13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2239 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    チェンバロ

    音楽 関連語 オーボエ ベートーヴェン モーツァルト ヘンデル
    0 . 1 . 2 . 3 .
  • ○■ 今回はチェンバロ・ポジティフオルガンの2台出動ながら先週のような2段積み・一人二役では無く普通に2人の奏者が演奏

  • ○■ リステンパント指揮/ザール室内管弦楽団の演奏(ステレオ録音、lp)では、フルートをランパル、ヴァイオリンをゲオールク=フリードリッヒ・ヘンデル、チェンバロをラクロアが担当していますが、本当に達者というか、見事な演奏を繰り広げています

  • ○■ ベートーヴェン交響曲第 6 番『田園』 アンドレ・クリュイタンス指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

  • ○■ バッハのアリオーソ(チェンバロ協奏曲ヘ短調bwv1056第2楽章)

  • ○■ テレマンのファンタジー、テレマンらしくないというとテレマンに叱られるかな

  • ○■ クリスマス音楽は色んな作曲家の作品のいいとこ取りで構成してあった

  • ○■ やっぱり電池で操作した方が私には合ってるみたい

  • ○■ また、音楽のことについて意見を交わすのも久々でしたので、

  • ○■ というわけで、今回も豪華なメンバーで聴きどころ満載の「これしかない」コンサートを企画しました

  • ○■ それにしてもシュテーガー氏の演奏スタイルは、先日の ファンハウヴェ とは全く異なるものであった

  • ○■ それで昨晩、もう一度このcdを聴いてみました

  • ○■ その時、後方にずっと控えていたガーディナー夫妻に、ダーシーが声をかけます

  • ○■ さてライブは終了したのに、お客さんはご覧のとおりなかなか帰らず、菊地さんのサイン会が始まりました

  • ○■ さて、今日紹介するバッハの音楽は、合奏協奏曲イ短調bwv1044です

  • ○■ 【口上】 「これしかない」のコンサートも今年で3回目となりました

  • ○■ 「釣りきち三平」の映画をみたいといっておりましたが、

  • ○■ 「・音楽」カテゴリの最新記事 ブルースポットライト☆彡 海の日 『音楽』 赤い靴のタンゴ 悲しきワルツ

  • ○■ 「こころ」カテゴリの最新記事 泣けなくなれば医師をやめる 私のプラス思考、何でもプラスに考えよう チェンバロが被災地から戻ってきた

  • ○■ johann sebastian bach : brandenburg concertos (philips)

  • ○■ andre isoir, les demoiselles de saint-cyr & emmanuel mandrin / j. a. guilain - quatre suites pour le magnificat(1997) / radio france yves castagnet / yves castagnet joue marcel dupre au grand orgue de notre-dam e de paris(2005) / intrada gustav leonhardt / bach~ bull~ byrd~ gibbons~ hassler~ pachelbel~ ritter~ strogers(2003) / alfa どうしてこんなに眠いのか

  • ○■ 第2トリオのホルンとオーボエが大変好きです

  • ○■ 演奏家が引っ込む時には楽器の解説もあった

  • ○■ ピアノを借りちゃった方が安いかも? (・・・歌の練習も一緒にするのがネックのような気もする

  • ○■ ピアノの祖先がチェンバロやないんかい

  • ○■ もちろん音量の出方、出し方も違っちゃう

  • ○■ そして、もともと第40回にソリストとして予定していた ヴァイオリン奏者駒込綾さん もそのままベートーヴェンのあの有名なロマンス第2番を演奏して下さるという事で、「目玉が2つ」の超贅沢なコンサートです

  • ○■ 2011年4月の録音

  • ○■ モーツアルトに酔いしれる幸せな時間でした

  • ○■ ◆パガニーニ:24のカプリースから第24番 ヴァイオリンの奇才、自ら超絶技巧の持ち主のパガニーニが無伴奏ヴァイオリンの為に書いた24曲は、そのどれもが、 高度な技術をもとめられますが、一番最後の第24番は、変奏曲形式になっており、主題には多くの作曲家が触発され、 「パガニーニの主題による~」はラフマニノフをはじめ、色々な作曲家が書いています

