13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    圧力容器

    ニュース 関連語 メルト 原子力発電所 放射線 チェルノブイリ 福島原発 福島第一原発 放射能物質 汚染水
    0 . 1 .
  • ○■ ことを極力抑えることであるこれを達成することは極めて困難な仕事であるが、これを達成できなければ事故の

  • ○■ ) ○4/26:: 4号機 のタービン建屋(たてや)の水位が上昇し、 1ヶ月前と比べて 汚染濃度が約250倍! 例えばセシウム137などが8,000ベクレル前後の数値

  • ○■ に、 溶けた燃料が落ちて微粒子化しているのではないか」とみる 核燃料が冷却できていな

  • ○■ 報の精査は必要だが、菅総理・政府・東電には情報隠ぺいの事実が過去に有り信用は無い!

  • ○■ あり、溶接部は弱い経済産業省 原子力安全・保安院は30日の会見で「制御棒を出し入れする

  • ○■ は、ピットから高濃度の放射性物質に汚染された水が2日に確認されてから6日に止まるまで海に

  • ○■ 小さくなるし その後、圧力容器と格納容器の間に水を満たして建屋全体をコンクリートで

  • ○■ メーリングリスト(毎日放送ラジオ「たね蒔きジャーナル」を永岡さんがまとめて松元さんが配信して下さって

  • ○■ ておらず、(放出量は)チェルノブイリ原発事故に匹敵、または超える懸念がある」との認識を示し

  • ○■ 、コンクリート圧送車で水を補給後、燃料棒の露出は収まったとされていたのでは? それなのに、爆発前日の84℃を上

  • ○■ ではダメなのです放射能管理の出来るところが要るのです放射能汚染された瓦礫の処

  • ○■ 人同原発1〜3号機について田中氏らは「燃料の一部が溶けて、原子炉圧力容器下部にたまっている現在の応急的な冷却では

  • ○■ 水素が外側の格納容器内に漏れ出ている可能性が高い水素の濃度が4%以上

  • ○■ 水蒸気が配管の継ぎ目などから押し出されて外に漏れてしまうため、慎重に作業を進めている

  • ○■ 公表するのだろうメルトダウンとは原子力発電所で使用される原子炉炉心にある核燃料が過熱し、燃料集合体または炉

  • ○■ てくる大量の放射能を閉じ込めるのは極めて困難、と認める「私たちは事故の推移

  • ○■ 院によると、燃料の大半が溶融して圧力容器の底にたまっているとみられる東電は、圧力容器の温度

  • ○■ ある「未 臨界 状態」になった後に、 何らかの原因により再び 臨界 になることである「再 臨界 状態」

  • ○■ 共生すればいいだけ)!「甘ちゃん アマチュア探偵団」より抜粋しています東仙坊のプロファイリングを

  • ○■ ってしまう」と警告また、3基の原子炉内に残る燃料は、チェルノブイリ原発事故をはるかに上回る放射能があり、それをすべて封じ込める必要があると指摘した一方、松浦氏は「原

  • ○■ 余熱でプールが沸騰し、露出した燃料棒が過熱して被覆管が水と反応水素が発生して爆発、

  • ○■ んど変化しなかったそのため、水位計を調整したところ、燃料頂部から5メートル以上低いことが明らかになった燃料は長さが約4メー

  • ○■ 専門的英知と経験を組織的、機動的に活用しつつ、総合的かつ戦略的に取り組むことが必須である」として、国を

  • ○■ かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などによる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」提言は、水素爆発などで

  • ○■ に露出して溶け落ち、圧力容器下部に生じた複数の小さな穴から水とともに格納容器に漏れた可能性があると発表した東電は、この状態を「

  • ○■ は13日の記者会見で、原子炉や使用済み核燃料プールの冷却機能の復旧が難航している福島1

  • ○■ 破損するという研究報告を、原子力安全基盤機構が昨年10月にまとめていたことがわかった東電は報告書の内容

  • ○■ )は70%損傷しており、別の原子炉の核燃料棒は33%が溶融していることが分かった」と言い切った具体的な数字日本の経済産業省

  • ○■ 1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した 東電は、この

  • ○■ 力福島第1原発4号機で、使用済み燃料プールの水温が90度まで上昇していることが13日、東電の

  • ○■ 日本経済新聞 詳細は、リンクを参照して下さい -------

  • ○■ が100%外に出れば、チェルノブイリを超える可能性もある」と説明した(産経新聞)大量の放射

  • ○■ 納容器内に拡散・分布し、その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」「特に懸念されることは

