13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    クリント・イーストウッド

    映画 関連語 トリノ イーストウッド モーガン・フリーマン マット・デイモン ミリオンダラー・ベイビー チェンジリング グラン・トリノ インビクタス
    0 . 1 . 2 .
  • ○■ 南アフリカ共和国で初の黒人大統領になったネルソン・マンデラ氏とアパルトヘイトの象徴でさえあった同国ラグビーチームが幾多の困難を乗り越え、協力し合い、奇跡を起こす・・・という感じの内容

  • ○■ モーガン・フリーマンは、とても好きな俳優

  • ○■ マンデラという人は映画を見る限りでは機知に富み、ユーモアのセンスもある

  • ○■ スクリーン数は飛躍的に増えるでしょうが、上映作品の質についてあまり期待はしていません

  • ○■ インビクタスはクリント・イーストウッドの作品です

  • ○■ アカデミーノミネート6部門の中で一番待たれた 1部門も無しは偏見だ

  • ○■ だが、彼女の前に現れたのは見知らぬ少年だった―

  • ○■ そんな映画館に突入して見たのが、クリント・イーストウッドの新作「 インビクタス 」

  • ○■ その後、数回にわたって電源スイッチを押すも起動せず

  • ○■ しかしタオは愚かな争いから、家族と共に命の危険にさらされる

  • ○■ しかし、1年後に南アで開催されるラグビーのワールドカップで南アのチームが勝てば、それが人種間の和解につながるかもしれない…とパンフレットを読んで「ネルソン・マンデラ」という人物について予習しておくと良いよ本作は、最近のクリント・イーストウッド監督の『チェンジリング』や『グラン・トリノ』のような悲壮感の有る物語ではなく、希望と奇跡の物語実話を元に作られた映画なので、派手な演出は無いがマンデラを演じるモーガン・フリーマンの演技や台詞の一つ一つが心に響いてくる(・_・、)弱小ラグビーチームがワールドカップで優勝を目指すというスポ根な内容ではなく、アパルトヘイトの象徴であるラグビーを国を挙げて応援していく内に黒人や白人のわだかまりが薄れ、バラバラだった“民衆”が南アフリカ共和国の“国民”として成長していく軌跡の物語である淡々と進むストーリーだけど、マンデラ大統領を護衛する黒人と白人の警護班の人たちが、やたらとピリピリしていて見ているこっちも無駄に緊張するよね今の日本だけではなく、世界に欠けている「赦す心」が描かれている「敵」を作り上げ、みんなで叩くのは実に簡単に人を纏める事が出来るが、其れが崩れるのも簡単な事

  • ○■ 『グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド監督) 『慰めの報酬』(マーク・フォスター監督)

  • ○■ 「インビクタス」も面白く鑑賞しました

  • ○■ ・『マイレージ、マイライフ』(1/6):作品・監督・主演男優・助演女優・助演女優・ 脚本 ・『nine』(0/5):作品・主演男優・主演女優・助演女優・歌曲 ・『アバター』(2/4): 作品・監督 ・作曲・歌曲 ・『イングロリアス・バスターズ』(1/4):作品・監督・ 助演男優 ・脚本 ・『ハート・ロッカー』(0/3):作品・監督・脚本 ・『プレシャス』(1/3):作品・主演女優・ 助演女優 ・『恋するベーカリー』(0/3):作品・主演女優・脚本 ・『インビクタス/負けざる者たち』(0/3):監督・主演男優・助演男優 ・『シングル・マン』(0/3):主演男優・助演女優・作曲

  • ○■ 週末、久々に映画館

  • ○■ (2010年アメリカ)

  • ○■ 監督・主演も兼ね、もはや彼の集大成ともとれる作品のような気がしました

  • ○■ 死後の世界があるのか・・ないのか・・ 私にはわかりませんが、死ぬことも・・死後の世界も・・気になる人は多いはず

  • ○■ 映画館にて視聴しました→ 映画hp

  • ○■ 映画を見たスタンフォード大学歴史学科のマシュー・サマー教授も「非常に興味深く、戦闘場面は恐ろしかった

  • ○■ 後のインタビューでイーストウッドも『やりがいがあった』と 語っています

  • ○■ 彼ら家族の暖かさに親しみを覚え、タオに一人前の男として仕事を与えてやろうとする

  • ○■ 妻を亡くしひとり暮らしの偏屈爺さんのウォルトは、息子たちともうまくいかず、近所に引っ越してきたモン族(ラオスあたりの民族らしい)の家族やまだ若い神父との交流を避けて暮らしていた

  • ○■ 先週までの復習は各自 こちら で行ってください

  • ○■ 今回は〈死〉をテーマに扱った作品らしい

  • ○■ 久しぶりに更新しました

  • ○■ マット・デイモンやっぱいいです

  • ○■ タグ: 映画感想詩歌

  • ○■ ストーリーは簡単です

  • ○■ スパイク・リー監督「アメリカ軍のケアこそ、不名誉なことだ」と吠える! - goo 映画 ・スパイク・リーがクリント・イーストウッドとの舌戦を後悔!

