13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    冷却作業

    ニュース 関連語 メルト 原子力発電所 放射線 経済産業省 福島原発 福島第一原発 放射能物質 汚染水
    0 . 1 .
  • ○■ 冷却作業

  • ○■ ※週刊ポスト2011年4月15日号

  • ○■ 1号機原子炉の燃料がすべて露出していた時期があった可能性が高く、配管の溶接部に複数の小さな穴が開き、溶融燃料が格納容器に流出したとみられるという

  • ○■ 圧力容器内で燃料を覆う被覆管が割れたり溶けたりし、燃料が一部露出、25%損傷したとみている

  • ○■ 原子炉を安定して冷却するための電源復旧などに向けた作業環境を確保するためだ

  • ○■ 東電は最も水面が高い1号機のトレンチについて、海への流入を防ぐ処置を取った

  • ○■ 福島第一原発では、3号機でプルトニウムを含む燃料を燃やす「プルサーマル」を実施していますが、プルトニウムは通常のウラン燃料を使ったほかの原子炉でも生成されるため、東京電力では、どの原子炉から放出されたか分からないということです

  • ○■ (ひばく)事故で、経済産業省原子力安全・保安院や東電は25日、被曝の原因となった水たまりが

  • ○■ 続けるということです経済産業省の原子力安全・保安院は「検出されたプルトニウムは通常、環境中に存在

  • ○■ 作業員、厳しい環境食事2回、夜は雑魚寝 経済産業省原子力安全・保

  • ○■ 号機の水について東電や経済産業省原子力安全・保安院は25日、原子炉から燃料の一部が漏れ出し

  • ○■ 全協定 に基づき、 米原子力規制委員会(nrc)も加わっている 放射性物質の拡散防

  • ○■ 検討原子炉建。遮蔽も毎日新聞2011年3月30日2時30分 東日本大震災で被災

  • ○■ 東日本大震災で被災した福島第一原発の 冷却作業にあたるため、最長約70メー

  • ○■ 回収する方法は、強い放射性物質を含む汚染水の存在が、電線敷設やポンプなど各機器の復旧な

  • ○■ 壌から、予想通り、 プルトニウムが検出されました 今回検出されたプルトニウ

  • ○■ 月28日 最後まで読んでくださってありがとう クリックを 記事は毎日アップしています 明日もまた見に来て

  • ○■ 4ミリシーベルト、3号機はがれきがあるため近寄れず測定していない周辺の大気の放射線量(

  • ○■ と考えています ・今回の福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、福井県内においてはこのような事故を絶

  • ○■ ている福島第1原子力発電所の放射性物質を含む汚染水を海に放出したことに、中国、韓国、ロシア

  • ○■ 法令基準濃度の750万倍の放射性ヨウ素が検出されていたそれだけに今回、高濃度汚染

  • ○■ 力発電のあり方、日本全体のエネルギー政策を抜本的に見直す必要がある いずれにしても、安全確保

  • ○■ の一部が原子炉建屋の外に漏れ出た可能性がある3号機で被ばくした

  • ○■ 少なかった人の健康に影響を与えるものではない”と述べた 平田氏の発言は、日

  • ○■ は28日、東日本大震災で被災した東京電力福島第1原発1〜3号機のタービン建屋外にある「トレン

  • ○■ ニュース 応援クリック してね 本文中の写真をクリックすると拡大します 発信箱:すべて想定さ

  • ○■ 法(原賠法)の例外規定が福島第1原発の事故で東京電力に適用される可能性について「社会状況か

  • ○■ 福島第1原発:土壌からプルトニウム建屋外にも汚染水 ◇格納容器損傷の可能性

  • ○■ ないようにする(原発に)あるべき五重の壁が破れたことを示す憂うべき事態だ」と述

  • ○■ の努力でようやくここまできた」 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は6日午前の会見で安堵の表情をみせた 東日本

  • ○■ ムの由来について東電は「特定はできない」と話した 原子炉の冷却作業は

  • ○■ の原発だと前置きして、「メルトダウン(炉心溶融)のカウントダウンが進行」を繰り返し報じた

  • ○■ の穴の中に水がたまり、2号機では1時間当たり1000ミリシーベルトを超える高い放射線量が検出されたと発表した建屋地下の汚染水がトレン

  • ○■ る放射性物質や放射線量で、11日の被災以来指摘されていた核燃料や格納容器の損傷の可能性が高まった プルトニウムの濃度

  • ○■ 7日午後3時半ごろ発見、直後に線量を測定した 2号機のトレンチ

  • ○■ 健康影響は考えられないが、燃料棒の損傷があることを示している放射性物質が漏れないように

  • ○■ 1号機のトレンチについて、海への流入を防ぐ処置を取った プルトニウムの調査

  • ○■ 土壌を数百グラム採取し、日本原子力研究開発機構が分析その結果、全地点の土

  • ○■ した可能性があるまた同日、敷地内の土壌から毒性の強い放射性物質のプルトニウムが検出されたことも明らかにしたいずれも炉心内で作られる

  • ○■ どがある日本政府は同日、國際原子力機関(iaea)調査団の福島第一原発事故の現場調査受け入れを発

  • ○■ なったテレビは、首相官邸、原子力安全・保安院、東電等による記者会見の模様や現場の状況を臨戦態

  • ○■ 39、240が検出され、うち2地点からプルトニウム238も検出された 大気圏核実験では主

  • ○■ に線量を測定した 2号機のトレンチの水は1000ミリシーベルト(1シーベルト)以上で、同タービン建屋地下の汚染水と同様、炉心の冷却水の10万倍以上のレベルだった1号機は0.4ミリシ

