13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2815 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2233 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    火星探査機

    学術 科学 関連語 はやぶさ NASA 火星 あかつき 小惑星 宇宙航空研究開発機構 小惑星探査機 金星探査機
    0 .
  • ○■ 宇宙を題材にして人の命の大小を語るとは思ってもみなかったけど、ま、これはこれでいいかな

  • ○■ 今朝午前6時58分、日本初の金星探査機「あかつき」など6基の実。宇宙衛星を乗せて、h2aロケット17号機が種子島宇宙センターから打ち上げられた

  • ○■ タグ: ロシア 火星探査機 墜落 打ち上げ失敗 落下予定日

  • ○■ そうおもったら、「あかつき」がかわいそうに思えた

  • ○■ あー、明日は『 はやぶさ 』の地球帰還の日か…

  • ○■ it must be the most important thing for a japanese to spend the private time with parent and child together(日本人にとって、一番大切なものは親子水入らずの時間)!

  • ○■ 先日アメリカの人工衛星が地球に落下

  • ○■ jaxaは、平成22年5月21日に種子島宇宙センターから、火星探査機あかつきと一緒に打ち上げられた、ikarosの運用において、6月3日にセイルの展開を開始し、6月10日に地球からの距離約770万kmにて、セイルの展張、及び、薄膜太陽電池による発電を確認しましたそうです

  • ○■ 射した 探査機あかつきの軌道投入を断念したと発表しました 日本の惑星探査機の軌

  • ○■ 日21時22分 今年5月に打ち上げられた金星探査機「あかつき」が7日、金星の周回軌

  • ○■ 日本初の金星探査機「あかつき」が金星の周りの軌道に入れようと試みたのですが

  • ○■ の危険ゴミになったロシアの火星探査機「フォボス・グルント」の失敗理由を、roskosmos(ロス コスモ

  • ○■ 断念したと発表した日本の惑星探査機の軌道投入は、火星探査機「のぞみ」に続く失敗となった宇宙機

  • ○■ 表面に降り立ってほしい」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→

  • ○■ を脱出すべきでは)!「甘ちゃん アマチュア探偵団」より抜粋しています東仙坊のプロファイリングを

  • ○■ 宇宙航空研究開発機構は8日、金星の軌道に入れるためエンジンを逆噴射した探査機「あかつき

  • ○■ 火星探査機

  • ○■ Originally published on 4 February 1966Luna-9 made a soft landing on the moon just after 6.45 last night. This triumph for Russian technology, a step forward in space exploration even greater than the journey of the American Mariner Mars probe last year, was confirmed by observations made from Jodrell Bank.The 1½-ton spacecraft's retro-rockets fired at 6.44, and the landing was made one and a half minutes later.After a short silence, the spacecraft transmitted a series of television pictures. These signals ceased shortly after 7pm, and although it is not yet clear what pattern of transmissions will follow, there is no doubt that some at least of the equipment on board is operating satisfactorily.The landing itself is an achievement of great magnitude, for it will provide the first close studies of the nature of the moon's surface, which are of importance not simply to the moon race but to science itself.Clearly, the area of the surface chosen for the landing – in the Ocean of Storms, west of the Reigner and Marsa craters – has no great depth of dust.The Russians have made no statement about the kind of equipment on board, although there is no doubt that it will send back information about temperatures, the residual atmosphere, radiation, the magnetic field, and possibly surface materials.The most eagerly awaited items, however, will be the television pictures, for they should show surface details sufficiently fine to distinguish structure, and both the attitude and depth of sinking of the craft will probably be in itself revealing – at least to the Russians. In the meantime, the Americans, whose surveyor moon-landing programme is just getting into its stride, will express admiration, suppress the natural jealousies, and perhaps accelerate their own activity.Throughout t 当初2月4日1966Luna上で公開- 9は、月面に軟着陸した6.45最後の夜の直後

  • ○■ 火星はかつて水に覆われていた?欧州宇宙機関

  • ○■ 世界は火星から無事生還した彼らを英雄として熱烈に迎えます

  • ○■ 私は各方面から、「豊田さんの次は文科省が狙っている」とか「次は文科省ということで経産省と文科省の間で手打ちができているのではないか」というような話を聞いていた

