13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    捜査報告書

    政治 国際 関連語 民主党 小沢一郎 陸山会 検察審査会 石川知裕 陸山会事件 強制起訴 無罪判決
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ たある幹部は「再聴取時、2人(石川議員と田代検事)の間では勾留中の取り調べ内容が『大前提』となっていたそれが(報告書に誤って

  • ○■ による執拗な捜査の末、2度にわたって「不起訴」と判断されたそれでも検審によって強制起

  • ○■ が無くなった そして、陸山会事件は担当した検事が法廷で「検察の妄想」による壮大な虚構と証言したように、捜査当局による「でっち上げ」である 検

  • ○■ 検察のでっち上げだから、証拠が無く、起訴出来なかった だから検察は捜査

  • ○■ いったい誰に見せるために、自分宛の資料に入念に手を加えたのかしかもこの斎藤報告書は、

  • ○■ 検察審査会の起訴議決は、法廷での事実確認を要請するものだ判決は無罪である裁判で

  • ○■ はグレー』などといわれるが、検察内ではむしろ『よく書けている』という評価だまだるっこしい書き方だが

  • ○■ の無効は認めなかったが、検察の捜査手法を厳しく非難した弁護側が再度、棄却を

  • ○■ つの意味を見だすとすれば、検察がひた隠す「真実」がさらに明らかになる可能性が生まれたことだけだ 今西憲之氏+本誌取材班

  • ○■ うだろう裁判が続くことで、最も困るのは検察かもしれない一審で問題になった捜査報

  • ○■ を提出するのは難しいし、提出できたとしても、裁判所が採否を決める際のハードルは高い一審と同じ証拠で審理

  • ○■ 、無罪という結論以上に、我々があれほど捜査に力を入れた『水谷建設からの闇献金』疑惑が一蹴され、4億円は小沢氏の個人資産と認定されたのが痛い検察としては、もうこれ以

  • ○■ 査報告書の虚偽記載疑惑など、彼らが闇に葬り去りたい 不祥事 が蒸し返される「もうやめてほしい」という

  • ○■ た検審の「議決書」で、内容・論点ともに大幅に引用されているのだ 先の検察幹部の不安

  • ○■ くは起訴猶予処分としたうえで、人事上の行政処分で済ませようという流れができているそれなのに高裁で新たな

  • ○■ 上告を検討する場合には、上級庁との協議を重ねて組織として結論を出すしかし、検審による強制起

  • ○■ 可能性もある」としているが、一審で争点や証拠を絞り込む「公判前整理手続き」を経た控訴審で、新たな証拠を提出するには「やむを得ない事情」が必要になるさらに最高裁は今年2月

  • ○■ した西松建設事件は、結局、ダミー団体ではないと検察側証人が法廷で証言し、裁判から撤退 裁判自体が無くなった

  • ○■ れたのが痛い検察としては、もうこれ以上、引きずられたくないという思いなんです6月で退任する予定の

  • ○■ れる可能性があるそうなれば、また世間の批判を浴びるでしょう検察内部では5月中にも

  • ○■ による強制起訴の裁判では、たった3人の指定弁護士が密室の議論で控訴を決めてしまう よく考えてほしい小沢

  • ○■ 検審によって強制起訴され、その結果が「無罪判決」である しかも、今回の判決

  • ○■ ついてさえ「単なる形式的、その場しのぎ的なもので、悪質な 隠蔽・偽装工作 ではなかったとしているのだ あれだけ宣伝された小

  • ○■ 再度、棄却を主張すれば、これらの報告書の問題が浮上するのは目に見えている佐久間、斎藤両氏ら当時

  • ○■ が再三、報じてきたように、この陸山会裁判に 正義 はない不毛な茶番劇は、国民

  • ○■ まだるっこしい書き方だが、あらゆる点についてキチンと判断している新証拠が望めない以上、

  • ○■ で無罪判決が出た以上、「推定無罪」の原則はより強く尊重されなければならない従って、小沢一郎衆議院議員

  • ○■ さらに最高裁は今年2月、「事実認定が経験則や論理法則からみてよほど不合理でない限り、一審を尊重すべきだ」との判断を示している 「指定弁護士が新証拠

  • ○■ 、目算が狂ってくる検察の最大のアキレス腱は、本誌が前号、前々号と2回にわたってスクープした検察の「極秘捜査報告書」の存在である 検察審査会(以下、

  • ○■ 報告書」の存在である検察審査会(以下、検審)が小沢氏に1度目の「起訴相当」議決を出した直後2010年4月末から5月中旬にかけて作成された計6通の報告書は、その後、検審に資料として提出さ

  • ○■ 驚いていたそうですから」 検察上層部の間では、笠間検事総長の勇退を機に、もろもろの 懸案事項 にカタをつけ、心機一転、新体制につなげたいという思惑があるとも伝え聞くしかし、小沢氏控訴となれば

  • ○■ の利益ももたらさないのだ控訴の報を受けて、法務省や検察の内部からは、 「もう終わりにしてほしかった・・・」 との声が漏れたという それはそうだろう裁判が

  • ○■ ジか」」:イザ! 小沢一郎民主党元代表(69)の公判に絡む証拠資料のインターネット流出が

  • ○■ 幅に引用されているのだ先の検察幹部の不安は、決して杞憂ではない 小沢氏の弁護側は一

  • ○■ 方 の問題にすぎない先の検察幹部はこう語る 「一審判決をめぐって、

  • ○■ 請することもできるのである元検事の郷原信郎弁護士もこう指摘するのだ 「一審で、捜査報告書

  • ○■ なのです」(同前) 事実、本誌の報道以降、報告書をめぐって見過ごせない問題が浮上している 当時の佐久間達哉特捜部

  • ○■ 返すことは難しい」 世間で「悪党」のイメージが強い小沢氏だから、なしくずしで許されているが、今回の控訴は、日本の刑事訴訟制度の根幹を揺るがしかねない 事件 なのだ 控訴審が始まるのは