  • ○■ ◇「憂うべき事態」経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官はプルトニウムの検出について「健康

  • ○■ 238も検出された 大気圏核実験では主にプルトニウム239、240が大気中に放出され、238はほとんどないことから、東電はこの2カ所については今回の事故によるものとみている プルトニウムは▽被

  • ○■ できない」と話した 原子炉の冷却作業は、水を増やすほどタービン建屋に汚染水がたまる恐れがあることから難航している【藤野基文、八田浩輔】

  • ○■ 防ぐ処置を取った プルトニウムの調査は21、22日に実施した1、2号機から500

  • ○■ の可能性が高まった プルトニウムの濃度について東電は、1940〜80年代に繰り返された大気圏核実験の際、日本に降ったものと同等で人体への影響はないとしている新たな土壌を採取し、

  • ○■ 続的に分析する予定 トレンチはタービン建屋と海との間にある凹字形トンネルで、非常用電源を冷やすための海水が通る配管や海水をくみ上げるポンプのケーブルなどを納めている普段は水がないが、1

  • ○■ ある店が少ないのです2011年3月25日 840号 特集記事「原発震災」 原発震

  • 東京電力 原子炉 事故 福島第 安全 放射能 燃料 炉心 号機 経済 原発 圧力 放射性物質 格納容器 核燃料 可能性 以上 今回 保安院 首相 状態 現在 原発事故 発表 津波 危険 停止 官邸 報道 高濃度 水素爆発 危機 指摘 原子力安全・保安院 燃料棒 海水 経済産業 放出 機能 地下 メートル 関係 最悪 年月 外部 避難 要請 早急 現場 第一原発 結果 枝野 政府 専門 福島第1原発 福島第一原発 米国 原子炉の冷却作業 巨大 タービン建屋 非常 認識 放射線量 拡大 復旧 安定 深刻 放射能漏 福島第一原子力発電所 直人 複数 11 官房 電源 環境 午後 健康 漏出 建屋地下 対して 措置 大量 確認 ミリシーベルト 被災 土壌 可能性がある タービン建屋地下 使用済み核燃料 言われ 物資 日本 継続 緊急 余震 発生 国内 仮設 予定 菅首相 メディア 同様 派遣 日午後 記者会見 会見 強調 評価 影響 経済産業省原子力安全・保安 会社 注入 懸念 以来 分から 原子炉内 今回の事故 広がっ 政策 事態 部分 水位 流出 関係者 東京電力福島第一 同日 現地 会談 踏まえ 原子炉格納 東電 経緯 原発問題 災害対策 意見 場合 海外 敷地 大地震 政治 調査 高い放射線量 分かっ 地方 行動 一部 経験 今後 被災地 初動 役割 発表した 予想 言われて 東日本大震災で被災 大津波 操作 汚染水 トラブル 総理 起こっ 示した 近づけ 工場 細野豪 維持 期待 現状 直後 解決 実現 原子炉建屋 被災者 ドイツ 周辺 上昇 中央 0キロ 人体 なければならない コメント 想定 責任 枝野幸男官房長官 発言 不足 これ以上 検出され 与える 明らかにした 冷やすため 当然 鎮静 毎時 不安 トンネル 首相補佐 監視 大きい 発生する 100 装置 放射性物質を含む汚染 住民 審議官 当局 実態 原子炉圧力 起きた 重大 協議 福島原発事故 地点 経産 体質 思って 西山 表明 語った 行われ 分析 濃度汚染 0メートル 大統領 実験 時期 電話 分からない 支持 藤野基文 破壊 具体 事前 28 する必要 検出された 少なくとも 段階 25 14 メーカー 思います 調整 一方 本来 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官 原子力災害対策 放出され 能力 見解 県内 燃料棒の損傷 0ミリシーベルト 巨大地震 半径 着手 委員長 溶融 福島第原発1 冷温停止 中略 出来 福島第1原発の事故 海水を注入 通報 格納容器内 容器内の水位 蒸気 程度 遠隔 3月11 難航して 代表 必要がある 隠蔽 号機の原子 開始 東京電力福島第一原子力発電所 指摘され その結果 大切 損傷して 適用 機材 スリー 細野豪志首相補佐 自然 処置 12 教訓 事例 工程 与党 日本政府 海江田 皆様 言及 世界最大 対応 風評
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.025 0.153 0.561 0.012 0.538 0.142
    やや強いやや強いやや弱い比較的強い弱い非常に強い
    total 75710.39999997642

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発