13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2206 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2814 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 494 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1080 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    芥川龍之介

    書籍 関連語 夏目漱石 太宰治 羅生門
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 【動画プロデュースby とよ爺先生 】

  • ○■ 『芥川龍之介の河童』好きです…!塚、基本風のキャラは皆かぁいいs2

  • ○■ 『贅沢貧乏』とは、その当時に書かれたもの

  • ○■ 『廃市』の役者さんのなかにみつけた、 入江たか子、尾見としのり

  • ○■ 「芥川龍之介文学碑です

  • ○■ 「人生を幸福にするためには、日常の些事を

  • ○■ 「上海游記」の「十一章炳麟氏」 の筑摩版脚注では、「掛」は「褂」が正しいとある

  • ○■ 「なんでいつもこんな思いをしなきゃいけないんだろう!!?」って

  • ○■ 「これは私の考えなんですけど……」と言うのだ

  • ○■ 「お母さん、ごめんなさい、と心の中で叫んだ

  • ○■ 「――拙者如き者、かの御掛け物あっては、とても、その座敷に入ること、出来申さぬ

  • ○■ 「you & i」は、w-inds ...

  • ○■ 島津氏は私を勵ますやうに、わざとしか思はれない快活さを見せた

  • ○■ 俊寛の話は、作家にとって魅力のある題材らしく、菊池寛、倉田百三、芥川龍之介などが取りあげているが、その元はやはり近松門左衛門なのであろう

  • ○■ これも霜台殿の家士で、富田作次郎という者が御座った

  • ○■ 「彼第二」「我。。日録」以外にも、芥川龍之介の作品では、松。譲の洋行を見送る「。帆」、「江。。記」「北京日。抄」にもジョーンズは本名で登場している

  • ○■ 「何、かう云ふ事も面白いです

  • ○■ …と思ったら、この本は 広い意味で「子どもむき」と考えられる作品を選び収めた ものだそうです

  • ○■ ――以下、続く――

  • ○■ ――以下、引用させて頂く ――僕がはっとしのは僕が木歩が好きだからというばかりでは、ない

  • ○■ ボール紙の函と堅牢な表紙が、まず見てくれから「そんじょそこらの本とは一緒にして貰っちゃあ困るよ」と主張しているかのような、手に取った子供にそんな印象を与える本

  • ○■ せっかくの1001万画素が・・・って感じです

  • ○■ これが「普通」の思想だ

  • ○■ 「蜘蛛の糸」も読み直したらわからなくなりそう、です~

  • ○■ 芥川龍之介は『今昔物語鑑賞』(1927年)の中で、巻26・第2話「東の方に行く者、蕪を娶ぎて子を生む語」を挙げ、「其の穴を娶て婬を成し」「。干たりけるを。削て」などの表現を「写生的筆致」とし、そこに「brutality(野生)の美しさ」を見出しています

