13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    プルサーマル発電

    ニュース 関連語 プルトニウム 号機福井 経済産業省 プルサーマル 高速増殖炉 福島第一原発 九州電力 MOX燃料
    0 . 1 .
  • ○■ プルサーマル発電

  • ○■ それでも水温が88度で、高い状態

  • ○■ 原発事故は、自然災害だけでなく、誤作動などの人為ミスやテロ攻撃なども 考えられるし、小さな事故が多発しているので、 我々とメディアの関心にかかっている

  • ○■ 内訳は1号機周辺で2万500トン、2号機で2万5千トン、 3号機で2万2千トン、4号機で2万トン

  • ○■ ・・・地震と津波の本当の影響が今でも不明???・・・

  • ○■ プルサーマル発電の3号機からプルトニウム出てくるって危険性は無いのかしら

  • ○■ 運転停止していても2-3年は発熱続ける燃料棒を冷却続けなければならないので・・・ 原子炉圧力容器〔高さ22m、厚さ16cm、鉄鋼製)と、 使用済み核燃料プールに、最初は垂れ流し状態で注水していた

  • ○■ 水も放射性物質による汚染は比較的小さいとみられている ・・・ 地震と

  • ○■ の土壌から、プルトニウム239、240を検出した このうち、二カ所

  • ○■ の状況を含め継続的に調査するよう東電に指示した 1~3号機のター

  • ○■ 電用タービンを起動し、プルトニウム・ウラン混合酸化物(mox)燃料を使ったプルサーマル発電を始めた発電された

  • ○■ 、 福島第1の3号機はプルトニウム・ウラン混合酸化物(mox)燃料を使ったプルサーマル発電だもしこ

  • ○■ 波対策として、 4号機の原子炉建屋の燃料プールの耐震補強工事 を 7月末 をめどに終えることも明らかにした

  • ○■ にしてある が、4号機のタービン建屋(たてや)の高濃度汚染水水位上昇は・・・、 3号機タービン

  • ○■ ている ・・・地震と津波の本当の影響が今でも不明???・・・ 2号機立て坑 の

  • ○■ 検出した国内で通常検出される土壌の238は最大で〇・一五 ベクレル で、今回の事故で放

  • ○■ り、 格納容器 (厚さ3m) の上部のどこかが破損していないのか??? 4/29::

  • ○■ 屋(たてや)周辺に撒き散らされたり、流れ出ていた 原子炉建屋(たてや)

  • ○■ し訳ない 引き続きモニタリング(測定)すると陳謝した 東電によると21日

  • ○■ うち、二カ所で238が土壌一キログラムあたり、0.54ベクレルと0.18ベクレルを検出した

  • ○■ いて「慣習」だったと言いますから、呆れてしまいます管理・監督する立場にあ

  • ○■ -- 「地震/原発」カテゴリの最新記事 核。基地六ケ所村/原爆製造に直結する技術/

  • ○■ 、二十二日に採取した1、2号機の排気筒周辺など敷地内五カ所の土壌から、 プルトニウム 239

  • ○■ トレンチの立て坑では、高濃度の放射性物質を含んだ水があと十センチであふれる状況だという このため、土のうなど

  • ○■ いる、大変深刻だと述べ、第一原発の炉心溶融が原因との見方を示した 東京電力は敷地内で

  • ○■ 5/1::東京電力は、福島第1原発 5、6号機のタービン建屋のたまり水 を、 建屋外

  • ○■ 阻止しないといけないと述べ、注水量を減らす中で原子炉の温度が上がらないようにする努力が必要だとしている プルトニウムとは、原

  • ○■ ニウムの測定を続けるが、政府としても敷地外の周辺地域で測定を検討する考えを示した 東電の武藤栄副社長は

  • ○■ 状況だという このため、土のうなどを積んで海に流れないよう応急的な措置を取ったとのこと 2、3号機の水位

  • ○■ 、6号機は冷温停止中で、原子炉を冷却する機能が動いている たまり水も放射性物

  • ○■ 最大で0.15ベクレルで、今回の事故で放出された可能性が高いと指摘した ただ、レベルが低

  • ○■ の燃料などに含まれており、今回検出されたものがどの号機から放出されたかは分からないという 東電などは、深刻な

  • ○■ 高いと指摘した ただ、レベルが低く「人体に影響はない」としている 福島第一原発では、3

  • ○■ の高濃度の汚染水 を、 集中廃棄物処理施設 に移す作業も続いた 東電は、1〜4

  • ○■ 号機で2万5千トン、 3号機で2万2千トン、4号機で2万トン ●4月●

  • ○■ 高濃度汚染水水位上昇は・・・、 3号機タービン建屋(たてや)から流入している可能性がある 3号機プルサーマル

  • ○■ てや)の水位が上昇し、 1ヶ月前と比べて 汚染濃度が約250倍! 例えばセシウム137などが8,000ベクレル前後の数値 4号機の燃料プー

  • ○■ 立て坑周辺の汚染水が、 計8万7500トンに上るとの推定を4月30日に公表 内訳は1号機周辺

  • ○■ 、気圧が低下しているので、 注水量を毎時10トンから、6トンに戻した ということは、やはり

  • ○■ ビン建屋のたまり水 を、 建屋外の仮設タンクに移送するこの日は500トンを

  • ○■ なことしか言わないでいるから、 原発事故の本当の深刻さが伝わってこない そこで・・・ ほ

  • ○■ 対策を検討中だそうだ1~3号機で立て坑の扉がなくなっていた 経済産業省原子力安全・

  • ○■ るよう東電に指示した1~3号機のタービン建屋地下のたまり水については、東電は1号機で原子炉から出た蒸気を冷やして水に戻す「復水器」に回収する作業を行い、水位低下を確認したという 原子炉

