13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    言語学

    学術 科学 関連語
    0 . 1 .
  • ○■ 言語学

  • ○■ でも、言語に敏感な4才~11才までの間に育った環境で、言語への適応能力が決まってしまうと言われています

  • ○■ その日の夜に、映画の「lost」を見ました

  • ○■ おやつを食べ過ぎてしまうこと

  • ○■ おっしゃっていることがいつでも余りにポイントを突いていて関心させられます

  • ○■ この方、議論に負けないタイプのしゃべり方です

  • ○■ この鼻濁音が近年、若い世代を中心にして、この音が段々聞かれなくなってきています

  • ○■ 〓日本語の単語の多くが 「語源不明」 なのは、比較対象とする言語がないからです

  • ○■ 記事url コメント ペタ

  • ○■ 言語学的にも「このままだとこうなるから、そうならないためには」という議論をしやすい

  • ○■ 言語学のウンチクとかもう何の漫画だかますますわからなくw

  • ○■ 英語と日本語が半々だが字幕など翻訳はせず、言葉を超越した新たなミュージカルを目指すという

  • ○■ それでは気合を入れて、寝ます^ー^

  • ○■ そして、科目ごとに必要な「指導法」の授業も

  • ○■ いや、長くかかってしまった

  • ○■ 「日本語のコプラはハであろう」と三上はいう

  • ○■ 「ほら、言ったじゃないか」と

  • ○■ leery, wary: suspicious weary: tired

  • ○■ 私は、マウスジェスチャー<パパパ>+手話でやっちゃいます(笑)

  • ○■ 本も沢山出ていますが、本を読んでもなかなか理解し得ないのがnlp

  • ○■ 最後までその研究をしてて、最後に論文として 「そういう間違った言葉遣いがどうして起こるのか

  • ○■ 今回、序盤ですぐ、 演出家が違う なと感じた

  • ○■ まだまだ難しいけど、それでも前よりかはキャッチできるようになった

  • ○■ この意味において、「一 般教 育課程」は「専門教育課程」の土台または母胎ともいうべき位置を占めており、専門教育を受ける者が絶えずそこに帰って自らの足場とすべきものなのである

  • ○■ 言語学者がいるとすれば、なんとか今の内なら間に合うかもしれない

  • ○■ 私も疑問に思うところがあって、夜になって修辞学の先生に電話をしていろいろと質問しました

  • ○■ 「<和>を持って、戦いう避ける」立場と、完全に逆の哲学です

  • ○■ そして、12才を過ぎてしまってからは、英語をいくら聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります

  • ○■ 記事一覧 | 都内の幹事さんへ

  • ○■ 殿堂入りブログ一覧はこちら

  • ○■ コメント投稿 コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください

  • ○■ ちなみに私は、ビタミン剤を

  • ○■ そこでは、少数の犯罪者が罪のない一般市民に対して暴力を扇動しようとしました、 中国 から州を分けるために

  • ○■ しかし、飯島女史は、smapのメンバーの 代理謝罪 に救われた

  • ○■ しかし、もっとずっと安いんです

  • ○■ ※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます

  • ○■ 28 29 30 31

  • ○■ 13 14 15 16 17 18 19

  • ○■ 初ブログ ( 3 ) 言葉 ( 29 ) 今日 ( 269 )

  • ○■ もちろん、次回授業、つまりあさってまでに全訳をひとりで用意しなければなりません

  • ○■ たとえば宇都宮。茂木行きというバスに乗れば、「芳賀地蔵橋」という停留所で降りる

  • ○■ あの話題の芸能人もブログやってる!? オフィシャルブログ登録希望の方はこちら/アメーバ会員登録(無料!)