  • ○■ は無人地帯にしないといけない、そこに汚染物の「墓場」にしないといけないとのことでしたそうしないとダメ、産廃処分

  • ○■ があると発表した東電は、この状態を「メルトダウン(炉心溶融)」と認め、格納容器ごと水を満たして冷やす「

  • ○■ 圧力容器内の水位について、「(燃料の)一定部分は溶けて下にあり、(水で)うまく冷やされている」との見解を

  • ○■ 担ってきた専門家が1日、「状況はかなり深刻で、広範な放射能汚染の可能性を排除できない国内の知識・経験を総

  • ○■ 器の温度も低いことから、「燃料は容器底部にたまった水によって冷やされている」と指摘した (201

  • ○■ 号機で2万5千トン、 3号機で2万2千トン、4号機で2万トン ●4月●

  • ○■ 水温が10度以上低下1.1気圧を維持しながら進めている が、注水と窒素注

  • ○■ 」であることを認めた東電は、圧力容器の温度は100〜200度と安定しているため、今後大きな事故に

  • ○■ にまとめていたことがわかった東電は報告書の内容を知りながら、電源喪失対策を検討していなかったことを認めている 国は2006年に

  • ○■ に放出され ている今後も格納容器(厚さ3m、コンクリートと金属製)の圧力が高まれば、 爆発を避けるために ベント (弁を開く)せざるを得ない恐れがある 大きな余震があれば

  • ○■ マイクロ シーベルト =1000ミリ シーベルト =1 シーベルト ということは、25日間

  • ○■ 推移・・・・・ (fukushima daiichi nuclear power plant) ○

  • ○■ 重ねてゆく)!to be continued... 「甘ちゃん アマチュ

  • ○■ に違いない 「uncharted territory(海図なき領域)」は、誰にとっても初体験の世界…

  • ○■ 斑目春樹委員長は、やはり6日の衆議院経済産業委員会で、「今回の事故を深く反省し、二度とこのようなことが起こらないよう指導していきたい」などと弁明に懸命だった●つまりこのトークにお

  • ○■ その放射線量が毎時1120ミリ シーベルト (??)で、原子炉建屋内で計測された線量としてはこれ

  • ○■ ンカーで対処すべき、40mの壁にどんな工事になるのか、ということで、1秒でも早く実現できる策がいるので、これは実現性の低いものなのです追い込まれた中ではダ

  • 原子 冷却 事故 汚染 福島 福島第 安全 放射性 事態 作業 政府 原発事故 容器内 保安院 号機 第一 原子力安全 注水 水位 可能性 想定 発電所 場合 外部 原子力発電所 対応 以上 委員 注入 国民 1号機 危険 破損 専門家 福島第一原発 結果 電源 非常 今回 燃料 露出 使用 事実 タービン建屋 大量 上昇 処理 損傷 説明 海水 現場 原子力安全・保安 原子力安全・保安院 計画 格納容器 設計 関係 発生 教授 記事 管理 いる可能 当初 窒素 研究 ミリシーベルト 周辺 東日本 部分 全体 復旧 起きる 規模 構造 プルトニウム 発言 12 福島第一原子力発電所 発表 震災 放射線 分かっ 地下 規制 公表 原子炉圧力容器 建屋内 調査 現実 懸念 循環 高濃度 ている可能 深刻 エネルギー 東京電力 区域 悪化 起こっ 汚染され 燃料棒 可能性がある 大半 必要 ウラン 崩壊 性がある 東京電力福島第 溶融 要請 放射能 溜まっ 本来 使用済 ジルコニウム 炉心 水蒸気爆発 首相 マスコミ 上がっ 基準 放射性物質 直後 2号機 指摘 核燃料棒 海外 毎日新聞 巨大 廃炉 チェルノブイリ原発事故 大きく 制御棒 継続 検出され 会見 高温 沸騰水 予想 長代理 核燃料 冷却装置 汚染水 経済産業省 同様 米国 漏れて 行動 原子炉格納容器 維持 起きた 容器から 今日 指示 数値 理由 実際 想定外 社長 午前 年月 思います 落下 大丈夫 保管 閉じ込める マイル 示した ロボット 言われ 我々 余震 午後 漏出 圧力抑制 名誉教授 会議 存在 仕事 関連 起きて 素人 小出 例えば 能力 爆発 スリー 困難 続いて 一時 漏れる 止まっ 汚染された ペレット 同時 プール 交換 発表した 供給 東電 今回の事故 底部 学者 内容 京都大学 冷却する 直人 損傷して 貯蔵 拡大 圧力容器や格納容器 水素爆発 以降 外側 混乱 準備 以来 呼ばれる 集中 100 圏内 容器底 想定して 学会 時期 省原子力安全・保安 圧力容器の温度 排水 リスク 問題 考えて 松本 不足 活動 ネット 配信 措置 立場 人災 原子炉建屋内 信用 考えられる 格納容器から 起こら 一般 言って 稼働 放出され 経済産業省原子力安全・保安 起こし 止める シナリオ 使用済み燃料 分かった 具体 冷やすため 現在 容器内の水位 下部 窒素注入 内の水位 知識 一体 推移 安定 大規模 冷却機能 する必要 優先 地球 自治体 疑問 着手 真実 半径 爆発の危険 微量 恐れが 石棺 明らかにし 述べた 一番 自身 原発1号機 関して 認めた 一方 関心 増やし 号機では 難しい 菅直人 謝罪 明言 メルトダウン 福島原発 000 作業員 軽水炉 毎時
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.155 0.560 0.015 0.535 0.151
    僅かに強い少し弱い少し弱い比較的強い弱い極めて強い
    total 242928.30000019132

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発