13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    武藤栄

    ニュース 関連語 原子力発電所 プルトニウム 経済産業省 枝野幸男 福島第一原発 ベクレル 清水正孝 吉田昌郎
    0 . 1 .
  • ○■ 武藤栄

  • ○■ だが、喜ぶのはまだ早かった

  • ○■ 「日当四十万円出すから来ないか」

  • ○■ そして東電が第1原発からの撤退を検討していることを聞きつけると15日午前4時15分、東電社長の清水正孝を官邸に呼びつけた

  • ○■ 東京電力福島第1原発の1~4号機で放射能を帯びた水がタービン建屋の床にたまっていることが明らかになった

  • ○■ 東電関係者は、これまで全面撤退の申し出を否定している

  • ○■ 東京電力福島第1原発事故直後、政府の現地対策本部長を務めた池田元久前経済産業副大臣は、3月11日の事故発生から5日間を記した覚書を明らかにした

  • ○■ を巡り、東京電力と経済産業省原子力安全・保安院の27日の発表は大混乱した午前11時前に保

  • ○■ を続けるということです済産業省の原子力安全・保安院は「検出されたプルトニウムは通常、環境中に

  • ○■ について、東電は「放射線量が着実に減少傾向となる」としたステップ1の達成を7月中旬、冷温停

  • ○■ めて浮き彫りとなった会見した東電の武藤栄副社長は「これまで、説明してきた中身が、 現場が

  • ○■ の土壌から、プルトニウム239、240を検出した このうち、二カ所

  • ○■ での実現を目指す 1〜4号機で見つかった汚染水は5月1日現在で計9万2000立方

  • ○■ 5倍に浪江町 毎日新聞 3月29日(火)19時31分配信 文部科学省 は29

  • ○■ 定外』は言い訳」東電の武藤栄副社長は25日の会見で「連動地震による津波は想定していなか

  • ○■ が被ばくしたことについて、東京電力の武藤栄副社長は「心配をかけて大変申し訳なく思っている安全確保

  • ○■ 始めたものの、およそ20分後の午後7時25分に停止し、菅総理大臣の指示などを受けて、午後

  • ○■ 2号機から西北西500メートルにあるグラウンド付近と固体廃棄物貯蔵庫前の2カ所で238を最大0.

