13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    井筒俊彦

    書籍 関連語 小林秀雄 ベルクソン 慶應義塾大学 イスラーム ソクラテス 弁証法 プラトン ハイデルベルク
    0 .
  • ○■ 井筒俊彦

  • ○■ 「神秘家」と井筒が書く

  • ○■ 井筒俊彦が神秘主義の歴史を概観しながら、 、「私は西欧の神秘主義にかんするかぎり、プラトニズムはギリシアに於いてはついに完成せず、かえってキリスト教の観照主義によって真の窮極の境地にまで到達するものと考える」 と強調していたことは既に触れた

  • ○■ それではベルクソンの言う 「完全な神秘主義」 への到達は如何にして可能なのだろうか

  • ○■ この深い哀しみを通してしか、魂の日の出は来ないのだ・・

  • ○■ この父親の修道は半端なものではなく、井筒自身も「神秘哲学」の序文で次のように書いている

  • ○■ 井筒俊彦の言う種々の対立を超えた 「より高い次元での統合」 は如何にしたら可能なのか

  • ○■ ―井筒俊彦エッセイ集 著者:井筒 俊彦 販売元:慶應義塾大学出版会 amazon.co.jpで詳細を

  • ○■ 井筒俊彦―叡知の哲学 著者:若松 英輔 販売元:慶應義塾大学出版会 amazon.co.jpで詳細を

  • ○■ 作者: 井筒俊彦出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1991/

  • ○■ などのスーフィーや東洋哲学の途轍もなく広い精神的鉱脈を探りながら、深層の自己へと深めていくには

  • ○■ なる神秘主義」 を見ていたことは興味深いものがある・・ 拙著「ベルクソン・

  • ○■ 組み変えることによって、それらすべてを構造的に包み込む一つの思想連関的空間を、人為的に創り出そうとするのだ「意識と本質」・・「

  • ○■ ク : 69回 この商品を含むブログ (55件) を見る 「八段法」 「

  • ○■ 秘家イーブン・アラビーの言う神秘家かつ哲学者の道を極めることであった すなわち宗教行などによ

  • ○■ れたであろう」 ・・・ 『道徳と宗教の二つの源泉』 ベルクソンによれば、

  • ○■ る中で得ていたようだ『井筒俊彦--叡知の哲学』 第八章「エラノス--彼方での対話」参照

  • ○■ すれば、そこに自ずから「東洋哲学の共時的構造化」し実現される、と井筒は「意識と本質」執

  • ○■ り開いた しかもそこに「意識と存在の構造モデル」という共通の悟りに至るモデルを明らかにした

  • ○■ 的には、ベルクソンは 「完全な神秘主義」 を実現した人々として、キリスト教の聖パウロ、

  • ○■ を研究する場合でも、「哲学的思惟の根源に伏在する観照的体験」という根本的テーマが一貫している

  • ○■ 『意味の深みへ』の「人間存在の現代的状況と東洋哲学」参照) 井筒によると 、「

  • ○■ かにしていった 詳しくは「イスラーム哲学の原像」という名著を参照いただきたいが、簡単に言うと

  • ○■ の山の頂に安住せずに、神なるものと一つになって万人の救済にあたる神秘家に、「完全なる神秘主義」を見ていたこ

  • ○■ の頂点として上に置き、感覚的、知覚的事物が底辺として下にくることになる つまり多くの哲人・

  • ○■ きたいが、簡単に言うと、多くの哲人・神秘家に共通するのが、往相・還相の悟りへの道を歩むということである 井。博士はこの中で「

  • ○■ 構造モデル」と題して、単純な三角形の図を描いている すなわち絶対無としての

  • ○■ 頂点を極めた哲人たちは、今度は右側の辺をひたすら降りて今度はコトバで「無から有」を生み出そうとする この意識と存在の

  • ○■ 有機的に包含するだけでなく、その哲学の持つ意味を現代思想の中で甦らせ、新たな現代的価値を発見した 3.専門であるイスラ

  • ○■ る」 また井筒は 、「私は西欧の神秘主義にかんするかぎり、プラトニズムはギリシアに於いてはついに完成せず、かえってキリスト教の観照主義によって真の窮極の境地にまで到達するものと考える」 とまで言っ

