13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    小佐古敏荘

    学術 科学 関連語 原子力発電所 放射線 医学部横浜市金沢区 菅直人 菅政権 福島第一原発 シーベルト 原子力安全委員会
    0 . 1 .
  • ○■ 小佐古敏荘

  • ○■ どうだろう? 実態は、相当深刻な感じがしないか? それより何より、大ウソツキどもは、とっくにそのぐらいメチャクチャ大量の放射能があることを知っていたのでは? ほ、ほ、本当は大変な危機的状況になっているのでは? それを裏付けるのが、福島第一原発事故への対応に当たるため内閣官房参与に任命された小佐古敏荘・東大教授(放射線安全学)の辞任

  • ○■ なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました

  • ○■ 小佐古氏は放射線安全学の専門家で、3月16 続きを読む

  • ○■ 小佐古氏は東大大学院教授で放射線安全学の権威として、東電や原子力安全保安院への不信をかわすためのセカンドオピニオンとして起用されており、20ミリ・シーベルトに対する諮問を受け妥当との判断をした原子力安全委員会の決定に抗議の辞任をしたことは、参与の存在そのものの考え方が問題視されるのではないか

  • ○■ 小佐古参与が抗議の辞意子供の被曝基準「容認できぬ」 内閣官房参与の小佐古敏荘・東大大学院教授(61)が29日、東京・永田町で記者会見を開き、参与を辞任する意向を表明した

  • ○■ 内閣官房参与の辞任にあたって(辞意表明) 内閣官房参与小佐古敏荘

  • ○■ 科省は校庭利用の放射線被曝限度を年間20ミリ・シーベルトとしており、空本氏は「小佐古教授は、子供の被

  • ○■ ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(speed

  • ○■ 原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのですこの数値を乳児、幼児

  • ○■ 東日本大震災に対応するため内閣官房参与に任命された東京大学大学院・小佐古敏荘教授が、辞任する意向

  • ○■ 使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20 msv近い被ばくをする人は、

  • ○■ るわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1msv,特殊な例でも年間5ms

  • ○■ 群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきで

  • ○■ 東京電力福島第一原子力発電所の事故対策を巡り、4月30日に内閣官房参与を

  • ○■ 月29日、記者会見した小佐古敏荘(こさこ・としそう)東大大学院教授はあふれる涙をこらえながら、こう語っ

  • ○■ し、その場かぎりの 場当たり的な政策決定プロセス をとっている誰が決定したのかが明ら

  • ○■ 、2日夕に予定していた報道関係者向け説明会が中止されたとのこと民主党の空本誠喜・衆院議

  • ○■ 件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(icrp)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、

  • ○■ は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのですこの数値を乳児、幼児

  • ○■ 線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ」とも述べた ( ) これに対

  • ○■ )は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(speedi)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定

  • ○■ を文書で公表した安全委は正式な委員会を開かず議事録もなかったため「透明性に欠ける」などと

  • ○■ 出した文章 内閣官房参与の辞任にあたって(辞意表明) 内閣官房参与小佐古敏荘 ほぼ、全文

  • ○■ くなる 59000小中学校の屋外活動を制限する限界放射線量に関する記事・・・|ぬふふ 49000議員

  • ○■ きぬ」 内閣官房参与の小佐古敏荘・東大大学院教授(61)が29日、東京・永田町で記者会見を開き、参与を辞任

  • ○■ でなく、納得できない今回の原子力災害で、官邸の対応はその場限りで場当たり的だ提言の多くが受

  • ○■ 、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数msvです)、この数値の使用は慎重であるべ

  • ○■ ミリシーベルトと政府 特に小中学校の屋外活動を制限する限界放射線量を年間20ミリシーベルトを基準に決めた

  • ○■ する形で4月30日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘・東京大学教授が、2日夕に予定していた報道関

  • ○■ を唱えた 自分の子どもをそういう目に遭わせたくない」と異論を唱えた 危機的状況が続く東京

  • ○■ 力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定め

  • ○■ 間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10msvの使用も不可能ではないが、通常は避

  • ○■ 料です 内閣官房参与で原子力の専門家・東京大学大学院教授(工学系研究科 原子力専攻)の 小佐古敏荘 氏の辞任記者会見資料全文です小佐古敏荘氏の学者として

  • ○■ ムのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、

  • ○■ なされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定

  • ○■ の取り組みに関し「その場限りの対応で事態の収束を遅らせた」と激しく批判した小佐古氏は放射線安全学

  • ○■ 言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、 「原子力災害対策も他の災害対策と同様に

  • ○■ 価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。 初期のプリュ-ムのサブマージョンに

  • ○■ 値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。この1ケ月半、様々

  • ○■ も年間5msv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2, 3日あるいはせいぜい1, 2

  • ○■ 日に内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘(こさことしそう)・東京大学教授が2日夕に予定していた報道関係者

