13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    微生物学

    学術 科学 関連語 熱力学 季節性
    0 .
  • ○■ 微生物学

  • ○■ そして、そういうところに「手を抜く」ような仕事はしたくないと考えています

  • ○■ しかし、講義を聴いているうち「なるほどなー!知って良かった!」 と思うようになり、すごーく興味が湧く授業の一つになりました

  • ○■ il-6は、il-6受容体のgp130(シグナル伝達性サブユニット)を介して、stat3を介するシグナル伝達経路と、shp2/gab/pi3k/mapkを介するシグナル伝達経路とを活性化させる

  • ○■ ---------------------------------------------------- tgf-βが誘導するfoxp3はrorγtの機能に拮抗することでth17細胞の分化を抑制する . (title in english; ).liang zhou1, jared e. lopes3,4, mark m. w. chong1, ivaylo i. ivanov1, roy min1,2, gabriel d. victora1, yuelei shen1, jianguang du3,4, yuri p. rubtsov5, alexander y. rudensky5, steven f. ziegler3,4 & dan r. littman1,2

  • ○■ ---------------------------------------------------- 学術講演2 サイトカインシグナルによるヘルパーt細胞の分化制御:特にth17とitregを中心に 吉村 昭彦 教授慶応義塾大学医学部微生物学・免疫学教室

  • ○■ ----------------------------------------------------

  • ○■ とりあえず簡単に今学期を見ていくとしよう

  • ○■ )ノ2は微生物学だそうな(-_-)集会での校長の話が、いろいろおかしくてうけた

  • ○■ さて、今学期から専門科目が本格的に始まりました

  • ○■ 微生物学プリント 一通り終わった〜♪

  • ○■ 低濃度の場合、tgf-βはインターロイキン(il)-6とil-21との相乗効果によって、il-

  • ○■ h17とitregは共生と同時に相互に抑制しあう複雑な関係にあるth17誘導性サイトカイ

  • ○■ タミフル耐性になっても効果が期待できる」と話している *******

  • ○■ までとりあげて紹介する---------------------------------------------------- 会話・言語と遺伝子(

  • ○■ おいてはtnfα (tumor necrosis factor α)、in。γ (interferon

  • ○■ (icu) infections including the role of the infecti

  • ○■ ドグマとされてきたth1/th2の概念にここ数年大きな変化がもたらされている新しいエフェクターt細胞

  • ○■ 抑制すること、一方il-6はfoxp3の誘導を抑制することでro。。tの活性を高めることでth17分化を促進することを見いだしたこのようにth17とitr

  • ○■ ----------------------------------------- 『rna編。酵素であるadar1はbcl-6に抑制され、そのbcl-6と拮抗するblimp-1は生殖細胞の遺伝子

  • ○■ -4はそれぞれstat1,stat6を活性化し、th17を抑制する -------

  • ○■ 性サイトカインil-6,il21,il-23はすべて転写因子stat3の活性化し、stat3がth17分化に絶対的に必要である一方th1サイトカインであ

  • ○■ 分。誘導にはil-6+tg。βが必要であり、tg。βによって誘導されるro。。tがth17誘導のマスター転写因子であるしかしtg。βは単独では

  • ○■ することで抑制性t細胞(treg)のマスター遺伝子として有名なfoxp3を誘導するこのようなtgfβで誘導

  • ○■ 胞を誘導型抑制性t細胞(inducible regulatory t cell; itreg)と呼ぶ我々はプロモーター解析の

  • ○■ して実験的自己免疫性脳脊髄炎(eae)の発症に関する研究から発見され、現在では真菌や細胞外細菌の排除、炎症性腸疾患や関節炎リウマチにおいても重要な役割を果たすことが知られている試験管内においてはt

  • ○■ ------- 学術講演2 サイトカインシグナルによるヘルパーt細胞の分化制御:特にth17とitregを中心に 吉村 昭彦 教授慶応義塾大学医学部微生物学・免疫学教室これまで長らくヘルパー

  • 研究 細菌 教授 化学 毒性 授業 細胞 内容 ウイルス レポート 昨日 患者 効果 予定 一方 人間 単位 必要 時間 物理 終わっ 作用 原因 一般 講演 参加 組織 期末 場合 思います 生成 参考 示唆 明らか 高校 転写 cell 日本 自然 物理化学 結果 皮膚 可能 観察 世紀 役割 我々 構成 勉強 学術 中心 人体 公衆 非常 対応 前期 季節 抑制 解析 仕方 最終 環境微生物 発症 概念 活性 接触 以外 期待 頑張 異なる 合格 終わった 関係 感染 変異 比較 提案 獲得 産生する 現代 確認 不足 少なく 位置 研究室 変更 対策 変化 知られ 自己 報告され 方々 始まり 上がっ 全国 サイトカイン ブログネタ チーム 効果がある 使用 話題 存在する 考えられて 午後 発表 インフルエンザ 相互 良かっ 排除 関わる ofthe 気がし 予防 最後 思って 言えば 試験 変わらない 目指 参加中 テスト として有名 発見され 考えられる 気がして 現在 呼ばれて 読んで 発見である 意味 起きて 紹介 言葉 世界 考えられてい 考えて 感じです うと思います 食べて だと思います 思ってい になっています
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.027 0.143 0.558 0.029 0.529 0.202
    僅かに強い僅かに強いやや弱い僅かに強いやや弱い僅かに強い
    total 45773.299999997755

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発