  • ○■ 火星探査機「のぞみ」は1回失敗したらもう後釜もなしだったのですがね

  • ○■ 1959年 ソ連の月探査機「ルナ1号]が月近傍を通過した後、史上初の人工惑星となる

  • ○■ )は25日、esaと米航空宇宙局(nasa)の2機の火星探査機が、火星の北方低地で含水

  • ○■ 005年12月9日小惑星探査機「はやぶさ」の通信途絶

  • ○■ 査機「あかつき」について宇宙航空研究開発機構(jaxa)は8日、「金星の周りを回る軌道への投入

  • ○■ した 7日朝にエンジンを逆噴射して減速し、金星を回る衛星軌道に投入されるそうです 「あかつ

  • ○■ っていく 12月、川渕は98年に打ち上げた火星探査機<のぞみ>の火星周回軌道への投入を断念する

  • ○■ 日本初の金星探査機「あかつき」が金星の周りの軌道に入れようと試みたのですが、失敗

  • ○■ 断念したと発表した日本の惑星探査機の軌道投入は、火星探査機「のぞみ」に続く失敗となった宇宙機構は、宇宙科学研

  • ○■ 機は、1998年に打ち上げた火星探査機「のぞみ」で失敗している燃料計のトラブルで十分

  • ○■ 今年5月に打ち上げられた金星探査機「あかつき」が7日、金星の周回軌道に投入される日本の惑

  • ○■ いたことが・・・ 火星探査機「のぞみ」の火星周回軌道投入を諦め,火星への衝突を避けるための軌道変更の

  • ○■ 昇ります自転が遅いため、金星の1日は地球の117日分上空は硫酸の厚い雲

  • ○■ の投入ができなかったしかし、小惑星探査機「はやぶさ」は、紆余曲折があったが、曲がりなりにもイトカワ

  • ○■ 宇宙航空研究開発機構は8日、金星の軌道に入れるためエンジンを逆噴射した探査機「あかつき」の軌道投入を断念したと発表した日本の惑

  • ○■ ) タグ: 6月10日何の日行事歴史出来事誕生日 時の記念日 1920年に、「時間をきちんと守り、欧米並みに生活の改善・合理化を図ろう」と制定 「漏刻」とは水時計のことであり 漏刻を新しき台に

  • 軌道 日本 失敗 成功 周回 科学 投入 技術 探査機のぞみ 予定 噴射 飛行 太陽 金星探査 現在 送信 探査機あかつき 打ち上げた 実験 米国 今回 今後 通信 人間 撮影 残念 宇宙船 小惑星探査機 教授 発表 金星探査機あかつき 状況 データ 打ち上げられた 人工衛星 思います 生命 200 ロシアの火星探査 部分 発表した 可能性 意味 テレビ 大気圏 研究開発 軌道への 断念 活動 証拠 マーズ・ nasaの火星 到着 画像 共同 場合 宇宙航空研究開発機構 電力 日本初 and 小惑星探査機はやぶさ フォボス・グルント 場所 政府 失敗した 国際 日本初の金星探査 投入に失敗 重要 堆積 軌道に投入 進めて 逆噴射 探査機あかつきが 火星表面 98 自然 理由 nasaの火星探査 作業 12 様子 硫酸 地球周回 時期 確認され 時間 nasa 終わっ トラブル 政策 計算 度目 実現 例えば 条件 メーカー 最後 エネルギー 中国初の火星探査機 専門 程度 以降 非常 二酸化炭素 軌道投入 日本初の金星探査機あかつき 効果 jax 投入に失敗した 中心 存在 無事 実際 期待 電波 結局 エンジンを逆噴射 金星の軌道 放射線 アナウンサー 日本の惑星 一定 予定の軌道 抜粋 近づく 見つかっ 全面 表明 保証 設計寿命 逆噴射して 欧州 反発 歌手 民間 女優 最新 たと発表 判明 俳優 保障 jaxa 行事 失敗に終わっ ・オービター 目指 提案 空間 上記 範囲 行われ 巨大 軌道への投入に失敗した 確かに アメリカの火星探査 ロシアの火星探査機フォボス・グルント 異常 チャンス 関して 大量 アメリカ 現場 火星探査機のぞみの火星 火星周回 年前 安全 言われ 分かっ 日本の惑星探査機 方向 間違 歴史 注目 以来 軌道投入に失敗 一部 地域 情報 成功すれ 野球 失敗して 見つけ 地表 100 百数 断念した 日まで 感じて 世界 始まっ 98年に打ち上げた火星探査機 責任者 エンジンを逆噴射して減速 登場 委員会 着陸 たいと思います 良かっ 紹介 思って ということです たと発表した 日金星 的には 言えば 太陽から 指摘 周囲 年以上 伝えられ 送られて 最大 する可能 発見 合わせて 影響 する必要 送ってき 撮影され 受けて 250 2003 意味がある 断念たと発表し 向かって 持って 進めてい 言って 個人的には 期待してい 日までに することになる したと発表した
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.024 0.137 0.577 0.015 0.555 0.169
    total 47129.29999999683

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発