13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    エネルギー基本計画

    政治 国際 関連語 民主党 原子力発電所 菅直人 自然エネルギー 福島原発 福島第一原発 原発政策 エネルギー政策
    0 . 1 .
  • ○■ エネルギー基本計画

  • ○■ 原発の増設に関しては、2020年までに9基の新

  • ○■ 地球温暖化対策の強化をうたい、総電力に占める太陽光・風力などの再生可能エネルギーと原子力を合わせた比率を、2030年までに現状の34%から約70%に

  • ○■ 国のエネルギー戦略の柱である原発の将来を左右する政策を提起したのに、政府として正式な決定も行っていない

  • ○■ 私が菅氏の何の発言を問題にしているか、読者は分かるだろうか?新聞によってニュース性の扱いがまるで違うのも気になるのだが、今朝の『朝日新聞』によると、次の通りである-- 「菅直人首相は10日、首相官邸で記者会見を開き、総電力に占める原子力の割合を将来的に50%に高めるという政府のエネルギー計画について、“いったん白紙に戻し議論する必要があるだろうと考えている”と述べた」

  • ○■ 首相は官邸での会見で「従来決まっているエネルギー基本計画は、いったん白紙に戻して議論する必要がある」と述べた

  • ○■ こうした自然エネルギーについては、「天候に左右され、電力の安定的な供給ができない」との指摘がつきまとっている

  • ○■ [ 環境 ]管首相のエネルギー基本計画の白紙撤回と再検討発言を歓迎する 浜岡原発 の

  • ○■ 程度としたエネルギー基本計画を白紙で見直す考えを示しているサミットでは、原子力の

  • ○■ 太陽電池の発電コストを現在の3分の1、30(平成42)年までに6分の1まで引き

  • ○■ な方向性を示すもの東京電力福島第1原子力発電所事…菅首相、原発5割依存目標のエネルギー計画見直し

  • ○■ 菅直人首相は25日午後(日本時間26日未明)に経済開発協力機構(oecd)で行った演説で、「

  • ○■ 邸で記者会見を開き、政府の「エネルギー基本計画」を白紙から見直すとともに、今後のエネルギー政

  • ○■ だったが、菅首相はこれに太陽光、風力、バイオマスなどの 26000経産省、エネ

  • ○■ 「 この従来決まっている基本計画は白紙に戻して議論する」 と強調し、原発の新増設計画を認めな

  • ○■ きだこのような考え方でエネルギー政策全体の見直しの議論を進めていきたい最後に、今回の原子力事

  • ○■ このことが、もう一つのエネルギー政策の柱になりうると考えているこれまでの原子力については

  • ○■ ) 菅直人首相が、エネルギー基本計画を白紙に戻し、原発依存を改める方針を明らかにした国民

  • ○■ 原発と大幅な省エネエネルギー基本計画は、エネルギー政策基本法に基づき政府が策定するものです エネルギー基本計画の変

  • ○■ 性への挑戦(3)自然エネルギーを基幹エネルギーに高めるなど実用性への挑戦(4)省エネルギー

  • ○■ では、54基ある原発を2030年までに14基以上増やすことになっている総電力に占める原発の

  • ○■ 合、首相が「脱原発」を争点に衆院解散・総選挙に踏み切るとの臆測が出ている首相としては次期

  • ○■ 福島第1原発事故後の日本のエネルギー政策について、自然エネルギーの利用を推進し「1000万戸

  • ○■ るかという質問だが、現在のエネルギー基本計画では、2030年において総電力に占める割合として原

  • ○■ エネルギー基本計画の策定について(meti/経済産業省)2010年6月18日 5000東京ガス:ピ

  • ○■ ギー基本計画はいったん白紙に戻して議論する必要があるだろうとこのように考えているそういう中で、原子力

  • ○■ に検証して、より安全な原子力のあり方をしっかりと求めて実行していきたいと、そのことを一つの大きな柱として、国際会

  • ○■ エネルギー政策基本法に基づいて政府が策定するエネルギー政策の基本的な方向性を示すもので、直近のエネルギー基本計画は2010年6月18日に閣議決定されたばかり 基本法ができると、その

