13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    安保条約

    政治 国際 関連語 自衛隊 民主党 クリントン 北方領土 尖閣諸島 日米安保 中国漁船 衝突事件
    0 .
  • ○■ 安保条約

  • ○■ その仙谷の頭の中は当初、「強硬な態度は中国の国内世論向け」という甘い考えだった

  • ○■ これは前に借りて、パソコンに取り込んであるのだが、ファイルがばらばらになってしまっていたのでやり直し

  • ○■ が、その一方で、日中の首脳会談に向けての調整は再開された

  • ○■ 尖閣諸島沖で、我が国の海上保安庁の巡視艇が中国漁船船長を公務執行妨害で逮捕した…、

  • ○■ 国際問題では、尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁の巡視艇との 「衝突事件」 でしょうか

  • ○■ 外務省が尖閣諸島の領有権について基本見解を発表しているが、そこに記されているように、同諸島は中国の領土なんかではない

  • ○■ 今、中国では尖閣問題での反日デモが各地で荒れている

  • ○■ 中国国際問題研究所の日本問題専門家、陸国忠(ルー・グオジョン)研究員は「中日の摩擦で米国は、表面上は日本の味方をしているが、実は漁夫の利を得ようとしている」と指摘

  • ○■ それはこの言葉が日本人の国家像のの描き方を見事に言い当てているからです

  • ○■ campbell)米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は、米国の影響力は弱まっていると考えていた

  • ○■ につながるのではないかとの懸念を持って不安げに見守ってきたしかし、尖閣諸島(s

  • ○■ しくありません最後の勝利のためには、手段を選ばないという論法は「コミュニスト」には危ういもののよう

  • ○■ 、中国の強硬姿勢は米国に絶好の好機をもたらしている中国との問題を抱え

  • ○■ は中国の内政に干渉する権利はない」と主張した中国人の常識では法を

  • ○■ 」(オバマ大統領)、「尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲に含まれる」(クリントン国務長官)と

  • ○■ た この発言に対し、記事は「衝突事件以来、米国は釣魚島(=尖閣諸島)が中国固有の領土であ

  • ○■ のトロール漁船が衝突し、日本側が拘束した中国人船長の釈放を中国が求めるという外交騒動を経て、中国の強硬姿

  • ○■ は今回の問題を機に、敏速にそうした国々の側に立つ姿勢を示した (以上一部af

  • ○■ 島は日本の施政下にあり、同諸島が攻撃された場合には日米安保条約に基づき米軍は防衛義務を負うとの見解を示した 中国 が南シナ海

  • ○■ らず、積極的に口出しし、公然と『日米安保条約の適用対象になる』と宣言した」と反発 「国際法を守るという

  • ○■ 最大限期待する」と述べ、中国のレアアース政策に対しても「警告」を発したと伝えた この発言に対し、

  • ○■ よう」求めたことに対し、「国際法を適用するという考えには全く根拠がない」と反論した 記事は、4日付日本

  • ○■ かし、尖閣諸島(senkaku islands、 中国 名:釣魚島)沖で海上保安庁の巡視船と

  • ○■ 米ホワイトハウス当局者が3日、尖閣諸島をめぐる日中の摩擦について「中国が国際規範と国際法を守ることを最大限期待する

  • ○■ ./ 米国【9月26日 afp】このところ自国の主張を強く打ち出すようになった 中国 を、米国の政策立案者たちはアジアにおける米国の影響力縮小につながるのではないかとの懸

  • ○■ るな―中国紙 【 2010年11月5日、中国共産党機関紙・人民日報系の国際情報紙「環球時報」は、尖閣問題をめぐる日中の対立が続くなか、米ホワイトハウス当局者が中国に「国際法を守るよう」求めたことに

  • ○■ 化”警戒中国船長釈放(産経新聞) - goo ニュース ● 東亜日報 は「中国の強。圧迫に

  • 日米安保 尖閣諸島 国民 国家 対して 事件 米国 政権 経済 国務 今回 中国人 日本 戦争 国務長官 巡視 強硬 中国 日本人 日中 交渉 必要 対象 逮捕 巡視船 場合 支持 歴史 対立 安全 拘束 存在 政府 両国 韓国 中国漁船 当時 指摘 主義 解決 危険 クリントン国務 施政 内閣 事態 検察 意味 前原 中国側 保障 毅然 日本政府 ロシア 今後 結果 範囲 官房 漁船衝突 次官補 大戦 反発 釈放 見方 現在 人間 釣魚 日本側 独立 米国務 関連 介入 拒否 引用 なければならない 軍隊 実現 確認 東シナ 演習 正義 意図 公務 可能性 実効 対処 小沢 台湾 世界 衝突 摩擦 明言 発展 主席 海上保安庁の巡視 日付 共産 在日 主張 立場 船長を釈放 期待 施政下 一連 会見 会談 判断 先日 同盟 妥協 考えて 根拠 日中首脳 思います 始まっ 輸出 一人 不思議 一党 通じて 改正 外交 要求 言えば 真実 体制 言って 仙石 有効 武器 尖閣諸島は日米 否定 軍部 結局 以前 最近 大統領 反日 侵犯 記者 東アジア 一転 公務執行 会議 発生 表明 米軍 運動 フジタ 理不尽 解決する 敗北 尖閣諸島は日米安保 以来 騒動 向かっ 思って 参加 放棄 接近 万人 条約第 背景 ハノイ 進出 革命 クリントン米国務 発言 釈放した 考える 述べた 穏便 重要性 守るため 最終 平和 サンフランシスコ講和 規範 視点 起こっ 教授 中国漁船衝突 警告 対処する 議論 両氏 一方的 同士 被害 主張する 同じだ 人物 粛々 尖閣諸島問題 分かる 掲載 取り締まり 努力 関係 メディア 方向 研究 条約の適用 精神 国内 前原外相 容認 自由 那覇 昨年 認識 仙石官房 賠償 反対 挑発 経験 民主党 防衛義務 孤立 中日 等しい 東シナ海ガス リップ 分から 中国に対して 日中の対立 違って 昨日 海域 具体的 日本の施政下 適切 見守 極端 国務副 特殊 考慮 依存 縮小 主権 中旬 尖閣問題 連携 人権 堂々 主張して 遠慮 記者会見 考えれ 幹事 慎重 出して 適用される 的には 最初 民間 協議 強烈 新安保 前原氏 必要性 問題について 強調 基づい 政治的 求めて 大幅 戦略的互恵 菅直人首相 運命 マスコミ 何度 完璧 提出 イギリス 10 現地 これに対して 周囲 中国人船長の釈放 単純 アジアにおける 日米外相 実施 圧力 釣魚島 男子 日米安保約第条 言った 言わざるを 読んで 年後 締結時 安保条約の対象 日米安保条約の適用 未来 事情 タイミング 不明 尖閣諸島について 持って
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.157 0.545 0.016 0.511 0.154
    僅かに強いやや弱いやや弱い僅かに強いやや弱い極めて強い
    total 67039.29999998126

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発