  • ○■ 、毎時3.8μsvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとし

  • ○■ も許すことができない、(このままだと)私の学者としての生命が終わる』 と述べたという僕が言ったことと同じだ

  • ○■ 年間数mjvです) 、この数値の使用は慎重であるべきであります 小学校等の校庭の

  • ○■ に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました例えば、住民の放射線被

  • ○■ るいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります警戒期であることを周知

  • ○■ 場当たり的だ提言の多くが受け入れられなかった」と言っているが、本音はそうではないのでは? さ

  • ○■ ニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。 しかしながら、今回の原子力災害に対し

  • ○■ 放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状沢もspeediに

  • 基準 官邸 原発事故 会見 小学校 記者会見 表明 29 科学 専門家 東大 原子力発電 助言 限度 利用 提言 抗議 小佐古氏 辞意 見直 理由 参与 辞任 任命 安全学 提出 政府 した小佐古 年間 校庭利用 対応 ニュース 起用 生命 東大大学院 事態 法令 政権 原子力安全委員会 放射線安全学 原子力災害 収束を遅らせ 判断 手順 原子力発電所 今後 非難 子供 使用 首相 乳児 軽視 今回 明らか 内閣官房参与 茨城 設定 全文 nhk 参与に任命 発電所事故 意味 対して ヒューマニズム 屋外 内閣官房参与に任命 被曝 防災 並びに実効 3月16 迅速 月日 影響 学者 福島県 規制 教授 補佐 開示 辞意表明 容認 指針 妥当 小学校などの 官房参与の小佐古敏荘 利用基準 関東 ミリシーベルト 福島第一原子力発電 業務従事者 同氏 福島県内 東京電力福島第一 放出 慎重 進める 災害対策 関連 公衆の甲状腺等価線量 防護基準 校庭の利用 基づく 前提 場当たり 栃木 辞表 4月30 事態収束 せいぜい年間 述べた 必要 正しい 東京電力福島第一原子力発電所 表明した 国際放射線防護委員 内閣官房参与に任命され 内閣官房参与の小佐古敏荘 衆議院 細野豪志 勧告 極めて少ない 予算委員 幼稚園 批判した 辞任する 放射線業務従事者 衆院 意向 就任 終わる 私の学者 佐古敏荘氏 原子力災害対策 危険 任命された 指導 参与を辞任 長官 原子力発電所事故 外部 大学院教授 参与として 年間20 辞任した 文部科学省 限度を年間20 被害 諮問 東京大学 参与が辞任 その場限りの対応 今回の原子力災害 場かぎり 内閣官房参与を辞任 初期 東日本大震災 保安院 学者としての 国際常識 原発対応 法律 小佐古氏は放射線安全学の専門家 icr 記者会見資料 辞表を提出 例えば 東京電力福島第一原子力発電所の事故 公衆の甲状腺等価線量並びに実効 全域 この数値 内閣官房参与として 並びに実効線量を隠さず国民 災害対策本部 工学 参与を辞任する 内閣官房参与に任命された 小佐古敏荘こさこ・としそう 学者としての生命 運用すべき 明らかに 東北 受け入れが 技術 プラント 福島県全域 対策において 官房参与が辞任 プロセス 栃木県 官邸および行政機関 とりわけ小児の甲状腺の等価線量については 全域にわたって 業務従事者でも 茨城県 首相の原発 関連する法律や原子力防災指針 決定 環境 大人 参与の辞任 予定 事故対応 政府の対応 求めることは 圏の近傍のみならず 情報 機関 小佐古敏荘内閣官房参与 年間20ミリ 福島第1原子力発電所事故 電話 から助言 観点から 通常の放射線防護基準 人間 福島県内の小学校 この数値を乳児 基づく甲状腺 経過 無用な被曝 開示すべきである データを隠さず開示 内閣官房参与を辞任した 辞任した小佐古 通常 隠さず迅速に公開すべきである 小学校等の校庭の利用基準 抗議する 佐古敏荘・東大 原子力発電所の放射線業務従事者でも 東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏 0msv 法と正義 基づく手順遂行 首相の原発対応 事態の収束を遅らせた 今回の原子力災害に対して 乳児幼児小学生 活動を制限 基づく甲状腺の被ばくによる等価線量 内閣官房参与の辞任にあたって辞意 小中学生 原子力災害対策本部 経済産業 ミリ・シーベルト 現地 疑念 年間ミリシーベルト 小佐古敏荘こさことしそう 群馬県のみならず 総理 辞表を提出した 時点 原子力災害対策において 公衆の甲状腺等価線量並びに実効線量を隠さず国民 法にのっとっておらず ブログ 指摘 求めた 管理 20ms 対策が定められており 住民 官房参与が辞任・記者会見資料 内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘 さらに文部科学省所管の日本原子力研究開発機構 福島第一原発 原子力防災マニュアルにその手順 した小佐古氏 大きい 収束を遅らせているように 数カ月間は最大 臨機応変な対応 原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針 小佐古教授 並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである 言った 目安 進めるのが基本 学問上の見地からのみならず 小学生に求めることは メール 場かぎりで 場当たり的な政策決定 とりわけ原子力安全委員会 放射線防護委員会icrp 踏まえ 産経 最終 被曝を基礎として導出 私のヒューマニズムからしても受け入れがたい 大丈夫 福井 国際常識とヒューマニズム 佐古敏荘東大 このままだと私の学者としての生命が終わる とりわけ小児の甲状腺の等価線量についてはその数値 出されて 活動も一段落 初期プリュームの
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.028 0.141 0.551 0.014 0.524 0.161
    やや強いやや強い少し弱い強い少し弱い強い
    total 27744.60000000206

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発