  • ○■ <universal music spain> 0044007628096 2枚組 ¥3250 ルペルト・チャピ(1851-1909):サルスエラ「魔女」(1887) ナンシー・ファビオラ・エレナ(ソプラノ:魔女[ブランカ・デ・アセベド]) ホセ・ブロス(テノール:レオナルド) スサナ・コルドン(ソプラノ:ロサリア) フリオ・モラレス(テノール:トミリョ) マルタ・モレノ(ソプラノ:マグダレナ) ハビエル・ロルダン(バス:クラ氏) フェルナンド・ラトレ(バスバリトン:異端審問官) マエストランサ劇場楽友会合唱団 セビリャ王立交響楽団 ミゲル・ロア(指揮) 録音:2009年7月7-11日、セビリャ(スペイン)、マエストランサ劇場 マドリード貯蓄銀行のスポンサーシップによるサルスエラ・シリーズ最新作

  • ○■ <praga digitals> prddsd 250291(sacd-hybrid) ¥2780 ハイドン:弦楽四重奏曲「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」 op.51 プラジャーク四重奏団 2012年に結成40周年を迎えた名門プラジャーク四重奏団による、ハイドンの傑 作「十字架上のキリストの最後の七つの言葉」

  • ○■ <avie> av 2195 ¥2180 マーラー:大地の歌(室内楽版/シェーンベルク&リーン編) ジェーン・アーウィン(メゾ・ソプラノ)、ピーター・ウェッド(テノール)、 ダグラス・ボイド(指揮)、マンチェスター・カメラータ 昨年のマンチェスター・フェスティヴァルで演奏され、英サンデー・タイムズ 誌、英グラモフォン誌などで大絶賛された「大地の歌」は、マンチェスター・ カメラータの高性能アンサンブルと、室内管を知り尽くしたダグラス・ボイ ドの経験がフル稼働した小編成マーラーの理想形である

  • ○■ (リハではチェンバロ聞こえ過ぎと言われてしまいましたが・・・)この室内オケの来年3月の神戸・東京公演はいよいよ老マエストロ指揮でバッハのブランデン全曲演奏に挑戦するとか

  • ○■ 久しぶりに見たら舌が痒く為った

  • ○■ ピアノ伴奏が大変な曲なので、少しのずれが大きなミスに繋がります

  • ○■ ドイツで活躍するチェンバロ奏者、芥川直子のソノリ ティに優れた立体感を感じさせる演奏で、これらの作品が生き生きと甦ります

  • ○■ クラシックテイストの、若さ溢れるピアノデュオでした

  • ○■ というわけで、他の機器の節電分で電気を捻り出し、楽器部屋の除湿器をフル稼働中

  • ○■ この曲を現代のフルートで演奏する場合でも、伴奏はチェンバロが多いですが、 フルート・ソロがなかなか、私の気に入るのがなくて、見つけたらピアノ伴奏でしたが、これは、 大したことではない、と思います

  • ○■ 「ピアノ・ソナタイ長調hob.16−12」ハイドン作曲(5分35秒) (ピアノ)タマール・ハルペリン

  • ○■ 6日、今日から演奏家のチェンバロを携え埼玉の人里離れたホールでの録音セッションに出動

  • ○■ 天気予報によると、今日の最高気温は17度

  • ○■ j.s.バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲 第1番 ニ短調 bwv1052

  • ○■ 7日、先日の神戸に続き老マエストロ率いる室内オケの四谷のホールでの本番にチェンバロで出動

  • ○■ 続いて2時におやつ(笑)には城の傍のこじんまりとしたお店へ

  • ○■ フランス語べらべら話す映画…あ、つまり仏映画といえば好い訳ですね

  • ○■ イタリア人の先生の下で留学したかったという夢があったので、

  • ○■ このブログのフォトチャンネル

  • ○■ 「日記」カテゴリの最新記事 29日の日記:緑の中へ:その1 28日の日記:土曜クラス 27日の日記:雨の自由が丘をお散歩 25・26日の日記:いろいろ 24日の日記:チェンバロ