  • ○■ WARNING: this programme explores the offensive side of the English language. As a result, it contains frequent use of swearing and words to which some listeners may objectAs the British Library opens a new exhibition on the English language, we explore the use of taboo words. Evolving English: One Language, Many Voices runs until April. Its curator, Jonnie Robinson, looks at how we have changed the way we communicate. We also listen to a potty-mouthed recording from the British Library's archives. Dr Colleen Cotter, senior lecturer in linguistics at Queen Mary University of London, explains why we swear and what we're trying to say by our choice of profanities. The Guardian's readers editor, Chris Elliott, explains why we choose not to use asterisks when printing swear words. Who is protecting the nation's ears? Chris Banatvala from the broadcasting regulator Ofcom tells us what offends the public. Political satire The Thick Of It's 'swearing consultant' Ian Martin discusses why bad language can be funny. What is the ultimate swear word? Peter Silverton, author of Filthy English: The How, Why, When and What of Everyday Swearing gives his verdict. Subscribe to the Guardian's Focus podcast.Paul MacInnesAndy DuckworthFrancesca PanettaChris Elliott 警告は:このプログラムは、英語の攻撃的な側面を探ります

  • ○■ var so = new swfobject( rcflash09, 365, 200, 8, #ffffff); so.addparam(allowscriptaccess,always); so.addparam(wmode,opaque); so.write(rcflash09);

  • ○■ 1講時【社会言語学】方言・変種(1):地方方言と標準語

  • ○■ 言語学習サイトに、下記のような日記を投稿しました

  • ○■ ちなみに自分の学校は8月17日から新学期が始まります

  • ○■ 日 月 火 水 木 金 土

  • ○■ アメリカの純粋なミュージカルファンには縁がないと思われ

  • ○■ このブログの読者になる(チェック)

  • 学者 先生 今日 必要 授業 関係 思います 勉強 方法 考える 発音 場合 歴史 存在 難しい 可能 学問 自分 ブログ 中国 興味 記事 発表 以外 一緒 一番 理論 関する 日本 国語 今回 当時 政治 書いて 結局 世紀 専攻 持って 結果 学生 研究 読んで 対して 登場 大学 会話 昨日 明らか 以下 新しい 話題 記憶 論理 構造 メール 人類 中心 自体 影響 途中 言えば 関して 指導 不思議 思考 可能性 経済 共通 言って 学的 ヨーロッパ 現象 著者 予定 今度 認識 発見 何度 研究者 変わっ 重要 イメージ 文庫 精神 普通 正確 実際 引用 出来 活動 テーマ 関連 ドイツ 高校 入って 聞いて 物語 クラス 基本的 講師 問題 だと思います 思うの 過ごし 能力 電話 韓国 地域 友人 大切 同様 判断 かもしれません 大事 大人 現地 良かっ 視点 始まっ 正しい 機会 年代 プログラム 使って 様々 反応 外国語 大きく 育成 一人 知らない ではありません 多数 決まっ 特定 書かれ 残念 少数 機械 表示 コメント インド 思ってい 標準 行為 使われ 要するに 一応 主張 本来 今後 残って 同時 独自 少なく 個人的 大変 記録 具体 検索 ネット 学んだ 国民 理解 様式 同じよう 時間 新書 学科 考えて 通じる 以上 日本人 練習 私たち ショップ 異なる 単語 学んで 発展 基づい 分かっ 思いますが 言うと 日間 日本語 入れて 教科書 東大 間違 展開 タイプ 定義 日記 印象 本当 範囲 書かれて 疑問 本土 気づい 設定 取って キャンパス 言われて 知識 帰って 意図 原住民 主語 年前 バイト 無理 戦争 限定 通して 他にも 解明 魅力 身体 リズム 活躍 複雑 気分 確かに 消滅 時期 人類学 持っている 調べて 思える てしまいました プロフィール 感じる 提示 言った 購入 感情 言える という言葉 ギリシャ 第一 新着 来週 移動 一覧 構成 殿堂 分かる 便利 大量 発生 将来 多かった 父親 身近 always 携帯電話 暮らし 苦手 language 知られ ありがとうござい 事態 生活様式 最新 見ると 若者 セミナー 少女 考えると パターン ブログテーマ一覧 という意味 100 文化人類 理解でき 雰囲気 信仰 言うこと 部分 社会 価格 使われて メンバー 受けて 名称 色々 意味 ロシア 生まれた 思っていた 人たち 必須 トップ 好きな 気がし 専攻は言語学 ウィキペディア 嬉しい
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.036 0.157 0.525 0.028 0.487 0.191
    僅かに強いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い僅かに強い
    total 314418.50000036496

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発