13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    崩壊熱

    ニュース 関連語 メルト 放射線 プルトニウム チェルノブイリ 福島原発 福島第一原発 発電機 放射能物質
    0 . 1 .
  • ○■ 崩壊熱

  • ○■ ・・・1号機、3号機建屋で起きた水素爆発と同様の危険が、1号機〜3号機の原子炉格納容器内でもあるということです、これはいったいどういうことでしょうか

  • ○■ そんな情けなくてみっともない恥知らずどもであるが、我が国で原発なる化け物の安全を司っているとは、本当にこの国は危ないのでは?

  • ○■ その余熱でプールが沸騰し、露出した燃料棒が過熱して被覆管が水と反応

  • ○■ つまり小さな原子炉が動いていて、放射性物質が生み出され、それが環境中に漏れ出ている

  • ○■ 福島第一原発の3号にどのくらいプルトニウム-293が燃料棒の中にあるのでしょうか

  • ○■ この問題は、私が取り上げた時、寺坂信昭・原子力安全・保安院長が「(ディーゼル発電機も含めて内部電源が喪失されて)外部電源が全 部喪失されて冷却機能が失われる」となると「炉心溶融につながるというのは論理的には考え得る」と認めていたことです

  • ○■ 呼ばれ、1979年の米スリーマイルアイランド原発事故で起きた政府原子力災害対策本部の

  • ○■ 核燃料がすべて原子炉 圧力容器の底に崩れ落ちた 東電はこれまで、1

  • ○■ 「炉心溶融につながるというのは論理的には考え得る」と認めていたことですしかし、それに対応する

  • ○■ 始め、20分ほど で炉心中央上部が溶けて崩落 午後9時には燃料

  • ○■ 解析結果を発表した これまで燃料が溶融したのは3月12日 だとしてきた 事故対策の前提とな

  • ○■ か」と質問これに対し経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は「停止した後、崩壊熱(原子炉停止後も放射