  • ○■ エンドロール前に 登場人物たちのその後を文字表記するでしょ

  • ○■ それにしても当時のロサンゼルス市警察は腐りすぎ

  • ○■ しかし、言うは易し、行うは難しです

  • ○■ ここしばらくnhk bs ではクリント・イーストウッド主演の映画をお昼と夜に放送している

  • ○■ いや~ん、席が片瀬さんのお隣♪

  • ○■ 『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッド監督・主演

  • ○■ 「ぜひ観てください」 とは気軽に言い難い作品ですが、重く心に残る作品であることは確かだと思います

  • ○■ 「ごぉら~ッ! 」

  • ○■ 若い頃の役者というのは、男女共に華がありますから、そのままでも十分に光っているものです

  • ○■ ちなみに実写作品に限定してます

  • ○■ 『硫黄島からの手紙』は非常に良くできた映画ではあるけれど、観ていて不満を感じたことも否めません

  • ○■ 「無理をして」とウェイトレスが呟く

  • ○■ comments: 0 comment form

  • ○■ british pop rock編 2009.01.04 alan's psychedelic breakfast / pink floyd (atom heart mother) 2009.01.27 blue brains / bill bruford and patrick moraz ( music for piano and drums ) 2009.02.10 viva la vida / coldplay (viva la vida) 2009.02.14 silver whistle / maddy prior and june tabor ( silly sisters ) 2009.02.18 sweet dreams (are made of this) / eurythmics ( sweet dreams (are made of this) ) 2009.3.8 beauty and the beast / david bowie ( heroes )

  • ○■ モーガン・フリーマン大好きだし♪

  • ○■ グラン・トリノを譲渡するということは、彼の魂そのものを明け渡すことだったんだろう

  • ○■ まったくそんなことはなく、 いつまでも攻め続けるイーストウッドのエネルギーに感服

  • ○■ ¥798 amazon.co.jp

  • ○■ 主人公は、元fbiの心理捜査官

  • ○■ ミリオンダラー・ベイビーでもグラン・トリノでも、イーストウッドがとある「決意」をするんだけど それは自分の一番大事な人間を護るために自己犠牲を払うっていうものなんだよね 決意=物語の結末となるので、その点においてはある程度予測もつくし、斬新ってわけではない

  • グラン トリノ イーストウッド監督 グラン・トリノ ・トリノ 主演 ・イーストウッド監督 アメリカ マンデラ 物語 ラグビー ラスト リング 南アフリカ チェンジリング デイモ 人種 実話 演技 ミリオン ネルソン・マンデラ マット・ 演じる ・マンデラ 今回 マット・デイモ フリーマン 差別 ダラー・ベイビー ・デイモ 硫黄島 ミリオンダラー・ベイビー モーガン・フリーマン 頑固 時代 印象 ジェリー 良かっ ・ベイビー 手紙 素晴らしい 負けざる 映画 生活 子供 老人 ざる者たち グラントリ 舞台 負けざる者たち 展開 劇場 登場 今年 記事 移民 存在 描いた 思って インビクタス 最初 実際 スピルバーグ スター ファン 人種差別 思った 母親 少年タオ 孤独 面白 マンデラ大統領 この作品 友情 現在 アンジェリーナ・ 映画でし 撮影 マイケル・ 描かれ 演出 dvd 二人 人々 象徴 状況 軍人 the 指揮 大好 以前 アクション 有名 この映画 スティーヴン 最新 南アフリカ共和 イーストウッド監督作品 言われ 結末 ショー 決して 結局 ベスト 自分 硫黄島からの手紙 経験 行動 普通 思ってい 本作 ビー・ 変わっ 亡くし 系移民 希望 ライアン 監督・主演 amazoncojp 以上 ・ハー 大きく 男優 ラグビーチーム 考える アジア系移民 黒人大統領 観客 先立たれ 名前 観まし 途中 公開 からの手紙 イーストウッド主演 臨死 ジェイ 言えば レンタル 評判 題材 最後 作品です 原題 シーン サスペンス 特別 残念 状態 事故 活躍 ロンドン ヴァン 映画だっ ショーン シリーズ ウォルト アーニー・ハー 久しぶり 号泣 ・イーストウッド監督作品 大変 暴力 主将 日々 ケビン 情報 見事 面白かった 言える 描かれて 予告編 一家 トム・ 男優賞 想像 コメディ 何度 的には :クリント・ 観てい 記憶 仕方 思いまし 個人的 本人 見える ジェイソ ジャック 部門 他人 ピナール 刑事 出演 邦画 ジョージ・ 突然 受賞 考えて 言って 主演女優 政治 世紀 ・イーストウッド主演 最後まで 監督賞 デヴィッド インタビュー マーカ 特集 ネット 場合 公開され 正義 終わり もう一度 ピーター・ スクリーン 通して 時間 人種隔離 インビクタス負けざる者たち ミスティック だと思います 助演男優賞 殺人 地獄 主演男優 和解 就任 妻に先立たれ 担当 投獄 行って ワーナー・ 変化 難しい 総指揮 能力 自動車工 父親たち 生まれ 監督:クリント・ クリストファー・ 起こっ 公式 いい映画 マカロニ 書いて 様子 機会 放送 新作 注目 クリントイーストウッド監督・ 丁寧 アンジー ダーティー マグナム マディソン 従軍 製作総指揮 病院 家族 年前 仕事 俳優として 愛車グラン・ とも疎遠 てしまいました 知らない 兄弟 同様 ロール 開催 支配 ウォルト・ エンドロール 200 悲劇 知識 変えて ジャクソン 見てい ・ヴァン ビー・ヴァン 見応 共通 半分 過ごし グラントリノ 度目 キネマ旬報 ダーティーハリー フランソワ gran 監督クリント 獄中 ワールドカップ 満点
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.152 0.526 0.028 0.487 0.213
    やや強いやや強いやや強いやや強いやや強い少し弱い
    total 404747.70000047254

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発