  • ○■ の新たな不安を真摯(しんし)に受け止め、安全最優先の原発事業を貫くべきと判断した」

  • ○■ しない電源の比率を倍増させるなどの目標を設定した 現在のエネルギー基本計

  • ○■ 4月4日 政府が近く設置する福島第一原発事故の検証委員会に関して (1)原子力政策大綱

  • ○■ 電力福島第一原子力発電所で大きな事故が起きたことによって、西暦2030年までに総電力に占める原子力発電

  • ○■ ギー計画について、 「いったん白紙に戻して議論する必要があるだろうと考えている」 と述べた この決断はどうか 国

  • ○■ 画改訂を1年前倒し策定」:イザ!2011年4月4日 政府が近く設置する

  • ○■ め、「エネルギー基本計画」(以下「基本計画」とい エネルギー基本計画は、

  • ○■ を現在の9%から、「2020年代のできるだけ早い時期」までに20%とする目標を提示した昨年6月

  • ○■ 行のエネルギー基本計画を「白紙に戻して議論する必要がある」と語った 二〇二〇年代の

  • ○■ 定するものです 基本法の「安定供給の確保」、「環境への適合」、「市場原理の活用」などの基本方針にのっとり、10年

  • ○■ 過度に依存した現在の「エネルギー基本計画」を見直す姿勢を明らかにしました co2を排出しない

  • ○■ で首相の評価は上がり、退陣を求める意見は減った 自民党内には、首相

  • ○■ 消費税増税や脱小沢のように、脱原発を政権延命の道具にしようとしているのではないか浜岡停止後の世論調査で首

  • ○■ 相官邸で記者会見を開き、総電力に占める原子力の割合を将来的に50%に高めるという政府のエネルギー計画につ

  • ○■ (日本時間26日未明)、経済協力開発機構(oecd)の設立50周年記念行事で演説し、太陽光発電などの再生可能エネルギ

  • ○■ (1/2 さらに近々、発足させる原子力事故調査委員会 福島第一原発事故を受け

  • ○■ ーに限らず基本計画とは、基本法というものへの対応である 【東日本大震災】東日本

  • ○■ 事業者である東電とともに、原子力政策を国策として進めてきた政府にも大きな責任があると、このように考えているその責任者として、

  • ○■ 基本計画の白紙というのも、再生可能な自然エネルギーを柱の一つとして加えるだけで、 原発をそれ

  • ○■ して原子力が50%以上、再生可能エネルギーは20%を目指すとなっているしかし、今回の大きな

  • ○■ て参りたいこうした中で、今後のエネルギー政策についていろいろと議論が巻き起こっているまず、原子力

  • ○■ 月上旬、自ら記者会見し、中部電力浜岡原発について、近い将来極めて高い確率で発生が予想される東海大地震への備えが不十分として、全面停止を要請したその後も原発重視をうたう

  • 発電 事故 白紙 安全 原子力発電 産業 推進 可能 国民 福島第 方針 基幹 菅首相 自然 委員 現在 菅直人 再生可能 問題 風力 意見 年まで 評価 対策 時期 委員会 再生可能エネルギー 方向 停止 震災 原発 原発事故 自民党 太陽光 東京電力福島 依存 燃料 現状 対応 民主党 経済産業 占める 今後 現行 明らか 設置 反対 被災 東日本 判断 政府 影響 衆院 建設 踏まえ 同意 日本 消費 必要 総理 新たな エネルギー政策 加える 原発依存 考える 表明 菅直人首相 原発推進 白紙に戻して議論 関して 見通 述べた 改定 非常 議論する必要がある 総電力に占める 中心 昨年 長期 以下 想定 浜岡原発 活動 利用 思います 完全 多くの 早い時期 海江田 平成 原子力発電所事故 年月 言葉 時点 脱原発 会談 知事 専門 11 東京電力福島第 バイオマス 経産 事実 支援 世論 重大 放射性 歴史 重要 エネルギー政策について 対して 自然エネルギー 財政 需要 一定 表明した いったん白紙に戻して議論 福島第一原子力発電 思考 会見 分析 主要 困難 白紙に戻して議論する必要がある 起こっ 事態 進めて 場合 今回 全力 責任 避難 なければならない 前倒 能力 比率 未来 首脳 見直 市民 要請 表現 強調 号機 容認 言って 明らかにし 時間 当面 基本的 福島原発 0年まで 観点 理解 スキーム 万戸 不安 全面 長官 立場 専門家 予想 安全性 示した 前提 10 記念 語った 東京電力福島第一 成立 配慮 基づき 確率 犠牲 教授 いったん白紙に戻して議論する 段階的 浜岡原発について 決まって 最高 期待 安定供給 向けて 生活 マスコミ 明確 %以上 基以上 30年まで 実行 風力バイオマス 廃止 再開 炉心 2030 科学技術 本当 国策 エネルギー政策全体 具体 白紙に戻し議論 原発反対 記者会見 できるだけ早い時期 程度 交換 根底 少なく 設定 選挙 国際社会 最大 管理 行った 確保 直結 連動 見出 全国 給与 時事 含めて 関しては 被爆 原理 事故調査委員会 安易 排出 占める原子力 ニュース 現行のエネルギー基本 実用 活かす 実際 社会 計画について 原発事故後 克服 だと思います 物理 積極的 朝日新聞 挙げて への対応 本格的 首相官邸で記者 民間 大いに 今後のエネルギー政策 発想 経産省 現時点 議論する必要があると 2030年まで 歓迎 時代 策定され 情報 00 再生可能な自然 計画白紙 開かれ 結果 全面停止 削減 法律 などの再生可能エネルギー 政府のエネルギー 高める 慎重 出され 左右 いったん白紙に戻して議論する必要がある 政権与党 広がっ 上位 省エネ社会 東電 国のエネルギー 検証委員 正確 定期 地球温暖化 活用 決定 知識 生産 巨大 求める意見 エネルギーについては 50%以上 起こし 総発電 放射能 エネルギーを基幹 十分 周年 事情 非現実 努力
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.141 0.553 0.013 0.524 0.153
    やや強いやや強い少し弱い比較的強い少し弱い極めて強い
    total 47758.199999995355

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発