13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    炉心溶融

    ニュース 関連語 メルト 原子力発電所 放射線 福島原発 福島第一原発 放射能物質 原子力安全委員会 圧力容器
    0 . 1 .
  • ○■ 過去の原発の事故として、アメリカのスリーマイル島原発の事故や、旧ソ連のチェルノブイリ原発の事故が有名ですが、「レベル7」に相当する事故というのは過去チェルノブイリ原発事故しか無いのですよね

  • ○■ 会見で松本代理は、政府がチェルノブイリ事故と同じ「レベル7」と評価したことを問われ、「事故の様相が違うとはいえ、放射性物質の放出量という観点から見ればチェルノブイリに匹敵する、あるいは超えるかもしれない」と発言

  • ○■ 昨年10月 に は、原子力安全基盤機構 が、「 3時間半の電源喪失で炉心溶融の危険性がある 」と報告しているのに、 東電 は、この報告書を踏まえた対応をとっていなかったことを認めているという

  • ○■ ところが、今回調整した水位計で圧力容器内の水位を測定した結果、燃料の大半が露出している状態だったことが判明

  • ○■ 格納容器内にも水はあるため、漏出した可能性のある溶融燃料は冷やされて発熱しておらず、水素爆発の危険性は低いとみている

  • ○■ 原発事故の対応はまるでドタバタ劇を見ているようで、

  • ○■ 反対派の方が原子炉が冷却できなくなり炉心溶融が起こり、放射能が拡散する危険性はないのか?と問いただしても・・二重三重の冷却用の電源供給が確保されているので、限りなくそのような事態に陥ることはあり得ないと主張してこられました(絶対無いとは言っていませんが・・)

  • ○■ 3 月 12 日の時点でメルトダウンを認め左遷された、原子力安全・保安院の中村審議官は今どこに居るのでしょうか?

  • ○■ 東電では、過去3人の通産省(現経産省)obが顧問を経て役員についている

  • ○■ 福島第一原発事故の事故評価は既にチェルノブイリと並ぶ「レベル7」となった

  • ○■ 東電や政府が限定的な発表しかしないため、福島第一原発内部の詳しい状況はいまだに不明のままである

  • ○■ 追及しました経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地

  • ○■ に痛み、ただただ亡くなられた方々のご冥福をお祈りするばかりです私も一生懸命病気と闘

  • ○■ ュース, レポート)の福島第1原子力発電所の事故をめぐる損害賠償スキームを正式に決定したと発表

  • ○■ のニュースで国内初の「炉心溶融(メルトダウン)」が発生したと報道していましたので、前から国民は

  • ○■ ている」としている 格納容器内にも水はあるため、漏出した可能性のある溶融燃料は冷やされて発熱しておらず、水素爆発の危険性は低いとみている 経済産業省 原子

  • ○■ した・・ 反対派の方が原子炉が冷却できなくなり炉心溶融が起こり、放射能が拡散する危険性はないのか

  • ○■ 日本大震災」の衝撃 問われる危機管理なき「原発事故」の責任 福島第1原発で起きた事態は、チェリノブイ

  • ○■ 得た教訓です福島第一原発の炉心溶融による放射能汚染から100km圏内の人は、毎日オリゴ糖を25g

  • ○■ ている可能性もある」東電の松本純一原子力・立地本部長代理は12日の会見で、初めて「炉心溶融」の

  • ○■ 日までに1号機圧力容器内に計1万トン余りを注水現在も毎時8トンを

  • ○■ の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました311ハザール・テロには、

  • ○■ 部の溶接部から漏れ さらに格納容器から漏水しているとみている今回の事態を受け

  • ○■ の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露「この鉄塔は津波の及

  • ○■ 名誉教授(原子力工学)は「圧力容器の底の水に、溶けた燃料が落ちて微粒子化しているのではないか」とみる 核燃料が冷却でき

  • ○■ と水を満たして冷やす「冠水(水棺)」作業の見直しに着手した冷却作業に遅れが出るの

  • ○■ : 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1

  • ○■ この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しましたこれに対し原子力安全・

  • ○■ 数の小さな穴が開き、溶融燃料が格納容器に流出したとみられるという ただ、圧力容器下部

  • ○■ ートル 下とみられていたが、水位計を調整して測った結果、5メートル以下と判明 1号機原子炉の燃料が

  • ○■ 爆発の懸念も生じるが、宮崎名誉教授は「温度が低いのでそういう状況ではない」と、再爆発の可能性を否定している どこから?

