13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    小佐古敏荘

    学術 科学 関連語 原子力発電所 放射線 医学部横浜市金沢区 菅直人 菅政権 福島第一原発 シーベルト 原子力安全委員会
    0 . 1 .
  • ○■ 二十九日、加わった自身が内閣官房参与として起用した小佐古敏荘・東大大学院教授が首相の原発事故対応を批判して辞任

  • ○■ らず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです.年間10msvの数値も、ウラン鉱山の残土

  • ○■ では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1msv特殊な例でも年間5msv)で運用す

  • ○■ あるよう見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測

  • ○■ 。年間20 msv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも

  • ○■ 敏。氏が、記者会見し、「政府の対策は法にのっとっておらず、場当たり的だ」として、内閣官房参与を辞任することを明らかにしまし

  • ○■ 学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです年間10msvの数値も

  • ○■ 群馬、他 の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである さらに、文部科学省所

  • ○■ に公開すべきであるさらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるwspeediシステム(数10kmから数1000

  • ○■ 少ないこの数値を乳児、幼児、小学生に求めることは受け入れがたく、強く抗議し見直しを求め

  • ○■ 永田町で記者会見を開き、参与を辞任する意向を表明した小佐古氏は会見に先立っ

  • ○■ 臣は、衆議院予算委員会で、内閣官房参与の小佐古敏荘氏が東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡る政府の

  • ○■ 第一原発の事故を受けて、内閣官房参与に任命された放射線の専門家で東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏

  • ○■ の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである また、文部科学省にお

  • ○■ 腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域

  • ○■ 則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えている

  • ○■ 慎重であるべきであります 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20msvの数値の使用には強く抗議するととも

  • ○■ を辞任理由に挙げた 小佐古氏は放射線安全学の専門家で、3月16 続きを読む米軍、放出さ

  • ○■ 授の文書を引用しよう今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20msvの被曝を基礎として導出、誘導され

  • ○■ いるように見えます。 とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基

  • ○■ だ」ということです。 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見え

  • ○■ → 「かぶん」ブログ:nhk | 科学と文化のニュース | 官房参与が辞任・記者会見資料全文 平成23年4月29

  • ○■ する限界放射線量を年間20ミリシーベルトを基準に決めたことに「容認すれば私の学者生命は終わり 微量放射線についてよくわか

  • ○■ 値を、 20、 30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北

  • ○■ (数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)の データを隠さず開示し、福井、

  • 基準 官邸 原発事故 会見 小学校 記者会見 表明 29 科学 専門家 東大 原子力発電 助言 限度 利用 提言 抗議 小佐古氏 辞意 見直 理由 参与 辞任 任命 安全学 提出 政府 した小佐古 年間 校庭利用 対応 ニュース 起用 生命 東大大学院 事態 法令 政権 原子力安全委員会 放射線安全学 原子力災害 収束を遅らせ 判断 手順 原子力発電所 今後 非難 子供 使用 首相 乳児 軽視 今回 明らか 内閣官房参与 茨城 設定 全文 nhk 参与に任命 発電所事故 意味 対して ヒューマニズム 屋外 内閣官房参与に任命 被曝 防災 並びに実効 3月16 迅速 月日 影響 学者 福島県 規制 教授 補佐 開示 辞意表明 容認 指針 妥当 小学校などの 官房参与の小佐古敏荘 利用基準 関東 ミリシーベルト 福島第一原子力発電 業務従事者 同氏 福島県内 東京電力福島第一 放出 慎重 進める 災害対策 関連 公衆の甲状腺等価線量 防護基準 校庭の利用 基づく 前提 場当たり 栃木 辞表 4月30 事態収束 せいぜい年間 述べた 必要 正しい 東京電力福島第一原子力発電所 表明した 国際放射線防護委員 内閣官房参与に任命され 内閣官房参与の小佐古敏荘 衆議院 細野豪志 勧告 極めて少ない 予算委員 幼稚園 批判した 辞任する 放射線業務従事者 衆院 意向 就任 終わる 私の学者 佐古敏荘氏 原子力災害対策 危険 任命された 指導 参与を辞任 長官 原子力発電所事故 外部 大学院教授 参与として 年間20 辞任した 文部科学省 限度を年間20 被害 諮問 東京大学 参与が辞任 その場限りの対応 今回の原子力災害 場かぎり 内閣官房参与を辞任 初期 東日本大震災 保安院 学者としての 国際常識 原発対応 法律 小佐古氏は放射線安全学の専門家 icr 記者会見資料 辞表を提出 例えば 東京電力福島第一原子力発電所の事故 公衆の甲状腺等価線量並びに実効 全域 この数値 内閣官房参与として 並びに実効線量を隠さず国民 災害対策本部 工学 参与を辞任する 内閣官房参与に任命された 小佐古敏荘こさこ・としそう 学者としての生命 運用すべき 明らかに 東北 受け入れが 技術 プラント 福島県全域 対策において 官房参与が辞任 プロセス 栃木県 官邸および行政機関 とりわけ小児の甲状腺の等価線量については 全域にわたって 業務従事者でも 茨城県 首相の原発 関連する法律や原子力防災指針 決定 環境 大人 参与の辞任 予定 事故対応 政府の対応 求めることは 圏の近傍のみならず 情報 機関 小佐古敏荘内閣官房参与 年間20ミリ 福島第1原子力発電所事故 電話 から助言 観点から 通常の放射線防護基準 人間 福島県内の小学校 この数値を乳児 基づく甲状腺 経過 無用な被曝 開示すべきである データを隠さず開示 内閣官房参与を辞任した 辞任した小佐古 通常 隠さず迅速に公開すべきである 小学校等の校庭の利用基準 抗議する 佐古敏荘・東大 原子力発電所の放射線業務従事者でも 東京大学大学院教授の小佐古敏荘氏 0msv 法と正義 基づく手順遂行 首相の原発対応 事態の収束を遅らせた 今回の原子力災害に対して 乳児幼児小学生 活動を制限 基づく甲状腺の被ばくによる等価線量 内閣官房参与の辞任にあたって辞意 小中学生 原子力災害対策本部 経済産業 ミリ・シーベルト 現地 疑念 年間ミリシーベルト 小佐古敏荘こさことしそう 群馬県のみならず 総理 辞表を提出した 時点 原子力災害対策において 公衆の甲状腺等価線量並びに実効線量を隠さず国民 法にのっとっておらず ブログ 指摘 求めた 管理 20ms 対策が定められており 住民 官房参与が辞任・記者会見資料 内閣官房参与を辞任した小佐古敏荘 さらに文部科学省所管の日本原子力研究開発機構 福島第一原発 原子力防災マニュアルにその手順 した小佐古氏 大きい 収束を遅らせているように 数カ月間は最大 臨機応変な対応 原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針 小佐古教授 並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである 言った 目安 進めるのが基本 学問上の見地からのみならず 小学生に求めることは メール 場かぎりで 場当たり的な政策決定 とりわけ原子力安全委員会 放射線防護委員会icrp 踏まえ 産経 最終 被曝を基礎として導出 私のヒューマニズムからしても受け入れがたい 大丈夫 福井 国際常識とヒューマニズム 佐古敏荘東大 このままだと私の学者としての生命が終わる とりわけ小児の甲状腺の等価線量についてはその数値 出されて 活動も一段落 初期プリュームの
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.028 0.141 0.551 0.014 0.524 0.161
    やや強いやや強い少し弱い強い少し弱い強い
    total 27744.60000000206

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発