  • ○■ が明らかにしました 福島第一原発の2号機では、ピットから高濃度の放射性物質に汚染された水

  • ○■ は、ピットから高濃度の放射性物質に汚染された水が2日に確認されてから6日に止まるまで海に

  • ○■ よって冷却水が徐々に 失われていく事態に陥った 東電の発表によると

  • ○■ れていないこれまで空気中に大量の放射性物質が放出されているし、今も放出は続いていると思われる

  • ○■ 、東電福島第一原子力発電所1号機が、東日本大震災による津波到達後5時間半で、原子炉内の核燃料が冷却水

  • ○■ 1日午後2時 46分の震災発生直後に原子炉が自動停止 地震で外部から電

  • ○■ 全長約4メートルの燃料棒の水につかっている部分が完全になくなる「全露出」状態となった核燃料を包む

  • ○■ 筒(被覆管)は、炉心の中央下にあるものから融点の1800度を超えて溶け始め、20分ほど

  • ○■ めて高い濃度の放射性のヨウ素131が検出されるなど、海への放射性物質の広がりが深刻な問

  • ○■ より抜粋しています東仙坊のプロファイリングをぜひご一読ください

  • ○■ 起動し隔離時冷却系ポンプによる注水で水位回復するという、深刻な事態でした > 東京電力は事実経

  • ○■ が溶けて崩落午後9時には燃料ペレットが溶け始める2800度に達したと思われる翌12日には

  • ○■ ものの、外部電源遮断の上に非常用ディーゼル発電機がすぐ作動せず、電源喪失となり給水ポンプが停止、原子炉内の水

  • ○■ 12日朝に炉心が完全に溶融(メルトダウン)していたことになる解析ではほぼ1日分、事

  • ○■ 対策の前提となる現状把握が大幅に狂っていたことになる今後の対策検証にも影響

  • ○■ が失われて炉心の水位が下がり燃料棒が水面上に露出すると、放射性物質の崩壊熱を除去できず温度上

  • ○■ 炉が自動停止地震で外部から電力を得る設備も被害を受け停電したさらに同3時30分ご

  • ○■ 頭頂部まで水位が下がり「燃料の一部露出」が始まった同時に炉心の温度は急

  • ○■ 日午前9時前に炉心が「一時冷却水から全部露出した」としてきたしかし、今回の解析

  • ○■ 同時に発生した場合でも、非常用ディーゼル発電機が起動し緊急炉心冷却装置への電源供給を確保すること

  • ○■ あわやメルトダウン、福島第一原発2号機電源喪失水位低下 2010年 06月 19日 今日19

  • ○■ 後、電源喪失が長引けば、燃料の崩壊熱を冷却する冷却水が給水されず、水位がさらに低下し、むき出しの燃料棒が崩壊

  • ○■ 発電機なども被害を受け、炉心を冷やすために必要な電源をすべて失ったこのため炉心では核燃料

  • ○■ 1号機、津波の5時間半後には燃料溶融 東電解析で判明 詳細は、リンクを参

  • ○■ よる津波到達後5時間半で、原子炉内の核燃料が冷却水からすべて露出し、燃料溶融に至ったとの暫定的な解析結果を発表したこれまで燃料が

  • ○■ となり給水ポンプが停止、原子炉内の水位が約2m低下、約15分後に非常ディーゼル発電機が起動し隔離時冷却系ポンプ

  • ○■ になる解析ではほぼ1日分、事態の進行が速かった東電は、現在の1

  • ○■ ず、水位がさらに低下し、むき出しの燃料棒が崩壊熱により溶け、炉心溶融=あわやメルトダウンという、スリーマイル原発型の最悪の事態に至る可能性

  • ○■ 真相はまだ闇の中ですが、この事故は誠に重大です > 原子炉緊急停止後、

  • ○■ れていく事態に陥った東電の発表によると、午後6時ごろに 核燃料の頭頂部まで水位が下が

  • ○■ の底に崩れ落ちた東電はこれまで、1号機の炉心水位の 低下傾向を確認したのは11日午後9時半 ごろで、12日午前9

  • ○■ 全部露出した」としてきたしかし、今回の解析では、津波が到達してから15時間20分後の12日朝に炉心が完

  • ○■ な電源をすべて失ったこのため炉心では核燃料からの熱(崩壊熱)によって冷却水が徐々に失われていく

  • ○■ 、安全審査の想定外のmox燃料を装荷しプルサーマルをはじめようとしています > しかし、17日

  • ○■ iled check of the nuclear reactor is not yet over

  • ○■ いないのでは)?to be continued... 「甘ちゃん アマチュ

  • ○■ 6月 19日 今日19日から、東京電力は福島第一原発3号機の定期検査に入り、9月23日までの間に、安全審査の想定外の

  • 冷却 原子 原子力 圧力 核燃料 停止 東京電力 号機 原子炉 福島第一 放射能 外部 電源 被覆 メルトダウン 政府 放出 機能 場合 今回 非常 冷却水 プルトニウム 現在 容器 建屋 危険 使用 炉心 原発 格納 圧力容器 運転 発電機 想定 指摘 供給 原子力安全 プール 発電所 不安 重大 情報 チェルノブイリ 非常用 原子炉圧力 発生 燃料の崩壊熱 破壊 ポンプ 経済 濃度 報道 委員会 規制 原子力発電所 設計 事故 ディーゼル発電機 被害 結果 止まっ 原子力安全・保安 冷却機能 破損 水面 考える 核分裂反応 余震 放射線 mox燃料 水位 窒素 エネルギー 放射性物質 変化 起こる なければならない 記者 燃料棒 説明 1号機 事態 答弁 温度 部分 非常用ディーゼル 地球 大気 炉心溶融 段階 安定 影響 セシウム 論理 外部から スリー 記事 水蒸気爆発 枝野 通常 到達 電源喪失 外部電源 当然 停電 考えられる 年月 ニュース 高濃度 自動停止 準備 記者会見 失われ 亀裂 使用済み核燃料 心配 新しい 冷却する 完全 規模 自家 始まった 大国 経済産業委員 核燃料の崩壊熱 首相 十分 冷やすため 生成 膨大 自体 経済産業省原子力安全・保安 発表 重要 起きて 以降 当時 神話 方々 対して 自身 爆発 核燃料から 非常用ディーゼル発電機 福島第一原発 体質 検証 福島原発事故 明らかにし 汚染され 停止後 危険性 溶融メルトダウン 的には 危ない 首都 発熱量 続けて 再臨界 言われて 内の水位 ペレット 自分 起こっ 進行 否定 露出 メートル 続いて 放射性ヨウ 付近 優先 現代 レッテル 予断 防潮 一時 注入 下がり 提供 検出され 反対 変わる 放出され 炉内 問題 地震直後 新聞 上昇 印象 タービン 危惧 津波 入って 東日本大震災 大事 原爆 地方 蒸発 厄介 解析 圧力容器内 酸素 福島第一原子力発電所 深刻な事態 転載 私たち 使用済み燃料 吉井議員 承知 経産 安全性 思われる 保管 官房 数十 危険がある 具体的 追求 故障 東電福島第一 ている可能性 注水 汚染された 原子炉格納 言葉 理解できる 状況 紹介 半減期 意味 強調 発展 爆発の危険 把握 コスト 水を注入 判明 津波到達 前提 処分 起動 燃料ペレット 原子炉停止 大幅 野党 測定 起きてい オーダー 核反応 分後 最後 論理的 炉心溶融メルトダウン 放置 巨大 冷却され プルサーマル 政策 後手後手 維持 起きる 経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭 的状況 戦争 言われている 放射性廃棄 平成 我々 本格 程度 する可能性 最近 交換 同時 放射性崩壊 思います 当たり 東北 その結果 掲載 含めて 高レベル 関東 ディーゼル発電機が起動 ため炉心 人たち 専門 特別 行動 上がって 放出された 0トン 対応 早い段階 思って 崩れ落ちた 挿入 前回
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.029 0.153 0.572 0.014 0.545 0.169
    やや強いやや強い十分弱い比較的強い十分弱い比較的強い
    total 57180.999999989435

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発