  • ○■ 「えと」は本来は十干(じっかん)のことで兄と弟という意味です

  • ○■ 今友達になっている方でも、関わりがなくなったりコメントしなくなったら、 コチラから無断で削除 します

  • ○■ なんでこんなんなっちゃってんのかねえ

  • ○■ そのために、様々なうらみがでてきます

  • ○■ これがまた、すごい量の本が読めるし、いくらよんでも本は増えないし、 お金 もかからないし、どこでも読めるし、 ビックリ です

  • ○■ 芥川は上海で「彼女」の舞台を見ている

  • ○■ 何でも長安の公子とか號したのは、かう云ふ連中だつたのに違ひない

  • ○■ 人生は一冊の書物に似ている

  • ○■ ・「歯車」は不安の風景

  • ○■ ・「山月記」森見登美彦

  • ○■ やっぱり芥川龍之介は面白いですね

  • ○■ と言っても四作品中まだ二作品しか観ていないのですが

  • ○■ だから、庭先に広がった蜘蛛の巣も、大菜園の柿の木に張られた蜘蛛の巣も、なかなか取れないでいる

  • ○■ その又言ひ方には不思議な程、嬉しさうな調子がこもつてゐた

  • ○■ そして、自分も秋から冬へ

  • ○■ そして、海軍将校は、きっと心の底から、明子を美しいと思っていたのでしょう

  • ○■ しかしこの懸け物の外には、香花は勿論尊像も見えない

  • ○■ この作品を 読んだ方の意見をお聞 きしたいです

  • ○■ いや、龜ばかりならば驚きはしない

  • ○■ 「魔術」(芥川龍之介原作、塚本高史主演) 2月16日(火)25:09-25:39

  • ○■ ブログネタ:次の一万円札の顔誰がいい? 参加中お札に使われている肖像はまだ少ない

  • ○■ 『もめん随筆』が出版されたのは1936年(昭和11年)ですが、 生まれ育った札幌での少女時代のことや、独身時代のこと、きもののこと、 芥川龍之介などの文化人のことも書かれていました

  • ○■ 芥川龍之介「長江游記」やぶちゃん注。附き完全版 を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・戯曲・評論・随筆・短歌篇」に公開した

  • ○■ <!-- function commentwinopenb(commentid){ window.open(' 'commentform', 'scrollbars=yes,resizable=yes,width=430,height=675','return false'); } -->

  • ○■ 自分で自分を見失う

  • 小説 文学 太宰 日本 人間 今日 文庫 蜘蛛 物語 現在 読んだ 意味 当時 大正 夏目漱石 最近 夏目 読んで 実際 思って 本当 有名 仕事 書いて 事件 岩波 思った 現実 今度 代表 作品 以前 作者 言って 不思議 興味 旅行 今年 新しい 中国 気持 途中 場合 分から 失格 書簡 随筆 発表 持って 言われ 読める 大人 宮沢 文化 三島 時代 時期 出来 以上 大きい 思われる 俳句 性格 一度 書かれ 中学 変わっ 主義 朗読 人間失格 かもしれません 何度 全部 言えば 当然 社会 大きく 小さな 晩年 電子 生きて 思ってい 走れメロス 参照 重要 検索 少ない 亡くなっ 完全 江戸川 谷崎 先輩 突然 言った 予定 感動 参加 一日 自体 読んでい 自己 見つけ 精神 游記 最後 一緒 見ると 面白かっ 映像 非常 変化 杜子 作家 羅生門 新潮社 機会 感情 放送 表紙 予想 上海 一応 第二 部屋 気がする :芥川 画像 普通 対して 考えて 言える 年齢 運命 時間 可能性 気がし 分かっ 個人的 其處 何だか 本来 受賞 残念 題名 行動 直接 今まで ニュース ドストエフスキー 直前 刊行 改めて 見れば 集英社文庫 生まれ 昭和 出来事 自信 帰って 聞いた 発展 記述 北京 意見 のかもしれない 演技 加藤 納得 私には 解釈 ゲーム 三十 地獄変 進んで 吾輩 収録 演劇 並んで 編集 ロシア 思っている 掲載 一生 歩いて 購入 出版社 向かっ 我々 底本 文中 明治 同様 正確 将来 文字 嬉しい 大量 紹介 十七 思うの 呼ばれ 心理 アニメ かも知れない 松本 ファン 最新 ではありません 入った 龍之介など 新潮文庫 感じた 推定 数学 発売 感想文 傾向 発行 方法 書いている 思っていた 菊池寛 注目 通常 思いまし 比較 作業 決まっ 気づい 上海游記 歯車 感じる 推理 老人 大変 微笑 杜子春 出かけ 運動 死んで amazon 完成 十四 良かった 自殺 仮名 活字 掲載され 注意 会話 本を読んで 悲しみ 結構 インターネット 知らな 中島 出來 現代 サイド 地図 久々 正字正仮名 多分 海軍 機能 借りて 言うの アップ 青春 問題 入れて 入学 だと思います 文体 レベル 役者 今回 発言 思いました 言っている 始まっ 皆さん 合わせ 終わり 行った 樋口 分析 河童 公式 現代語訳 丁度 向かう 死者 ありがとうござい 始めた ウィキ 同名 コメント 出会 出てき
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.153 0.532 0.034 0.497 0.197
    僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 529035.5000006546

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発