13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    ガンマ線

    ニュース 学術 科学 関連語 放射線 チェルノブイリ ヨウ素 福島原発 シーベルト 半減期 放射能物質 ベクレル
    0 .
  • ○■ ストロンチウム90が分解してできるイットリウム90も強力な放射線を出す

  • ○■ あの絵は、私が「岡本太郎」が怖くなくなったきっかけの絵です

  • ○■ ガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや 白血病 を引き起こす 恐れがあると考えられている

  • ○■ 2011年5月18日(水) mbsラジオの「たね蒔きジャーナルより

  • ○■ セシウムやストロンチウムと同じ核分裂生成物の一種

  • ○■ メールフォーム更新日 2011年5月18日(水曜日) ページid:008169 福島第一原発

  • ○■ ク より転載します ----------------------------------------------------------------

  • ○■ ガンマ線

  • ○■ チェルノブイリの事故の後、目立って多かったのは子供の甲状腺がんだった

  • ○■ 2011年4月 6日【水】 <原発最新情報&被災地リポート

  • ○■ ストンロンチウム90 が体内に入ると、血球を作るために必要なカルシウムと間違って診断されることがあります

  • ○■ チェルノブイリ原発事故 や核実験などでも飛散し、大問題となった

  • ○■ チェルノブイリ原発事故や核実験などでも飛散し、問題となった

  • ○■ ストロンチウムはベータ線だけしか出さないため、分析が難しい

  • ○■ た 誤ったことについて経済産業省原子力安全・保安院は4月1日、東電を厳重注意した>(毎日j

  • ○■ 中性子線、そして、塩素38(クロル38)の隠蔽です 小出裕章(京都大学助教

  • ○■ と似た性質があるため、体内に入ると骨などに蓄積し、 骨のがんや白血病を引き起こす恐れ

  • ○■ 3~260ベクレル、 ストロンチウム90は同3・3~32ベクレルだった■ストロンチウム原子番号

  • ○■ と骨などに蓄積ガンマ線よりも危険度が高いとされるベータ線を出し続け、骨のがんや 白血病 を引き起こす恐れがある大本営は相変わら

  • ○■ っていたことが分かっためて少ない量で健康に影響はないとはいうものの、次々と判明する悪い調査内容に

  • ○■ ブイリ原発事故 や核実験などでも飛散し、大問題となった ストロンチウム90が分

  • ○■ ロンチウム90は、ウランが核分裂するとでき、半減期は約29年 にわたるカルシウムと似た性質が

  • ○■ なった ストロンチウム90が分解してできるイットリウム90も強力な放射線を出す 半減期が長いだけに健康

  • ○■ では、空間放射線量の高かった福島県浪江町と飯館村の計3カ所を調べ、 ストロンチウム89は1キログラム

  • ○■ 分裂速度の速い細胞ほど放射線の影響を受け易いガン細胞にダメージを与

  • ○■ リアルタイムで放映している「ふくいちライブカメラ」も配信停止のままです 最悪の事態を考え

  • ○■ の「30キロ圏外」で、福島県内の土壌や植物から微量の放射性ストロンチウムを検出したと発表した今回の事故を受けた調

  • ○■ などが取り込んだものや、牧草を経て牛乳に含まれたものが体内に入ることもあるという チェルノブイリ原発事故

  • ○■ 「極めて少ない量で、健康に影響はない」と説明している空間放射線量の高かった福

  • ○■ 7であると発表しました2011 年4 月11 日、tepco は嫌々ながら福島原発はレベル

  • ○■ 、チェックを怠らない-------------------------------------------

  • ○■ ------------------------------------------------- ●事故現場からどのくらい近いと危険なのか?

  • 原発 原子力 安全 政府 汚染 半減期 場合 爆発 状況 問題 ストロンチウム 福島第 原子炉 アルファ チェルノブイリ セシウム 東京電力 情報 使用 水素 検出 数値 測定 地域 作業 ウラン 福島原発 小出 委員 東電 危険 専門 原子力安全 クロル 基準 世界 中性子線 含まれ 元素 同様 被害 発表 非常 リスク 死亡 臨界 被ばく 細胞 損傷 使用済 見つかっ 分析 タービン 保安院 教授 対応 思います 検出された 放射性 放出 処理 カルシウム 内容 受けた 転載 分かっ 一般 不安 単位 年月 専門家 地下 議論 起こっ 限界 確認 紹介 極微 先生 時点 事故 含まれて 大量 関して 場所 以降 変化 原因 以来 健康被害 ストロンチウム90 効果 以上 拡散 作用 透過 ヨウ素13 データ 福島第一原子力発電所 原子炉実験所助 発生 法律 電磁波 言って 自分 土地 私たち 時間 放射性物質 小出先生 クロル38 比較 最悪 白血球 被曝 見えない 地球 定期 秒間 影響 推進派 チェルノブイリ原発 分かる キログラム 法令 12 安定 行われて 現場 人体への dna コメント 付着 詳細 分布 安全委員 リンパ 持って 重要 牧草 理解 考えられ 作業員 浴びる ニュース 野菜 ネット なければならない 止まる 排出 絶対 採取 発表され 000 極めて 形成 区域 月日 から放出 起こす 蓄積 出して 考慮 高かっ 低下 結果 大幅 ベータ 指示 掲載 有効 放射性ストロンチウム 体内に入ると 測定器 事前 私たちは 材料 する必要 国際放射線防護委員 継続 改善 報告 発表して 読んで 原発事故 程度 現地 恐れがある 問い合わせ 分からない 決まっ 地球上 原子力安全委員 発生率 正直 危険度 飛び散って 方々 思われる 放送 検出されて 感謝 高いと 東京電力福島第 しなければならない 原子力安全・保安 難しい 完全 微量 可能 退避 確率的影響 時期 確定的影響 再臨界の可能 させていただきます 発表されて 科学的 以前 翻訳 普通 ベクレル ヨウ素131 最初 たと発表 事故を小さく 土壌 する必要がある 線量 今回 小さくなっ 出てき 基づい 白血病 何度 同じです 大気中 公表 放射線の影響 30キロ 福島原発事故 健康に影響 県内 与える マスコミ だと思います 思って 使われ 経って 汚染され 報道 認められて となっています 超えて 転載させていただきます エネルギー 関しては 分かった になっています ない状況 過去 以下 使用され 自然 言われ 分かってい 考えると 意味 掲載されて 示して 出来 人たち 影響はない 説明して 続いて 発表した 問題となった 発表してい 思いますが ものがあります はないでしょう ことになります されていますが とされています
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.149 0.556 0.017 0.527 0.176
    僅かに強い僅かに強いやや弱い僅かに強いやや弱い比較的強い
    total 53543.69999999255

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発