  • ○■ 坑の扉がなくなっていた経済産業省原子力安全・保安院は地下水の状況を含め継続的に調査するよう

  • ○■ 3月29日 夕刊福島第一原発敷地内の土壌から放射性物質のプルトニウムが検出された問題で、枝野幸男官房長官は二十九日午前の記者会見で「燃料棒から出ているの

  • ○■ 影響はない」としている福島第一原発では、3号機でプルトニウムとウランの混合酸化物(mox)燃料を使うプルサーマル発電が行われていた プルトニウムは、他号

  • ○■ れたかは分からないという東電などは、深刻な原発危機の脱却に向けた復旧作業を予定通り続ける方針 1号機のタービン建

  • ○■ 破損などの恐れがある原発敷地内はむろんのこと、警戒区域など原発近くでは、 もともと自然界にある放射線量より多い放射性物質が漏れ続けられる ○ (推定:1

  • ○■ たり、流れ出ていた原子炉建屋(たてや)が破損しているから・・・ 燃料プールで発生した汚染蒸気が今も大気に放出され ている 今後も格納容器(厚

  • ○■ 位低下を確認したという原子炉を冷やすために注水を続ければ、たまり水が増える可能性が高い 枝野官房長官は、原発

  • 号機 原発事故 福島第 核燃料 ウラン 安全 推進 原子炉 影響 日本 福島第一 必要 混合酸化 物質 放射性 判断 稼働 可能性 原子力安全 考える 予定 技術 玄海 使用済み核燃料 情報 起こし 放射性物質 発表 作業 高速 表明 以上 深刻 確認 現在 会見 濃度 状態 東日本 自分 開始 国内 放出 説明 世論 稼動 経産 要請 委員会 事実 海江田 注水 経産相 圧力 毒性 レベル 保安院 記者会見 爆発 想定 建設 地震 今後 蒸気 危機 土壌 検討 立場 廃棄 混合酸化物 安定 温度 脱原発 最大 原子力安全・保安 検出 結果 不安 ベクレル 低下 燃料棒 方針 メール 実際 示した 大きく 定期検査 問題 水素 破損 被曝 格納容器 線量 大気 ミリシーベルト 専門 今回 東電 機能 言及 従来 思って 重要 対して プルトニウム・ウラン混合酸化 指摘 圧力容器 地元 存在 高濃度 溶融 危険 危険性 原発から 当たり タービン建屋 マスコミ 規制 各地 炉もんじゅ 検出され 多くの 巨大 言われ 東京電力 放射能 経済産業省原子力安全・保安 大量 古川 原発敷地内 企業 東京電力福島第 支援 流出 注水量 政治 求める 運動 佐賀県玄海 排出 動員 四国電力 キログラム 各社 背後 減らす 以下 サイクル 踏まえ 混合酸化物mox 県知事 放射能汚染 求めて 再利用 中断 数値 経産省 県内 半減期 大臣 止める 電源 場合 号機のタービン建屋 29 素人 高速増殖炉もんじゅ 000 含まれ 広がっ 宣言 100 資料 当初 維持 世界 放出され 例えば 主催 思います 現地 炉心溶融 3号機 関して 2号機 県議会 住民説明 号機タービン建屋の 評価 安全委員 程度 海江田経産 退避 提起 チェルノブイリ 第三者 流入 遠隔 水素爆発 非常 柏崎 環境 中立 老朽 プール 社会 専門家 上がっ ポンプ 勉強 確認され 東芝 人体 枝野 注入 気圧 混合酸化物mox燃料 玄海原子力発電 原子力安全・保安院 水位 海水 以前 原子炉冷却 人間 日本政府 行われて 循環 明らかにし やらせメール 00トン 生成され 既存 東海 拡散 活断層 冷却 吸収 愛媛 事故を起こし 撤退 主要 核燃料サイクル 毎時 原発事故の影響 抵抗 期限 原発の安全 調査する 防止 ロシア プルトニウムとウラン 異なる mox燃料 通して 言えば 1号機 整備 土壌から 信頼 比較的 する可能性 高濃度汚染水 静岡 燃料を使うプルサーマル 被害 再稼動 発生 原子力施設 佐賀県玄海町 レベル放射性廃棄 理解 実用化 ストレス 比べて その結果 原子力安全委員 様々 高い放射線量 地域 市内 状況 原発政策 本格 炉圧力容器 高レベル 改めて 可能性がある 600 被災地 事件 分かっ プルトニウム・ウラン混合酸化物mox 号機の格納容器 指摘されて 報告書 500 周辺地域 受けて 経済産業省原子力安全・保安院 冷やすため
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.023 0.142 0.548 0.013 0.530 0.166
    total 53354.49999999159

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発