13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    柿本人麻呂

    書籍 関連語 百人一首 万葉集
    0 .
  • ○■ 柿本人麻呂とは、天文学者である渡来人であったのであろうか、朝鮮か中国から来た

  • ○■ 映像を思い出すのはそう簡単ではない

  • ○■ 「幸(さき)」の語源は、「「裂(さ)く」である

  • ○■ しかし、やすやすとなびかないところが、いじらしくかえって男心をそそる

  • ○■ 柿本人麻呂は 太陽が昇るのを軽部の皇子 に 月が沈むのを草壁の皇子 にたとえて歌った

  • ○■ さて、「柿」の字が付く人麻呂さんですが、柿が好きだったかどうかは定かではありません

  • ○■ この歌は、巻十一に収められてゐる「柿本人麻呂歌集」の「戀するに死するものにあらませばわが身は千たび死にかへらまし」(二三九〇)といふ歌とよく似てゐる

  • ○■ 万葉集にある柿本人麻呂の、 >志貴島の日本(やまと)の国は。靈の佑(さき)はふ國ぞ福(さき)くありとぞ」(「志貴嶋 倭。者 事霊之 所。。叙 真福在。具」 < は、日本人の言語感覚を端的に示して深い

  • ○■ 柿本人麻呂像たしか人麻呂公園という名前で、万葉歌人・柿本人麻呂の和歌に詠まれたことにちなんだ公園だったと思いますこの像の他に竪穴式住居レプリカとなにかの遺構がありました

  • ○■ るので読んでいただきたい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 田中一成さんへみなさ

  • ○■ 雲の波立ち月の。の林に漕ぎ隠る見ゆ 我が衣色とり染めむ

  • ○■ します ひむかしの 野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば 月かたぶきぬ 柿本人麻呂 この聞

  • ○■ こと・・・百人一首の中の「あしびきの山鳥の尾のしだり尾のながながし夜をひとりかも寝む」という柿本人麻呂の歌を思い

  • ○■ ここには、『玉藻刈る敏馬を過ぎて夏草の野鳥の崎へ舟近づきぬ』という、柿本人麻呂

  • ○■ にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」原文は「東。炎立所見而反見

  • ○■ 柿本人麻呂

  • ○■ 俺はあんな薄っぺらな語源の解釈はしていない、という自信はある わるいけど、やまとことばの語源

  • ○■ そこでこう歌っている

  • ○■ 柿本人麻呂や額田王などの歌をイメージした 「秋山の黄葉を茂み」や「黄葉風のまにまに」は 竹林と紅葉に囲まれた中での雰囲気にぴったりでした

  • ○■ 昔は水量が豊かで古くから文人墨客が杖を引いた景勝の地

  • ○■ その事に気づいた道真が隠された事を世に出そうとして、 友人の柿の人麻呂や小野の小町と協力して、首を覚悟で イトとムウラの悲劇を秘めた和歌を作りました

  • ○■ さすが、人麻呂さんは、ストレートな直球を投げてきますね^^v

  • ○■ 【精霊の日】 柿本人麻呂、和泉式部、小野小町の忌日がこの日とされている

  • ○■ 磯波(あ りそな み)ありても見むと百。波(ももへなみ)千。(ちへなみ)しきに

  • ○■ す柿本人麻呂の「葦原の瑞穂の国は神ながら言挙げせぬ国然れども言挙げぞ吾がする・・・」と詠われる詩はことに有名

  • 神社 歌人 万葉 最後 解釈 大伴家持 紅葉 最近 万葉歌人 思います 想像 月かたぶきぬ 記事 持統天皇 紹介 気持 公園 印象 飛鳥 考えて 以下 過去 言われ 今年 最古 立つ見えて 石上 霊力 香具 三輪山 天理 日本人 山口 一緒 ありがとうござい 読んで 仕事 部屋 亡くなっ 詠まれ 囲まれ 今回 現代 交通 問題 太陽 奉納 中西進 死後 大社 咲いて という言葉 当時 近鉄 興味 無事 見つけ 不思議 明天皇 すれば月かたぶきぬ 記念 隠され 面白 山頂 生きて 開催され 大陸 葦原の瑞穂 行列 必要 伝わっ 激しい 炎立所見而反見為者月西 奈良 日本最古 母親 作られ 議員 発言 出てき 万葉集 一方 詠んで 変わる 評価 見すれば 野にかぎろひの 以来 特別 たのでしょうか 移動 過ぎて 年前 理解 社会 皆様 電車 応援 分から 残って 書かれて 個人 実際 近くに 見すれば月かたぶきぬ 神ながら 初めて かへり見すれば 気がする ではありません 入った 実現する 予定 貴重 この季節 行ってきました 見れば 集めて 晴れた 多かっ 加えて この時代 祀られて 彼らは かもしれません 見ると 中心 ありがとうございまし ありがとうございます 咲いてい 待って 考えられ 出来ない 行われた 場所 残ってい 歩いて 書いたこと のは初めて してしまいまし 出来ました 思ってい ていたのですが
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.170 0.517 0.032 0.480 0.180
    やや強いやや弱いやや強いやや強いやや強いやや強い
    total 53414.89999999317

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発