13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2820 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1207 )     政治 国際 ( 2240 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1444 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1161 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    藤沢周平

    書籍 関連語 京セラ ウィルコム 日本航空 KDDI 蝉時雨 カーライル 企業再生支援機構 花のあと
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ まあエラソーなことを言っても、そんな 「批判の暗黒面」 に引きずられてしまうことって、多々あるんですけどね

  • ○■ というわけで,次はどうしようと思って本屋で購入したのが表題の 回天の門 です.これは同じく藤沢作品で,幕末の志士 清河八郎 の生涯を扱った作品です.

  • ○■ このふたりの相克を強調した舞台劇、というスタンスでこのドラマを見直すと、作り手の言いたいことは十二分に表現されていた気がしてならない

  • ○■ sophia 『rainbow rain』 dvd付2タイプ各。。1890/cd。。1260

  • ○■ i didn't know what time it was/george shearing

  • ○■ 要領の良い人の欠点はここにある

  • ○■ 私は中でも、たそがれ清兵衛の上司役に扮した小林稔侍さん

  • ○■ 時代物の小説で、江戸時代の武士が少年から大人になっていく過程の物語です

  • ○■ 日本人がイタリアを旅するようになったのは、おもに明治のころからである

  • ○■ 日本人の心、義と情を描いた藤沢周平の最高峰

  • ○■ 原作者からngが入る脚本家とか、やっぱ居たりするんでしょうねー・・・・・

  • ○■ 今日は片道は歩きで帰りはバスを使いましたが、5565歩でした

  • ○■ また、頑張って行って来ます ^^

  • ○■ なんか日本人じゃないみたいに見える

  • ○■ でも、[困ったことに

  • ○■ そんな訳で秋の彼岸を記念して珍しく映画のダブルヘッダーをしてきた

  • ○■ この作品の殺陣は、他とちょっと違う味があってかなり見応えがありますね

  • ○■ お金がかかるので、古本屋さんでどっさり本を買いだめしてるのですが、ストックがついになくなり・・・

  • ○■ いや月を見ても、日本人には月はない

  • ○■ 「生き物が生き物を食って生きている」

  • ○■ まあ、本格派推理小説ではないので、あまり考えなくて良いのがいい

  • ○■ この朗読が始まる時に、作品についての簡単な解説が行われるのだが、その解説を行っていたのが先般亡くなられた俳優の。児玉清さんであった

  • ○■ 藤沢周平作品は映画も良いけどやはり本を読んで想像力を働かしてほしいものだ

  • ○■ この姿、本当に藤沢周平の世界やなあ~~と思いながら、見上げる私です

  • ○■ 「繭美」の キャラクター が何とも言えず魅力的

  • ○■ ただ、水田は少ないので米は取れなさそうですし、上田までもそれほど距離もないので、真田の里だけ領有していても、近隣の大勢力に葉対抗できないだろうな、と思いました

  • ○■ そんなこんなで、今回の年始年末は本を一冊しか読みませんでした

  • ○■ 「猫」に囲まれてみたい方に、必見の個展です

  • ○■ (一番の歌詞は今は歌えず)

  • ○■ 藤沢先生に見せても恥ずかしくない作品

  • ○■ 自分の読む世界が広がったかも

  • ○■ 友人の友人は花を育てる名人です

  • ○■ 今一生懸命、内館牧子の「転がしお銀」を読んでいるけど展開が速くて、これまた面白く読んでいるんだ

  • ○■ もうすぐ、神戸に着く

  • ○■ それに比べ、後者の岡村さんが意外といい味を出していた

  • ○■ 「藤沢周平の言葉」高橋俊夫角川ssc新書

  • ○■ これにたいし、ぼくが読んだ本はごくわずか

  • ○■ 「隠居」も「家事手伝い」も悪くはないですね

  • ○■ 「山桜」って藤沢周平の短編にありましたよね

  • ○■ そして本堂を出ながら、ふりむきざまに、大きな声で言った

  • ○■ しかし、友人の間では「鎧を脱いで」も大丈夫だ

  • ○■ 藤沢周平作品は、司馬遼太郎作品の歴史を揺るがす大事件を描くスケールと違い、当時の確固たる社会の中での一つの事件を扱うことが多いので、その雰囲気を楽しめば良い

