13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2876 )     アニメ ( 2209 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2818 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2236 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1679 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1161 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    夏負けしない

    時季 関連語 江戸時代 万葉集 うなぎ 土用の丑の日 平賀源内 夏バテ防止
    0 .
  • ○■ 夏負けしない

  • ○■ 「う」のつくモン食べたら夏バテせぇへんやったら「うし」もo.k.やん ということで、今日の晩御飯

  • ○■ 丑の日は12日に1度なので年によっては年に2回あります

  • ○■ それで物知りの源内さんが「ウナギ食べるといいよ~」と宣伝したのが始まりだとか

  • ○■ 「丑の日」自体は日にちの干支ですから、年に何回もあるわけですが、なぜ「土用の丑の日」が注目され、そして鰻を食べる習慣ができたのでしょう?

  • ○■ 今日は「土用の丑の日」ですね

  • ○■ すると物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大繁盛しました

  • ○■ 、「丑の日にうなぎを食べると薬になる」という狂歌をキャッチコピーとして考え出したという話

  • ○■ 『う』の字が附く物を食べると 夏負けしない」というヒントから、「本日丑の日」と書いて 店

  • ○■ の戦いだけです!! 夏負けしないように頑張りましょう~~~!! あるじ (^ω^)

  • ○■ いていますが、皆さん、夏負けしないようにご自愛くださいね

  • ○■ 今年の土用の丑の日は、7月19日と7月31日です なぜ、土

  • ○■ 、他の鰻屋も マネるようになり土用の 丑の日に鰻を食べる風習 が定着したんだって(^^

  • ○■ をヒントに、「今日は土用の丑の日、うなぎ召しませ」と書いて張り紙を出して宣伝

  • ○■ 中の評判になり、土用丑の日にウナギを食べるようになったと言われています 17146ナガセキトーヨー

  • ○■ 7/31ですなぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのか? 有名なのは平賀源内が発案したという説

  • ○■ 説ありますが、鰻屋が夏に売れない鰻を何とか売るため、幕末の天才と称される 平賀源内 の所

  • ○■ という狂歌をキャッチコピーとして考え出したという話も残っているしかし何といっても興味深

  • ○■ りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋は大繁盛しました元来「う」のつく食べ

  • ○■ たところ、 丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしないという巷の説からヒントを得て、 「店先

  • ○■ 得て「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めましたすると物知りとして有名な

  • ○■ ょうが、それより以前から「丑の日に『う』のつくものを食べるといい」という民間伝承があったそうなので、もし、

  • ○■ ついての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られているこれは文政5年(182

  • ○■ 夏の土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る栄養をつけるために鰻を食べる習慣がある鰻を食べる習慣について

  • ○■ 5年(1822年)の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている それによ

  • ○■ がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った源内は、「丑

  • ○■ 民間伝承を根拠とするなら、土用の丑の日に食べるものは鰻でなく「う」の付くものでいいのだから、うどんでもうどでもいいことになります 実際に瓜や梅干を

  • ○■ 7月31日です なぜ、土用の丑の日に鰻を食べるようになったのでしょう? 諸説ありますが、鰻屋

  • ○■ の丑(説明)江戸時代、商売がうまく行かない鰻屋が平賀源内に相談したところ、源内は「丑の日

  • ○■ は大変繁盛しましたその後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したそうです バレンタインのチョコレー

  • ○■ 由緒由来が有るわけではなく、バレンタインデーのチョコレートや節分の恵方巻きなどと同様、現代でいうマーケティングに近いものといえよう 鰻にはビタミ

  • ○■ グネタ:土用の丑の日、ウナギ食べる? 参加中勿論、バリバリうなぎ、食べますよ素でも頂く

  • ○■ の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛したその後、他の鰻屋もそ

  • ○■ なぎを食べるという習慣は、「丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」という民間伝承が元となっているそれならばと、今年の土用

  • ○■ 間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めましたすると、源内の言うこと

  • ○■ とかなのですが・・・石麻呂に吾物申す夏痩せによしと云ふ物ぞうなぎ取り召せ大伴家持

  • ○■ 、『丑の日に”う”の字がつく物を食べると夏負けしない』という民間伝承からきているらしい(俄に調べてみました…

  • 源内 平賀源内 民間伝承 という民間伝承 商売 繁盛 食べると夏負けしない 栄養 鰻屋 物を食べると夏負けしない 丑の日にうの 相談 土用 今年 書いて店先 民間伝承からヒント 習慣 からヒント 諸説 本丑日 発案 食べると夏負けしないという民間伝承 物を食べると夏負けしないという民間伝承 丑の日と書いて店先 丑の日にうの字が附く物を食べると夏負けしない その鰻屋 食べる風習 鰻を食べる 屋は大変繁盛 時代 という民間伝承からヒント 今日 十二支 他の鰻屋 書いて店先に貼ることを その鰻屋は大変繁盛 所相談に 源内の言うこと 土用の丑の日に鰻を食べる 有名 勧めた 丑の日と書いて店先に貼ることを 物食べると夏負けしないという民間伝承からヒントを なり土用 ない鰻屋 食べる風習が定着した 商売がうまく 土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着した 明和誌 本日丑の日と書いて店先 鰻を食べる習慣 食べて 書いて店先に貼ることを勧めた 源内の言うことならということでその鰻屋 夏に売れない 言われ 終わり その後他 商売うまく行かない鰻屋が 諸説あり 平賀源内が発案したという バランス 夏にれない鰻を何とか売 丑の日と書いて店先に貼ることを勧めた 字がつく物を食べると夏負けしない 源内の所に相談に行った 幕末 源内の言うことならということでその鰻屋は大変繁盛 言われて 今年土用の 当時 由来には諸説 味わっ 根拠 キャッチコピー 栄養をつけるため 梅雨 最もよく知られ 宣伝 頑張りましょう 一緒 美味しく 食べました 苦手 中国 付くもの 部屋 ウナギを食べる 各季節 食べるようになっ 終わっ 丑の日にうなぎを 暑い時期乗り切る栄養をつけるためにを 乗り切る栄養つけるためにを 思います 鰻を食べるの 字がつく物を食べると夏負けしないという民間 日は土用 呼ばれ 過ごします 最もよく知られている 終わりまし 習慣があります ものを食べる 含まれて 鰻を食べるようになった 食べられます 食べるのは ものがあります 言われています があるようです 的には
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.039 0.172 0.511 0.042 0.474 0.174
    やや弱いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い比較的強い
    total 20627.900000001657

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発