13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    イトカワ

    学術 科学 関連語 はやぶさ JAXA 小惑星 燃え尽き イオンエンジン 小惑星探査機 小惑星イトカワ 微粒子
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 .
  • ○■ 2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、2005年夏に小惑星イトカワに到着

  • ○■ トラブルを起こしていた小惑星探査機「はやぶさ」は、11月11日の試験で推力の回復を確認

  • ○■ 7年間、60億キロに及ぶ宇宙の旅を終え、6月に帰還した小惑星イトカワ探査機「はやぶさ」の帰還カプセル(実物、もちろん世界にひとつしかありません)を見て来ました

  • ○■ 惑星探知の衛星「はやぶさ」のこと

  • ○■ 小惑星イトカワに軟着陸したのは良いけれど制御系統やエンジンの故障などで6。距離ぐらいでよいところをその10倍も宇宙をさまよってしまったらしい

  • ○■ そして、1回目の練習ですが、「はやぶさ」君は、途中で練習を中止したのです

  • ○■ 【50億キロの旅路「はやぶさ」帰還へ】(上)小惑星へ2度の“着陸”

  • ○■ 19年ごろ地球に戻り採取物質を収めたカプセルを地上に投下する

  • ○■ カプセルを開けて見なければ分からない

  • ○■ はやぶさのように、資金も環境も一番ではなくとも、一番の成果を目指さないと

  • ○■ 大気圏突入後、本体が燃え尽きながら、強い光を放って地球に戻ってくる様子には感動を覚えました

  • ○■ カプセルを発射するときははやぶさは地球に背中を向けている状態やったらしい

  • ○■ イトカワ(新聞紙を丸めて整形し、灰色の折り紙を貼りました)

  • ○■ 新幹線の「はやぶさ」も話題ですが、はやぶさブームの火付け役小惑星探査機「はやぶさ」も、快挙に次ぐ快挙! 無事帰還(そして炎上消滅(泣))した上に、イトカワで回収したカプセルの中に、地球外の成分が確認されたと!!

  • ○■ 6/26(土)のamはおよそ 4週間 ぶりに 名古屋市科学館 を再訪問

  • ○■ jaxa(宇宙航空研究開発機構)のサイトでもはやぶさ君の冒険日誌なんてのもあってはやぶさ自身が語ってくれている

  • ○■ 2010年6月13日22時51分、60億kmもの旅を終え、大気圏に突入、本体は燃え尽きた

  • ○■ タグ: 国際・政治情勢

  • ○■ 「 はやぶさ 」は 太陽電池 で通信を行っていたので、パネルが太陽に向かわないと通信ができない

  • ○■ はやぶさは最期のお仕事を始めました

  • ○■ 宇宙航空研究開発機構(jaxa)によると、はやぶさは午後10時50分ごろ(日本時間)、大気圏に突入、カプセルが加熱されて輝く「火球」がウーメラ砂漠で観測された

  • ○■ カプセル内にイトカワの砂、入ってるといいですね

  • ○■ はやぶさは7年で60億kmの旅をしたそうですね

  • ○■ その中で、胸がすくような、かつ熱くなるような、けなげなはやぶさの物語

  • ○■ 大気圏に突入してオーストラリア上空で燃え尽きた『はやぶさ』が、長い旅をして送り届けたカプセル

  • ○■ はやぶさのカプセルから微粒子を採取

  • ○■ ここ数日、 ニュース など見ている暇がなかったのですが、なんと、はやぶさ君、イトカワから何か持ってきたかもしれないそうです

  • ○■ 2009年1月24日の 『この星に、確かな未来を…( )』の中でふれた小惑星探査機「はやぶさ」が7年の冒険航海から無事に戻ってきましたね

  • ○■ 宇宙開発機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャーは次のように語った

  • ○■ 戦争が終わってから17年しか経って居ない時代の作品ですから「万歳」とか「玉砕」と云った感性がまだ 日本人のメンタリティーの中に残っていた事が感じられますが、今回の「はやぶさ」の偉業は「ゴラス」に 登場する「隼」を確実にイメージしていたのであろうと・・・、大気圏突入時に燃え尽きる映像を見て 感じました

  • ○■ はやぶさは落下の3時間前に、小惑星「イトカワ」から持ち帰ったカプセルを分離し、本体は大気圏内で燃え尽きる

  • ○■ 「世界初」の技術をいくつも盛り込んだはやぶさは、数々のトラブルに見舞われた

  • ○■ イトカワ自体、日本人が発見したんだしな

  • ○■ はやぶさの無骨なフォルムは、正直恥ずかしいとも思っていた

  • ○■ 探査機「はやぶさ」は地球から3億キロメートル離れた、小惑星「イトカワ」に2005年6月に着陸した

  • ○■ タグ: infinium β 000:コニカミノルタプラネタリウム 052:一方向傾斜 082:博物館併設 032:プラネタリウム(島根県) hayabusa -back to the earth-

