13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2872 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    戦争体験

    ドラマ 関連語 水木しげる ゲゲゲの女房 終戦記念日
    0 . 1 .
  • ○■ かって悪夢のガダルカナル島に 創価学会 インターナショナルの旗が翻ったことを知り、万感胸に迫ります

  • ○■ 「管理人の挨拶」カテゴリの最新記事 ケアマネージャー来訪 戦争体験 tシャツ ひまわり 大掃除

  • ○■ 「斎藤茂吉の短歌を読む」カテゴリの最新記事 行く春の歌:斎藤茂吉の短歌 マリア・マグダレナの歌:斎藤茂吉の短歌 春の暮方の歌:斎藤茂吉の短歌 明け方の雨の歌:斎藤茂吉の短歌 罪をおかした女の歌:斎藤茂吉の短歌

  • ○■ 「家族関連」カテゴリの最新記事 山口県へ帰省(9)、東京に帰る 山口県へ帰省(5)、田布施地域交流館の調査 山口県へ帰省(4)、トラクタ耕運 山口県へ帰省(3)、畑の耕運 山口県へ帰省(2)、病院へ見舞いほか

  • ○■ 「エッセイ」カテゴリの最新記事 長周新聞の竹下一氏の評論 北朝。葬式生中継を視聴 戦争体験談 「男らしくない」 映画「家なき天使」

  • ○■ 私は、こうした事件の教訓を現在に正しく生かさなければいけないと思うのです

  • ○■ 世間にその話が開放されていません

  • ○■ その時に思いました

  • ○■ この集会でも、最初に黙祷がありました

  • ○■ 1945年 太平洋戦争終結

  • ○■ * やはり 創価学会 の先輩はすざましい人生です

  • ○■ 戦争を知らない世代が日本の全人口の過半数を占め、戦争体験の風化という声を耳にするいまこそ、この本を世に出す意味があると思われる

  • ○■ 吉田満「戦争体験をめぐって」:彼ら(若き特攻隊員ら)は間違いなく不幸でした

  • ○■ ようするにサイパン陥落(昭和19年7月)以後の大東亜戦争は、とても「戦争」とはよべない

  • ○■ それを『くだらない事』呼ばわりして切って捨てるのではなく、キチンと祖母に対応させてますね

  • ○■ この間、日本が戦争をしなかったことをよかったと考えるべきなのだろうが、戦争体験を風化させない努力も必要だろう

  • ○■ 自らの戦争体験をもとに反戦主義を貫く社会派監督で、「ドラマは人生だ

  • ○■ ▼上記の朝ドラは水木しげる氏の戦争体験がでて、その中に「ズンゲン」があるようです

  • ○■ 日本は本当に平和な国で平和ボケしていると言われるほどです

  • ○■ 戦争に対しては色んな人が色んな立場で色んな「思い」があるでしょう

  • ○■ 今回も大変有名な映画で、さらに宝塚の名作の再演

  • ○■ そんな私を新宿から歩き始めたばかりの人々が追い抜いていきます

  • ○■ それが三条出身の実の祖母だったのです

  • ○■ しかし、その後幅広い年齢で気軽に楽しめるスポーツとして、徐々に人気が復活しています

  • ○■ この物語は、rpgっぽい構成の中に、それでも、戦争の恐怖と悲惨さを伝えることに成功しており、「ドイツ人を2人殺した」戦争は、人数に拘わらず、十分に戦争だったということが良く分かる

  • ○■ 今日も濃厚で感謝の1日でした・・・

  • ○■ 戦争の初期、一気に南へ侵攻してきた北朝鮮軍

  • ○■ まったりと見ることができました

  • ○■ このブログの人気記事 アシタカせっ記=ゲド戦記(6) ppp!〜プレイプレイプレイ! まんが道

  • ○■ 『昭和二十年夏、子供たちが見た日本』 角川書店2011/7/10発行 314ページ1700円(税込)

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 日曜日らしく 圏境、そして、圏内 募金ありがとうございました! 複雑な”授業再開” 除染中

  • ○■ 輸送船に乗せられた時、自分は死ぬという明白な自覚が大岡を貫いた

  • ○■ よって、戦争や軍隊について自分が書く時には、自分がそれらを「許容してい」たという、率直な感慨を前提として書かねばならない、と大岡は理解する

  • ○■ このような具合だから、戦争映画となると、その世界を擬似的に体験したくなる自分というのはすでに出来上がっていたので、早速その大いなる期待と共に映画に向き合いたい、という衝動に駆られるのである

  • ○■ そしてぬくぬくと生きている今の世の中に一石を投じるような、そんな本でした

  • ○■ その宿題とは、『家族や知人で戦争体験をした人の話を聞こう』、そして、戦争などの体験を通して、何を考えているのか、それぞれの国によって違いもあるはずだら、勉強しようというものです

  • ○■ 戦争体験者・次世代に伝える活動をされている方の貴重な証言をお聞きください

  • ○■ 戦争体験談、たまに色々な所で見聞きしますね 映画もいくつか作られていますね だけど、今、私の目の前にいるこの人が、実際にそのような体験をしてきている 北海道の田舎に暮らす、一人の老人が 同じく北海道の田舎に暮らす平凡な私にそんな話をしている その事実が今日はとても重く感じられました