  • ○■ 東西の哲学が対話し 、「東洋哲学の共時的構造化」 を計るという地球的な哲学のアゴラ(広場)が創設されることを目ざしてきた このアゴラの創設の

  • ○■ に見い出しているのだ井筒俊彦とベルクソンのいずれも、「意識と存在の構造モデル」としての山の

  • ○■ 井筒の後半生の一大テーマとも呼ぶべき 、「東洋哲学の共時的構造化」 は具体的には次のような操作で可能になる この

  • ○■ 必要もあるということであるつまり多くの哲人・神秘家たちは三角形の山の左側の 「向上道」 をひたすら登って

  • ○■ [ 読書中 ]★ 井筒俊彦 『 意識 と 本質 』( 岩波文庫 、1991.08)2011.05. 23 - 05:38 意識と本質—精神的東

  • ○■ 近世に入り、ついに16世紀スペインのカルメル会的神秘主義に至って絶頂に達する観照精神の長くかつ複

  • ○■ 日: 1991/08/08 メディア: 文庫 購入 : 5人 クリック : 69回 この商品

  • ○■ トランスビュー amazon.co.jpで詳細を確認する

  • 若松 世界 人間 神秘家 体験 東洋哲学 必要 自身 意味 叡知 著者 根源 本質 実在 モデル 次のよう 若松英輔 販売元 コトバ 井筒俊彦叡知の哲学 問題 現象 プラトン 絶対 世紀 東西 場合 意識と存在 一種 次のように イスラム 成立 構造モデル 通して 人生 出版 理性 価値 頂点 対話 アゴラ 直観 意識と存在の構造モデル 必要がある 完全 amazoncojpで詳細を確認する 共通 パターン イブン 紹介 例えば 三角形 同時 ベルクソ 秩序 根源的 対して 相互 統合 という哲学 究極 時的構造化 意識と本質 頁参照 純粋 時間 無私 癲癇 道徳 希求 コーラン カトリシズム 時代 文庫 持って 小林秀雄 宇宙 ドストエフスキー 停止 下記 --井筒 ・・井筒俊彦叡知の哲学 読んで 触れた 実現 前にも 俊彦著作 一貫して 井筒俊彦にとって 有名 東洋哲学の共時的構造化 切実 一大 ダイナミック 誕生 個々 一挙 著者:井筒俊彦販売元 創設 超えた 真相 指摘している エラノ 販売元:慶應義塾大学出版会amazoncojpで詳細を確認する 直面 岩波文庫 境地 若松さんによると 衝突 門関 する必要 理論 的体験 概念 ということである 必要があるの 哲学的思惟 的な哲学 左側 哲学における 出現 言えば 読書 ているのである 広場 生命 恐怖 生み出そうとする 起こる 近づい 観照的体験 一切 簡単 科学 一度 エネルギー 興味深いものがある 歴史 値する ベルクソン・ルネッサンス 可能 見事 一つに 参考 システム 概観 呼ぶべき 明らかに 有機的 中心 ・アラビーなど つまり多くの哲人・神秘家たちは三角形 実在という 神秘主義 基本 見える 井筒によると ユダヤ 具体的 論的 言うまでもない 永遠の生命 する必要があるの 意味では 推参する というのである 宇宙的 存在の根源 だけでなくその 偉大 そして遂に絶対無の頂点を極めた哲人たちは今度は右側 ロシア的人間 的価値 モデルを明らか 的な哲学のアゴラ 他なら コトバで無から有を生み出そうとする 見ていた 的状況 イブン・ をひたすら登って意識と存在のゼロ・ポイントを目指そうとする 言える 段階 二人 出発 詳しくは 研究 生まれ なければならない 発見 考える いただきたいが ブログ 言うと という言葉 影響 することによって 於いては 最高 明らかにし 描いて なるものと一つに 可能なの 考えて 次のように書いている する必要があるのだ 持ってい ことはできない ではなかったか
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.032 0.144 0.513 0.018 0.480 0.193
    やや強いやや強いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 29754.600000002625

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発