13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    班目春樹

    ニュース 関連語 民主党 原子力発電所 放射線 菅直人 福島原発 海水注入 福島第一原発 原子力安全委員会
    0 . 1 .
  • ○■ た 共同通信が前日夜、「安全委が専門家の現地派遣行わず防災計画、不履行」という記事を配信 全国紙や地方紙が17

  • ○■ によがる海水注入についても「報告が上がっていないものを『やめろ』とか『やめるな』というはずがない」と述べた が、海水注入の2時間半も前に、東電か

  • ○■ う ――菅直人首相に「再臨界の危険性がある」とは言わなかったのか 「私の方から申

  • ○■ 産相も24日の同委で「もし海水注水をやっていることが分かっていれば継続になった」と説明した 首相が3月12日

  • ○■ 伝えられていなかったとすれば、首相官邸の危機管理体制は全く機能していなかったことになる 一方、原子力安全委員会

  • ○■ )を行うと発表したが、経済産業省原子力安全・保安院は6月、定期検査中の原発は「安全」と宣

  • ○■ び ているのか分からず、私たちは不安にかられながら作業を続けていましたしかもapdは設定された

  • ○■ のがありました今現在は大分、楽になりましたが、時折差し込む激痛は相変わらずです mixiチェック シェ

  • ○■ 状況での作業にもかかわらず、東電の対応は、かなりズサンなものだった‥「普段は、『apd

  • ○■ 分間中断したとされる問題で、東京電力が、海水投入の3時間以上前の3月12日午後3時20分ごろ、経済産業省原子力安全・保安院に海水注入する旨を事前報告していたことが24日、分かった首相らが海水注入の

  • ○■ なかった」と答弁しており、政府説明にまたも矛盾が浮上した 複数の政府筋や関係

  • ○■ が目の当たりにしたのは、想像を絶する凄まじい現実です」福島第一原発で働き始めて7年になるという30

  • ○■ ある」と述べた 一方、原子力安全委員会の班目委員長は、「再臨界の可能性が出てきたなどと、言

  • ○■ 相の指示だったのかどうかや、原子力安全委員会の班目春樹委員長(63)の首相への助言を巡り、衆院東日本

  • ○■ 別措置法15条に基づき、午後3時20分ごろ、原子力安全・保安院に「準備が整い次第、炉内に海水を注入する予定である」と記したファクスで報告し、午後7時4分に注入を開始した 東電の清

  • ○■ 海水注入の準備を決め、午後2時50分ごろに注入実施を決定原子力緊急事態でただちに首相

  • ○■ まじい現状を知らないのに、よく安易に『安全だ』なんて言えるものだと11.04.16 ★日

  • ○■ の映像を流していますが、ひどさはあんなものではありません水素爆発を起こした1号

  • ○■ 、事故後の対応については、「現場は最大限のことをしている人災うんぬんと口にするつも

  • ○■ 島第一原子力発電所事故について、「まさに人災だ」と述べ、国や東電の安全対策に落ち度があったとの認識を示した 理由とし

  • ○■ になった」と説明した首相が3月12日午後6時から首相官邸で開いた海水注入に関する会議には保安院幹部も出席しており、首相らが東電からの通報を知らなかったとする説明は極めて不自然だといえる しかも首

  • ○■ またも矛盾が浮上した複数の政府筋や関係者が明らかにしたそれによると、東電は3

  • ○■ ったとの認識を示した理由として、「津波が想定を超えたからといって、第二、第三の防護手段がないといけないそういう手段を講じていな

  • ○■ 分に注入を開始した東電の清水正孝社長も5月2日の参院予算委員会で海水注入指示の時間を「真水停止(午後2時53分)の前だ」と証言注入中断についても東電は

  • ○■ 別の問題になってしまう原子力安全委員会の班目春樹委員長は、この件に関する共同通信の書面質問に対して

  • ○■ 能していなかったことになる一方、原子力安全委員会の班目春樹委員長は24日の衆院特別委で、海水注入中断について「『再臨界の可能性があるから注水はやめた方がいい』とは絶対に言っていない『再臨界の可能性

  • ○■ った」と説明していたこれに対し、首相は23日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、海水注入中断について「私が止めたことは全くない」と関与を否定東電による海水注入について