  • ○■ 内の土壌5カ所全てでプルトニウムを検出したと発表しました このうち2カ所は

  • ○■ 3号機の水について東電や経済産業省原子力安全・保安院は25日、原子炉から燃料の一部が漏れ出

  • ○■ 武藤栄副社長は二十八日深夜の会見で「大変申し訳ない引き続きモニタリング(

  • ○■ た東電社員から 「首相の了解が得られていない」との連絡が東電本店にあったため、 本店と原発

  • ○■ 水の状況を含め継続的に調査するよう東電に指示した 1~3号機のター

  • ○■ 少なかった人の健康に影響を与えるものではない”と述べた 平田氏の発言は、日

  • ○■ 検出した国内で通常検出される土壌の238は最大で〇・一五 ベクレル で、今回の事故で放

  • ○■ し訳ない 引き続きモニタリング(測定)すると陳謝した 東電によると21日

  • ○■ うち、二カ所で238が土壌一キログラムあたり、0.54ベクレルと0.18ベクレルを検出した

  • ○■ で「損傷を受けた燃料から出てきた可能性がある」とした 放射性ヨウ素やセシウ

  • ○■ は、高濃度汚染水について「(海などに)とにかく絶対に出さないようにする」と述べた以上…写真を見てて

  • ○■ と述べたその上で、「通常の環境土壌中の濃度レベルであり、人体に問題となるものではない」と述べた

  • ○■ 、二十二日に採取した1、2号機の排気筒周辺など敷地内五カ所の土壌から、 プルトニウム 239

  • ○■ トレンチの立て坑では、高濃度の放射性物質を含んだ水があと十センチであふれる状況だという このため、土のうなど

  • ○■ 員被曝(ひばく)事故で、経済産業省原子力安全・保安院や東電は25日、被曝の原因となった水たま

  • ○■ いる、大変深刻だと述べ、第一原発の炉心溶融が原因との見方を示した 東京電力は敷地内で

  • ○■ 21日から翌日にかけて、福島第一原子力発電所の敷地内の5か所で土壌を採取し、外部の専門機関で

  • ○■ 『東京電力は28日、福島第1原子力発電所の敷地内の土壌5カ所からプルトニウムを検出したと発

  • ○■ 阻止しないといけないと述べ、注水量を減らす中で原子炉の温度が上がらないようにする努力が必要だとしている プルトニウムとは、原

  • ○■ 」と述べた東電によると、検出されたのはプルトニウム238、同239、同240の3種類同社が

  • ○■ ニウムの測定を続けるが、政府としても敷地外の周辺地域で測定を検討する考えを示した 東電の武藤栄副社長は

  • ○■ 状況だという このため、土のうなどを積んで海に流れないよう応急的な措置を取ったとのこと 2、3号機の水位

  • ○■ 239、240に比べて、原子炉の中で生成する238の割合が高い同社の武藤栄副社長らは、

  • ○■ の燃料などに含まれており、今回検出されたものがどの号機から放出されたかは分からないという 東電などは、深刻な

  • ○■ 最大で0.15ベクレルで、今回の事故で放出された可能性が高いと指摘した ただ、レベルが低

  • ○■ 高いと指摘した ただ、レベルが低く「人体に影響はない」としている 福島第一原発では、3

  • ○■ る東電の武藤栄副社長らは、「238は今回の事故に起因すると思われる」としている なぜ3号機の外壁際

  • ○■ 対策を検討中だそうだ1~3号機で立て坑の扉がなくなっていた 経済産業省原子力安全・

  • ○■ るよう東電に指示した1~3号機のタービン建屋地下のたまり水については、東電は1号機で原子炉から出た蒸気を冷やして水に戻す「復水器」に回収する作業を行い、水位低下を確認したという 原子炉

  • ○■ 影響はない」としている福島第一原発では、3号機でプルトニウムとウランの混合酸化物(mox)燃料を使うプルサーマル発電が行われていた プルトニウムは、他号

  • ○■ 3月29日 夕刊福島第一原発敷地内の土壌から放射性物質のプルトニウムが検出された問題で、枝野幸男官房長官は二十九日午前の記者会見で「燃料棒から出ているの

  • ○■ れたかは分からないという東電などは、深刻な原発危機の脱却に向けた復旧作業を予定通り続ける方針 1号機のタービン建

  • 藤栄副 東電 福島 原子炉 会見 号機 発電 経済 安全 放出 記者会見 注水 炉心 原子力安全 東京電力福島第 原子力安全・保安 原子力発電所 福島第 冷却 問題 指摘 核燃料 福島第1原発 影響 濃度 プルトニウム 東電の武藤栄副 経済産業省 福島第一 注入 結果 使用 事実 責任 作業員 状態 1号機 人体 検出され 発生 燃料棒 枝野 福島第一原子力発電所 復旧 清水正 検討 東京電力福島第1原発 容器 外部 一方 経済産業省原子力安全・保安 判断 吉田 津波 可能性 官房長官 事故 発表した 深刻 毎日新聞 圧力 見通 幹部 運転 検出された 管理 国会 物質 地下 生成 チェルノブイリ 使用済 可能 線量 放射性物質 排出 タービン建屋 周辺 国内 現在 直人 今回の事故 懸念 冷やす 28 今回 述べた 一部 以上 方針 採取 予算 行われ 枝野幸男官房長官 溶融 第一原発 認識 半減 当初 細野豪 海水注入 首相補佐官 技術 担当 統合 吉田所長 キログラム 非常 記事 当時 性がある 東京電力の武藤栄副社長 分配信 本社 一定 東京電力福島第一 土壌から 損傷 メートル 防止 原子炉内 蒸気 なければならない 緊急 場合 中断 吉田昌郎 第原発 貯蔵 原子力安全委員 示した 続ける 震災 明らかにし 安定 水位 格納 了解 3号機 福島第一原発 東京電力福島第一原子力発電所 対して 日本 語った 入った プルトニウム23 原子力発電所の敷地 以下 不信 過去 水器 連絡 抑制 日夜 死者 要請 産経新聞 たと発表 タービン建屋の地下 タービン建屋地下 損害 放出された 高濃度 水蒸気 ベント 同社の武藤栄副社長 水素爆発 可能性がある 27 29 26 具体的 半減期 16 県内 分野 放射線量 測定 判明 検出した 清水正孝社長 把握 安全神話 大幅 水について 使用済み核燃料プール プルトニウムが検出された 復旧作業 初めて 敷地外 濃度汚染水 危機 直後 17 原発事故 東電によると 釈明 政府 2号機 発言 継続的 いる可能性 原子炉を冷やすため 採取した 質問 以降 原子炉の温度 明らかにした 現場 事故発生 分かった たと発表した 健康 細野豪志首相補佐官 海江田万里経済産業 地域 高濃度の放射性 福島第1原子力発電所 確認され 話して 239 完全 予想 238 原爆 人体に影響 実際 プルトニウム239 ウラン燃料 相次 株主 放射性物質を含んだ 排気 時間 表明 原子力発電所敷地内の 阻止 必要 溶融した 固体廃棄物 影響はない 圏内 東京電力福島第1原発の事故 考えを 撤退 合意 容器内 から放射 向けた 1~3号機のタービン建屋 再建 体質 露出 思います 説明した 性があると 謝罪 学者 ステップ 避難 東電本店 1号機のタービン建屋 最後 申し訳ない 表面 ヨウ素やセシウム 統合対策 取材 プルトニウムを検出たと発表し 月日 号機タービン建屋の 転換 ベクレル 思って 正しい 確保 レベル 号機では 福島県内 東電の武藤栄副社長 高濃度汚染水 月程度 程度 時25 原発の吉田昌郎 今回検出された 深夜 議員 市内 含まれて 明らかになっ 見方を示した 専門 格納容器内 人々 存在 訪問 思われる 東日本大震災 hellip
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.020 0.137 0.565 0.012 0.548 0.162
    僅かに強い僅かに強いやや弱い比較的強い弱い比較的強い
    total 48711.59999999507

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発