13201144 エントリを集積

本システムについて
本技術について



updatenews @ hr.sub.jp
TOP PAGE











newsplus summarization

Amazon レビュー summarization

価格.com summarization

アットコスメ summarization

食べログ summarization

楽天レビュー summarization

TSUTAYA レビュー 要約

じゃらん レビュー 要約



Splog Filter



最新 24時間         急減少ワード         cyclic        
  インターネット ( 651 )     ニュース ( 2874 )     アニメ ( 2207 )     コンビニ小売 ( 477 )     スポーツ ( 2816 )     映画 ( 1746 )     ゲーム ( 1649 )     芸能 エンタメ ( 1206 )     政治 国際 ( 2234 )     飲食 ( 1327 )     音楽 ( 3516 )     ドラマ ( 1678 )     ハードウェア ( 495 )     ソフトウェア ( 212 )     医療 健康 ( 707 )     時季 ( 1104 )     テクノロジー ( 460 )     自動車 ( 428 )     ビジネス 経済 ( 1300 )     ファッション ( 460 )     書籍 ( 938 )     漫画 ( 1267 )     番組 ( 737 )     料理 ( 847 )     家電 ( 154 )     レジャー ( 1159 )     学術 科学 ( 469 )     地域 ( 1443 )     フレーズ ( 277 )     コスメティック ( 212 )     自然 ( 1160 )     ファンシー ( 157 )     お笑い ( 463 )     趣味 ( 234 )     学校 ( 402 )     ギャンブル ( 1081 )     アート 芸術 ( 188 )     生活 ( 266 )  


    無血開城

    ドラマ 関連語 徳川家康 桜田門 桜田門外の変 大政奉還 勝海舟 新撰組 徳川慶喜 西郷隆盛
    0 . 1 .
  • ○■ 明治維新は薩摩・長州などの勢力が徳川幕府を排除して 天皇 中心の新しい国家 を建設しようという意図のもとに実行したものですが、民衆にとっては250年 にわたって日本を支配してきた徳川幕府こそやはり日本の中心と思えました

  • ○■ 幕末の緒戦であった鳥羽伏見の戦いは、幕府軍の壊滅に終った

  • ○■ 同じ薩摩の出身でも、明治政府の元勲であり冷静な理論家として知られる 大久保 利通が西郷さんほどの人気がないのは、熱い想いを高ぶらせる人と 冷静に知略を進める人という特性の違いから来ていると思います

  • ○■ 今回は政権交代が流れだ

  • ○■ やがて新聞【日本】の記者として日清戦争に従軍中に病状が悪化、二十九年には身動きできなくなる

  • ○■ そんな生活をしていた渡辺が、歴史に残る大事件と遭遇した時のハナシです

  • ○■ そうなるとこちらも簡単に「やーめた」とは言えないわけです

  • ○■ これが大坂人の心境であった

  • ○■ この作品は井伊大老の都城を襲撃した事件を、

  • ○■ で、小生は、 「こいつぁ、間違いない」、と勝手に決め込んだ

  • ○■ 徳川慶喜 (32歳)は上野の寛永寺に謹慎して恭順の意を示していたが、これに納得しない旧幕府勢力の一部は江戸城に立て籠もり、最後の決戦に臨む覚悟でいた

  • ○■ 勝海舟にどの程度の海。知識があったか分からないが、勝は、木村が自分の上にくるのが不満であった

  • ○■ 江戸城無血開城の立役者だ

  • ○■ 江戸無血開城する前後、将軍慶喜は上野に引っ込んでしまったので、 勝はその後処理を一任されていたが、庄内藩や新撰組が暴れて困るので、 近藤を大名にすると嘘をついて甲府に飛ばした

  • ○■ 区立両国公園内に「生誕の地」碑があるほか、墨田区役所裏に銅像がある) 川松真一朗さんが尊敬する人:山岡鐵舟も江戸城無血開城の立役者

  • ○■ とても立派な黒塗りの下駄が並んでいたという事です日本史上に残る、大事件

  • ○■ り伏せられた武士達が彦根藩邸に収容されている所でした真っ白い雪景色の中

  • ○■ の様な人物で、薩長同盟や、江戸城の無血開城の真の立役者だった人です

  • ○■ つのミステリーがあるんですそれはまた、次の機会に……こんにちは最近は時代劇の映画の作品が多いですねイケメンのちょんまげをマゲメンというらしいのですが、そんなマゲメンの一人、大沢たかお主演の『桜田門

