13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    文藝春秋

    ニュース 書籍 関連語 芥川賞 直木賞 新潮社
    0 . 1 . 2 . 3 . 4 . 5 .
  • ○■ もちろんそれは「すごく特殊」な家族であることは間違いないのだけど、それでも政治とか経済とか独裁とか喜び組的な世界ではなく、「家庭の食卓」とか「家の中のこと」「教育問題」「親子の会話」などについて書かれていて、とても興味深かった

  • ○■ もう半分ぐらい読んでしまってもったいないな、と思うぐらい ゆっくり読んでいる

  • ○■ なんというか、最近の辻村さんって、歪んでいく女性の姿を描く作品か、「中二病」を描く作品が目立つような気がするんですけど、この短編集には、あまりにも「救い」がありません

  • ○■ でも、橋下氏はそういう「威勢の良い断言」をしませんでした

  • ○■ でも画面が全部チエちゃんの顔

  • ○■ でも、重い腰を上げて、今日はアッツイ中、行って来ました

  • ○■ そんなわけで、しばらくは彼女の本を読むことはないでしょうね

  • ○■ その時だ、ひかるやつ

  • ○■ しかし、読めば、一流の粋人という人たちの「食」とは、こういうものなのか・・・という想像はできるようにはなるのではあるまいか

  • ○■ これを読んでいたから、今日の、のど自慢番組をみていて、涙が出てきた

  • ○■ 「木」と云うよりは「樹」、巨木と云うよりは巨樹とも言うべきでしょうが、いずれの樹たちもオーラを放っています

  • ○■ 「そうしないと観てもらえない」というのであれば、作る側にとっては仕方が無いのかもしれないけれど、それを観て育った観客は、ずっと「成長」できないのだよなあ

  • ○■ アイエンガー教授の選択の科学には関係のない話ですが、日本語で考えると「選ぶ」という中には前回の直感も含め、「意識的な行為」も入りますが「無意識による行為」も含まれています

  • ○■ まず、技術的に追いついてないとなりません

  • ○■ それには努力が必要になります

  • ○■ 8月号の「文藝春秋」を、見たら、この雑誌もヒドイことになっていた

  • ○■ 22日は狛江でした

  • ○■ 確かにきつい作業ではあるが、慣れれば何とかなる

  • ○■ 文藝春秋2012年6月号|最新号 - 文藝春秋web gekkan.bunshun.jp/articles/-/355 by kirareotomi on twitter

  • ○■ 彼は私と妻に対し、「チョークをぶつけ合うのはいつもやっていることで、ぼくが加害者になった可能性だってあるんだ

  • ○■ 子供達は無邪気だから、曇や雨の日でもお天道様は見ているのかなと思ったでしょうが

  • ○■ 主人公は特殊な血液型のため、移。候補リストの一番上にいるのである

  • ○■ もちろん海外でも花粉症はある

  • ○■ とりあえず正しいとされてる計算を、データに基づいて自分で地道

  • ○■ ちなみに今年の本屋大賞ノミネート作品はこちら

  • ○■ だからこそ日本人は様々な祭りを通じて自然とともに生きる術を身に着けてきたのではないのか

  • ○■ それにしても抗がん剤を調合するのに 看護師さんが相当防備しなければならない(吸引しないように)という毒性についての記述や

  • ○■ それから、芥川が、私の入院料の事から、内〔うち〕の暮らしの費用の心配までしてくれた事、「それから、宇野が、退院してから、困るような事があったら、文藝春秋社に行ったら、都合するように、菊池にたのんでありますから、と、芥川さんは、御深切に、云ってくださいました、」というような事を話してから、妻は、急に妙な顔をして、わざとらしく声をひそめて、「芥川さん、今日〔きょう〕は、めずらしく、妙に、そわそわしていらっしゃいました、」と云った

  • ○■ そして、小さな反乱を起こす

  • ○■ 」という幻想を打ち砕き、年金の本当の姿を知ってもらうために書いたとイントロで書いています

  • ○■ 第144回芥川賞受賞2作品の全文が掲載されているというので、文藝春秋3月特別号を買った

  • ○■ 『無縁社会』(nhk「無縁社会プロジェクト」取材班文藝春秋)を読みました

  • ○■ 決断できない日本 (文春新書) 著者:ケビン・メア 販売元:文藝春秋 (2011-08-18) 実は先般読んだ「 国防論 」を読了後、書店にあった本書を購入しすぐ読んだのでありました