  • ○■ はやぶさ飛行7年60億キロの旅を終えて地球に帰還した

  • ○■ イトカワ帰りのハヤブサ

  • ○■ 小惑星イトカワも詳細に描かれていて、あのじゃがいものような惑星が、どうなっているのかもよく分かりました

  • ○■ 小惑星探査衛星「はやぶさ」が還ってきた

  • ○■ はやぶさは2003年に打ち上げられ、05年11月、イトカワに着陸

  • ○■ 「はやぶさ~」内にもストーリの流れを考慮した秋の星座解説が含まれているが、それとは別に番組前半にライブによる短めの星座解説が追加されている

  • ○■ なんと言っても、7年60億キロの旅を終えて帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のニュースが

  • ○■ 空研究開発機構は9日、小惑星探査機「 はやぶさ 」の最後のエンジン噴射に成功したと発表した

  • ○■ たいですが、悲しいことに「はやぶさ」本体は大気圏突入時に燃え尽きてしまいましたそして、ここからが

  • ○■ カプセル内の微粒子が、小惑星「イトカワ」のものだったと発表した』ということですさらに『

  • ○■ NULL 2003年に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ」は、2005年夏に

  • ○■ 地球帰還が危ぶまれていた日本の小惑星探査機「はやぶさ」.しかし,地上スタッフは諦めていなかった.

  • ○■ この分厚い新書は、日本のロケット開発の歴史=糸川教授の生涯と、彼の組織である「宇宙

  • ○■ 跡の帰還」を果たした小惑星探査機「 はやぶさ 」をめぐり、 宇宙 航空研究開発機構(jaxa)

  • 探査機 大気圏 着陸 日本 探査機はやぶさ サンプル 機はやぶさ 小惑星イトカワ 微粒子 小惑星 小惑星探査機はやぶさ 研究 軌道 帰還 機構 天体 航空 ニュース 太陽系 可能 カプセル 開発機構 ロケット 宇宙航空研究開発機構 快挙 可能性 本体 ウーメラ 入って 結果 予算 地球 計画 帰って 仕分 大気圏突入 帰還した 砂漠 人類 関係 jax 火星 表面 億キロ 満身 途絶 姿勢 見つかっ 発表 日本人 状態 装置 チーム 運用 事業仕分 成功 距離 earth プラネタリウム 採取 大気圏に突入 到着 成果 戻って 搭載 以上 思います 落下 糸川英夫 紹介 ウーメラ砂漠 岩石 無事 行方 模型 判明 燃料漏 打ち上げられ 物語 子供 史上 採集 一郎 到達 見える 見舞 上空 努力 判断 nasa 機体 最初 03 入っている 中身 ブログ スタッフ した小惑星 印象 光学 発射 東京 午後 国民 会見 岩石採取 思った 頑張 見つかった タッチ ワールドカップ 非常 上映 今回 小さい 人々 アメリカ 星座 年月 歴史 地表 回収 backtothe 想定 終了 世界初 大きさ 技術 いる可能性 同様 意味 博士 天体に着陸 hayabusa 自身 11 川口淳一郎 残念 イトカワの岩石 特徴 帰ってきた エンジン 年前 大きく 果たし 分かっ 開封 分かり 最後 困難 指示 理解 映画 民主党 以外の天体 位置 分かる 嬉しい 直後 した小惑星探査 開始 南部 再現 削減 イトカワに着陸 詳細 成分 月日 命名 通信途絶 大幅 した小惑星探査機 始まっ 小惑星イトカワの岩石 可能性がある 終えて 気持 彗星 美しい イメージ 対象 引用 化学 明るい 撮影 機能 ヘリコプター 以降 0億キロ 貴重 併設 比較 施設 ている可能性 リンク 出力 回収され 写真 着地 推進力 中心 帰還した小惑星探査機 同時 使って 機械 場合 一番 アンテナ 向けて 名前 舞い上がっ 7年間 地球に帰って 日本の技術 期待 ある程度 記者会見 良かった 研究者 最新 生まれ 対する 着陸した 太陽光 調べる 燃え尽きて 輝度 向かっ 落とし かもしれません 補足 瞬間 手持ちポインタ 60億キロ 本体は大気圏 照明 打ち上げた 2003 夜空 後継 失敗 試料 公転 muses 梅雨入 事実 打ち上げから はやぶさのカプセル オーストラリアのウーメラ 打ち上げられた 降下 発展 ライブ スイングバイ した小惑星探査機はやぶさ 宇宙研 正常 世界初の快挙 放出 事前 光学機 組み合わせ 当然 旅を終えて 帰還した小惑星探査機はやぶさ 成功した オーストラリア 今月 電池 小惑星イトカワの岩石採取 月以外の天体 ドーム照明 科学 専門 変わっ マスコミ 訪問 地球に帰還する 砂が入って 入っている可能性 採取でき 一方向 確認 評価 改めて 帰還する 初期 企業 組成 帰ってくる キャンパス 考えられ 最大 行われ する予定 今日 運動 14 銀河 戻ってくる
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.167 0.539 0.030 0.506 0.162
    やや強い少し弱い少し弱いやや強い少し弱い強い
    total 196773.7000000442

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発