  • ○■ 歴史 今日は「1868年(慶応4年)4月11日、徳川慶喜が水戸へ隠居」です 前年(18

  • ○■ しかありませんでしたつまり住み込んでいる人数分の半分しかなかったんですねそんな生活をしていた渡辺

  • ○■ ニヤリ!と笑う・・空飛ぶ食欲魔人ことオストドでございます本日、“地で行く・・

  • ○■ が塾頭を勤めた練兵館は、神道無念流の道場で、今の靖国神社 南門の

  • ○■ 神道無念流の道場で、の靖国神社 南門の辺りにありました剣術ばかりでなく、諸学問

  • ○■ 散乱していたんですね登城時の為、どの下駄も黒塗りのとても立派なモノでしたそんな風に下駄を眺

  • ○■ の渡辺 昇江戸三大道場の一つ、練兵館の塾頭を桂小五郎より引き継いだ

  • ○■ でいたという事です日本史上に残る、大事件の陰のエピソードでしたちなみに…………この

  • ○■ 立役者だった人です歴史に埋もれてしまった人物ですが、間違いないなく幕末の鍵

  • ○■ 突然の襲撃に驚いて逃げ出した人々が脱ぎ捨てていったり、伊井家の家臣が応戦する

  • ○■ ていったり、伊井家の家臣が応戦する為に脱いだりした、その下駄が散乱していたん

  • ○■ しまった人物ですが、間違いないなく幕末の鍵を握り、倒幕派の中心に居た人です彼が塾頭を勤

  • ○■ にありました剣術ばかりでなく、諸学問・兵学・砲術・海防などの習得が義務づけられており、当時、江戸防衛の要だっ

  • ○■ 事に…渡辺と太田は、目の前にころがっている下駄を履き、更に数足の下駄を拾

  • ○■ したこんな大雪の早朝に、江戸市中を駆け抜ける早馬…何か異常な事態を感

  • ○■ んな生活をしていた渡辺が、歴史に残る大事件と遭遇した時のハナシです安政7年 (1860

  • ○■ ………この襲撃時には、拳銃が使われていますが、この拳銃を巡って、1

  • ○■ 衛の要だったお台場でも、実地調査をやっていた様です道場には30人前後が、

  • ○■ )のことを「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ、天下

  • ○■ 節外れの大雪だと言われ、半信半疑の渡辺は、表へ出てみますすると、確かに表はかな

  • ○■ ころがっていたんですね襲撃時、伊井家の行列以外にも登城する武士達が居り、突然の襲撃に驚いて逃

  • ○■ かに表はかなりの大雪で、ビックリしている渡辺の前を、4、5頭の早馬が駆け抜けて行きました

  • ○■ へ出てみたんです町中には、アチコチに人が出ており、「老中の安藤信正が殺害

  • ○■ はそんな中を更に進み、やがて、安藤ではなく、大老の伊井直弼が襲われた事を知りますそうで

  • ○■ 後の練兵館の下駄箱には、みすぼらしい下駄の中に、数足のとても立派な黒塗

  • ○■ らぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」です榎本武揚(幕末期の政

  • ○■ っ白い雪景色の中で、その辺りだけは血しぶきで真っ赤だったそうです2人は呆然として、現

  • ○■ り、倒幕派のトップとも、そして敵対する新撰組の近藤 勇ともかなり親しかったという、物語の主人公の様な

  • ○■ 尽くしていましたが、やがて、あるモノが目につきました下駄 です下駄が沢山

  • ○■ 駄を眺めていると、フト、ある事に気付いたんです慌てて飛び出して来

  • ○■ 事を知りましたそうです、「桜田門外の変」だったんですね桜田門へ駆け付けてみる

  • 江戸城無血 西郷隆盛 薩長 時代 徳川 江戸城の無血開城 実現 世界 明治維新 官軍 意味 人物 当時 政権 東京 以上 勝海舟 今回 一人 成功 状態 ドラマ 対して 新撰 場合 同盟 昨日 必要 社会 小説 以下 竜馬 最近 薩長同盟 上野 思って 最初 子供 存在 大河ドラマ 大久保利通 徳川家康 思います 自分 理解 直弼 江戸無血 言われ 考える 向かう 実際 文化 経済 家光 立役者 自身 無血開城を実現 天下 議員 桜田門外 坂本竜馬 篤姫 精神 行われ 藩邸 結果 都内 無料 参加 主義 完全 利用 水戸 相手 映画 選挙 読んで 欧米 途中 坂本龍 対立 解体 関して 新撰組 終わっ 持って 江戸城無血開城の 失敗 分かっ 以降 決まっ 大奥 意識 間違 不思議 機会 印象 当然 最終的 言って 諭吉 主演 太郎 家臣 鉄舟 次々 龍馬 見えて 思ってい 銅像 事態 彰義 将来 良かっ 攻撃 農民 考えて 朝鮮 情報 習得 人柄 学問 時間 意見 調査 歌舞伎 勝海舟と西郷 中国人 言えば 代表 現実 山岡 始まっ 向かっ 記憶 非常 思った 散歩 勢力 大事 見える 書いて かも知れません 尊敬 変わっ 派遣 当選 日本 今日 龍馬伝 アジア 人々 役割 単純 入院 気付 生きて 唯一 慶喜 必死 期待 具合 会談 何度 てしまいました 同時 予定 ビックリ 多かっ 今年 生まれ 政治家 半分 結婚 勝手 分かり 江戸幕府 1868 雰囲気 大切 興味 見つけ 登場 将軍 石段 絶対 幕府側 心配 残って 今度 正当化 以前 元気 偉大 命もいら 言葉 呼ばれる 気持 一緒 作られ 言われて 亡くなった 日本人 活躍 決定 現在 出てこ のかも知れません 政府 誕生 する必要 にも関わらず 000 化され かもしれませんが 考えます 見えてき 考えた 次のよう 決めた 思いまし 入った ではありません 考えてい 受けて 入ってい だと思うの 持ってい 中には
    評価強度 可変性 記述詳細 感情強度 描写総量 装飾量
    0.034 0.162 0.530 0.032 0.490 0.174
    僅かに強いやや弱い僅かに強い僅かに強い僅かに強い強い
    total 93908.59999997233

最近みた言葉
関連語





    楽譜 共有     研究開発