  • ○■ 日です かって悪夢のガダルカナル島に 創価学会 インターナショナルの旗が翻ったことを知り、万感胸に迫ります池田先生の世界平和への激

  • ○■ ガダルカナル島だったのですそれから半年ほどでガダルカナルは,焦土の島と化しました戦友は次々と銃弾に倒

  • ○■ 住む人々にとって、この時刻に何をしていたかについては、これから何度も問い返され、何度も記憶に再生されることとなろう 東京都文京区に住まい

  • ○■ 思いつつ、師弟不二の道を,使命の道を,これからも歩んでいきます * やはり 創価学会

  • ○■ ていきました 玉砕とは名ばかりの悲惨な餓死の島になった私はわずかの人数の同胞

  • ○■ 先人の戦争体験記戦争の島から平和なソロモン諸島 創価学会 インターナショ

  • ○■ つるは此の事にあはん為なりけり」(御書1451) との御文を指針として弘教に走り百人の友人、知人に仏法対話を実らせました 九死に一生を得た

  • ○■ 諸島に! 東京、永光さん(90才)聖教新聞4月24日付けの報におお! ついに!と感慨無量でしたソロモン諸島のガダルカナル

  • ○■ 最新記事 戦争体験談 「男らしくない」 映画「家なき天使」 キリスト教とシャーマニズム クリスマスプレゼント

  • ○■ ていると、自分の視界が、突然、横に引っ張られる感じがしたこれから会議が一つあるの

  • ○■ 暗たんたる気持ちになる地震と津波の直後には、東京電力福島第1原発の複数の炉が制御不能となったテレビは、首相官邸、原

  • ○■ なのだという洞察だろう以上の文章の、戦争や軍部という部分を、原子力発電という言葉に読み替えていただければ、私の言わんとすることがご理解いただけるだろう 原発を地球温暖化対策

  • 悲惨 終戦 平和 自分 戦後 亡くなっ 新聞 東京 戦友 栄養失調 マラリア 餓死 感謝 同胞 食料 意味 感動 以来 先人 諸島 入会 知盛怛彌 次々 池田 今回 体験記 中国 忘れる 思います 久々 半年 問題 知人 初めて 戦闘 思って ガダルカナル 銃弾 証言 第二次 兵士 毎日 仕事 戦死 想像 一人 第二次大戦 実際 召集され 敗戦 歩んで 紹介 先人の戦争体験記 インターナショナル 番組 友人 被害 機会 戦争の島から平和なソロモン諸島 聞いた 名ばかりの 生まれ 浮かぶ 忘れること ない悲しみ 表現 満州 池田先生 戦友は次々と銃弾に倒れました やはり創価学会の先輩はすざましい人生です それから半年ほどでガダルカナルは焦土の島と化しました 感じました 可能 新しい 生きてこられ 玉砕とは名ばかりの悲惨な餓死の島になった 先生 状況 原発 出会いが 年前 ことを心から カテゴリ 持って 状態 戦前 人生です 一員として 放送 生きてこられた 終わっ 私にとって 作業 認識 思ってい 向かっ 行われ 通して 毎日です 成長 感じる 大人 父親 たことを心から 私はわずかの人数の同胞と日本に帰ってきました 最初 カテゴリの最新 言って 彼女 なければならない 高齢 先生との 場合 時代 物語 話して 政府 当然 言葉 最近 被爆 インタビュー 思いました 唯一 聞いて 終わり 書かれ 感覚 語って 被災 分かっ 少なく 考えさせ 対して 交流 出身 主張 公開 同じよう 投下 登場 撮影 皆さん 毎年 途中 報道 水木 始まっ 祖父 男性 文庫 爆弾 都市 復興 大震災 世紀 背景 集団 管理 分から 印象 年月 画面 資料館 変わっ 市民 評価 多かっ 日本軍 以降 かもしれません 経験 中心 後半 我々 予想 同時 結果 後世 人々 福島 生まれた 不可能 歴史 調査 帰国 海外 以前 距離 残酷 言えば 可能性 目的 戦争の悲惨 見える 向かって 様々 強調 文字 だと思います 経験した 失敗 安全 支配 基地 私たちは 遺族 重要 住民 世代 作戦 紛争 生活 制作 一切 子どもたち 東日本大震災 広島 末期 心情 仕方 201 追求 例えば 残って 戦時 ネット 聞いてい 行った ありがとうござい 見てい 時間 化され 知って 数々 投稿 放射能 一枚 参考 自衛隊 出てき 防衛 東電 ゲゲゲ 良かった 深刻 老人 永遠 企画 行われた 共有 思っている 沖縄 非常 8月15 訪れる 講演 感じた 考えさせられ ブログ てしまいました 興味 人とも 複雑 仲間 正確 関心 面白 太平洋戦争 開始 人達 受けて 言った 田舎 今度 書かれて 再生 帰宅 もう一度 原子 一冊 殺され 結局 進めて 無かっ 話をし 演出 上陸 使って 同じように 同様 基づい 施設 技術 気持 見ている 突然 納得 開催 正義
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.174 0.524 0.025 0.484 0.160
    total 212435.100000101

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発