  • ○■ ポイントになり得る」 一方で、いざ控訴審になったところで、指定弁護士側が打てる手立ては限られている控訴した9日の会見で

  • ○■ 可能だと判断した」 と強弁したが、司法関係者の間では「控訴審で有罪になる可能性は低い」との見方が大勢だ 指定弁護士は「補充捜

  • ○■ が「無罪判決」であるしかも、今回の判決では、当初から検察が狙っていた「ゼネコンからの裏金」どころか、政治資金収支報告書の「期ズレ」問題ですら、小沢氏の「故意」を明確に否定している 認定された

  • ○■ ではなかったとしているのだあれだけ宣伝された小沢氏の巨大疑獄事件は、いったいどこへいってしまったのかいま問われているのは結局

  • ○■ 頭を抱えるまさかの控訴陸山会「茶番」裁判は笑止千万『週刊朝日』 5/25号 20

  • ○■ 月9日20:32 ============================================== ◆ 【政治的事件の政治的判決】田中良紹の「

  • ○■ 審が2010年4月に1回目の「起訴相当」を議決した後の再捜査をまとめたものチャートや表

  • ○■ 011-12-16 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア 証人「話すと5、6時間かかりますが、端的

  • ○■ じゃないのか! 「weblog」カテゴリの最新記事 危険すぎる! 小沢叩きは 突っ込む 見

  • ○■ 暗い ================================================= ◆ 検察の敗北 「特。体質」敗因に / 巨悪

  • ○■ ========= ◆ 検察も頭を抱えるまさかの控訴陸山会「茶番」裁判は笑止千万『週刊朝日

  • ○■ 2011-12-17 | 政治/検察/裁判/小沢一郎/メディア ================

  • 検事 起訴 裁判 検察審査 判決 小沢一郎 控訴 不起訴 田代 強制起訴 田代政弘検事 最高裁 政治 弁護士 事件 証拠 虚偽 明らか 公判 裁判所 石川 代表 小沢裁判 地検特捜 事実 有罪 権力 法務 東京地検特捜 山会 過程 指摘 最高検 作成 今回 間違 山会事件 証人 不当 朝日 無罪判決 起訴相当 責任 明らかに 可能性 国会議員 主張 冤罪 関係 告発 以上 自体 問われ 権限 佐久間 収支報告書 審査員 石川知裕衆院 悪用 元検事 検審 無効 法治国 言われ 手続 石川議員 会見 議決 政権交代 尊重 検察審査会 主義 人権 日刊 白日 結局 指定 最新 改正 十分 犯人 意味 強調 虚偽捜査報告 献金 国民 週刊 控訴する 小沢氏 上層 目的 カテゴリの最新 スクープ 内部 大室俊三 勾留 反訳 裏金 郷原 隆博 不合理 強弁 八木 以下 判明 控訴審 絶対 東京地裁 特捜部長 段階 この裁判 虚偽記入 被告人 小沢元 再捜査 見立 司法 言葉 小沢起訴 検察幹部 笠間治雄検事総長 民主党元 政治的 検察裁判小沢一郎メディア 本当 工作 虚偽有印公文書 起訴する 矛先 分かり 元特捜 当時 意図 組織ぐるみ ◆検察 政治検察裁判小沢一郎 独立 報告書を作成 衆議院議員 田代検事 年月 真実 民主党 議論 今度 間違いない 国策 執拗 茶番 本誌 提出 このブログ 市民 テレビ 一切 西松建設事件 八木啓 判決を不服 場合 我々 今日 認識 攻める 場面 同年 受けて 人権侵害 根底 一人 一審 対象 従って ジャーナリスト 悪あがき 違法 最後 刑事被告 出来 政治資金収支報告書 陸山会 根幹 検事から グレー 解除 記憶 小沢無罪 読んで 可視 民主党の小沢一郎元代表 政治家 不思議 事実上 重大 控訴権 ウソの捜査報告 最高裁事務 考えて 司法改革 勢力 手法 難しい 強制起訴され 全面 読売新聞 仕方 捏造捜査報告 作成され そもそも検察審査 日本 証言した 義務 このブログの人気記事 徹底 法廷 前田 見方 支持 確認 始まった 明らかになっ 人間 アメリカ 影響 不正 捜査資料 検事が不起訴 最初 引用 日刊ゲンダイ 導入 実際 配信 録画 今回の控訴 生命 生活 告発され 背景 開かれ 首相 小沢一郎民主党元 検事不起訴 自信 実現 道義 受ける 事情 価値 強大 手立 隆博副 検察官役の指定弁護士 大前提 前田恒彦 推認 同時 一方 故意 ウンザリ 犯人隠 否定 書かれ 不祥事 機密 控訴して 虚偽記載 検察上層 仕事 以降 検察内部 した検察 自由 架空 親分 了承 示唆 小沢氏の無罪 偽装 一般 不可解 大事 不自然 最高裁長官 最大 上級庁 主任 公判維持 暗黒裁判 有力 理念 相手 訴訟 聴取 形式的 疑われ 決定的 元秘書石川知裕衆院議員 サンデー毎日 推定 説明
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.025 0.159 0.561 0.012 0.527 0.148
    やや強い少し弱い少し弱い強い少し弱い極めて強い
    total 57048.89999999056

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発