  • ○■ 日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融

  • ○■ に露出して溶け落ち、圧力容器下部に生じた複数の小さな穴から水とともに格納容器に漏れた可能性があると発表した東電は、この状態を「

  • ○■ とみられるという ただ、圧力容器下部の表面温度は100~120度と比較的低く、東電は「燃料は(水に浸かって)冷却できている」としている 格

  • ○■ 能性は低いと見ているが、圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く、格納容器を水で満たす「冠水(水棺)」な

  • ○■ 島第一原子力発電所1号機で、原子炉内の核燃料の大半が溶融し、高熱で圧力容器底部が損傷した問題で、東電は12日、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると発表した溶融した燃料は圧

  • ○■ 1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した」というニュースが

  • ○■ 全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました海江田万里経産相は「外部電

  • ○■ 見直す必要がある」とし、保安院も「(燃料の)頂部まで水で満たすのは考えにくい」との見方を示した -------

  • ○■ 55%と推定していたが、今回は「溶けて(本来の)燃料棒としての形状を維持できていない」として燃料が完全溶融した可能性を否定していない 東電は、燃料を

  • ○■ れだしている可能性が高く、事故収束は難航が予想される 東電によると、10

  • ○■ があると発表した東電は、この状態を「メルトダウン(炉心溶融)」と認め、格納容器ごと水を満たして冷やす「

  • ○■ ていると見られ、東電は、この状態が、核燃料の「メルトダウン(炉心溶融)」であることを認めた 東電はこれまで、燃

  • ○■ スが流れ、東京電力は、この状態がメルトダウン(炉心溶融)であると認めたようですね東日本大震災が発生してから

  • ○■ 作業に取り組んでいるが、「3千トン以上の水がどこかにいっている」(東電)状況といい、圧力容器下部

  • ○■ 圧力容器内の水位について、「(燃料の)一定部分は溶けて下にあり、(水で)うまく冷やされている」との見解を

  • ○■ 」であることを認めた東電は、圧力容器の温度は100〜200度と安定しているため、今後大きな事故に

  • ○■ より深刻だった 桜井淳さくらい・きよし技術評論家1946年群馬県生まれ東大理学博士 #福島第1原発で

  • ○■ NULL yomiuri online からの引用『福島第一原子力発電所1号

  • ○■ 】部分を転載します----------------------------------------------------------------

  • 原子炉 福島 福島第 発電 保安院 原子力安全 東京電力 発表 号機 汚染 圧力 核燃料 今回 水素 指摘 電源 政府 津波 対応 対策 想定 完全 影響 記事 状況 現在 原子力安全・保安 明らか 濃度 技術 大震災 ニュース メルトダウン炉心溶融 以下 収束 起こり 今後 注水 装置 結果 産省 東電 経済産業 説明 放射能汚染 確保 省原子力安全・保安 12 予想 東日本大震災 第1原発 否定 自分 機能 官房 外部 原因 漏出 検出 考えて 電力会社 大量 マスコミ 国会 漏れて 落下 民主党 起こっ 言葉 能力 東京電力福島第 メディア 事故 認めた 被災 核兵器 冷やす 関連 福島第一 無視 福島第一原子力発電 原子炉圧力容器 会見 リスク 不安 最初 水位 巨大 非常 温度 損傷 福島第一原発 直後 圧力容器 経産 調整 容器 判断 崩壊 最大 職員 当時 経済産業省原子力安全・保安 測定 世界 初めて 損傷部 建設 基準 考える 被曝 反省 状態 相当 予定 過熱 注入 時期 大丈夫 容器内 記者会見 機器 改めて 発生 大半 安定 月日 言って 露出 効果 担当 作業員 判明 経験 明らかに 破壊 この状態 供給 水が漏れている 実際 一部 ブログ 立場 発電所 設置 圧力容器内 言われ 条件 最悪 確実 爆発 金属 発表した 流出 直径数 神話 11 被覆 専門 以降 程度 必要がある 格納容器から 原子力発電所 特別 公表 地方 風評 上がっ 少ない 経産省 中心 強調 大事 喪失 推進 日本共産党 余震 自然 東電はこの状態 複数 はこの状態 最終 絶対 使用 起こし 最近 難航 範囲 政策 福島第一原子力発電所1号機 飛散 東京電力福島第一 建屋内 上昇 原発問題 放射性物質 可能性 溶融した 悪影響 寺坂信昭 海外 工学 位置 危機管理 事象 同時 思います ポンプ 原子炉内 意見 料金 見解 冷却水 協力 同日 原子力安全・保安院の西山英彦審議官 原子力委員 基盤機構 分かっ 人々 清水 被爆 論理 一度 定義 用意 立地 100 超える 溶けた燃料 セシウム 支援 名誉 点検 財産 場合 思って 官房長官 した核燃料 核燃料の大半 冠水水棺 タンク 受電鉄塔 冷却でき 監視 事態 火力 産相 委員会 メルトダウン炉心溶融であることを認めた 不可能 信用 示した 簡単 直人 水素爆発 であることを認めた 行方 時点 非常用 金融 持って 証明 被災地 今度 レベル 主要 出来 心配 想定外 内の核燃料 衝撃 広がっ 世界中 確率 着手 冷却する 起きて 姿勢 報告 昨日 明らかにし 周囲 知識 経過 形状 年前 事故後 冷却機能 亡くなっ 万円 保護 開かれ 定期 事故収束 原子力安全委員会 ている可能性 本部長 受ける
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.026 0.154 0.560 0.016 0.532 0.161
    やや強いやや強いやや弱いやや強い十分弱い比較的強い
    total 91136.59999997073

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発