苦心明かす書簡 文学 文学 literature 2010-01-07t20:25:52 とっておきの情報♪

  • ○■ 新撰組の人はみんないい人のように思えてくるから不思議である遼太郎文学が伝えたいの

  • ○■ 2作は、すごくいいです「竜馬がゆく」を読んで、幕末が好きになりました坂本竜馬関係なら1時間は

  • ○■ 映されました市内には「坂の上の雲ミュージアム」とゆう立派な施設もあり松山市の観光名所になって

  • ○■ ては別の機会にでも 「weblog」カテゴリの最新記事 中国、香港、台湾へグルメ旅行に行く方へ

  • ○■ る小説はありますか私は、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」と宮部みゆきの「レベル7」ですこの2作は

  • ○■ 、 口を開けたりものを食べたりするとアゴが痛んだり 耳鳴りの症状が出ている本人は、原因不明であ

  • ○■ アーであるからだ これらは自己同一であり、対偶である表と裏を同時に見る

  • ○■ 方 だ* 日本は聖徳太子、秀吉、司馬遼太郎に騙された仏教や儒教こそ、地獄

  • ○■ り裂かれたこれは人類の第二反抗期の特質かもしれない これを克服して、人間

  • ○■ NULL 竜馬がゆく〈1〉 (文春文庫)/司馬 遼太郎¥660 amazon.co

  • ○■ これを不殺生という自分を殺していることが、分からない 即ち、論理がなく、

  • ○■ き心地になる そこには悪党にやり放題にされた現実があるテレビジョン・ シンドローム

  • ○■ に明治という時代と「坂の上の雲」を読み解く事ができる本としてお勧めした 関川夏央

  • ○■ ろを見ていただけだ世界を善悪に分け、善だけを取ろうとした その結果、世界は地

  • ○■ 決闘) 新撰組血風録、司馬遼太郎先生のこんな文章が好き、オラが評価するのも僭越だけどオラ遼太郎先生

  • ○■ ンはいうのである わたしは司馬遼太郎の「街道をゆく」のファンだけど、この作家が関西人であることをこ

  • ○■ 今僕は司馬遼太郎の『坂の上の雲』を読んでいる 読み始めたのはいつだろ

  • ○■ 溢れる* かくして厳しい現実を生きれるようになる 過労 死もいとわず

  • ○■ 者: 司馬 遼太郎 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 1988/10/05 メディア: 単行本

  • ○■ nhk スペシャル ドラマ 「坂の上の雲」を参考にしましょう明治という「坂の上の

  • ○■ 日本人を神とした日本文学を否定した村上春樹は、 何もしないで日本を良き心地に溢れさせ、 結果として日本を悪党支配にした司馬遼太郎も村上春樹も同

  • ○■ といえることだ* アメリカも日本も良き心地を求める体質だ それが立身出世であり、

  • ○■ nhkの「坂の上の雲」の第1部の放送が終わった次の放送は来年

  • ○■ 揚が分からなければ、 この段階の歴史は分からない 社会のどういう階層のど

  • ○■ 矢口真里 「子供の頃からボンバーマンが大好きで、爆発音がしたらつい後ろを向いちゃうんです多分、芸能界では一番マ

  • ○■ 稜線が 「田子の浦うち出でて見れば真白にぞ富士の高嶺に雪は降りける」by山部赤人

  • ○■ 伊藤之雄『山県有朋』(文春新書)の記事続き 1891年第1次松方正

  • ○■ はさびしいです 「詩歌」カテゴリの最新記事 我儘な楽しみ 草田男の夏 台湾歌壇

  • ○■ があります 生前司馬氏が「坂の上の雲」のドラマ化、映画化を断固拒んでいたのも、安直な国家観

  • ○■ 隊だ軍艦マーチを奏で、 日本や世界を暴れ、日本も世界も壊した今世界の常識に、対応手

  • ○■ 最新記事 街道をゆく司馬遼太郎 松阪お城番屋敷 南魚沼市塩沢 新米 ドラマ2

  • ○■ けないほどの高調子でいったおけいは、この男に尽くしてやろうと決心した ときどき、泰之進の体

  • ○■ りすがりの女を抱きすくめ俺の妾になれ・・・、そんなタイプの変なおじさんの集団、それが通用するならある意味良き時代かと平成の変なおじさんには羨ましい話であるが、新撰組にも総司のような純情がいたのであ

  • ○■ 竜馬がゆく ( 八 ) |司馬遼太郎 |文藝春秋| 1963 ~ 66 /文庫版 1975 |評=◎おすすめ キャッチコピー 慶応

  • 人間 坂本 幕末 言葉 大河ドラマ 読んで 関係 文庫 意味 最近 現代 政治 最後 思って 有名 露戦争 主義 先生 ブログ 国家 龍馬 遼太郎さん 写真 最初 正岡子規 本当 内容 読書 竜馬がゆく 思った 日露 時代 明治 日露戦争 近代 事件 アメリカ 理由 言われ 龍馬伝 自分 海軍 文章 陸軍 記念 ロシア 事実 対して 政府 情報 中国 人々 当然 描かれ 結果 持って 著者 思ってい 街道 戦後 途中 兄弟 時期 状況 気持 戦国 大変 最終 遼太郎さんの 出身 読んでい 部分 維新 出来 大学 購入 映像 大きく 首相 活躍 記憶 個人 教育 秀吉 以来 感動 徳川 昭和 説明 薩摩 想像 関連 秋山真之 状態 研究 基本 世紀 文春文庫 残念 作品 始まっ 以上 美しい 生きて 解説 分から 変わっ 帝国 生涯 結局 新撰組 燃えよ 外国 司馬さん 残って 書かれて 高杉 難しい 土佐 明らか 大切 家族 朝鮮 最新 気分 非常 心配 入って 全体 良かっ 自体 全国 歴史 面白かっ 日本人 大事 目的 福山 昨年 機会 知らない 可能 描いた 場面 晋作 志士 見つけ 少年 中心 否定 風景 不思議 支配 独立 岩崎 読んでいる 何度 描かれて 一番 高杉晋作 新選 勝海舟 時間 福山雅治 神社 立場 日本史 長編 西郷隆盛 考えて 数年 香川照之 家康 軍事 例えば 描写 西郷 努力 原因 長崎 特別 メディア 楽しい 天下 体制 過去 無理 亡くなっ 韓国 かもしれません 政治家 向かっ 態度 資料 全然 共通 タイトル 人たち 他人 自由 今まで 影響 責任 気がし 少なく 運命 スペシャル 西洋 大人 同様 平太 大政奉還 列強 社会 言われて 歴史的 良かった 以降 一度 初期 技術 様子 紹介 見事 第一 レベル 一日 性格 新潮文庫 世間 由紀夫 経営 同じく 終了 日々 実際 hk 織田 皆さん 始まり 秋山兄弟 伝わっ 第二 本書 食べる 故郷 本屋 アジア 始まった 奈良 建物 問題 思いまし 素敵 エッセイ 日記 思っている 教えて 感じて 登場人物 脚本 遼太郎の竜馬 出版社 今後 クリック 学者 後半 科学 見てい 多数 日本語 台湾 amazon 勢力 切腹 読んだ 生まれ 欧米 世界 知った 音楽 近藤 当たり 展示 制度 起こし 気がする 思考 坂本龍馬 不安 一人 異なる 持ってい 思える 結構 高校生 結婚 雰囲気 戦略 内閣
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.165 0.523 0.025 0.481 0.166
    僅かに強い少し弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い強い
    total 787887.6999991483

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発