13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2875 )     アニメ ( 2208 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 496 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    水村美苗

    書籍 関連語 筑摩書房
    0 .
  • ○■ 水村美苗

  • ○■ 当時ようやく、漱石のような都会の知識人階級の男性に近代自我というものが生まれ、そうして生まれた自己との葛藤が彼らの生きる上での苦悩であったとき、漱石の初期の小説にも描かれているように、登場人物の女性は、あくまで「お嬢さん」として、近代自我に苦しむ主人公の彼岸にいる内面のないがゆえに主人公を写し返す鏡のような存在として描かれていました

  • ○■ その中から人は自分の興味のあるもの必要なものを選んで自分に取り込んで居るのだろうと思います

  • ○■ 『赤目・・・』は、私の中での小説の完成形みたいな部分もあるので、そこを基準に考えると、自分の作品は「チンケな豚

  • ○■ 水村美苗氏は夏目漱。著「三四郎」から次の一文を掲載していたのである

  • ○■ 漱石の「明暗」を読みました

  • ○■ 「weblog」カテゴリの最新記事 駅前オープンのさざ珈琲店 「母の遺産」水村美苗著 雷鳴轟く朝なので サイクリング10 キロコース もう熱中症対策って〜〜〜

  • ○■ 本を拾い読み水村美苗さんの『日本語が亡びるとき』も山積みされていて、手に取ることができました

  • ○■ が込められていたであろう 『母の遺産新聞小説』 で受けとめた小説としての感銘を大切にしてお

  • ○■ た雨・雨・あめ 映画「サラの鍵」フランス作品

  • ○■ 進められない間に読んだ、水村美苗さんの『日本語が亡びるとき~英語の世紀の中で~』、何度目かの車谷

  • ○■ NULL 漱石の「明暗」を読みました漱石最期の小説、彼の

  • ○■ NULL 水村美苗氏の「本格小説」を読み終えました もう夢中で、中断

  • ○■ なエッセイ 水村美苗◆日本語が亡びるとき――英語の世紀の中で

  • ○■ |筑摩書房| isbn : 9784480815026 | 2009 年 04 月 ★

  • ○■ る江戸切り子 「weblog」カテゴリの最新記事 駅前オープンのさざ珈琲店 「母の遺産」水村

  • ○■ 朝なので サイクリング10 キロコース もう熱中症対策って〜〜〜 うぅぅ〜〜〜身につまされる〜〜 「マル

  • 英語 日本語 言葉 美苗さん 遺産 文化 作品 表現 日本人 美苗氏 エッセイ 女性 関係 自身 存在 母の遺産 思います 日本語が亡びるとき 世紀 英語世紀の 生活 読んだ 時代 子供 美津 必要 近代文学 彼女 私小説 個人 物語 結果 感じて 文体 本格 明暗 weblogカテゴリの最新 水村氏 不思議 中心 自分 考える 無理 留学 主体 徹底的 村上 過剰 購入 西洋 チェック 紹介 一緒 恋愛 日本近代文学 感じました 水村美苗さんの日本語が亡びるとき 価値 雷鳴轟く朝なのでサイクリングキロ 確かに 水村美苗◆日本語が亡びるとき――英語世紀の 少なく 結婚 時間 多くの 同じよう 名前 isbn| 具体的 深いところ 以外 終わっ 先生 良かっ 場合 出てき 持って 書かれ 本格小説 物語の世界 明日 年以上 書くという 生まれた 映画 違って 完成 人生 年前 登場 小説では 読んでいます 描いて 状態 読んでいて 言って 感じています うと思います なってしまって だと思います ことはなかった 思ってい
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.037 0.173 0.523 0.023 0.486 0.171
    やや強いやや弱いやや強いやや強いやや強い比較的強い
    total 31588.000000002594

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発