  • ○■ 東電は海水注入を事前報告菅首相「報告はなかった」と矛盾(※リンクをクリックすると別画面が開きます

  • ○■ 作業に取り掛かったa氏だが、妙なことに気づくパラパラと、白い小さ

  • ○■ った‥「普段は、『apd』と呼ばれる警報付き放射線測量計の携帯が全員に義務づけられているのですが、今回は違いました何と、10人に1人

  • ○■ を続けていましたしかもapdは設定された放射線量を超えると警報が鳴る仕組みになっているのですが、その設定値が通常なら0・03ミリシーベ

  • ○■ よく見ると灰なんです2号機からは絶えず白煙が上がっていたので、中で何かが燃え続けていたのでしょう雪と勘違 いしたのは、

  • ○■ 放射線量の強烈に高い2号機からの粉塵だったのかもしれませんまさに 〝死の灰〟

  • ○■ せん水素爆発を起こした1号機や3、4号機の鉄筋はぐにゃりと曲がり、まるで爆撃を受けたようです鉄筋の直径は20cm近

  • ○■ 足りない』の一点張り1m離れていれば、放射線量がまったく違うような現場です自分たちがどれほどの放射線

  • ○■ めて7年になるという30代の男性a氏は、同所で受けた衝撃を抑えられない様子で語った‥「『何だこれは・・

  • ○■ は違いました何と、10人に1人しかapdを渡されないんです担当者は『数が足りな

  • ○■ 設定値が通常なら0・03ミリシーベルトなのに、今回は2.5ミリシーベルトだったんです明らかにおかしい‥私たち

  • ○■ .25 01:30)--------------------------------------------------------------・・・結

  • 春樹委員 福島第 班目春樹委員長 政府 委員会 首相 原子力安全委員会 安全委員会 安全委員会の班目春樹委員長 原子炉 原子力安全委員会の班目春樹委員長 判断 東京電力福島第 官邸 可能性 保安 燃料 号機 会見 想定 菅直人首相 発生 臨界 指示 関係 危険 衆院 特別 日本 水素 否定 責任 第一 被災 発表 復興 現場 放射線 政権 明らか ベント 注水 一部 対して 会議 原発 冷却 今回 枝野幸男官房 避難 再臨界 機関 予算委員 非常 設計 証言 理由 実際 結果 格納 最悪 原子力安全・保安 建屋 総理 特別委員 第1原発 野党 東大 指摘 述べた 報告 派遣 重大 強調 核燃料 燃料棒 福島第一原子力 テレビ 一刻 言葉 復興特別委員会 優先 東京電力福島第一原子力 疫学 一時 継続 経産 首相補佐 細野 検証 質問 参院 注入 事故 関連 規制 議論 考えて 東日本大震災復興特別委員会 被害 複数 中断 一方 取材 状態 計画 明らかに 汚染 国会 説明 菅首相 現地 見直 関する 内容 衆院東日本大震災復興特別委員会 炉内 示した 海水を注入 対する 対処 00 参院予算委員会 考慮 斑目委員 起きて 事故発生 事実上 懸念 分かった 活動 上がって 福島第1原子力発電所 東電 温度 東京電力福島第1原発 当初 への海水注入 大気 福島第一原発 内閣府原子力安全委員会 海江田万里経産 記者会見 安定 喪失 問題 系統 語った データ 影響 視察 圏内 問われ 名誉 飯舘 国際 防災 原発から 経済産業省原子力安全・保安 避ける 高まっ 海外 専門 世界 最大 謝罪 以降 徹底 以来 委員会委員長 再臨界の危険 年月 数値 被災地 枝野幸男官房長官 地域 出席 受けて 検出され 電源 防護 注入する 統合対策 京都大学 所管 批判 再臨界の可能性 同委 周囲 事前 思って 速やか ヘリコプター 疑問 証人 異常 想定外 福島第1原発事故 設置 解決 破損 段階 細野豪志 発表した 大変 要請 時20 不自然 木田 小山田 久木 人たち 言われて 22 する必要 注目 知らない 運転 能力 明らかにした 時点 原子炉格納 定例 ている可能性 自民党の谷垣 徹底的 日の参院 原子力安全委員会委員長 想定して 正しく 代表 同日 言ってい 海水注入中断 出ている 班目春樹原子力安全委員 東京電力福島第1原子力発電所 認識して 話題 連絡 水素爆発 起こって 難しい 基づき 谷垣禎一 仕方 原子力安全・保安院 福島県 東京電力福島第一原子力発電 完全 原発を視察 翌日 助言 予断 日の参院予算委員会 相当 大学院工学系研究 期待 アドバイス 対応について 起こる 追及 危機的 開始 知見 定めた 内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長 放射線量 緊急事態 統合対策室 大事故 推進して 非常用ディーゼル発電 思います ファクス 班目委員長 社民党 放射能汚染 公表 否定した 安全規制 危機管理 指摘した タービン 圧力 次第 子供 起こした 知って 第二 意見 何度 厳しい 11 000 直後から 小出裕章 通常 勧告 認識してい
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.025 0.154 0.555 0.014 0.525 0.150
    僅かに強い僅かに強いやや弱い強いやや弱い極めて強い
    total 81176.49999997651

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発