13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2873 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2231 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 936 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 276 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 462 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 187 )     生活 ( 266 )  


    カラマーゾフの兄弟

    書籍 関連語 罪と罰 ドストエフスキー 亀山郁夫
    0 . 1 .
  • ○■ 亀井郁夫氏訳「カラマーゾフの兄弟」2巻目に入りました

  • ○■ 自分の希望を議会にかけ審議する機械”ミニ国会”を出してもらったのび太は、次々無理難題を提出し、容量オーバーの機械が最後に「カイサン!!」って言って壊れちゃうお話でした

  • ○■ ドフトエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』を読みはじめました

  • ○■ タグ: 旧約聖書詩編

  • ○■ だからこそ努力は無駄ではありません

  • ○■ そして昨日→今日(木→金)はリトアニア のa君と2時間くらい喋ってました

  • ○■ そう、表題に戻りましょう

  • ○■ しかし、第4聯の冒頭は「とは言うものの」となっていて、明らかに1・2聯を踏襲する旋律が戻っている

  • ○■ 「親バカ」という奴ですね

  • ○■ また、こう申すのですよ

  • ○■ 「カラマーゾフ」では長老の牧師さんがでてきますが

  • ○■ ……とどやされた記憶があります

  • ○■ 「マルグリット」そして、雪組さんの「カラマーゾフの兄弟」以来のアクトです

  • ○■ 「カラマーゾフの兄弟」を読んで、人生の深さと愚かさについて考えてみるつもりです

  • ○■ 雪組副組長・ハマコ(未来優希)サマ… 実は、私は昔から、ハマコサマのファンだったのですが、 『カラマーゾフの兄弟』では、ス〇〇丸出しの、〇〇らしさ満点の演技で、 なんと!!となみサマの〇人役でした…(`3´)/ (^〇^)ノ

  • ○■ カラマーゾフの3兄弟それぞれの動きであるとか 会話であるとか、事細かく書き表わしてあり 最初は、名前さえ覚えられなくて、メモ片手に 読み始めました

  • ○■ カラマーゾフの兄弟のdvdって、音楽がバシュメットのノーヴァヤロシアなんだ

  • ○■ 「 カラマーゾフの兄弟 」の新訳版を読み始めた

  • ○■ 蜜柑』、『蜘蛛の糸』と『カラマーゾフの兄弟』論』 関。収/鳥影社 三編の論文

  • ○■ ソワ・ポワリエ(内田樹訳)『暴力と聖性--レヴィナスは語る』国文社、1991年 ----- そう

  • ○■ わらずの秋となりそうだ『カラマーゾフの兄弟』続編を空想をする」亀山郁夫著(光文社新書)を読む

  • ○■ /『やし酒飲み』/『アブサロム、アブサロム!』/「熊」/『暗夜』/『変身』/『戦

  • ○■ ようやくドフトエフスキーの『 カラマーゾフの兄弟 』を 亀山郁夫 さん訳で読み通した自分で

  • ○■ ねても「白痴」「悪霊」「カラマーゾフの兄弟」 嫉妬を描くf・トリュフォーを思う 泥沼

  • ○■ がえのないものです」けれども「私たちは全員をひとしく愛することができません……」わけなんですね だからこそ、愛とは「

  • ○■ コンビは相性抜群でした「カラマーゾフの兄弟」でシベリアへ送られる時に着てらした寄木細。柄お

  • ○■ 感動したなあ」 そのあと「カラマーゾフの兄弟」中を発見したのでまたびっくりした (p177)

  • ○■ 少しでも触れるがはやいか、自分はその人の敵になってしまうでもそのかわり、個々の人

  • ○■ とえ幸せにたどりつけなくても、自分の道はまちがっていないということを、忘れずにいるのですよそして、その道からはずれ

  • ○■ 、褒められたい一心から、自分の命まで投げ出してしまうことになりかねません それに対して実践的

  • ○■ っています彼は隣人として、最初に来た人として、私にかかわっています彼はまさにかけがえのない人

  • ○■ うことも避けなさいもっとも、恐怖というのはありとあらゆる嘘の結果にすぎませんがね 実践的な愛を成就

  • ○■ るわけです彼の顔のうちに、彼がゆだねた内容にもかかわらず、私は私あてに向けられた呼びかけを読みとりました彼を放置してはならない、

  • ○■ たような秩序のうちにあるとき、他の人間は、彼がおおぜいの人間たちの間で占めている位置とはいったん切れて、私とかかわっています私たちが個人として人類全

  • ○■ が他人であれ自分であれ、人を毛嫌いするということは避けなさい自分のなかで忌まわしいと

  • ○■ んなるあなたの夢で終わり、人生はまぼろしのように過ぎ去ってしまいますそのうち、来世での生活

  • ○■ していると思えますここで、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」やトルストイをじっくり味読するという行為は、