  • ○■ (2012年7月23日記録)

  • バッハ 音楽 楽器 ピアノ コンサート ヴァイオリン バロック ソナタ 協奏曲 今日 bwv ホール 短調 長調 オルガン 今回 時代 組曲 公演 ヴィオラ フルート 最後 調律 伴奏 楽章 リコーダー フランス オーボエ 会場 ヘンデル 自分 世紀 最初 モーツァルト ソプラノ イタリア 初めて クラシック 活躍 有名 合唱 教会 昨日 ドイツ ベートーヴェン 第番 独奏 収録 リサイタル 一番 編曲 出動 全曲 ガンバ 午後 変奏曲 演奏会 メンバー 四重奏 ハイドン 楽しい 本当 魅力 幻想曲 jsバッハ 指揮者 期待 クープラン 思って 非常 交響楽 本番 ・ソナタ テノール 表現 部分 フォルテピアノ レコード 参加 雰囲気 以外 素敵 演奏する 開催 聴いて スタジオ ピアニスト 前奏 ソリスト 合唱団 ショパン 嬉しい タイトル 研究 音楽家 トランペット 弦楽器 bach 内容 マリア 歴史 交響楽団 全体 フィルハーモニー 先日 存在 ブログ 歌劇 発見 構成 技巧 ・バッハ ギター 皆さん オランダ イギリス 演奏され 最新 全集 ホルン シリーズ アダージョ 宮廷 ヴィオラ・ダ 実際 珍しい 二人 ブラームス 人気 良かっ 必要 管楽器 器楽 リスト オリジナル 時期 協奏曲第 女性 作品 残念 舞曲 思ってい 思います ヴァイオリニスト 短調bwv 変ロ長調 担当 作品集 途中 移動 出来 終わり クリスマス 世界 名前 枚組 大好 開演 第一 シューベルト 即興 ブランデンブルク協奏曲 入って バロック・ ・ガンバ 言えば 一人 ヴィオラ・ダ・ガンバ 重要 子供 書かれ 交響曲第 一緒 思った 今度 作曲家 リュート 初演 最新記事 楽しく 全部 彼女 てしまいました 企画 結果 ・ダ・ 年前 レーベル 個人 変わっ ピリオド 聞こえ 何度 nhk コントラバス ハープシコード カテゴリの最新記事 同時 注目 スペイン 練習 ・ダ・ガンバ ・コンサート ラフマニノフ 出身 見つけ テナー 短調op 久しぶり ベルリン 中心 年月 sacd vol 番ト長調 大きく クラリネット 調整 ワルツ 皆様 ロンドン 展示 通奏 心配 レコーディング 監督 ワーグナー 話題 ジャー 美しく 思いまし シュナイダー モンテヴェルディ 空間 多くの モデル 場合 クラヴィーア チャイコフスキー 見える 説明 録音 amazon 番変 シューマン 合わせ 長調bwv チェンバロのための フィルハーモニー管弦楽 聞いた かもしれません 番ニ長調 行われ 受賞 持って 聴衆 ショスタコーヴィチ ライヴ 言って 地元 知られ 湿度 華やか 入手 トーク 思いました シンプル 分から 皆さま 成功 通常 認識 多数 弾いて 四重奏団 早速 バランス 装飾 以降 感心 一度 方々 クラヴィーア曲集 出てき 分かり 協奏曲集 スイス ユニーク 音源 ロマンス 聞こえる 生まれ 201 気味 紹介 グループ 午後〜午後分 多かった 出かけ 運送
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.033 0.127 0.566 0.025 0.528 0.218
    total 506456.700000554

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発