  • ○■ 陰陽師―夜光杯ノ巻 (文春文庫) 作者: 夢枕 獏 出版 社/ メーカー : 文藝春秋 発売日: 2009/12/04 メディア : 文庫 安倍晴明 が活躍する 小説 陰陽師の短編集

  • ○■ 8時半起床 いろいろ作業していたら、お昼になったので、自宅で食事して 登校

  • ○■ ★「フジテレビ / 鍵のかかった部屋 公式hp」 ( )★「webカドカワ

  • ○■ 1/3 くらい読んで、忘れてた

  • ○■ 2011年4月4度目図書館で借りた本第7弾

  • ○■ #ガレキの中に人が

  • ○■ #たくさんの思い出が消えた

  • ○■ 本書はその「キャピタル・フライト」の現状とこれからの日本について警鐘を鳴らした一冊である

  • ○■ 少なくとも、自治体は移住者の情報をそれなりに把握しているだろうし、

  • ○■ 坂の上の雲〈1〉 (文春文庫) クリエーター情報なし 文藝春秋

  • ○■ 内容(「book」データベースより) 交渉を通じて、官僚としての佐藤優を再検証する

  • ○■ 今は、森浩美著、「ほのかなひかり」角川文庫を読んでいます

  • ○■ ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)

  • ○■ もちろんぶら下げております

  • ○■ ということはこの草は風に吹かれて転がるような形状を進化の過程で獲得したことになります

  • ○■ でも、政治の仕組みとしては、

  • ○■ そのゲーテが、強調しているのが、

  • 文春 文庫 小説 作者 文春文庫 メディア ブログ 言葉 雑誌 内容 最後 単行本 出版社メーカー文藝春秋 今日 amazon 面白 最新 書いて 存在 掲載 生活 最近 人生 講談社 人々 経済 昭和 引用 isbn 事実 カテゴリ 書いた 特別 新潮社 戦争 印象 芥川賞 自分 読書 主義 一人 出版社メーカー文藝春秋発売 カテゴリの最新 購入 メディア文庫 初めて 思ってい 結果 最初 場合 経験 批判 彼女 直木賞 状態 日記 対して 気持 途中 対談 文春新書 クリック 非常 対する 中国 残念 記者 面白かっ 201 社会 写真 代表 読みまし メディア単行本 意見 教授 影響 普通 文化 集英社 平成 震災 以外 危機 不思議 昨日 読んでい 大切 全国 先日 候補 司馬遼 インタビュー amazoncojp 文庫作者 大阪 今年 様々 関して 今回 村上 被災 変わっ 番組 何度 同時 発言 以上 予定 書いている 思うの 自由 少年 発見 当然 被害 絶対 時期 販売元:文藝春秋 首相 文芸 言えば memo こブログの 政権 面白かった 解説 亡くなっ 描かれ 始まっ 指摘 自然 このブログの人気 角川書店 勉強 文春文庫作者 息子 作業 学校 多数 コピー 技術 考えて 大震災 読んでみ 完全 父親 知って 活躍 報道 教育 感じる 小学館 一郎 方法 続いて 200 月号 詳細 表紙 本人 見事 設定 仕方 選挙 登場 幻冬舎 官僚 思いまし 感情 商品 紹介 記念 大人 衝撃 長編 電車 感覚 当時 この商品を含むブログ 出来 のかもしれない 可能性 最大 マスコミ 受けて 受けた 危険 大きい 時代 有川浩 聞いて 東野 思われ 誕生 リーダー 自体 dvd amazoncojpで詳細 回この商品を含むブログ 圭吾 第一 東日本大震災 対象 青年 読んだ 同様 本日 本屋 価格 読んでいる 利用 映画化 月刊 記事 簡単 開発 的には 問題 日常 言われ レビュー 推理 努力 巨大 連続 年月 生まれ 傑作 確認 混乱 吉田 思える 改革 突然 東野圭吾 放射能 なければならない 〉文春文庫 海外 本です 変わり キャッチコピー 作品 受賞 午前 出来事 過ごし ジャーナリスト 医師 買って 機会 意味 無理 財政 恋愛 後半 だと思います 国内 人クリック 病気 amazoncojpで詳細を確認 瞬間 三十 特別号 決まっ 共通 菊池 向かっ 夕方 ノンフィクション バブル 向かう 重要 支援 外国 変わら 見つけ 夫人 将来 バランス 機関 他人 原発事故 変わる amazonアソシエイト 同盟 今週 素晴らしい 分から 協力 死んだ 今まで 我々 新潮文庫 ワタクシ 号雑誌 雰囲気 著者 行われ
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.152 0.531 0.025 0.495 0.190
    total 679997.2000002088

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発