13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    塩野七生

    書籍 関連語 ヴェネツィア 新潮社 ローマ帝国 カエサル 新潮文庫 ダ・ヴィンチ ローマ人の物語
    0 .
  • ○■ 塩野七生

  • ○■ そろそろ、。。ないと・・

  • ○■ 正直な話をすると、まあ今までの塩野七生の著作やその他の歴史関係の本でマキャベリの思想自体は大体知っていたが、この序文は価値があった

  • ○■ ちなみにトルコ旅行前に塩野七生さんのその名も <コンスタンティノープルの陥落>って本を何度も読んで&旅行にも持って行きましたけど いやー、役に立ちました

  • ○■ 「ローマ人の物語」シリーズを全巻読もうと思っています

  • ○■ 塩野七生著「ローマ人の物語」を読むと、アルメニアという国が盛んに出てくる

  • ○■ ただできれば、こういう中世初期をテーマにした日本人著者の新書がより多く出て欲しいですが

  • ○■ (そういえば塩野七生の本にありましたが、こういうのは古代ギリシアの哲学者の好んだ叙述形式らしいですね)

  • ○■ 塩野七生風に言えば、「いまだにローマ帝国は滅んでいない」ということである

  • ○■ しかし、理由がしっかりとしていて、なるほどと思わせられる

  • ○■ 読み始めた本 塩野七生『ルネサンスとは何であったのか』新潮社 2001 この本が出てすぐに買って読んだのに全く内容を忘れている

  • ○■ 当主は本当にこの4年生の児童が「 ローマ人の物語 」を読めるのか確かめたかったのだろう

  • ○■ 塩野七生著『海の都の物語5』の中から第十一話二大帝国の谷間でより抜粋引用

  • ○■ 林秀雄の本居宣長と塩野七生の「ローマ人の物語」文庫第一巻をちゃんぽんで読んでいましたその間、a

  • ○■ ・・・”と勧められたのが塩野七生著「ローマ人の物語」です 早速購入し、第一話「

  • ○■ わりの... 書評:塩野七生『ローマ人の物語:パクス・...

  • ○■ 人の物語〈1〉― ローマは一日にして成らず新潮社 1992-07売り上げランキング

  • ○■ 2001) 63.チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷(塩野七生 新潮社 1982) 64.トム

  • ○■ クトにまとめたものすでに『ローマ人の物語』を読んだ人には復習的に、未だの人は予習のつも

  • ○■ みされているのをよく見掛ける『ローマ亡き後の地中海世界』(塩野七生)のデザインが、なんか社会科の副

  • ○■ み始めた本 塩野七生『ルネサンスとは何であったのか』新潮社 2001 この本が出てすぐに買

  • ○■ あったからです この本は『コンスタンティノープルの陥落』と『レパントの海戦』とを合わせた三部作の

  • ○■ 寝かせてあった塩野七生の「ローマ亡き後の地中海世界」を読む上巻の136頁まで読

  • ○■ そのカエサルを知るには「ローマ人の物語」(文庫本8~13巻)がお奨め・・だったのです そ

  • ○■ して読んでいる塩野七生の「ルネサンスとは何であったのか」(新潮社)は、なかなか読み進まないものの、

  • ○■ けず晴耕雨読ではないけれど、塩野七生さんの『海の都の物語3』を読んだ これまで読んだ第1

  • ○■ NULL 塩野七生著「ローマ人の物語」を読むと、アルメニアという国が盛んに出て

  • ○■ たので...一部抜粋--------------------------------------- 高校生の妹に聞いてみたところ、完全に同意

  • ○■ ? と言っていた --------------------------------------- なんだか凄く悲しい気分に吹奏楽をやってい

  • ○■ マキアヴェッリ語録 (新潮文庫) 著者:塩野 七生 販売元:新潮社 発売日:1992-11 おすすめ度: クチコミを

  • ○■ 本人へ リーダー篇 (文春新書)/塩野 七生¥893 amazon.co

  • 世界 時代 文庫 イタリア ローマ 自分 ローマ人の物語 社会 読んで 政治 思います 新潮 最近 理由 支配 経済 新潮文庫 以上 思ってい 結構 自身 ヨーロッパ 都市 海の都の物語 新書 興味 面白かっ ユリウス・カエ 場合 塩野七生さんの 戦記 当然 amazon 七生さんの 説明 ファン 記事 能力 絶対 結局 思った トルコ 事件 ハンニバル戦記 問題 持って ローマ亡き後の地中海 テーマ 時間 読んでい 塩野さん 言えば 知って 考える 一冊 代表 読んだ 思っていた 描かれて 同様 一千 表現 想像 シーン 非常 正直 参加 優雅 人生 旅行 日記 最終 共和国 チェーザレ・ 思われ 単なる 永遠 ルネサンスとは何であったの 途中 リーダー ヴェネツィア共和 発揮 だと思います 高校生 引用 現在 意味 今年 文芸 七生氏 判断 自体 読むの 成熟 ユダヤ 分かり 当時 不安 他者 利用 七生著ローマ人の物語 先週 かもしれません 大戦 仕方 料理 島攻防 見ると 終わり 残酷 人気 確認 以外 発売 終了 映画 村上 テレビ 読みました 優雅なる amazoncojp 忘れて 連載 良かっ 見方 第二 私的 著者 図書館 何度 活用 初期 レオナルド・ 傾向 今回 殺人事件 世代 言ってい 文庫版 載って 気づい ランキング 実感 塩野七生著ローマ人の物語 ライン 指導 思いました 理解 ソース 当たり 一人 入れる 生まれ レベル 勝手 期間 近所 読んだり 感動 食事 開始 完全 第二次 様子 登場 統治 知ってい 四つの 共和国の一千 という行為 可能性 気がする 進んで 持ってい 言っている 作った 掲載 ていませんでした 思っています 私にとって 見ました 文章 数年前 認めて 戦いを 関しては 含めて になっています ローマは一日にして 思えば 中心 デザイン 紹介 思いを 続けた 分かって 面白いの 昨年 生きて 語っている 周りに のかもしれませ 多くて 描かれている 個人的 作品 ルネサンスとは何であったのか そういう意味 かもしれないが 気分 言葉 思われます 読んでいます 必要 入れて 支配して いいんじゃない 考えてい はできませんが たいと思います ませんでしたが ないでしょうか ということです 思っている うと思って 見ている 行って だったのですが
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.040 0.167 0.530 0.032 0.484 0.176
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い強い
    total 60405.999999986714

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発