  • ○■ でも原作では、戌井朔之助の葛藤部分が多かったと 思いますし、読者の想像を掻き立てるそれが 藤沢作品の良いところでは、ないでしょうか

  • ○■ こんな朝早くから、お勤めご苦労様です

  • ○■ 「ふるさとへ廻る六部は」藤沢周平

  • ○■ 「またその話ですか」 波留は俯いたまま言った

  • ○■ 今日は妻も休みということで、映画『小川の辺』に誘われました… (^^ ゞ

  • ○■ しかし蝉しぐれを始め藤沢周平の小説は一度も読んだことはなかった

  • ○■ このブログの人気記事 農地解放(理想の村) 砂山竜宮(旧車力村) カーリング娘

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 台風6号が去って…7月も終わり! fifaサッカー女子ワールドカップ、日本奇跡の優勝 関東も梅雨明けで、夏を思う

  • 短編 主人公 蝉しぐれ 日本 作家 文庫 舞台 今回 意味 思って 周平原作 兵衛 時代小説 たそがれ清兵衛 歴史 本当 作品 面白 シーン 思った 北川 生活 読んで 描かれ 山桜 映画化 文春 以上 以前 印象 存在 短編集 人気 興味 記念 日本人 読んでい 東山紀之 小川 出身 文春文庫 良かっ 当時 面白かっ 見事 下級 用心棒 司馬遼 途中 海坂藩 一人 藩士 文章 朗読 描かれて 江戸時代 作者 購入 決して 先日 思ってい 感じる 必死剣 下級武士 場合 予定 音楽 山本 理解 日記 感動 最新 用心棒日月抄 書いて 共感 周平記念 必要 イメージ 俳優 個人 思いまし 先生 言って 読了 本屋 情報 演技 大切 空気 雰囲気 現在 結果 時代劇 武家 主演 全体 出来 dvd 映画館 描いた 自分 この作品 多かっ 人情 生まれ 地方 新潮文庫 何度 自身 考えて 本日 書いた 案内 思いました 旅行 以来 夫婦 気がし 花のあと 武士の一分 残念 人たち 参加 聞いた 変わっ 特徴 想像 今まで 一冊 携帯 同時 読んでみ 最後 当然 息子 達人 分かっ 見える 疑問 立場 様子 言えば 結局 名作 不思議 後半 カテゴリの最新 様々 経験 見つけ 完全 メール 始まっ 人間 卒業 読みまし 読んでいる 出かけ 正直 例えば 多かった 演出 片岡 出版社 描かれてい 時々 傑作 言葉 先週 以降 向かっ 行動 希望 対して 自宅 思いますが 外国 一部 大事 最高 続いて このブログ 価値 山田洋次監督 個人的 今年 中心 単行本 展示 残って 時間 悲しい 今朝 才能 半分 太郎 最近 比べる 一度 収録 確かに 非常 夕方 同じく 連続 満足 思想 のではないかと 東野 池波正太郎 限定 読んだ 過ごし 市内 身近 結婚 皆様 努力 説明 家庭 思っている 知って 仕事 夢中 頃から 変わり 日常 精神 出来ない 甲本雅裕 普通 傾向 企画 他人 若者 描いて 担当 皆さん 昨夜 感じた 刺客 井上 朔之助 松本清張 手元 凛とし 美しく ではありません 山田 行った 平成 本来 見てい 写真 宮沢 見方 多分 覚えて 見まし 変化 注目 決まっ 人生 知らない 周平の時代 連絡 頑張 共通 始めた 暗殺 秘剣 身体 鑑賞 同士 庶民 反省 姿勢 amazon 言った 親友 感じが 聞いて メディア 少々 苦笑 触れる 尊敬 感謝 被害 読むこと 大量 読んでいて 記憶 鶴岡 共演 講談社文庫 書かれ 庄内 存在感 数年
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.038 0.161 0.523 0.029 0.482 0.182
    total 307877.8000003528

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発