13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    宮古市

    ニュース 関連語 自衛隊 盛岡市 万里の長城 いわき市 津波警報 チリ地震津波 釜石市 大槌町
    0 .
  • ○■ 宮古市

  • ○■ 3月11日の津波があって、5日後の16日のことでした

  • ○■ (浅見徹) yahooニュースより

  • ○■ だが、東日本大震災の未曽有の大津波にはなすすべもなく、多数の死者と行方不明者が出た

  • ○■ 「今後、どうやって津波を防いだらいいのか」

  • ○■ 津波の記録は、1896年6月15日、明治29年から始まる

  • ○■ それはまさに海と町を隔てる万里の長城だった

  • ○■ 80年の貨幣価値に換算して約50億円に上る こうして出来上

  • ○■ があるから』と逃げ遅れた人も多かったのではないか堤をもっと高くしないと、

  • ○■ 防潮堤として、海外からも研究者が視察に訪れるほどだったしかし、今回の津波

  • ○■ せていたバブはいつもの散歩コースと逆の高台へ向かった赤沼さんの歩みが緩

  • ○■ 約1キロ離れた避難所への急坂を一気に上りきっていた振り返ると、歩い

  • ○■ せていた岩手県宮古市田老地区にあった全国最大規模の津波防潮堤だが、東日本大震災の未曽

  • ○■ 「バブ」と自宅の居間でくつろいでいるときに地震に襲われた蛍光灯が消えると、バブ

  • ○■ 近隣地区の集会場で赤沼さんら住民約60人と避難生活を送る12歳の誕生日にあたる

  • ○■ くに住んでいた漁師小林義一さん(76)は顔をこわばらせて振り返った11日の地震直後、いっ

  • ○■ 導いた 女性は、海岸から約200メートルの同市田老川向(たろうがわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83

  • ○■ 治三陸津波で1859人が、1933(昭和8)年の昭和三陸津波で911人が命を奪われた 防潮堤は、昭

  • ○■ よると、当時の田老村は、高所移転か防潮堤建設を検討結局、海に近い所に

  • ○■ も嫌がるバブの行動に、赤沼さんは「津波を予知してたのかも」と不思議がるバブは今、近隣地区

  • ○■ 、上辺の幅約3メートル、総延長約2.4キロと、まるで城壁のようだ岩手県によると、二重に

  • ○■ 早いのに」と思いながら、玄関先で首にリードをつけていると、防災無線が大津波警報の発令を知らせていたバブはいつもの散歩コース

  • ○■ か防潮堤建設を検討結局、海に近い所に住みたいとの村民の要望や代替地の不足から防潮堤建設を決断し、当初は村単独で整備を始めた工事は中断を挟みながら

  • ○■ きっていた振り返ると、歩いてきた道は津波にのみこまれ、自宅も濁流の中に普段は散歩も嫌がるバ

  • ○■ を受けた岩手県宮古市で、愛犬に命を助けられた女性がいる女性は、海岸から約2

  • ○■ 寄せてくるのが見えたため、急いで丘に駆け上り、難を逃れた自宅は押し流されて跡

  • ○■ の大津波にはなすすべもなく、多数の死者と行方不明者が出た「今後、どうやって津波

  • ○■ 挟みながら段階的に進み、半世紀近く後の78年に完成総工事費は80年の貨幣

  • ○■ 城壁のようだ岩手県によると、二重に張り巡らされた防潮堤は世界にも類はない総延長も全国最大規模という

  • ○■ 0年のチリ地震津波では、三陸海岸の他の地域で犠牲者が出たが、田老地区では死者はいなかった日本一の防潮堤として、

  • ○■ 赤沼さんの歩みが緩むと、バブは振り返って歩みを促すようなしぐさを見せ、追いつくと勢いよく前へ出たそれを繰り返すうちに、

  • ○■ われた蛍光灯が消えると、バブはせわしなく走り回り、尾を強く振って鼻をクンクン鳴らしたという赤沼さんが「散歩の時間

  • ○■ 行方不明者が出た「今後、どうやって津波を防いだらいいのか」住民たちはぼうぜんとしている

  • ○■ か堤をもっと高くしないと、これでは暮らしていけない」 約4400人

  • ○■ ンクの服を洗ってもらい、うれしそうなしぐさを見せたという(浅見徹) yahoo

  • ○■ 返った11日の地震直後、いったん堤防に避難しただが、山のような津波が

  • ○■ 命を奪われた 防潮堤は、昭和三陸津波襲来の翌34年に整備が始まった地元の漁師らによると、

  • ○■ らしていけない」 約4400人が暮らす田老地区は「津波太郎」との異名がある1896(明治29)年

  • ○■ されて跡形もない 小林さんは「防潮堤は安心のよりどころだった『防潮堤があるから』と

  • ○■ 0億円に上る こうして出来上がった防潮堤は、海寄りと内寄りの二重の構造高さは約10メートル、

  • ○■ NULL 「日本一の防潮堤」「万里の長城」――住民たちは、そう呼んで

  • ○■ はぼうぜんとしている 「津波は堤防の倍くらい高かった」防潮堤の近くに住んでい

  • ○■ 田老川向(たろうかわむかい)に住んでいた赤沼タミさん(83)メスのシーズー犬「バブ

  • 岩手県宮古 避難 田老 大震災 被害 福島 メートル 防災 防潮 高台 行方 三陸海岸 災害 東日本大震災 情報 ニュース 避難所 今回 時間 堤防 今後 巨大 大船渡市 地元 自宅 手段 沿岸部 浸水 11 赤沼 遺体 自然 宮古市田老地区 0メートル 構造 作業 連絡 年月 地方 復興 電話 住民 出来 釜石市 同市 津波 悲しい 万里の長城 現地 向かっ 提供 地区 陸前高田 女性 午前 田老町 安心 応援 犠牲者 発生 相馬 上回 明治三陸 倒壊 場合 支援 大槌町 記事 少なかっ 住んでい 津波襲来 家族 防潮堤 向こう 持って 岩手県宮古市田老地区 集会場 夫婦 付近 23 検討 一気 地震 三陸津波 津波太郎 直後 二重 始まった 津波防災 環境 存在 病院 水道 全国 近所 200 死者・行方不明 経験 総延長 襲われた 一部 地区では 行方不明者 書いて 良かっ 住んでいた 頑張 高かった による大津波 持ってい 思います チリ地震津波 大変 10メートル 一緒 自分 地震による 年の昭和 多数 超えて 壊滅的な被害 規模 193 向かった 出来ませ なければならない 中心 大きな被害 撮影 3月11 行動 寄せて ような津波 願いし 世界 歩いて 津波では てしまいました 避難した 思って
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.028 0.138 0.555 0.023 0.524 0.174
    やや強いやや強いやや弱いやや強いやや弱い比較的強い
    total 30451.200000001685

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発