  • ○■ たがねその人が申すには、わたしは人類愛に燃えているが、自分に呆れることがあるというのも人類一般を好き

  • ○■ のは空想的な愛とくらべて、なにぶんにじつに残酷で恐ろしいものだからですよ空想的な愛は、すぐに

  • ○■ 避けることですどんな嘘も、とくに自分自身に対する嘘は自分が嘘をついていないか

  • ○■ なるほど、個々の人間を、ということはつまり一人一人を個々の人間として愛せなくなるからだ、と自分は夢のなかで、人類

  • ○■ でだれかとともに過ごすことは、たとえ二日でも耐えられない、それは経験でわかるだれかが自分の近いところ

  • ○■ 忌まわしいと思えるものは、それに気づくだけでも浄化されるのですから恐れるということも避けなさ

  • ○■ をなさればよいのですそうすれば、それだけの報いはあるのですあなたはもうたくさんのことをなさ

  • ○■ 自分の近いところにいると、それだけでもその人の個性に自尊心をつうされ、自由を圧迫されてしまうどんなによい人でも、自分

  • ○■ 忘れずにいるのですよそして、その道からはずれないように努力するのです大切なのは嘘を避けるこ

  • ○■ だからですよ空想的な愛は、すぐに満たされる手軽な成功を求めて、みんなに見てもらいたいと願うものですそうなると、成功に手間

  • ○■ 不意に必要が生じれば、じっさいに人々のために十字架にかけられてもいいとまで思うと申すのですそのくせ、同じ部屋でだ

  • ○■ 世での生活のことも忘れ、しまいにはなんとなく自分に安住しておしまいになることが目に見えています」 「返すことばもありません!いま、この瞬間になってわたしはやっと悟りました感謝されないことに堪えられ

  • ○■ またある人は鼻かぜをひき、しょっちゅう鼻をかんでばかりいるからといって また、こう申すので

  • 光文社 言葉 存在 亀山 古典新訳文庫 今回 光文社古典新訳文庫 読んで 読んだ 関係 著者 悪霊 結局 最近 思った 哲学 白痴 相手 図書館 ドストエフスキー 思って 映画 生活 物語 再読 自身 授業 フランス 読める 音楽 必要 実際 --ドストエフスキー亀山郁夫訳カラマーゾフの兄弟 販売元 amazoncojp かもしれません 否定 最初 全体 審問官 自分 新潮文庫 同時 部分 倫理 対して 読了 聖書 卒業 全部 村上 独立 終了 光文社年 作者 空想 細君 シェークスピア 憎しみ ブログ サイト 大事 恐怖 メンバー 感謝 一緒 伊坂 雪組 主人公 発売 時点 期待 新しい 漫画 少年 紹介 出てくる 途中 満たさ フランソワ 求めて 大審問官 思ってい 生まれ 宇治家参去 日本人 記憶 印象 子ども ありがとうござい 気がし 議論 変わっ 無理 積極的 比較 感情 気分 戦争 場合 残念 思うの 最後 美しい 目標 良心 ではありません 本日 評価 誠実 読んでい 面白かっ シーン 肯定 詳細を確認する 勝手 テーマ 予定 のかもしれません 参加 注文 amazoncojpで詳細を確認する 言えば 書かれ 以下 愛する という言葉 分から 東京 虐げられ 読もう 出現 解放 勉強 感じです なければならない カラマーゾフの兄弟光文社古典新訳文庫 一方 感動 個性 運命 遭遇 次々 言って 販売元:光文社amazoncojpで詳細を確認する 発見 事態 他人 うと思います 息子殿 私たち 可能性 になってしまう 編集 少なくとも 本気 ショー システム 色んな 実感 読み終わっ 生きている 思うん 見えて 企画 結婚 読むこと 記録 正直 全員 考えて 公開 分かり 思いまし 昨夜 不安 大きい 仕事 基本 雰囲気 前回 開始 生まれた 水さん 耐えられ 絶対 知って ……という 描かれ 読んでいる 久しぶり 使って 好きです 終えた 不可能 持っている 何回 読んでない たいと思います という意味 聞いて ようになりまし 読むの することができ その意味 開いた ということです ような気がし 思うのです 化する 思いました 自由 しなければなら 思っています 作品です 人たち 気がして 落ちて ありがとうございます 説明 にもかかわらず 的には ……など 書かれて わけではありませ 好きだから 話です 入れた 思わない 私たちが 願いします ことができません 気になっ ではありませんが 気がする 思ったん てはなりません だと思います なっておりました かと思います 出てきて ていないという
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.044 0.171 0.515 0.039 0.469 0.196
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い強い僅かに強い
    total 97819.99999997143

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発